ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

大島優子

「東京タラレバ娘」1 ☆

うーん、視聴ターゲット層じゃないのに観てすみません(^^::::::)
原作が人気コミックだというから、そのうち面白くなるだろうと待って待って、特に何も起きずに1話終わってしまいましたよ。

ヒロイン(吉高由里子)は昔フった男(鈴木亮平)とディナーでいい感じ、再度告白されるかと舞い上がるも『大事な話』は年下女子との恋愛相談で大ショック。友達二人(榮倉奈々、大島優子)を呼び出してアラサー娘3人 、

『あの時、あーだっタラ』
『もっと、こーしてレバ』
と、タラレバな妄想と愚痴を肴に居酒屋で盛り上がるも、金髪イケメン(坂口健太郎)に馬鹿にされ、たまには他所で飲もうと男性とマッチングしてくれる店にいけば、20代女子しかお呼びじゃないと干されてまたショック。
「いい年した大人は自分で立ち上がれ、もう女の子じゃないんだから」
とまで言われてしまう年齢だったという現実に、呆然とする彼女たちの明日はどっちだ?

……って、もう好きにすれば、としかw
花の命は短くて。でも女子扱いの次が、ババアでなく『大人』扱いなら上等ですよねえ。

仕事のキャリア積んだり、自由に旅行したり遊んだりしてあっという間に過ぎた4年を、東京オリンピック開催決定から今年までと具体的に描写してみたり、肴のタラ白子とレバーが話しかけてくるタラレバ妄想はちょっと面白かったですけど、そこ以外はもうさっぱり。ずっと3人つるんで楽しく過ごしてきた結果の独り身を突然嘆かれても、ねえ。
そしてヒロインは金髪イケメンモデルとどうせくっつくんでしょうよ。
それよりも逃した魚、昔はダサいとバカにしていたのに垢抜けて出世した鈴木亮平に本当に惚れ直して、年下彼女との破局を虎視眈々と狙って再攻略するドタバタコメディだったらもうちょっと興味持てるかも。いや嘘、それも見ないかw

初詣の最前列で後頭部に賽銭をぶっつけられたら。振り向いちゃいけません、顔に当たりますよ。 



「ヤメゴク」~最終回 ☆☆☆

麦秋の両目が出たw

服も黒から灰色になってましたけど、何より半分隠していた顔を出し、笑えるようになっての最終回でハッピーエンドでした。よかったよかった。


とりあえず殺陣が面白くてぼーっと毎回見ていたのですが、結局バカ強くなった理由って別にないんですね。せいぜいヤクザを憎む強い気持ちが麦秋をそれだけ強くした……的な?まあいいか。地下組織に何か埋め込まれて改造人間になっていて欲しかったわけでもなし。
 

逆に、ブラック麦秋に変化した原因は想定以上に酷かったですw

ヤクザが実父と判明したから辞めろ、と監禁拷問!

そーれーがー警察のすーるーこーとーかー!

いっそ危険な職場に配置して怪我を狙うとか、結婚退職に持ち込む画策するとか穏便な方向もあるでしょうに監禁w おかしすぎるでしょう!ドラマといえど名誉毀損で訴えるレベルw

この辺が描かれている時にはそれでも、内緒にしてた母ひどいな、娘が警察志望って言い出したところで止めようよと気持ちの持って行きようがあったのですが、話が進んだらどれも完全に誤解じゃないですかw もう一方的に警察がダメダメ、そしてお母さんがダメンズ寄せすぎ(><)

そのせいで壮大な親子ゲンカをずーっと見せられたこっちはどうしたらいいのやら…。


恋人がヤクザに殺されたとか、もっと浅くて直情的な理由の方が昇華がしやすかった気がしますよ。あの母を許せるのかとか、橘悪くないとか、自分が妹なら就職までダメにされて本当にただただ姉が迷惑だよなとか、ねー。「お前が憎しみから足抜けする時」とかうまいことを言われてもー!

そうか、やっぱり全部ヤクザが悪いんだ、滅んでしまえヤクザ!


毎回、足抜け事情が語られる度にどこかの元ヤクザさんに情が湧くわけで、ヤクザ撲滅をうたいながらも悪いシステムの中にいい人が詰まってる気がしてしまって困る罠。もっとキチガイ集団みたいな組は描かなくてよかったんでしょうかね。それこそ名誉毀損でヤクザから訴w


ラストは橘も無事に足抜け、笑顔の麦秋、初夏の季語ですw

しかーし、全国にヤクザのいる限り。足抜けコールの鳴らない日はないのでした、つづく。


ところで敬語くん、正体がばれた途端に意味ありげに色っぽいわ「未詳」配属は匂わされるわ、監督ファンならワクワクするのでしょうが……「ヤメゴク」だけの枠内で、彼がいったいどうなったのかは見せて終わって欲しかったですね。
 

「ヤメゴク ヤクザやめて頂きます」1 ☆☆☆

大島優子がスゴむCMに惹かれず見る気なかったのに、最初の5分だけ…とお試しで見始めたらもうずっと前のめりでしたw 何これ、面白い。


ヤクザを抜けるにはどうするのか……

と、相談電話を受ける通称「足抜けコール」課w そこで働くヒロイン麦秋(大島優子)のとんでも陰気な活躍を描きます。

画面にチラチラ映り込む小ネタ(ヤンクミらしき後ろ姿とかw)で堤幸彦なのはわかりましたが、スペックよりはかなり控えめ。役者も、敬語すぎるお役人やリーゼント刑事な北村一輝など出るだけで笑える脇役もいますがメインは大真面目大島優子なので変ギャグは全体に抑えめです。


髪はボサボサ、常に喪服で、ヤクザを強く強く恨むヒロイン……ヤクザ集団をほぼ一人でボッコボコにのしてしまう強さは尋常じゃありません。どうやって強くなったのか気になりますが「◯◯妻」で妻のパーフェクト修行がなかったように、過程はどうでもいいのかな。


組長のサインをもらって足抜け証明w へーw

ちゃんと再就職まで面倒みてくれて、カタギになるため落とした小指に足の指をつなぐ再建手術まで斡旋してくれるえとは。でもその外科医(山口紗弥加)の弱みを握っていたぶっているヒロインw 正義の味方のブラックぶりに、一体なにが彼女をそうさせたのか興味津々です。

回想シーンでの幸せそうな一家。さてはヒロイン以外全滅か?と思いきや、亡くなったのは父親だけ、妹たちはヤクザも恨まず何も知らず、案外呑気に母と暮らしてるじゃありませんか。なんでヒロインだけ職場に住んでるのさw


座布団のような麩菓子、大麩豪もいいよね。


「銭の戦争」~最終回 ☆☆☆

川に向かって投げないんだ。不思議。

そういえば顧客データも池じゃなく茂みに向かって投げて拾われてましたが。原作通りなのだとしたら、韓国には『水に流す(=清める)』という考え方がないのかしらん。父親が自死に使ったカードの破片を投げ捨てた場面のことです。血もこびりついたままずっと(裸で!)持ってたことにもびっくりしたけど、その辺に投げちゃってもっとびっくり。危険物……! (池や川にもゴミ捨てちゃダメですけどね)

川に流さないなら、手向けた花に添えて置いて欲しかったかな。


そんなわけで、後半の主役は隠し部屋の20億円どーん。

それを探したり盗んだり戻したり脱税金として発見させたり。ハラハラドキドキで飽きずに見ていられました。
特に、恋愛ドラマ家庭ドラマからリタイアしまくりの主人が最後まで楽しめたのがこれ。非日常で誰も責められてる気にならないところがいいのかも……借金がなければw 

牢屋でもかっこいい赤松や、最後見事にグループ総裁としてデビューした元カノちゃんや悪役おばあちゃん、娘を助けに駆けつけた未央パパもキャラ立っていて良かったです。

その分、主役の富生と未央が地味でしたけどw だからこそ負けそうで応援したくなるのかな。

(富生母と弟は…いなくても良かったかもなあ)


ただ、雑に便利に使われている未央のお友達は心配。当初の美容院のサクラぐらいならまだしも、最後は20億円の運び屋ですよ!ヤクザがちゃんと調べて未央をさらってくれたからいいようなものの。何がどうなって、何も知らず富生に恩義もないお友達が代わりになっちゃったり現場を押さえられてボッコボコにされる可能性だってあったはずでしょう~w このポジションは、富生に恩ある人にしておいて欲しかったかな

 

まあとにかく、鬼になりきれなかったことで法的には逆に救われた富生。


最後に未央を抱きしめて風にさらわれたように消え、どこかで金の匂いを嗅ぎながら…のエンドってちょっとイヤンw 赤松2世じゃんw

いつか、未央の足元にコロコロっと500円が転がってきて…ってな風に再会してくれるといいな。

「カエルの王女さま」最終回 ☆☆

チャゲ&飛鳥の歌は合唱は無理だと思うの……ユーミンも。


歌詞とのシンクロにこだわるあまり、終盤は選曲を誤ったのではないでしょか。サクラ祭りの時の桜の歌とか原曲が気にならずに聞けた曲はたくさんあったのに、何故にチャゲあす。

てか、オリジナルソングは封印ですかw

ここでこそ使える様に作ったんじゃなかったんですかー(><)


というわけで、序盤のインパクトからは考えられない程見てるこっちのテンションが下がった最終回でした。音楽堂を守ろうとする狸市長も、全然分かってなくて「危ないよ」とか言ってる跡継ぎ息子も、そこだけ見れば良かったのですが……歌がねー。
めちゃくちゃ上手い新人歌手がこれでデビューして、ソロ歌唱が話題になるぐらいの勢いが欲しかったですよん 

ステージも、あの人数で踊るのはスカスカなんですもん。ラストに入会希望者ぎっしり並べるぐらいなら、音楽堂コンサートのもっと早い段階でどんどん町の人を舞台に上げるとか舞台セット出すとかして埋めてほしかったです。どーせ毎回ピンチだ何だで、大して練習してないシャンソンズなんだから飛び入り参加で十分だよ!
(その点で、DVDの特典映像にあるだろう練習風景はどんなか気になりますw)
 

ひよこちゃんの思い出の舞台が澪主演だったとか、各人の成長とか、異邦人来襲譚のセオリーはきっちりふんで、去って行く澪。悪いドラマじゃなかったんですけど。伝説にはなり損ねましたね。

「カエルの王女さま」8 ☆

まさかホントに3日で作った曲使った?w


ゼルエルの書き下ろし曲じゃなきゃ出る意味がない!

そう言い切ることを絆だとか彼の為とか理由づけるのはまあドラマだからそういうものだとは思うのですが。実際の曲はプロが時間をかけて準備したんでしょうに、見事にドラマあるある『ドラマ内で激売れ設定の商品て、しょーもない』を体現してしまいました。歌のどっこも記憶に残ってない(><)ゼルエルだ!って部分も、シャンソンズだ!もなかったよね。

もっとシャンソンズの今までを具体的に歌詞に入れるとか、一人一人の見せ場があるとか、曲だってOPEDの曲を(ドラマ内ではゼルエル作って事でw)使う手もある筈なのになー。振り付けも広い舞台を右往左往してただけ。それで最後だけ客席にツッコんでさも盛り上がってる画面にされましても。

めちゃ残念です。


それ以外は、澪が実は音楽堂に亡き母との深い思い出を刻んでいたこととか。

「唄ってる場合じゃない」時にこそ、唄うべき。とか

金のあるないで負けるなんて認めない。とか
忍くん可愛い!とかw 

いろいろ好きな場面はあったのですが。


「カエルの王女さま」7 ☆☆

「くたばっちまえ!」と不倫相手が仁王立ちw


可愛らしいメロディで結婚を唄いながら、実はお祝いとは真逆な歌「ウェディングベル」(^^;;;)
手作りウェディングでこれを流すなんてーと驚いていたら冒頭の演出に大納得w 忠子さんが何も知らなかったら仰天でしょうけど、知っての家出から戻ったところだし。不倫相手と妻が対峙して唄われるのにこれほどふさわしく恐ろしい曲はないのでありました。

忠子さんは妻の座を再確認してにっこり。

不倫ちゃんは、歌でとはいえ大声で文句も言えて負けも認めて、すっきり。……なの?(^^;;;)


「優勝できなかったらシャンソンズ解散」

と、ありがちな無茶約束をしてしまう澪。有名になった昔の仲間に指導を頼みに行くが白紙の五線紙を渡され……オリジナル曲を書け、とのメッセージを理解する。

今から新作だなんて間に合うのかなー(知らない曲はテンション下がると思うの)
そもそもシャンソンズは人数が少ないよね。それでも大人数でベルリン合唱団に指導される老舗に勝とうとか、スポコンな流れになってきましたよー♪ ゲロゲロ♪


「カエルの王女さま」6 ☆☆

雨降って地固まる、の巻。ゲロゲロッ♪


澪が代役だった、と皆の前でバラされて

「騙したのね!」

……って、んー、定番ではありますし澪もわざわざ憎まれ口叩くからね。でもいきなり殴る程?
(町の人に至っては、署名とりけせとかわざわざ来るのってよほど暇人だよね。) 

舞台に立った事自体は本当なんだし。

嘘で儲けた訳でも、誰か傷つけたわけでもなく、ブロードウェイスターを信じて皆輝けたじゃない!


て訳で、最後にはちゃんと仲直りできて良かったね(そうなると思ってたしw)
澪の口癖「とてつもなく遅い!」を、今度は忠子が澪に言うのも面白かったです。 
 

シャンソンズが澪を雇うことになり経済逼迫も解決!「代役」も堂々と(英語でw)名乗れば恥ずかしくないよー。
ベタな展開はベタなりに楽しんでますので、たま子と姑さんの関係もテキトーに済ませずに(だって、子どもがママ好きって言ったって姑とはなにも解決してないよ) ちゃんとひと手間かけて仲直りさせてあげて欲しかったですわ。それともそこはこれからなのかな。
 

選曲対決は、圧倒的に「何度でも」の方が好きです。いい曲だわ~。男性ボーカルが入ると曲がしまるとのオーディション時の台詞に納得でしたわ。

……天海祐希のソロは…知らない曲だったからかなー、あまり響かず。もっとスゴイ歌唱力を期待してハードル上げちゃったかなあ。


と、円満になったところで今更!浮気がバレました。
そこはあまり深追いしてほしくないんだけどなー、次回どうなるんでしょう。

「カエルの王女さま」4 ☆☆☆

あひるちゃん覚醒!
3話はロックでピンと来なかったのですが(女声のブルーハーツってのも ^^;;;)、今回の山口百恵は楽しかったです。

ローカルTVの取材に応えて、まひるをメインにすえる澪。でも、いつまでたっても下向くし隠れるし声小さいし。それでも叱咤激励して使ってるのに、親にバレてもうやらないとか言うし。

「私に恥をかかせないで」

とまくしたてる酷い親に縛られて、お前は何も出来ない、姉だけ正しいと言われ続けて育ったんでしょうね。そして就職も決められそうになりましたが……。

ステージに立ったまひるは、別人の様に力強い歌声で皆を驚かせるのでした!

『バカにしないでよ♪』


逃げてショークワイア撮影に来ただけでなく、追って来た家族の手を振り切ったところで本当にふっきれた感じでしたね。玉鉄に助けられた感じですが……まあいいやっと。

実際のところ、歌声だけでなくギターとの掛け合いまでアドリブでやっちゃうとか突然堂々としすぎなんですけど、それもまあいいやっと。

就職も、大好きな音楽関係を選び直したまひる。人生の大きな転機になりました。


でもTV放映は『これが最後のシャンソンズ』と唄って終わり。

音楽堂前で高笑いの市長の悪役っぷりもナイスで、ロッカー玉鉄も入ってメンバーが揃ったし物語も動き出しそうです(^^)
澪の周辺が調べられそうで、ブロードウェイ女優といっても売れてなかったってバレちゃうんでしょうねー。 


「あの小さい娘」という玉鉄に
「だいたい私より小さい」と返す澪に笑いましたw 



「カエルの王女さま」1、2 ☆☆☆

歌上手くなくていいのか!! 目から鱗です。


台詞でも「海外ドラマで流行ってる」と触れられてた「glee!」に家族でハマリ中です。レディーガガやマイケルジャクソンを歌って踊るショークワイア、いいよね!!で、日本でするなら歌は松田聖子?いやサザンだろなんてワイワイ言ってましたw でも舞台が高校、部員が揃って歌唱力ありまくり、という設定のまま考えていたので日本でドラマ化は無理っちゅーか、AKBとジャニーズ主演で台無しかとばかり思っていたので、まさかこう来るとは!(ゲイのカート君だけは向いてたのか忠実に再現w) 一緒に唄えるとは!

浪漫飛行!

チェリーブラッサム!

ケツメイシのさくら! うわー!!


画面では、市長の陰謀でストップされた歌をつなげるために音源を持って嫁が走るところ。ドラマ的にも盛り上げどころですが、さておき唄いだしが近づいたら気分がアガるでしょ~♪ 前奏からこっちもスタンバイオッケー、もちろんシャンソンズと一緒に熱唱ですw ドラマ中の歌がたいして上手くないのもいっそカラオケがし易くていい感じってぐらいでw


全体の物語はベタ中のベタ、解散宣告を受けた弱小チームを新参コーチが変えていくパターンです。

コーチ役はイケメン天海祐希で、ブロードウェイ帰りのスターwを好演。ボロクソ悪口言うんだけど、メンバーの靴を深夜1人で修理するというツンデレさんでもあって、そのうちチーム一丸となっていい舞台を見せてくれるでしょう。で、アメリカで仕事の声がかかって、シャンソンズをとるかブロードウェイ復帰をとるかになったりする? 音楽堂取り壊しは救えるの??

ベタの合間にカラオケが楽しめたら最高、他が事件解決ものばっかりなので余計に楽しく見られそうです。

桜祭りのロケ、強風でしたねw スケジュールと開花期的に、その日に撮るしかなかったんでしょうねえ。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ