ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

大野拓朗

「役者ダマしい 女将に愛の告白」12 ☆

最終回にして番宣!

この番組には珍しい若いイケメン客(大野拓朗)が訪れて、なんと5人と同時交際中のモテモテ野郎。女将(菊川怜)のことも直球で褒めまくりプロポーズ。結婚を口実に女将から別れ話をしてもらおうとするのですが、なーんだそれ7月から主演の太宰原作ドラマがお手本ですか! しかもそんなチャラ男を『私が真人間にしてあげる』とか欠片も思わないタイプの女将ドン引きw
『明日、すっぱり縁切ってきますから!』
『今すぐじゃないんですねw』
というあしらわれっぷりで振られてました~。

役者さんたちが女将攻略に知恵を絞り、無い抽斗を探る様子が楽しくて見てましたのに、一人だけ借りてきた設定で演らせちゃったら話が違いますよねえ。犬にまでなった神保悟志や探偵でど滑りした金子昇が泣きますよ! 番外編、としてくれたら良かったのに。

ともあれDVD発売決定だそうで評判は悪くなかった様子。続編ありますかねw

「猫忍」1 ☆☆

もっと!もっと画面に猫を!というわけで☆二つ。でも猫好き忍者好きにはたまらんでしょうねえ、海外猫好き向け?

まさかの大ヒットになった前作「猫侍」のスタッフによる新作「猫忍」、主人公が中年侍から若い忍者に変わったものの、その主人公が低音で心の声連発なところもそっくりですよw 子供時代が福くんだったり、父が船越英一郎、師匠が麿赤兒と脇役が豪華になっていますが、これずーっと見る人の期待はやはり猫でしょうから無駄な出費じゃないのかなあw (草野仁、どこに出てるのかと思ってたら草野イニだったw)
そうそう作中でも、どこぞに猫に魅入られた侍がいるそうと「猫侍」が噂になってて笑いました。

「赤鼻」の異名を持つ伝説の忍者だった父と生き別れた主人公陽炎太(大野拓朗)は、鼻の赤い猫に変身した父の面影を追い、大人になった今も猫の鳴き声には時ところ構わず反応してしまう。それこそ忍者の仕事中でも、その失敗で説教されてる最中でもw
挙句、忍び込んだ屋敷でそのデブな赤鼻猫に再会し連れて帰ってしまうのですが……。それ、本当に父上が変身している猫でそのうち父上に戻るのですか?それともそんな気持ちなだけ? とんでもドラマなだけに本気で化けてた路線もありですよね。

とりあえず猫フリークなお友達にお知らせよ!BSフジでも放送するらしいし。 
 


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ