ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

宇梶剛士

「素敵な選TAXIスペシャル 湯けむり連続選択肢」☆☆☆

このタイトルだけで笑えるw
そして期待を裏切らないスペシャルでしたー。特別編でありがちな前日譚、どうして/どうやってこの不思議なタクシーの運転手になったのかはもう本編最終回でやっているわけで、今更望んだりがっかりしたりするものは何もない、ただ楽しみたいだけのこのシリーズ。この調子で時々やってくれたら大喜びですよね。

そんなわけで、温泉地。
アニメの聖地巡礼にこっそりやってきた枝分さん。いつものように出会った客を乗せつつ、今夜の宿探しです。
カップル客に妙にしつこかったり、フロントに温泉の写真で絡むところなどめんどくささ全開w 中身がバカリズムだとツラがイケメン竹内豊でもホラ台無しなんだよーと見せつけられるようで、やっぱり笑いどころです(^^;;;)

☆今季絶望の怪我をしたプロ野球選手(玉山鉄二) これは戻りたいw 何度でもw
☆婚約破棄を言い出された男(山崎樹範) 男は言われる前に戻り続け、女は言った後に戻って謝罪する
  深い! だいたい男は「何が悪かったのか」を本人に聞こうとしない上、戻れると知るとどんどんその場の対応もぞんざいになる始末w 枝分の適当な助言がなくとも修復できる気がしません。これ、本編でもしょっちゅうだったし、今回も金八先生がそう。でも彼女(瀧本美織)は、きちんと謝るために、婚約破棄をなかったことにせず普通の運転でホテルに戻って、相手を傷つけたことを謝り二人のこれからを築いていこうとするんです。そう、そうあるべきなんですよ。でも全員そのスタイルだと、選タクシーは商売上がったりですけどね!
☆生徒が行方不明の担任教師(清水富美加) だから話を聞けw
  愛の告白でなく、振られてもいなく、崖にいる警察は自殺の操作でなくドラマ撮影でした~w かなり何度も戻って効果なかったのに、お金はきちんと払ったんでしょうか。すごいわ公務員。 結局生徒の行き先は聖地巡礼(他の生徒には内緒にって…バレるよw) 写真を撮ってもらえたかわりに、夜の温泉には入り損ねた枝分さんなのでしたw

と、この3エピソードの間ちょろちょろ顔を出していた松重豊が、実は凶悪逃亡犯!
うっかり逃亡に手を貸した負い目で警察に協力する枝分ですが、刑事たちをいつに戻しても逮捕に間に合わない(走行中の車中に戻るところ、なかなかにスリリングw) じゃあ…と、婚約カップルと教師たちが足止めを買って出てくれるところ、いいですね。うんうん。小さなエピソードでつないでいる分、最後に全員で何かするんだろうとは思っていましたがこうなるとは。どっちも女子の方が強いところがアニメっぽいですw
そして最後はもちろんこうなるね!という大団円w

本当なら、刃物を持った犯人が倒れこんだところで大惨事の可能性もありましたが……終わりよければすべてよし、でしょう! とんでもないカウントダウンもありましたが、戻ったらいいんだから大丈夫ー!(選タクシーと専属契約したいプロスポーツ選手っていっぱいいると思うわw)

喫茶Choiceに戻ったら、皆はハワイに行っていた!ガーンというお約束w
でもいいじゃない、聖地巡礼には行けたんだから、ね?(自分も遊びがてらの観光地行きで、かなりな額稼いできてますよねえ。振り回されて温泉に入れないオチはつくものの、羨ましい稼業です)

「犯罪科学分析室 電子の標的2」 ☆☆☆

やった! 捜査一課が分析室の味方につきましたよw

公安部部長難波(宇梶剛士)の横暴に耐えていた捜査一課岩瀬課長(西村雅彦)がついにキレ、分析室の主張通りの捜査を指示します。そうそう、これが見たかったのよね(^^) 実は公安部、潜入捜査が得意の倉田(手塚とおる)の元所属先。この難波にたてついて飛ばされたんだそうでしたが……
「飛ばされたんじゃない、おれが引き抜いたんだ」
と部下の倉田をたてる室長藤江(伊原剛志)の気概にじ~ん。
今回は難しい手掛かりのほとんどがこの藤江のスーパー記憶力で身元判明、場所判明。行きずりの受付嬢やホームレスの顔を後からマッチング出来る写真記憶のみならず、犯行声明にかぶるノイズで場所特定とかw もうスーパーマンでした。変な英語連発でも許しちゃおうw

事件は盗まれたウィルスによる連続殺人、ウィルスが注射で体内に入れるタイプで、空気感染しないのが救いです。でも犯人は詐欺事件の再捜査を要求、出来なければまた死者が出ると脅してきます。被害者はなるほど、その事件の関係者だった模様。例によって犯罪科学分析室の面々が捜査会議に乱入、ばりばり真相に迫っていきますよー。
今回ネットの活用も面白かったですね。
犯人とおぼしきウサギの着ぐるみ姿を、フォロワー100万人越えのツイッターで情報求む! 某ゲームのランキング1位プレーヤー「はんぺんジョニー」とは画像/音声分析担当の大石(皆川猿時)だったんですねえ。 おたく崩れならぬ立派なオタク捜査官w もっとも犯人には先読みされて、同じウサギがたくさんいましたけどw
おなじみ、変装倉田の潜入捜査もばっちり楽しく、しかもひっかけ捜査でしたよ! 潜入後逃げるもつかまり、盗んだデータ入りUSBを取り返された…とみせかけて、真の狙いはダミーUSBを渡すこと!その行き先で内通者があぶり出されます、うわー意地が悪いw 退出時にUSBを落として拾ったのも、うっかりでなくわざとだったのねー!

ウィルス開発と詐欺事件の関連が唐突に思えて冒頭は混乱しましたが、終盤の畳み掛けは見応えがありました。黒幕も内通者も判明、利用された姉弟は(罪には問われるだろうけど)助かり、その父窪田の免罪は見事晴れてめでたし、スッキリですね。
そうそう、当時の上司難波にかみつく倉田。「窪田は被疑者じゃない」と主張する最初の回想では顔のアップなんですが、遺児目線の回想では遠目の全身画像。大柄な難波に華奢で小柄な倉田が必死に背伸びして食らいついていく様子になっていて、父の味方になってくれていたあなたを覚えている、と礼を言われる場面なんてまさに胸熱でした。
泣いていいんだよ倉田!!

さて西村さん演じる捜査一課長岩瀬。捜査会議での力み返った様子で笑いを取り、メインになる分析室と拮抗するのは前回と同じでしたが、今回は公安部長が敵役にまわったおかげで分析室と協力体制がとれました。これこれ、前回からこれを見たかったのよ! 前述の「俺が引き抜いた」と藤江が難波をやり込めた時、当の倉田でなく岩瀬のニヤリが映る演出もニクいですね!
さてパート3はあるのか。あったらタイトルは「電子の標的3」なのか? そこは入れ替わるとばっかり思って「犯罪科学分析室」でタグつけしたのになあw

「半沢直樹」4 ☆☆☆☆

壇蜜に目が釘付けになる日が来るとは……!!


愛人役、壇蜜。

豪邸のプールで寝そべり、着飾って男の腕にぶらさがるまさにアクセサリー状態で1話から登場していて、台詞要らずのはまり役だなあと笑っていたのですが。だんだんと出番が増えて、男に邪険にされ半沢に付けねらわれと台詞も増え。

あまり感情が表に出ないところも『何を考えているのか分からない』演出と思えば妖しくてよい感じ。


そこから一気に、物語上でも大切なところに壇蜜浮上です。

一等地にネイルショップをオープンする資金をパトロン東田に出してもらおうと犯罪の片棒かつぐ壇蜜に、それまでの情報よこせ通帳みせろでなく、銀行員と起業家して接触する半沢。自己資金を頭金に審査を受けて『銀行に融資をしてもらえ』と。

女の色気は評価されても、これまで人間としてきちんと相手をされてこなかっただろう愛人さんには、これは捨ててたプライドを刺激される大事件なのでは。女の私だって、壇蜜が裏切りのキーポイントにはなってもせいぜい書類をどっちに渡すのかって程度で、社長さんになれるとは夢にも思いませんでしたから!

ラストでは、彼女が国税に行ってしまって次回に続きましたが、これはそう思わせて結局は半沢の味方につく前振りじゃないのかな、さて??


で、半沢がそんなことを思いついたのは、はっちゃけ奥さん花ちゃんの日々の暴言からなのですが……。

なにげに、支店長夫人との雑談から

『支店長地元育ち→東田と出身中学同じ』

のラインを見つけ出したり、今回の『女も仕事する』と目から鱗だったり、旦那の銀行探偵業に役立ってます(しかし、支店長あての嫌がらせメールに愛妻の名を騙るのは酷くないかいな)


前回の、抜き打ち検査で不正発覚でも、正直に身体の前で携帯開いたまま持って会いに行ってるのに、ワル上司は録音を警戒もせずにべらべら喋るしw 今回の脅しメールだって、半沢は別携帯を用意した様子もなく自分のスマホから(妻名義でw)送信していて、上司達どんだけ情報弱者なんだって感じ。まだお年寄りって年齢じゃないのにーw


「倍返し!」

「10倍返しだ!」

萌える〜! どんどんインフレする様子はもうジャンプ戦闘物かという勢いの半沢直樹。実は2話目で東田がつかまらなかった時にはどこまでひっぱるのかとひいたものですが、瀕死の老人を見舞い、マスコミに自分が不利なネタリークとあの手この手、まさに捨て身な半沢の攻撃は面白さもインフレで目が離せませーん。


しかし支店長……。中学時代の同級生と言っても、仲良かったの?転勤族で標準語の転校生で、あの可愛い風貌、イジメられてたんじゃないのかなw


「半沢直樹」1 ☆☆☆☆

聞き込み張り込み、やっと見つければゴルフクラブで殴られるw

銀行員がこんなに大変なお仕事だなんて(違)


会社に5億の損失を負わせたのは確かに大変でも、横領したわけじゃなし業務ですから、貸した相手の倒産で返済されないだけ。主人公半沢(堺雅人)が個人的に返済するような金じゃないわけで……なんで黙ってクビを切られて終わらないのかといえば、半沢直樹は出世がしたいから。

復讐のために!ドーン!


冒頭の就職面接で
『実家の工場の危機を、御行が救ってくれました!』
と実に「いい話」を語って始まったドラマ「半沢直樹」だったのですが、話が進むにつれ過労で突然死だった筈の父は首を吊ってぶら下がり、救いの神の『御行』旧産業中央銀行こそがさっさと融資をひきあげた憎っき相手だったと判明するわけです!!
(実家とどんな取引したのかも調べずに採用したってことだし、最低w) 

うわー、じゃあトップに上り詰めたその後は、一体何をどうするつもりでしょう?


時は流れ、亡父の工場の様な優秀零細企業にこそ融資をと頑張る課長になった半沢さん。

でも実際は上司命令で妙に態度のデカイ大手に貸すことになり、シェアを広げたーと思ったら粉飾決算で倒産され、社長逃亡。責任は取る!とごり押しした上司も知らんぷり~。


…ここで、本気で出世したいなら同期ミッチーの言う様にどんなに理不尽でも黙って頭を下げ、人事リサーチに精を出し、それから奥さんももうちょっと仕事に理解があって社宅暮らしに向いてる人を選べばいいのにと思ったりもするのですがw

復讐を誓った身で社畜になる意味ないもんね、好きな女も娶るし、理不尽と思えば我慢できずに暴言吐いて、結果出せばいいんだろ?ってことになるのでしょう。それに、身体を壊したもう1人の同期の転落で『一度失敗したら取り返せない』と思えば尚更、攻撃的前進しか取る道がありませんよねー?


査察も追う逃亡社長(宇梶剛士)に辿り着く情報をくれるのは、一度は彼をたたき出した男(赤井英和)。

『銀行は信じへんが、お前は信じる』

零細手作り企業を助けた半沢のことは信用しようといってくれるのです。

と、ここで1話終了したときに、え、もう終わり?とびっくりしましたよ。
(2時間を短く感じたのか、捕まえて終わるかと思ってからなのかw 堺雅人劇場でした) 


「やられたらやり返す!」

と倍返しを身上とする男、半沢直樹。さあ逃亡社長をどう捕まえて、どう2億回収するんでしょうかw

それに、その先のドラマは一体どんな風に続いていくんでしょう?


そういえば「侍ジャイアンツ」でも、主人公番場蛮は、巨人を倒す!と入団したのにだんだんチーム愛が育っちゃうんじゃなかったでしたっけw 半沢も、気付けば自行を見捨てられなくなってしまったりするんじゃないのかな?

楽しみです。


妻の上戸彩があまりに浮世離れしてて驚きましたけどw

夫の失敗も知らないとか、要は家で全く愚痴を言っていないんですよね半沢直樹。何も知らないまま、明るく励ましてくれる妻でいてほしいと夫が思ってるなら、あれでいいんでしょう、うん。
壇蜜の使い方もナイスでした。あの服w 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ