ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

大杉蓮

「花咲舞が黙ってない!」~最終回 ☆☆☆☆

臨店班、解体されず!

相馬と舞も理解し合えどラブなわけじゃなく、これは続編の可能性ありまくりですねー。

最終回は、その前の回でお目こぼしだった御曹司のバカっぷりがとうとう親にもばれて良かった良かった。でも会社同士のおつきあいのために穏便な処分になるのねー 


いやあ毎回啖呵にスッキリ(そして下される処分には、もやっとw)

金融関係の専門用語は、歴代の池井戸潤原作ドラマで予習済みで無問題です。むしろイベントとして 「半沢直樹」のアレね?コレね?と、親しみを感じたりしてw

でもねー旦那はリタイアでした(><)主人公が女性の舞ちゃんなだけに、セクハラパワハラで女性が辛い目にあって舞ちゃんがガツンと文句言ってくれるという展開が多くて、そこが馴染めないというか

「文句言う程の事?」

と言いだしたり、処分が可笑しいとお茶の間で揉めたり、自分の職場でのセクハラ問題が訴えられる方として納得いかない対応ばかりだとかドラマの話じゃなくなっちゃったりwして……楽しめないとリタイア。男性視点だとそうなるのかな。

相馬と舞の父の意気投合や、オフィス街でのランチなど、食べてる場面が美味しそうなのも良かったです。 


「みをつくし料理帖」2 ☆☆☆

原作大好きで楽しみに視聴、何の不満もおきない良い2時間ドラマでした。 シリーズ2作目ですが、丁寧なつくりと絶妙の解説で事情は把握出来るかと。

……
というか、把握出来過ぎて2作目と思うより「これ前にも観た」と、旦那など再放送かと思ってましたよ。ゴールデンタイムにそんなw

でも確かに

☆つる屋で料理

☆登竜楼と喧嘩

☆料理美味しい

☆花魁がチラッ

☆私がんばる!

ぼんやり観てたら同じですかねえw 若旦那失踪問題の手がかりとか、小松原さまの仕事が将軍の料理係だとか、いろいろ新しいことはあるんですけどねえ。

それに、この先恋の話も出て来るわけですが、この調子で馴れ初めから破局までを年に一度でぽつぽつ描いていたらぼんやりしそうです。2時間特番でなく、やはり連ドラで毎週あってのシーズン2シーズン3とじっくり描いて欲しいですねえ。


又次さんも源斉先生もかっこいいのにちょろっとずつしか出ないんですもの。それを言ったら小松原さまもね。今回だけを観てたらこの先、澪が誰と恋するだのなんて、妄想する余地もありません。


ドラマオリジナルとして、澪が主役の戯作が出て売れてました(自分が書かれてないと拗ねる店主可愛いw)

「ジョーカー」3 ☆☆☆

こんな刑事たち、イヤだー(><)

伊達さんが刺した相手は生きていて、殺人じゃなかったと知ってちょっと救われました。(大杉漣刑事さん、いいこと言ってるのにアイス持ったまま 笑)
でも今回は鑑識@久遠くんの虐待トラウマまで加わって、つらいつらい。悪を憎む気持ちはそりゃ刑事に必要かも知れませんが、逆に目の前の悪人よりも過去と闘っている感じ。悪い奴だから殺してもいい……じゃ、犯人とレベル同じだし、冤罪も怖いです。やはり心身ともに健全な人に捜査はしてもらいたい様な、それでは被害者の痛みは理解できない様な。うーん。
あと、もっと余罪がありそうで、それが不問になるのも納得いかない様な。(女子高生相手にも絶対なんかしてるぞコイツー。カーテンのトリックだって、その間外から死体&アリバイ工作がまるみえになるリスクが平気って初犯と思えナイ)
だいたい、捜査打ち切りが早すぎるんじゃー!!

で、伊達方式は麻酔後どこかに生涯閉じこめて働かせてるとか。マグロ漁船??それをまかされているのが……マスター!!(またアイス 笑 繋がりのための演出でしたかー)

というわけで、3話にして仲間が3人に。そのうちリョウと杏も加入して必殺隊が完成なんでしょうか。
……閉じこめる場所、食い扶持を考えると大富豪のスポンサーが欲しいところですが、それはさておき、昼は行灯、夜はカミソリな堺雅人はやっぱり見応え充分ですし、錦戸くんも紙一重のいい仕事しています。
伊達と杏の上司がなんと、杏兄死亡の容疑者だとかでラスボスの予感~。ここにも、そんな経歴で刑事出来るのかな人がもう1人(^^;;;)アリエナイ度と共にオモシロ度も上がって参りました!!

人気ブログランキングへ

「ジョーカー」2 ☆☆☆

「俺も同じ、裁きを受けなかった罪人だ」
と、自白をしない犯罪者につぶやく伊達刑事。そうかー。当時まだ刑事だったマスター(大杉漣)が、殺人をもみ消しちゃったんだ。そりゃあいくら少年法で保護されますとか言ったってオオゴトにはなるだろうから、良かれと思ってしたのでしょうが……裁かれず、罪を償う機会を奪ったことで、心の傷も癒えないまま大人になってしまった様子。

事件は、老人ホームの火災です。
事故で処理されるはずが、地道な捜査(含む違法盗聴、盗撮 笑)で、薬物を注射しての放火と判明。でも自殺しちゃったバカな実行犯の影に、黒幕が居ることも分かっているのに……!!
穏やかな笑顔で淡々と尋問する伊達刑事。この笑顔がまさに堺雅人、仏の顔なわけですが、ずーっと同じことを聞き続けたり、わざとペンを落とし続けてストレス与えたりと、プチ拷問? 仏、腹黒いよ!!
そして最後の最後で「私が変な死に方をしたら……」と被害者が残したメモを突きつけたものの不発。
ここで温和しく自白していたら、”神隠し”にあわなくても良かったのにねー。火事現場で証拠物件を探す黒幕氏。現れた刑事に拳銃を突きつけられて、まあ慌てること。まさか刑事が市民を撃つわけないと信じてたんですね。自らも法をあざむいているくせに、相手は守るはずだなんて甘いでしょー。でも伊達刑事の方も、当日にいきなり処刑は急ぎすぎでは??まだ捜査で逮捕に持ち込む道はないの??

とそこへ、錦戸鑑識くん登場。
一緒に”神隠し”を手伝うことになるのでしょうか??それともこの男は助ける?1話で殺さずに船に乗せていた様に、どこか行き先があるとか?
杏刑事の方も、兄殺しの犯人が捕まってないのとフラグを立てつつ、違法捜査に手を染め始めましたよ??さて??

突っ込みどころは多いものの先が気になります。 

人気ブログランキングへ

「人間の証明」最終回 ☆☆☆

  暑かった夏が終わりました。
で、懲役20年?? 身勝手に2人も殺しといて、たったの??

 詩は朗読しても、自分のことには寡黙な棟居さん。
父を殺した男をみつけたけれど、殺さなかったってちゃんと言ってやればいいのにー。そういうことは黙ってるんだもんなー。
 それでも、郡恭子が落ちました。
 幸せイッパイに育ってきた男だったら、出来なかったんでしょうね。その前に、そもそもこの事件にここまでのめり込むこともなく。

 ジョニーの熱演に、胸を打たれました。毎週小出しに馴らされてきた成果です、
母親がジャマに思っても、子供は親が好きだなんて・・・・別れて育ったから余計に思慕も募っただろうに。可哀想なジョニー。
 そうかだから、必死に整形して日本人顔になろうと(いやもう。それはいいから)

 ラスト、カタカタと打ち出される登場人物のこれからが穿ってましたね。
夫と愛人、もう二度と会わないんだ・・・・。ええっ棟居を結婚させたがっていた部長、自分は独り身だっけ??
 そんなふうに一生を語られた人もいるのに、棟居や桐子ちゃんの将来はせいぜい5,6年程度先しか教えてもらえませんでしたね、。
 2人が、じゃなくていいから。誰かと幸せになったと書いてくれてもいいのに。

 逮捕された郡恭子も、逮捕した棟居も。その他事件に関わった人達も。
共に過去と向き合うことで何かを乗り越えて・・・マイナスがゼロになるぐらいには、幸せになれたのかなと想像してみます。

「人間の証明」4 ☆☆☆

 嗚呼・・・痛々しい。
「どうしてウチにはサンタさんが来ないの?」と泣いた子が、
「お父さんを助けて」と泣いた子が、
本当に動かなくなってしまったお父さんを前に、もう泣いていませんでした。(TT)

 そして、落ちて崩れたケーキを喰う犬。

「だから、犬は嫌いなんです。」
と、思い出を淡々と告げる棟居がまた痛々しくてたまりませんでした。
でもねぇ、そんな個人的なことを話す気になるほど、ヨコワタリさんに馴れてきたってコトですよね。良かった良かった!!
 幼なじみに謝る様子も、良かった良かった♪

 ・・・と、ここまで一生懸命書いてもやっぱり、ジョニーの写真を思い出すと我に返ってしまいます困った。あれが黒人なら、マイケルジャクソンも整形してませんね。 困ったなぁ。

 オヤジ連合や、クマをみつめるバカ息子とか、断片がそろそろ繋がってきました!
それから、山崎管理官の出番が結構あってホクホク♪
血相変わってる現場の刑事のよこで、のんびりしてる感じが良いですわ。

 次回、父親を殺した米兵の身元が分かってしまう様子。
それが呼ぶだろう波紋が怖いです。

「人間の証明」3 ☆

帽子帽子観覧車観覧車
 またもや話動かず。

 ・・・ううん、ストーハでキスミー。証人がでたり詩集から謎解きが出たり、監禁されてた彼女が死んだりと、そういえば新事実はいろいろあるわけですが、棟居の気持ちがイッコも動いてない。
 何かを楽しげに語ったり、自宅が映ったりという部分がなくて本当に『24時間刑事』してるんですものっ!!

 そういえば「白い巨塔」の時も、初めの方は毎回『あらすじにすると一緒じゃないかな』とレビューしていたわけでそういうところは似ていますが、達成目標が”教授”なのと”事件解決”なのとでは利益に大きな差が。

 つまんないわけじゃないし。
 これからずっとこうでもいいけどね。今回の浮浪者おやじと不思議ちゃんの触れあいだけみると「はぐれ刑事純情派」みたいじゃないですか。いくら泉谷しげると紙ちゃんがいい味でも?。
 早く別の抽斗があいてほしいな。
帽子帽子観覧車観覧車

「人間の証明」2 ☆☆

観覧車観覧車観覧車帽子帽子帽子
 美声揃いの捜査一課。普段なら聞き惚れる大杉蓮のイイ声が普通に聞こえちゃう程ですよ。そしてダントツ竹野内ボイス!

 被害者の足取りが判明し、ムネスエ君がますます喰えない奴なことが判明し(ツレとたまたま寄っただけって ^^;;;)、選挙にでたマダムはやましい過去があるらしい。
 どれも、一話に描かれたことの掘り下げで新しいことは一つもありませんでした。だからってつまらないわかじゃないですが、一話も抜かせない?という緊迫感には欠けますねぇ??

 とりあえずまた来週。

(追加)
施設育ち、肉親の死のトラウマによる過剰な暴力。
・・・。なにか思い出すと思ったら「顔」でした。オダジョー演じる西島刑事とムネスエの類似。
原作の時代からして「顔」の西島がムネスエからの派生型なんでしょうか。それともああいうキャラって、刑事ものにはよくいるのかな。
観覧車観覧車観覧車帽子帽子帽子

「人間の証明」1 ☆☆☆

 面白かった・・・・。ひと安心。 裏の「バツ彼」に負けていたらどうしようか、なんて不安は杞憂でした。(と、言い切るにはまだ早いけど ^^;;;)

 とにかく目玉は竹野内 セクシー・癒しボイス・豊!
 異動したての新人なのに、もう10年は捜査一課にいる様じゃないですか。途中で出てきた夏川結衣が、昔の女じゃなく本当に「おさななじみ」らしいのには驚きましたけど、そこでかいま見せた素顔もいいです。
 過去に、辛い体験がありそう。愛に飢える切れ者。ステキ〜!!

 そして、意外に早くたどり着きました「ストーハ=Straw hat(麦藁帽子)」
・・・あの観覧車、普段からあんな電飾してるんですか??

 その昔の、角川映画のCMは記憶にあるので(映画も原作も見た気がするけれどあやふや)今後重要になりそうなキーワードはちらほら浮かぶんです。XXXX Do you remenber?♪ ですよ。でも、現代に会わせて脚色も入るらしいし。ここは頭を空っぽにして見守りたいと思います。

 ただ一つ、心残りは・・・・せっかく外人さんもちゃんと使ってロケしたのなら、殺された黒人役の人の英語台詞だけは、吹き替えて欲しかったです?。
 それとも、英語が下手なのも**の伏線なんでしょうか?(笑)

 若い竹野内くんにつき合ってよれよれの大杉蓮さんも美味しかったですが、隅っこの山崎樹範くんにも期待しています♪
 ・・・・そのうちに役名も覚えてくることでしょう。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ