ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

宝塚

「相棒(宝塚)」☆☆☆☆

なるほど納得、「相棒」でした。


あのおっさんドラマを、TVキャストと別人で舞台化するだけでも謎なのにそれが宝塚歌劇団ときては、ニュースにただ絶句(まあ、当時は亀ちゃんだと思いましたしねー)それでも怖いもの見たさもあり……w ある日CS宝塚チャンネル(スカイTV)に加入。すぐさま録画予約したのが、これでしたよー。「相棒」!
 

正直初回は2分でギブアップ(笑)

化粧してる右京さんとか無理無理~、TVは客席で見ている以上のアップが続きますからねー。
でも他のインタビューや生舞台観劇など経て慣れてからの再挑戦では、余裕でOK!特に主演の真飛聖さんの演技には『右京成分』が十分に感じられて好印象でした。


犯罪を目論むのはイギリスから来日中の金髪美人で…•むにゃむにゃ。

外人さんということで本編に人間関係が影響せず、且つ「相棒」をご存じなくて見るヅカファンには多分オヤジより受け入れやすく、おまけに終盤に披露される因縁=母国のパブで右京さんと…•にコアファンもちょいニヤリですw 構成も妄想ありの二転三転で面白く、暇か?係長と婦警さんたちの吞み会が役に立っちゃう偶然もいいスパイス! 環さんと右京さんのデートもありますよーw

むしろ、婦警さんが歌って踊ったりすると驚いちゃうほど「相棒」気分で見られた程で、違和感なかったです。(1番宝塚に馴染むと思っていた神戸くんが意外や、活躍せず)
 

そもそも、宝塚歌劇団=ベルばらと思ったのが間違いの元だった様で、ニューヨークやパリブラジルを舞台に男役さんが背広の公演が山ほどありました(「Me&My girl」の天海祐希も三つ揃い♪)その得意のスーツ男子が映えるための「逆転裁判」「相棒」と思えばなーんの不思議もないチョイスでしたよね。


真飛さんは退団されてしまいましたが……このクオリティでまた舞台化されるなら今度は是非、生で見たいと思っています。


ただ、鑑識さんだけは細すぎ(笑)

恰幅のいい年配男性はなんとか守備範囲でも、若いぽっちゃりさんが演じられる人材はタカラジェンヌにはいない様でした。ハリセンボンの春菜を客演で呼びたいかもw


「メイちゃんの執事(宝塚)」☆☆☆☆

ドラマより好き!


”富豪の子女学園”は少女マンガの王道。
その映像化は数あれど、どれも成功からは程遠い出来でした。まず建物が豪奢にならず、学生も乳母日傘育ちという設定を裏切るただの若造ばかり!ゴージャス感を出そうとパーティだの社交ダンスだのをさせてますますチープになってしまう悲しさよ…•。

その点舞台なら、イメージの世界です!

豪華な透かし薔薇の窓がひとつあるだけで、他もきっと豪華なのねと、こちらの脳内でいくらでもフォローできますね。

理人さまがただの男でなく『Sランク執事』という異世界の生き物だというお約束も、ライバル女の『ホーホホホホホ』な高笑いも社交ダンスの群舞も宝塚ならばむしろ本領発揮w(逆に、東雲メイ時代のセーラー服や自転車登校の方が、舞台メイクには違和感でしてよ ^^;;;)

文句なく楽しめました。

剣人も可愛かった~w

悲惨だったドラマ『有閑倶楽部』も、悲惨になる予感がひしひしのドラマ『桜蘭高校ホスト部』も、もうゴージャス学園ものは全部宝塚でやってくれたらいいのにと思います~、


ただもちろん、『ハ! この人ホントは女、女』と気づいたり濃いいメイクが気になったりと戸惑うことが、このところずいぶん宝塚慣れしたじゃすみんでもあるわけで、万人に勧められないのは分かりますけどねー。

特に冒頭、寝ているメイを起こす演出で、理人の目元が(メイ視点で)アップになる場面。あれはよほどの宝塚マニア以外は無理でしょう~舞台メイクのアップ部分アップだなんてダメダメ!!

それ以外の丸窓背景利用は、ヘリコプターなど舞台らしくて面白かったです。


そうだ最後に。

本郷金太郎(メイの祖父)役の人もいるわけで、汝鳥伶さん見事に演じていらっしゃいましたけど。老貴婦人ならともかく爺役だなんて可哀想(><) 「相棒」の警視総監とか本部長でも思うんですけどねー。


2011年2月21日(日本青年館)

柴田理人:紅ゆずる 東雲(本郷)メイ:音波みのり 柴田剣人:美弥るりか

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ