ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

宮崎あおい

「眩(くらら) ~北斎の娘~」 ☆☆☆

北斎の娘の名が、時代を先取りでくららなのかとw 
娘はお栄。眩は自身も絵描きのお栄が焦がれても手の届かぬ、父親北斎の才能を表しているのですが……。お栄は気づいていません。自分もまた同業者から羨まれるほどの、眩く光を放つ存在であることを。

強烈な我を通し、どれだけ名が売れても鍛錬を怠らずにひたすら絵の上達を願った男、葛飾北斎(長塚京三)
その才を受け継いだお栄(宮崎あおい)は、嫁いでも出戻って北斎の傍で絵を描き続けます。これが息子なら、料理がどうこう言われずに普通に期待されて跡を継いだでしょうにね。それとも親の名に潰されたかな。北斎が中気=脳梗塞で倒れても、お栄がまず考えるのは絵筆を握らせるリハビリ。とんだ父子鷹です。
兄弟弟子だった善次郎(松田龍平)に惹かれつつも、洋画に気付かされた光と影、新しい色を追い続け生涯絵を描き続けるお栄なのでした。

今年大英博物館で開催される北斎展にちなんだという、NHKらしいドラマ化。
日本でも北斎展が各地で開かれるそうで、劇中で感動的に描かれた「富士越龍図」も大阪はあべのハルカスで見られるそうですよ! 善次郎が、お栄と北斎の合作と見抜いた「菊とアブ」「花と蝶」も見られるんでしょうか。

男勝り、身なりもそこそこに絵に没頭するお栄を宮崎あおいが好演しています。まとめ髮から常にほつれ毛がぷらーん、着物も帯も男物みたい……、でも小花柄の襟が覗いていたりと色合わせが素敵で、胡座をかいても大丈夫な股引は今でいうスパッツですから逆に違和感なく、ちょっと真似したい着こなしです。
「お前の絵には色気がない」

が口癖の善次郎は、松田龍平ですからもう色気がだだ漏れでw英泉としてどんな絵を描いたんでしょうね。 他には、北斎とは妙な友情で結ばれ、倒れれば見舞いにきて暴言で励ます滝沢馬琴(野田秀樹)もいい役でしたね

西村さんは、かの代表作「富嶽三十六景」の版元西村屋を演じるというダジャレのようなキャスティングw 出番はほんの一瞬なのですが、売れに売れた「富嶽三十六景」でさぞ儲けただろうなあ、とか。スイカ持たせてくれたりマメねえと、出番はなくとも存在を勝手に感じたりしておりました(^^)


「篤姫」1、2回 ☆

「私は、知りたいのです!」あー、はいはい。

なんか朝の連ドラみたい。
いや、「ちりとてちん」にはまりまくってる今、それをいうと褒めてるみたいですがそうじゃなくて、悪い意味で。”ひたすら前向きで、正論が迷惑な主人公が人生を切り開いて行く”てきとーなドラマの始まりを見せられた感じ。
これが大河ドラマ??

よくしらなかった宮崎あおいは、なるほど可愛いです。
パーツをちょっと動かすだけでくるくる変わる表情は目を引きます。でもそれだけ?

いわば敵のずしょ様が、抜け荷や偽金づくりのことをヒロインにだけは(瑛太もいたけどね)打ち明けてしまう。
これが、何を小娘がと憎々しい態度から一転、ポロッとつい口にでてしまうわけでもなく。
父親の耳に入れてもらいたいとかいうずしょ側の目論見があるわけでもなく、全く納得がいきません。
本当に最初から好々爺で出て来て、いやその前に抜け荷の棗を茶菓子に出させてるんだから、会う前から言う気満々じゃん!
そして、ヒロイン達が内緒にしてても調査でバレて、城下でも既に噂。なんじゃそりゃ。

色黒でお転婆な以外の何か、”天命の子”たる何か違う魅力、がどこにもみあたりませんよ。
瑛太も瑛太で、がくっと肩を落とすような小芝居(お守り袋の肩すかしのところね)させられて、時代劇のいいところがないじゃーん。
(岡田くんだけは流石、どこでもいい味だしてます。脇役の方がやり易いのかな)

私服でも裃にちょんまげじゃないかという時代劇俳優と同じ画面に入るこの先、あの芝居で太刀打ち出来るんでしょうか。

例によって出演赤ちゃんは激可愛かったですが。もう見ないかも。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ