ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

安達祐実

「警視庁ゼロ係」最終回 ☆☆

THE最終回!

警視どの生命の危機、ゼロ係解散の危機、どちらも駆けつけるのは我らが虎三先輩ですよ!さすが脳みそ筋肉!
核になる殺人事件や、隠蔽された犯人云々は飲酒運転ごまかすレベルじゃないので無茶も無茶なんですが……まあいっか(^^;;;)
その後も、殺人隠蔽を巡ってとんでもない事件が起きたと思ったらちゃーんと警視どのの計算通りだったり。いつもの「タメ口、いいですか」を警視どのが言ってみたりとファンサービスもばっちりでしたね。
警視総監にまで暴言吐けるKY警視。無敵ですw
そしてもちろんゼロ係は続くし掃き溜めだし、警視どのは力仕事はしないのでした。ちゃんちゃん。

「このイチゴ野郎!」って罵倒、何度聞いても新鮮でしたねw

そして警視どの発案のおとり捜査は、いくら実弾抜いておいたからって、容疑者にわざと銃を盗ませて逃走させちゃうなんて、こちらも無茶も無茶w ちゃんと狙った位置に現れてくれて、わかりやすく共犯者を脅してくれたから良かった様なものの。銃を売り払われて潜伏されたらもう目もあてられないというか。成功したとて、とても公表できないというか。ドラマだけど!

なにげに安達祐実が好きでした。誰かの一言を拾ってほくそ笑むハイミスw 小さくて華奢な安達祐実がいるから、松下由樹がより大きく見えるんですよね(彼女ひとりだけor小泉孝太郎の横だと別にそんなに体育会系には見えないかも)
続編できそうなので、もっとおデブや美女を活かしてチーム捜査がみたいです。でも吹き溜まり感がなくなっちゃうのかな、じゃあ誰かの問題を解決する系エピソードでどうかな。

屋上のイチゴちゃんには温室つくってあげてください。 

「37.5℃の涙」2 ☆☆☆

逃げてー! 超逃げてー桃ちゃん! 実母実兄の魔の手がすぐそこに(><)


実は放映時に後半(居酒屋から)をまず見てしまっていたので、弁当問題でのヒロイン桃子の『嬉しくって食べてたら、娘さんもいつの間にか食べてた』を多分会社の人たちの様に普通に、”いただきますをして一緒に食事をして、桃子が目の前で美味しそうに食べてたからつられて子供も食べた”のだと受け取っていました。なので最初から見直して、問題の場面にさしかかって唖然愕然。
流しで立ったまま一人で……!しかも泣きながら食べてたんかい! もう鬼気迫る異常な状況です。そこに挟まる例によって悲惨な虐待体験。そっか……兄姉には可愛い弁当をつくるのに桃子の分は常になかったのね……。買うんじゃない、誰かが自分のために作ってくれた弁当が、生まれて初めてだったのね(しかもメッセージつき!) 娘さんと過ごすシッターさんのためについでに用意しただけ、それでも『自分のため』には変わりないものね orz

そんな桃子の脳内はわからなくても、弁当の大切さは……食べないのに毎日用意される弁当=父の愛のありがたみは、説得されるより強く娘さんに伝わったのでしょう。3年前に母と死別、それ以来父朝比奈(成宮寛貴)が用意する弁当に手をつけなかった超頑固な小春ちゃんが、ついに弁当を食べましたよー!


その他、仮病の娘を信じて病児保育を以来し続ける母に安達祐実。本当のことすら信じてもらえずに育った桃子には理解できない状況で、つい良かれと「仮病では…」と伝えて、かえって母親を追い詰めてしまうのですが……(また、そういう時にかぎって本当に胃腸炎なんて起こしてしまうのが子供w) 今度こそ騙されないわよ、キー!と登園させられ、発熱で返されて病児保育の世話に。『嘘をついたから、ママが迎えにきてくれないんだ……」って、いいクスリになってよかったかもしれませんけどw とにかく桃子は、子のウソやワガママを知っていて受け止める親の『信じる』という気持ちの存在を知りました。

上から目線の「お子さんを信じてあげましょう」ではなく「信じるって素敵です」って言われたら、疲れたお母さんももう少し頑張れるかも。 


どちらも、桃子が育ち直しているのと接すると親もまた少し育つってことかな。


もこみち父子は、トリンドルちゃんの園に通ってる子でしたよ! その縁でファミレスで同席なんてしちゃって、夫婦と間違われたりw お互い初見印象は最低ってことは、この先ラブの予感~? いやそれとも、朝比奈さんとですか? まあこの話にラブは別に要りませんけども。毒親毒兄が迫ってくるときに、親身に盾になってくれる存在は是非必要ですよね。
タイトルから想像される、働く母が主人公で苦労する子育て話とは一味違っていて面白いです。

「トクボウ」~最終回 ☆☆

笑顔の「死にたい…」でエンド。


鶴井警備のテロが始まってからがやたら長かったですが、とにかく華麗なロープテクニックを見せて最終回が終了。

確執のあった父は亡くなり、朝倉の心も解放されたんでしょうね。

辻くん叶さん楽天カードマンがワイワイ集うトクボウの日常に、小さな幸せをみつけた朝倉に幸あれ。

もしかして続編……ありますか?

「トクボウ」7 ☆☆

叶さんドSで素敵です(><)


事件は派遣ボーイフレンド。

そこから自由恋愛に持ち込んだ振りをして、ターゲット独身女からマンションだ車だと超高額みつがせるのだとか。
内偵辻くんがチャラ可愛かったですねー。毛先を遊ばせて眼鏡変えてキレイ色の私服で全然違うじゃないですか(って、アーチストの時はこうなのかな?)

辻くんがデート相手にチュー迫られたり、やはり内偵で客になった叶さんが可愛い顔で邪険なドS対応だったりと笑いどころ満載でした。

恒例『矯正執行』も、男2人を向かい合わせに縛り上げ、ヒモを引くとチューにw 美しくもなくてイヤすぎるw


それ以外の朝倉の出番はといえば、貢いでた警察高官のバカ娘を叱りつけて……なんと惚れられちゃいましたよ!!

ってことはこの娘、ここからレギュラーでつきまとうんでしょうか??それも楽しそう。

朝倉の父もやっぱりお偉いさんで登場し……連ドラも折り返しでいろいろ種巻かれてきましたね。


姜さんがたるんだオヤジになっていてちょっとショック。役作りってことにしておこう。

「トクボウ」4 ☆☆☆

縄の手入れw

辻くんの女装は似合い過ぎ!いろいろ見所があり過ぎです。


ヘンタイ警視朝倉の対抗馬に、FBI仕込みのプロファイラー警視(川平慈英)が登場。
幼なじみだそうで、無駄な対抗意識で火花が散っていますよw 朝倉も嫌そうに相手しながらも、緊縛の美学や自分がヘンタイなこと、盗聴していることも淡々と認めてて(律儀な辻くんが毎度つっこんでくれてw)いや楽しいですね。

もちろんプロファイルは大外し。犯人は闇サイトの依頼に応えただけの、被害者と接点ゼロの男でした。

それを囮(女装の辻くんw)で捕まえちゃって、違法捜査だよ困るよーと騒ぐ幼なじみ警視に証拠裏付けは丸投げ!あれあれ、逮捕じゃ矯正執行できないじゃん。

…と思いきや。

中間の闇サイト主催者に矯正執行でしたw 良かった良かったw


普通の捜査では手を出せないところを懲らしめてくれてスッキリ。
でもちっちゃい上司には相変わらず頭があがらない朝倉さん……というベタも大事よね。

「トクボウ」3 ☆

え、そんなに悪い?


今回のおしおきは分かりにくかったですよね。

「若さを諦めない!」

がスローガンの美容品会社の社長。

拘束されてのライト責め、あれって下から照らす女優ライトでしわを誤摩化しているのでライトを消すと10才老けるって理屈でしょうけど、男性陣は理解できますかね?(鈴木その子がモデル?)

うわー実はこんなに老婆!と実感する画面もなかったし、化粧品が高額だからって中身が水だとか毒だとかいうわけでもないんですよねえ?


販売方法が過酷で、借金が払えず飛び降り事件が……と始まりましたけど、そっちの実行犯はむしろ南野陽子でしょ。

そちらに辻くんの恋を絡めて「貴女が悪い人な筈がない!」となったり、旦那が浮気していたりで善悪問題はボケボケでしたよね。

次回はスッキリを期待します。


「トクボウ」2 ☆☆☆

辻くんが可哀想でもうw

またエプロンで料理だわ、裸にされるわ、矯正執行だわ(妄想だけどw)

監視されながらのJKお散歩なんて、美味しいシチェーションになればなるほどいい恥さらしじゃないですかー。イヤホンの指示で言わされる台詞がよりによって

「パンツ脱いで、売ってくれ」

だなんて、酷過ぎて笑えるーw


てことで、今回はJKお散歩in秋葉原。

まだ高校の制服がいけてる安達祐実に驚愕しつつ。
手をつないで30歩3,000円、謎なぞ500円、最終的に個室で触ろうとすると、用心棒が出て来て大金請求という美人局w 我が家にも可愛いJKがいて、短いスカートひらひらさせて登校ですから。可愛いやらこういう世間の目が心配やら、まったく。滅びろエロ親爺!


前回と違って誰も死んでないし、矯正執行もバカ大学生とバカJKを泣くまで運動させる、まさに躾ってやつでちょうどいい感じ。今回は笑えてスッキリで楽しかったです←これでJKビジネスが無くなるわけじゃない、という朝倉の嘆きもまた、真実ですけどね。


辻くんのモノローグが五月蝿くなくなりました。役者さん(松下洸平)が気になってきて調べたりして。歌手なんだ…w
とらえどころのないうっすい顔も、最終回まで見終わるころには覚えられるでしょうか。


毎週、上司安達祐実の趣味で次の捜査が決まるところも楽しいです。さーてお次は美容商法だ!


「トクボウ 警察庁特殊防犯課」1 ☆☆

どうした伊原剛志(カンペーちゃんみたいだw)


刑事物、とみせかけて実は、証拠はいらない起訴しない。主人公の判断だけで私刑にかけていいというのが『警察庁特殊防犯課』のお仕事なのでした。(警視庁警察庁の関係に組織図だしてくるのは分かり易くてナイス)

現代版「必殺」ですね?殺さないけど。


初回は食品偽装。

住居侵入だわ盗聴器仕掛けるわとフリーダムな主人公:朝倉の捜査に、組まされた所轄の刑事は恐喝目的を疑うのですが……開き直るクズ犯人相手に、めんどくさそーに始まったのは縄も淫媚な矯正執行なのでしたw

『何これ?』

『こんなことしていいの?』

と、心の声で焦るばかりで何もしない所轄の辻くん。正直うるさいです。

シャワーシーンや裸エプロンwまでさせられて頑張ってますけどねー。別に相棒はこいつじゃなくちゃって働きは何もないので、次回は別の署で別の所轄若手相手にしてても不思議じゃないですよね。八木とか西とか短い名前でねw


そういう意味で出番は少なくても目立っているのが安達祐実です。

朝倉の上司!ちっこい可愛いドSの上司!

この安達祐実がまた見たくて次回が楽しみかも。


主人公朝倉はあまり好きになれません。こんな仕事がイヤなのは分かるけど「死にたい」連発は共感しにくいでしょう…せめて「辞めたい」か、ブラックにいくなら「殺したい」はどうかなw

だって2人も死なせた犯人への私刑があれっぽっちってスッキリしませんよねー。
縄で縛るのも口にフォークで肉押し込むのも、双方協力し合ってる様にしかみえないし。もっと痛い目に合わせてやればいいのに! 

「都市伝説の女part2」5 ☆☆

先生が一番可愛い~(><)


アイドルが集まる学園で殺人事件が!

55人じゃなく550人って人数に笑いましたが、そこの先生に安達祐実。正直誰よりも整った顔立ちでほっそりと少女らしく目を引きます。
 

謎解きに入ったらこれがまた。

トイレの花子さんとか女生徒と恋仲とかそんなんどうでもいいって。狭い個室で「別れる」「別れない」と騒いだら外に聞こえるだろーってのも、デートは必ずトイレってムードもへったくれもない交際だろってことすらどうでもよくて、現役人気アイドルの女生徒より安達祐実先生の方が小顔なんですー!!


殺害後、衣装を着て歩いて生徒に見えるという条件があったにせよ……こうも現実をみせつける配役は困ったもの。前の回でもてもてアバターアイドルにハリセンボンはるかを使ってたんだから、今回はアジアン隅田でいいじゃないですかw

ちなみに主人公音無月子も、場を見事に払う目立ちっぷり。
ピンで主役をはる魅力に納得しましたよ。 


アイドル盗撮犯のおかげで現場映像が見られたり、何度も映ってた赤い花青い花が双子の幽霊だったりと凝ったつくりなのも楽しかったんですけどねえ。
 

ラスト、ずっと話していた少女が、幽霊だった……!のって、作品としていいんでしょうかw せめてその情報は丹内さん止まりで、月子たちは死亡をしらないままの方が良かったのでは~

「ホリック ×××Holic」~6

安達祐実きれいだー。

どんな髪型をしたって、黄色いリボンでツインテールしたって安達祐実なら可愛いんだろうなとか、微妙なヒマワリちゃんをみながら思ってしまうのですがw 不幸を呼ぶ体質らしいひまわりちゃん。あの黄色いリボンは魔除けになるのかー。


そんなわけで、誘拐され薬漬けで幽閉される四月一日くん。

「店」はあちこちにあって、杏や安達祐実やいろんな店長がいるのでしょうか。蝶とか女郎蜘蛛とか、正体は昆虫なのかw その「別の世界」では大人気で取り合いらしい四月一日くん。一方のひまわりちゃんは「穢れた血」が流れてるとか一体どうなっているのかなあ。


紫陽花の回。可哀想な子どもの霊を助けたつもりが、依頼人のフリフリお姉さんが気にしていたのは紫陽花が汚れちゃうことの方だった、とか。そんな価値判断のゆらぎが衣装以上に楽しくてみています。


そして助けに走るドウメキ!

あれれ、次回で終わりじゃないんだ。全何話なんだろう~。

「主に泣いてます」2、3 ☆☆☆☆

安達祐実はこう使えるのか!


愛人を拉致して伊豆の海へ。ニコニコと穏やかな(って、この状況で笑ってるのも変なんだけど)無害小動物風から、演技過剰な狂気の人へ行ったり来たりが圧巻でした。普通の連ドラに出てきたら浮くと思いますがこの変なドラマにはぴったりw 愛人は許せなくても、自分の贅沢は全て「Iの肖像」すなわち夫と泉の不倫を描いた絵から産まれているという矛盾に苦しむ様子も鬼気迫って目が離せません。ああここにも、主に泣いている人が……
「使い尽くしてやるー!」「タラバガニ」 ww

叫ぶ場面でかかっていたエフェクトも、地声の迫力の無さを補ってナイスでした。


そんな修羅場を困るより楽しんでいる仁先生。何が3人で温泉に行こうだ!結局奥さんと2人で行っちゃって、泉サンは泣きながら寝てるじゃないかー。
謎のおか持ち芸者も仁先生の元愛人だったし。

全ての元凶は仁先生にあると納得の第3話。2話からひっぱるつねちゃんの乙女心も、心は乙女な西郷君もいい味出して……そうだそれに、変装おばあちゃん!次々とありえない変装で意外なナイスバディを披露してくれますよ。金髪カツラでチャールーズエンジェルとかw2話でもセーラー服かなんか着てたよねw

美人美人と褒めた讃えられる役なのに子泣きジジイだったりパイぶつけられてる主役より、このドラマで一番いい想いをしてるのはもしかして脇のこの人なのかも……。

そんなわけで今回も笑ったけど、そういえば泉に惚れる男が出て来なかったり。2話でのセダンvs軽自動車争いみたいなバカバカしいのももっと見たいので次回にまた期待です。え、次は8/11? 遠!
 

「特命係長只野仁」あしながおじさんの謎☆☆?

高い塀を乗り越えて自殺。
「足の悪かった男に出来るか?」
という目の付け所はいいなーと思っていたら、後半の犯行映像で大笑い、無茶すぎるー!失神した大男を担いで脚立昇って落とすなんて、うっかりしたら一緒に落ちて死んじゃうよこれ!!

盗撮が犯行現場をとらえた!
という偶然も、生着替えのエロと事件を融合させて新しいねと思っていたら、なんと犯人(「暇か?」課長 笑)、自分が映りこんだ映像を編集もせずに市場に出してるって!!そんな馬鹿なー(笑)
ついでに山中の誤射で犯人不明もアリエナーイ

まあ只野仁だから、逆さプリンと竜巻があれば矛盾なんてどうでもいいけどね?
逆に、辻褄が合わない分を全部部長がひっかぶって、もう5人は殺してるぜ的大悪人に演じてくれちゃって、これまた大笑い(^^;;;)電王堂からまた犯罪者出ちゃったよー。

離婚したての安達祐実がやっぱり可愛くて、最後は只野に抱かれて手術を決意するかと思ったので何もなくてちょっと残念(笑)
係長の正体に気がついてしまったら、もう再登場はないかなー。

しかし
「道ばたで拾った女」
の正体、猫だよねって言い合ってたら亀??寝かせてくれなくて、は何ー?タンスの裏にでも入り込んで詰まっちゃってた??(笑)
木を育てましょう!
最新コメント



   
ドラマでPON!
昔のHPです
過去レビューをどうぞ♪
「TEAM」&西村雅彦コーナー有w
サイトバナー



ドラマのあらすじはこちらでね
新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ