ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

寺島しのぶ

「たからのとき」☆☆

福岡発地域ドラマ。

舞台は博多から2時間の山あいにある東峰村。『とうほう村テレビ』が村の紹介番組をつくることになり、普通のお母さんたから(寺島しのぶ)が住民代表ディレクターに。慣れない取材や撮影に奔走し、生放送のスタジオで大失敗をしながらも仕事の楽しさにのめり込んでいくたから。遂には、娘みのりの大学受験懇談をすっぽかしてしまい……。

と、働く女性と家族の問題でいくのかと思いきや話はちょっと違う方向に。たからは懇談のやりとりを全く覚えておらず、みのりの勘違いとまで言いながらカレンダーを見ると、自分の字で予定の書き込みが。なんと若年性健忘症と診断されてしまうのでした。
えー、盛り込みすぎではw

家のことがおろそかになったり、学校でからかわれたと反発する娘。番組で家族の思い出を語ったことも、プライバシーの侵害だなんて小難しく怒るわけですが、父親の助言できちんと見返した母の番組は優しさと村への愛で満ち溢れていて……。
生本番に現れない母を、村じゅう総出で探し回るなか、みのりの足は自然と家族の思い出の場所へ向かうのでした。

ほら健忘症に触れずともドラマチックなあらすじじゃないですか(^^;;;) 
もちろん家族のことをやたら語ったり、思い出の地に取材に行く動機は『覚えておきたいから』ですし、いい大人が本番に来ないからと即大騒ぎしたのは家族に病識があるせいでもありますが。東峰村の自然と寺島しのぶの貫禄で、別に大きな病気を絡めなくても十分に行けましたよね。 それとも、失われていく記憶を絡めたら、若年性でない健忘症を抱えるご本人やご家族にと、より広い共感を得られるだろうマーケティングだったり?
濱田貴司氏の音楽も良かったです。

また撮影直後の豪雨で東峰村もひどく被災され、このドラマが貴重な記録になったそうです。復興のドキュメントが併映されていました。

映画「へルタースケルター」☆☆

沢尻エリカ鑑賞映画。

「一リットルの涙」の頃のピッカピカに可憐な姿でなく、干されるわ結婚するわ揉めるわのスキャンダルにまみれている間にそこそこ年をとった今の沢尻だからこその当たり役で見応えがありました。

全身整形美人かー。

確かに、低身長で手足も短い自分としては顔だけいじることの意義がよくわからないのでどうせするなら180cm40kgだけど巨乳なぐらいのアンドロイドになってみたいw そしてちやほやされたいw でも最終的には誰にも注目されない今の自分で平和に幸せなんですよね。


でも全身整形の結果スターモデルになって、枕営業して実家に仕送りもして御曹司の恋人もできてるリリコ(沢尻エリカ)としては、手術の結果が崩れてきたり後遺症の痣が出て来たりするのは大問題。また、再手術で休んでる間に若いモデルが活躍しちゃったりするのも大問題で。

マネージャー(寺島しのぶ)に八つ当たりして、彼氏寝取ったり、挙げ句3Pだの彼氏の婚約者に硫酸ぶっかけてこいだの無茶苦茶をいう様子がまあ無様で我が侭で……でも魅力的でしたねえ。

最終的に逮捕される前に失踪しているわけで、関係者の事情徴収を挟みながらリリコが人気絶頂から転落していく様子が描かれて、あしざまに言う人もいるけど、うっとりと褒め讃える人たちもいるわけです(主に下僕なマネージャーがw)

蜷川実花監督の、色彩過剰な美術がまたよく映えて目に楽しい作品でした。


そうそう、マネージャーの若い恋人が綾野剛! チャラい金髪で濡れ場もあってびっくり&目の保養w 最近の草食系公務員やお殿様、浮気性大学教員の方を見慣れてましたけど、こんな役も出来るんだと認識を新たにしましたです。


「4つの嘘」1 ☆☆☆☆

ナレーションは微笑みながら死んだ女。怖いー!!

この手の女友達ドラマって、元仲良しグループの崩壊ってイメージがあるのですが。今回はたいして仲良くなかった同士&現在の距離が微妙なところがイイ!
「ほら、◯◯君よ」
「誰それ」
の温度差(笑)
肝心の昔話も、すればするほど秘密と嘘と上下関係が今更滲みでてくる状態ですよー。

魔性の女(永作博美)と女医(高島礼子)にしてみたら、”◯◯君と××ちゃんの現住所が近いのよ、もしかして不倫できゃー!”なんて妄想してる主婦(寺島しのぶ)はキモイだけだろうよねー。
うへ、もしやドラマ見ちゃ先の展開を予想してる私ってこの状態??と思うと痛くて観ていられないよー(><)

でもそこはドラマ、その痛キモイ妄想がばっちり的中で、2人は本当に不倫中。不慮の事故死がそれを全世界規模で白日の下にさらすことになってしまうわけですが……。
その写真が!!
勝ち誇った笑顔が怖いよ!!
普通に考えたら、報道用に遺族or 知人が選んだいい写真=笑顔なんでしょうけど、ドラマの流れではまさに勝利宣言!
だって、直前の回想シーンではチョイぶちゃいくでちょい地味で、紹介した友人に彼を横取りされてもなるほどーだった女の子が羽田美智子に化けてるんですよ!
そして元カレ(しかも超エリート)を取り返してアタシ幸せ!な笑顔ですよー。笑顔な溺死体ってどんだけ(^^;;;)

この死人のナレーションは最後まで続くんでしょうか?
母親に裏切られてた家族だけは可哀想なんだけど……。
魔性女と若い恋人だの、女医と部下が?だの、予告を観るだに来月もあれこれありそうでハラハラ。タイトルの「嘘」って何だろうとワクワク。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ