ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

大阪環状線

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」天満駅桃谷駅 ☆☆

4話天満駅「妻の霊がカツラに取り憑いた男」
なんちゅー発想w 役者でない、関テレ名物アナウンサーが主役で頑張ってますよお。カミングアウトして久しい山本氏、実はかぶるのは19年ぶりだったとか!なのにカツラに振り回される役だなんてw

54歳真治(山本浩之)は今日、やもめ同士でデート。
夫が心配のあまりカツラに取り憑いた亡妻(鈴木紗理奈)が、やれネイルを褒めろ、今じゃない、あの女失礼だと、ズレたり飛び上がったりの大騒ぎです。一方の彼女(中江有里)は、デート中スマホを持ちっぱなしでせっせと返信、気がないのかと思いきや甘えてきたり。そもそも暴れるカツラによく気づかずにいられるものですw
公園にフクロウカフェに天神橋筋商店街と、天満駅周辺のデートスポットを網羅しながらも、噛み合わない二人。もう亡き夫のことは忘れなくてはいけませんね……と語る彼女にそれは違う!と返す主人公。人生の一部だった妻を、これからも自分は忘れられないといいきった途端に、伝う滂沱の汗。いえ、号泣したヅラ妻の涙ですw

そしてオチは、そう。相手の女性もスマホにとりついた亡き旦那と一緒にデート。もっと甘えろ等の指令を受けていたのでした。でももうどっちの霊も、安心して成仏できましたねー。


5話桃谷駅「酒と泪と男とわたしたち」
「会ってほしい人がいる」
という19歳の娘(小芝風花)と38歳の母(中村ゆり)が、待ち合わせ場所を間違え、帰り、追いかけ、と近くにいてもすれ違い続ける桃谷駅周辺。

こ、これは無理~、中村ゆりがお姉さんにしか見えなくて、19で結婚して19の娘がいてと言われても別の38歳の母がどっかから出てくる気がずっとしちゃってましたよー。酒浸りの設定でも若くてきれいなんだもん中村ゆり(^^;;;)
さておき、自分も19歳で結婚して失敗したんだからと娘の暴走を止めようとしたり、思い直して祝福しようとしたり。
『誰もがおめでとうと祝ってくれて、しかも覚えてるのは結婚式だけ』(誕生祝は忘れてるからw)
という衣装屋さんの言葉も含蓄深いのですが、それで最後に出てくる「会わせたい人」が娘の彼氏じゃなく、別れた旦那だとは!離婚して、まだたった4年。そりゃただの迷惑だよ娘さん!

中村ゆりの大阪弁は「煙霞 GOLD RUSH」で見てましたけど、小芝風花のは初めてかな。ポンポン行き交うやりとりは気持ちがいいです。

さて狂言回しのシュークリーム少女(清井咲希)は、4話で吹っ飛ぶカツラを目撃w
5話では「シュークリームを落とした子」「ひとつ足りないと悲しんでる子」と、親子に別々に会うミラクルキャラでの登場でした。ほんと、どう梱包したら紙袋の中の箱に入ってるシュークリームがひとつ出て落ちるのかと(^^;;;;)

「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」 桜ノ宮駅 ☆☆

スカート短っ!キラキラ可愛いJKがぎゅっと詰まったお話でした。

水泳で進学する予定が潰れてカワイソウ~……と声高に噂する女子にくってかかった本人江波夕輝(高月彩良)に、ひとり謝罪にいった藤本朝陽(阿部純子)は、ノートを拾います。
<やり残したことリスト>
 □学校をさぼる    □UFOキャッチャーする
 □カラオケで歌う   □可愛い服を買う
 □プリクラを撮る   □バイクに乗る
 □メイクする   
夕輝に届けるついでに、一緒にやろう!手伝う!とグイグイ迫る朝陽ちゃん、UFOキャッチャーの腕前は確かでした(^^) 
水泳に打ち込んでばかりだった江波さん、女子グループにも入らず、買い物もプリクラもカラオケも、メイクもしたことなく塩素の香りに包まれて過ごしてきちゃったのねえ。ひょっとして叶えたら死ぬつもりかと無駄にハラハラしてしまいましたが
「次は藤本さんのしたいこと、しよう!」
と言うぐらいだから、ただ楽しみたかったのねw ホッとしましたよ~

相談は川を見下ろす橋の上、船にも乗ったり、ビーチフラッグができる砂浜があったり(桜ノ宮ビーチ:ふれあいの水辺 だそうです。知らなかった~)、お地蔵さんの角でおばあちゃんが打ち水してたり。桜ノ宮らしいをふんだんに取り入れて、名を知るだけだった二人は打ち解けていきます。そして、ぐいぐいな朝陽ちゃんはもう一歩踏み込んで、そんなリストに書いてない、本当にやりたいことがあるでしょうと迫るのです。
そう、水泳。

記録や進学のためじゃなく、もう一度泳いで。また水泳が好きになれたのかな。
実はずっと前からお互いを見ていた2人。夜のプールに飛び込む仲になって、もうめっっちゃ青春です(なのに、次の予告が「妻の霊がカツラにとりついた男」w 面白そうだけど、余韻台無しよーw)


「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2)」弁天町駅 ☆☆☆

へー、フェリー乗り場とかあったんだ。閉鎖された跡をアーチストが作業場にしてたりするんですね(自動車教習所と、元交通博物館のイメージしか)

離婚届を出したばかりの母(キムラ緑子)と、報告に戸惑う息子(波岡一喜)との、がっつり親子漫才ですw 延々聴いてられるわ。
せいせいした、と言い放つ母が行きたがったのは、嫁いで初めて大阪に降り立ったフェリー埠頭跡。ここで初の関西風うどんを食べた、ここで「瀬戸の花嫁」が流れて可笑しくてしかたがなかった……そんなたわいもない話。思い出の中の小さな男の子は、さっき話をしたアーチスト君かも。でもそれを確かめるでもなく
「そーかもしれんし、そーでないかもしれへんな」
で終わらせてしまう、ミラクルを求めすぎないところがいい味出してます。

そしてぽつぽつ暮らしの不安を訴え始める母と、やっと「店を出す」と報告できた調理師の息子。
お母さん『職がない』と嘆いていたから、雇ってくれぐらい言うかと思いきやまさかの「いよいよ困ったら、まかない食べさせてもらえる」ってw もっといいもの食べさせてもらってください

シーズン4も制作開始と聞いたタイミングでBS放送始まっていて、なんとなく視聴。本放送時は、鶴橋駅のあとなんとなく見なくなっちゃってもったいなことをしましたか。
「親と一緒におれるって、当たり前じゃないと思う」
といきなり息子に諭す少女(清井咲希)は、シーズン1の大阪城公園編で脱走犯と話してた娘かな。理想のシュークリームが縦糸なのね!


「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」大阪城公園駅、西九条駅 ☆☆

今週は西九条駅。
川の下を渡る地下道、TVで見たことあるー(^^)
他に無料渡し船もある様ですが、そこは出てこない夜の話w 飲み屋街で話題の「悪魔」こと、魔性のゲイ(碓井将大)と出会ってしまった青年(大野拓朗)の一夜の右往左往でした。
家もなく体を売って暮らしているらしい彼に絡まれて終電を逃したのに、仕事がみつかるまで自分の家にいたらいいとまで言ってみる優しい主人公。物別れになってちょっとホッ(^^;;;)
いい話ばかり盛れとは言わないけどなんだって飲んでばかりの話w


そして先週は大阪城公園駅。
ミニオンランで行ったばかりで嬉しかったのですがこっちはこっちで、主人公は護送中に逃げた手錠付きの犯罪者(やべきょうすけ)なんでそんな設定にw
せっかくの園内もお堀もろくに紹介されるでなく林を駆け抜けるだけ、梅園とか綺麗な時期に撮ったらいいのに。背景にお城もたくさん出したらいいのに、家出中のJCと座り込む駅前の階段や公衆電話ボックスぐらいしか写りませんよ。もったいない。

生きてる甲斐がなにもない、という家出少女(清井咲希)に主人公が、一番美味しいシュークリームを探して教えてくれ、それで生きる意味が出来るだろう?と無い知恵絞って必死な場面は、不器用さで心温まりましたよ。おじさんもお勤め終わって、家族に会いにいけるといいね。

ところで環状線を「ぐるぐる回って出口が無い」と表現していましたが、それはむしろ東京の環状線では。大阪のは出口だらけですよねw 大和路線快速やらあっちこっち行きが乗り入れまくり、気をつけて乗らないとすぐ違うところに連れて行かれるデンジャラスなイメージがw


「大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語」5 新今宮駅 ☆☆☆

可愛い初恋物語 at 通天閣界隈w 
戦争の話も盛り込んできましたが、その時代に生きてしまっている徘徊老人が施設でなく、昔からの知り合いにそっと見守られつつ街で暮らす様子に、古い街の温かさがありますね。東京に引っ越した子(前田旺志郎)と地元に残った子(平祐奈「JKは雪女」だー!)と、廃校を機に再会した幼馴染の高校生二人、思い出の桜の下で写真をとれて良かったね。
万葉集をもらって恋の歌を語るとか素敵(^^) 
 

幸村様など他の回も見ましたが、結局知ってる場所の話が一番楽しいですよね。
天王寺動物園の裏、通天閣の足元あたりのザワザワと、ソース二度漬け禁止な串カツ屋やビリケンさんでお茶の間盛り上がりました。でもさ、いくら地元の子たちとはいえ、子供だけで入る店じゃないし子供だけで歩く界隈じゃありません。ほら絡まれてる。おまけに終電だあ?家の人がでかけてるからって、余計に早く帰りなさい(><)

子供にからむチンピラが、まんま吉本新喜劇のチンピラでニヤリ。先生カップルを尾行したら、ラブホにしけこまれる流れには苦笑、先生稼業も大変だあ。

「大阪環状線 ~ひと駅ごとの愛物語~」1 天王寺駅 ☆☆

ぱお~ん(^^;;;)

関西テレビ制作で、大阪環状線の駅ごとに様々な大阪をみせてくれるらしいオムニバスドラマ。馴染みの天王寺からスタートだったのでみてみました。
♯1「偽装カップル」
うわー、やっすいw 
彼女の浮気を疑って、デート中をつけまわす男(駿河太郎)は俳優。つきあわされてるマネージャー(谷村美月)は実は男に惚れている……というよくある人物配置w これで彼女さんのデート相手が実は兄弟ってな線だけはやめてほしくて、キス目撃でホッとしましたw でも結局はゲイだかバイだか、彼女さんより男の方に愛の告白しだしたよーというドタバタにがっくりw パンツがオチて話もオチ……てないよ! 
街が主役の30分ドラマならこんなものでしょうか。市立博物館あたりが映るのは楽しかったです。この先も豪華俳優陣を揃えてのオムニバス、公式HP(リンクこちら)によればしっとり系の話もあるようなのにトップバッターをこれって、もうw

次は玉造、真田幸村ゆかりの地で、尾上松也が幸村の霊にとりつかれちゃう? なんだかんだいいつつ、観ますw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ