ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

安田顕

「みんな!エスパーだよ」7 ☆☆

栗原類、大活躍(でも物語は一回休みw)

恐れていた程の棒読みでもなかったです。いい声で怪しい役をこなして、まさかの唄まで披露!


そして溢れるブルマ軍団テンガールズw(これのロケって…良識ある市民に通報されそう^^;;;)類の催眠術とエロコーヒーで、浅見さんもみゆきも色っぽく嘉郎をみつめちゃって……w

こりゃスゴイ展開がくるかと待ち構えたのに、盛り上がらないままエンディングになってびっくりでした。いつもなら、これでもか!と畳み掛けるようにバカなのに、今回の嘉郎くんは逃げ惑うばかりで何もしなかったもんね。
 

類が「エロで世界を満たそう」と誘うのを、「能力は他人の為に使う」んだとお断りする嘉郎は偉いけどさ。
せっかく浅見さんもみゆきも(秘書も教授もお母さんお父さんも、他の男どもも全員w)あちらの手の内なんだから、言葉だけで勧誘じゃなくあんなことこんなことで誘惑させちゃって下さいよ!それを止めようとしながらも、ガン見で喜んでしまう嘉郎くんが見たいのにーw

そうだ、みゆきが嘉郎を好きになってきたのはどうしたの(><)
 

浅見さんも、父の動向を探ろうと自分から嘉郎に近づいてて。「友達になれそう」と喜ぶ嘉郎が不憫でワクワクしたのに、それも洗脳が解けたらどっかいっちゃいましたよ。

町中にテンガールが溢れるのもいいけれど、洗脳された浅見さんとみゆきが嘉郎をとりあって誘惑するという、もっとささやかな修羅場が見たかったですよん

「みんな!エスパーだよ!」6 ☆☆

急展開!命を狙われてる?


「選ばれた者」なんだと、ずっと使命感に燃えていた嘉郎だったのに、能力が目覚める条件がちっともかっこ良くないので笑いましたw

1、性交渉体験がない。

2、月食当夜エクスタシーを感じていた

3、コンプレックス持ち

全員同じなのに、みゆきちゃんだけがセクハラ状態でからかわれちゃうのは何故だー(><)それと茶店のマスターは必死で1を否定してましたけど誰も聞いてなかったよw


なんでも、アメリカのなんとかいう街でも同じ星の配列の夜に同じことが起こり、そして全員が消されたとか。え、怖い。

とりあえず教師が2人、能力で襲って来ましたけど殺そうとしたわけじゃなさそうです。これからもっとシリアスに狙われて、仲間から犠牲者が出たりするのでしょうか。ギャグじゃなくなっちゃうのイヤだなあ…。


それに、せっかく超能力集団で誘拐から助けたのに、浅見さんは父親に「キモイ、超能力なんてないんだよ」と逆ギレw

確かにこの年齢の女の子なら、そんな危険な状況の街に連れてくるよりも家に置いて来た方がましだったかもしれないし、娘の前で秘書の胸を揉み続けてる変態親父なんてイヤ過ぎますが、テレポテーションとかテレキネシスを見れば流石に能力の存在は納得するでしょうに。

それともサエさんにも能力が……あ、条件1で無理か(><)


だんだん嘉郎が好きになっていて、そんな自分に戸惑うみゆきちゃんが可愛かったです。嘉郎って、なんか助けてやりたくなるんだそうで、そこは納得w


そしてOP、EDがめちゃめちゃカッコいい!

今回のEDは染谷将太くんが口パクで歌ってるバージョン。

「みんな!エスパーだよ!」5 ☆☆☆☆

「勃起は生きてる証なんだ!」

う、うん。堂々と言いきられるとそんな気もしてきた。強くなったね嘉郎くん(^^;;;;)


今回追加のメンバーは、サイコメトラー!(「ガチバン」よっちゃん先輩だ~)


物に触ると持ち主の記憶が甦るサイコメトラー。覗きを楽しむ人なら便利だろうに、残念にもストイックな彼は、彼女が他の男とどーしたこーしたを受信して荒れてしまうのです、難儀な(><)

元はといえば、母のふしだらがトラウマで←誤解でしたけどね。


母と息子の誤解を無理矢理解いてのナイスキャッチボール!な、なんだろう、目から水が…。

しっかし、お母さんがグローブに残した思い出がちゃんと息子とのキャッチボールだったから良かったけど。実はヤバいことだったり、何度も触ってた嘉郎の記憶になっちゃってたりしたらどうしようかとハラハラしちゃいましたよ。あんどハイヒールでキャッチボールもアブナいよお母さん。 


そして衝撃の新事実で以下次週。えー。「東京から転校してきた浅見さん」の父親って、あの変態教授なのか!!(手!その手を!娘が来たんだからヤメなさい!!)


(って、夜眠すぎてつい録画したら早朝に息子が見た形跡がー。見てないドラマの5回目とかに興味もつとは不覚!)

「みんな!エスパーだよ!」1 ☆☆☆

鬱屈する青春w

訛ってる染谷将太くんが可愛い……けど!下ネタだよ!

青少年にこんな、親と見られないような役柄させるのいかがなもんか。笑いながらも微妙な気持ちだわよ(><)


というわけで「ホリック」での怪が見える体質から、今度は

「他人の心の声が聞こえる」

という能力に悩んでいる将太くん。それもエロい声ばかりw 私立高校から公立に移ったらこうなっちゃうのかw


街では超能力者が急増しているそうで、組織からエロ親父(安田顕)は来ちゃうし、雑誌は宙を舞うしスカートは短すぎるしで大騒ぎです。

今のところ能力は、主人公(染谷将太)と(夏帆)の読心、喫茶店オヤジの念動ですが、栗原類も怪しいぞ。


オープニングとエンディングも妙に怪しい画面で印象的。
原作は「デトロイトメタルシティ」の人だそうで、どんなドラマになるのか…。

「SPEC」#6 ☆☆

「ジョーカーの堺雅人か!」
うわ(笑)早口でさらっと入れられて苦笑でした。

病を処方する能力。

まあカッコイイ言い方ですが。いろんな人がズバリ同じ言葉で表現するのはひっかかります、誰かを病気にする力、ぐらいだっていいのにね。
で、その超能力=スペックは白髪の医師かと思っていたら、実は1話からでているあの人がソレでした!普通は大人しか発症しない病気、逆に子供しかならない病気の例外の症例が彼の周囲にだけ発生するとか。分かり易(^^;;;; )
しかも、超能力で罹患させておいて治療は外科手術ってそれ、費用はかかる麻酔や感染症のリスクはある、非道いわー。確かに、手かざしとかで治ってしまうより、医者の仕事をしているだけだから(時に失敗がある方が自然だし)目立たず自然かもしれません。
だから!もちょっとありふれた難病にしておけばいいのに!!

例のビジョンを読む妹さんもやってきて……スペックを持つ者同士の接触が増えてきました。数字が絡んだ変な名前もポイントなのかな。
まあ面白くみてますが、わかんない部分も多くてツレが毎回途中で寝ちゃうのも分かる(笑)

人気ブログランキングへ

「スペック」5☆☆

手が!!婚約指輪をつけた可愛い手がー!!!

ちゃんと拾ってつなげられたんでしょうか。あの三角巾の下はいったい??ひー(><) 目の前にぼたっと手が横たわるのはショッキングな映像でした。事故以前はネイルにも気を使う女の子だったのね……。

そこ以外はまあいつもの感じ。病を処方するスペック←好きな病気にさせられる は斬新ですが。うーん。同時に治す能力もないと恐喝には使えない、そこをどう証明するんでしょうね。

2階から飛び降りる瀬文さんに驚きッ

人気ブログランキングへ

舞台「歌の翼にキミを乗せ」☆☆☆

久しぶりの生西村雅彦を、堪能♪

あのシラノを日本版に翻案、しかも交戦中の戦地とは何故?と思ったら、成る程、手紙というものがとても大事だった時代・場所でのお話になっていました。
西村さん演じるシラノ=浦野さんは兵士の手紙を検閲する通信兵だし。
そして、恋にまだ「恋文」が重要だった時代?
(てことはそのうちに、携帯メールを代わりに発信するシラノが登場する?笑)

これが初舞台、という観月ありさは不安要素でしたが、なかなかどうして堂に入ったものでした。
美しかった〜。頭小さっ おまけにあの長身で、男性陣と顔の高さがほとんど同じものだから、突然振り向くともう漫画みたいに接吻(笑)してしまいそうに顔が近い!!

まさか南方の戦場に、愛しい幼なじみが来ると思わない浦野さん。
出せない恋文を胸ポケットに忍ばせながら、もし会えたら抱きしめて、こう囁くんだ……なんて語っていたくせに、イザ目の前に現れたら逃げ腰で、彼女の方から抱きしめられていましたよ!
それも、観月の長身あってこそですからねー。

そしてあの有名なシチュエーション。
脳味噌筋肉のイケメン(安田顕)の代わりに、彼の名前でせっせと恋文を送ってやるわけです。夜陰にまぎれて、彼と思わせながら愛を囁くわけです。
(……ここでねー。ずっと文通していたお兄さまの文字を、幼い頃から慕っていたお兄さまの声を、分からないの?とも思うんですけどねー。)

浦野は、顔に醜い痣があるらしいです。
(舞台上では額……なので、ゴルバチョフさんみたいに若い頃には髪で見えなかったろうとかいうのはきっと、言わない約束 ^^;;)
でも例によって立ち姿も美しく、教養にも溢れた美文を書かれるお兄さま。
こと西村ファンには「こんな醜い」「年も違う」という引け目自体がソンナコトナイヨーなので、命を懸けて毎夜届けた手紙も遺書もイケメンのものとして、彼女の恋を美しいまま葬ってしまう浦野の思いやりは、かえって残酷だと思いました。
誰1人幸せにならないなんて、辛すぎるーっ
(元々原作もそういう話ですが、映画「愛しのロクサーヌ」はハッピーエンドでしたよねー)

でもその物語の辛さ故、死んだ戦友にすまないと慟哭し亡霊を観る浦野の最期は、涙涙で……。
幸運にも最前列のど真ん中の席。
1人で行ったので、誰はばかることなく西村さんをみつめてだだ泣きして参りましたとも。

そして帰ってからは愛する人にもらった手紙を、ん十年ぶりに取り出して観ましたとも。
(ラブリー便せんに書かれた、しょーもないメモです。以来同居してるので手紙ってもらってない・笑)

ただ、手放しで素晴らしいかというと。
結局、上官=無能で世渡り上手、だった脚本はどうかと。いえ個人的にね。祖父が海軍士官で南方に行ってましたし 。自分は米国籍だし。終始微妙な気持ち。
以前のナチスの話もそうでしたが『何故、今これを?』が解せない。もっと違う時代設定で、違う世界で観たかったなと思います。
演出で言えば、20年経ったフミ(観月ありさ)が突然おばあちゃん喋りになのもどうかと(笑)

イケメン役の安田さんは、身体を鍛えてる様子がうかがえてなかなか好印象でした。

「ハケンの品格」〜8 ☆☆♪

 きゃ〜っついに言ったわ、告白どころかプロポーズよっ

 いや、つき合ってもないのに。
とツッコミたいところでもありますが、出産の時も企画書作りの最中にも折々、じーっと熱い視線を寄せる東海林主任をこちらも胸熱く見守ってましたからね。対する大前さんがとりつく島もなきゃ、このぐらい言いたくもなりますでしょ。

 翌日、駆けつけて
「昨日の返事!!」
「はい」
「普通の返事じゃなくてっ」
には同情(^^;;;)
結局、見合い話をOKした形になってすんごい微妙な顔してましたけど。最後の最後、部長に楯突いたんだから自動的に破談ってことでいいのかな??

 ハケンの企画が採用されると云々の仕事の話が本来本筋なわけですが、そっちはどうでもいいちゅーか。最後は、カンタンテのママと呑んでた社長が出てきて、部長の横暴を斬り捨てて終わりなんじゃないかな。

 ドラマ内企画の例に漏れず(懐かしのエンピツネズミby「恋ノチカラ」)、『ハケン弁当』がちっとも素敵に思えないのも、どうでも良さに拍車。 主婦が「主婦弁当」オタクが「オタク弁当」食べますか(^^;;;) もっとイイご身分の、例えば豪華「重役弁当」なら、いつか出世して食べてみたいにしても。
 昼食500円もちっとも安くない。おにぎりの1つも作って持って来なさいお嬢さん。

 正社員2人の対決はまぁ、どっちもどっちというか。
挙げ句に殴り合いって、オフィスは散らかるから!河原でしてください、そういう青春なことはーっ

 大前さんの贔屓は里中主任でしたが…
ってことは最終的には逆に、恋の行方は東海林さんかも??
携帯番号の、まわりくどい渡し方に気持ちを感じましたよね きゃっきゃっ♪

「ハケンの品格」5 ×☆

 正社員の無能は好都合、じゃなかったの??

 何が観づらいってこのドラマ、春子のキャラがぶれぶれなことです。
居眠りをわざわざ消しゴム投げて起こす春子にびっくり。
その為の1秒2秒の方が惜しくない?それも、起きてたってたいして仕事してないオジサンを。

 で、この嘱託社員小松さんがっ!
最後にきっと役立つのはセオリーなので待ってましたけど。前半で『無能』を強調しなくてもさ。いままでの仕事ぶりで充分昼行灯だったのに。
それでも目立たせたいのなら、やる気満々でお茶入れてひっくり返すとか、電話取ったけどカタカナ言葉がメモ出来ないとか、可愛いミスを…って、あ、あそうか、それは加藤あいのポジション??

 それにしても、始まってすぐにリストラ話なら主任や東海林が庇おうとするのに賛同出来た気がするんですよ。なのにあまりに前半で給料泥棒だったので、リストラの話が出たときには
『そりゃそうだね』
と思っちゃったじゃないですか(^^;;;)

 で、エレベータ(笑)待ってました(笑)

 昔アメリカの探偵ドラマで、窮地に陥ると必ず助手が
「昔、***だったんです、言ってませんでした?」
(***=闘牛士、ピエロ、花火職人etc なんでもあり)と毎回違う特技を披露して命拾いってのがあったんですよー。若いのにどんな職歴だっと毎回の笑いどころ。このドラマ観てると、それを思い出して仕方がありません。タイトルなんだっけ。

 さておき、東海林に助けられて(きゃ〜)ありがとうも言えない春子。
物語のラブモードはもう先週ほどじゃありませんが、触れあう手と手、にこっちで勝手に盛り上がってました(^^) 照れたのよあれは、なーんて。

 そろそろ日本滞在予定も半分が過ぎ…春子も倹約してるんでしょうか。
社員食堂は高いから注文できない、だなんて下手したら奢られちゃうセリフだぞ。高給とってるくせにー。1話で奢ろうって小松さんに言われたときには断ったくせにー。

「ハケンの品格」4 ☆☆☆

 うわ、東海林にやられちゃった!!

 あのキスを境に、まあ態度の変わること。
ためらいがちなのもそうですが、定食屋まで追いかけて、話したくて番号伝えたくて、常に視線は大前さんに釘付け、みたいな。もうどれだけ恋する少年ですかっ
 果ては「3ヶ月後にはもっと君を好きになってるかもしれない!」
なんて直球ど真ん中!!こういうの好きだーっ!!
(心配する孝太郎主任がまたいい友人で。でもやっぱりこれ元カノのポジションだよね)

 全体下らないのは相変わらずです。
正社員は本当に仕事してなくて、山盛りで右往左往。
大前の仕事ぶりも、6時に帰ることと会議に口だして契約まとめることがごっちゃになってるのは解せないぞーっ
 どんな熱があっても休まない大前とずる休みちゃんを対比させるのもいいけど、そこに有給休暇の正社員東海林を絡ませるとまた1つぼけるしさ。

 でもでも、恋する東海林くんでご飯3倍食べられちゃった(簡単でゴメン^^;;;)

 最後、馴れ合いたくない大前に「うっかりとまった蠅」扱いされて、恋愛モードはここで終わりなんでしょうか??続いて欲しいなぁ♪

「ハケンの品格」1 ☆☆☆

 社会派ドキュメントか??という導入から一転、ドラマが始まったら……登場人物それぞれの紹介に、名前だけじゃなく『年収』が!!いや〜金額設定が微妙で笑いました(トレンディドラマでは家賃も表示してほしい・笑)
 ベストセラーからぱくったお手軽タイトルな割に、楽しませてもらいました。

 バリバリ優秀な派遣社員が主人公、と聞いていたのですがそれだけじゃないのね。
ヒロインは新米ダメ派遣(加藤あい)の方で、高額派遣篠原涼子と過ごした3ヶ月で彼女の人生が変わるのね。それならなるほど、観れるかも。
 過去に勤めた会社が潰れたかリストラされたかで、愛社精神を「ムダ!」と言い切るアイスドール篠原は、本質変わることなく去っていくのでしょう(最後に笑顔ぐらいはみせるかな)例によって期限は、連ドラタイマー3ヶ月。

 正直、いくら優秀でもあの態度は…ていうか、優秀さに笑顔も含まれるだろとは思いますが。
その愛想笑いをするなら、残業もして呑み会も行かなきゃならない。どこかで引く線を、ドラマらしく極端に1か0かで引いたということでしょう。
ニコリともせず機械の様に働く篠原涼子。「女王の教室」か、「アンフェア」か。

 いちいちつっかかるクルクルパーマ(…って、脚本に書いてあるそうで凹んでましたよ・笑)大泉くん。そのうちに、オマエもとい大前(篠原)の主張に納得する日がくるのでしょうか。
 大前の上司、孝太郎くんの気弱な感じも可愛い♪ 嘱託のあのオジサン(小松政夫)も久しぶりに観たわ、和む職場だよね。

 でも書いてて、この先の展開や最終回がどうでも良くなってきた。2時間ドラマで対立→和解(&加藤あいの意識改革)を描けば充分な素材なんじゃないでしょうか。
 それとも大事件が起きますか?それこそ大前に『私には関わりございませんが、何か』と言われて終わりでは。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ