ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

夏帆

「みんな!エスパーだよ!」8 ☆☆

ラブ・コントロール☆


ホルモン分泌を操る能力で、おデブのブスでもスレンダー美人に見えてしまうマジック?? 要は好みに見えてしまうってことだろうから、『あばたもえくぼ』『恋は盲目』の強力版でしょう。

ターゲットはテルさん。

傍目にも生気を失って行くテルさんを救え!と立ちあがる男どもでしたが、みゆきだけは

「恋かもしれんがー」

と、反抗的。

うんうん、外見だけでなく中身で好きになってて欲しいんだよね。スレンダー好きエロオヤジだって、ぽっちゃりを好きになるかもと思いたいって、ロマンチストJKだわー。


前回の大騒ぎが無かったことのように、物語も元の様に仲間を救えーになってます。足りないのは嘉郎の魂の叫びかなw
サイコメトラも透視もテレポートも大活躍!
( テレポートの人、妙に顔が赤くありませんでした?日焼けした??撮影中なのにw??)


ちょこちょこ声をかけてくるサエさんと、そのどす黒い心の声のギャップには辟易しつつ聞こえない振りの嘉郎くんだったのですが、終盤ついに心の声にも返事しちゃってましたよ。

「くそメガネなのに気安く声かけてごめんね」
「ここは田舎だけど、それなりにいいところもあるんだよ。思い詰めんで楽しく過ごした方がいいと思うよ」 

この余裕、大人になったって感じですか?


しかし源さんを操ってた彼女、結局セックスどころかキスもしてないんだよねー。それであの支配力、もの凄い力ですが、なんかもったいないw 自分も楽しんだっていいじゃないですか。

結局はコントロールを解いて街を去って行きましたが。

源さんのために人参抜きカレーを作るほどには好きだったのになあ。自分への盲目の愛を残したまま、廃人にせず、普通の暮らしや普通の性欲を保っていくのは無理なのかしらん(まあ、そこまで自由に出来るなら若くて金持ちのイケメン相手に発揮する方がいいかもですがw)

……あ、そうか。
処女と童貞だったから超能力なのだ。関係を持ったら能力が消えるのかも。
「能力者同士は惹かれあう」
って、力をなくす方向に働いているということ? 

「みんな!エスパーだよ」7 ☆☆

栗原類、大活躍(でも物語は一回休みw)

恐れていた程の棒読みでもなかったです。いい声で怪しい役をこなして、まさかの唄まで披露!


そして溢れるブルマ軍団テンガールズw(これのロケって…良識ある市民に通報されそう^^;;;)類の催眠術とエロコーヒーで、浅見さんもみゆきも色っぽく嘉郎をみつめちゃって……w

こりゃスゴイ展開がくるかと待ち構えたのに、盛り上がらないままエンディングになってびっくりでした。いつもなら、これでもか!と畳み掛けるようにバカなのに、今回の嘉郎くんは逃げ惑うばかりで何もしなかったもんね。
 

類が「エロで世界を満たそう」と誘うのを、「能力は他人の為に使う」んだとお断りする嘉郎は偉いけどさ。
せっかく浅見さんもみゆきも(秘書も教授もお母さんお父さんも、他の男どもも全員w)あちらの手の内なんだから、言葉だけで勧誘じゃなくあんなことこんなことで誘惑させちゃって下さいよ!それを止めようとしながらも、ガン見で喜んでしまう嘉郎くんが見たいのにーw

そうだ、みゆきが嘉郎を好きになってきたのはどうしたの(><)
 

浅見さんも、父の動向を探ろうと自分から嘉郎に近づいてて。「友達になれそう」と喜ぶ嘉郎が不憫でワクワクしたのに、それも洗脳が解けたらどっかいっちゃいましたよ。

町中にテンガールが溢れるのもいいけれど、洗脳された浅見さんとみゆきが嘉郎をとりあって誘惑するという、もっとささやかな修羅場が見たかったですよん

「みんな!エスパーだよ!」6 ☆☆

急展開!命を狙われてる?


「選ばれた者」なんだと、ずっと使命感に燃えていた嘉郎だったのに、能力が目覚める条件がちっともかっこ良くないので笑いましたw

1、性交渉体験がない。

2、月食当夜エクスタシーを感じていた

3、コンプレックス持ち

全員同じなのに、みゆきちゃんだけがセクハラ状態でからかわれちゃうのは何故だー(><)それと茶店のマスターは必死で1を否定してましたけど誰も聞いてなかったよw


なんでも、アメリカのなんとかいう街でも同じ星の配列の夜に同じことが起こり、そして全員が消されたとか。え、怖い。

とりあえず教師が2人、能力で襲って来ましたけど殺そうとしたわけじゃなさそうです。これからもっとシリアスに狙われて、仲間から犠牲者が出たりするのでしょうか。ギャグじゃなくなっちゃうのイヤだなあ…。


それに、せっかく超能力集団で誘拐から助けたのに、浅見さんは父親に「キモイ、超能力なんてないんだよ」と逆ギレw

確かにこの年齢の女の子なら、そんな危険な状況の街に連れてくるよりも家に置いて来た方がましだったかもしれないし、娘の前で秘書の胸を揉み続けてる変態親父なんてイヤ過ぎますが、テレポテーションとかテレキネシスを見れば流石に能力の存在は納得するでしょうに。

それともサエさんにも能力が……あ、条件1で無理か(><)


だんだん嘉郎が好きになっていて、そんな自分に戸惑うみゆきちゃんが可愛かったです。嘉郎って、なんか助けてやりたくなるんだそうで、そこは納得w


そしてOP、EDがめちゃめちゃカッコいい!

今回のEDは染谷将太くんが口パクで歌ってるバージョン。

「みんな!エスパーだよ!」5 ☆☆☆☆

「勃起は生きてる証なんだ!」

う、うん。堂々と言いきられるとそんな気もしてきた。強くなったね嘉郎くん(^^;;;;)


今回追加のメンバーは、サイコメトラー!(「ガチバン」よっちゃん先輩だ~)


物に触ると持ち主の記憶が甦るサイコメトラー。覗きを楽しむ人なら便利だろうに、残念にもストイックな彼は、彼女が他の男とどーしたこーしたを受信して荒れてしまうのです、難儀な(><)

元はといえば、母のふしだらがトラウマで←誤解でしたけどね。


母と息子の誤解を無理矢理解いてのナイスキャッチボール!な、なんだろう、目から水が…。

しっかし、お母さんがグローブに残した思い出がちゃんと息子とのキャッチボールだったから良かったけど。実はヤバいことだったり、何度も触ってた嘉郎の記憶になっちゃってたりしたらどうしようかとハラハラしちゃいましたよ。あんどハイヒールでキャッチボールもアブナいよお母さん。 


そして衝撃の新事実で以下次週。えー。「東京から転校してきた浅見さん」の父親って、あの変態教授なのか!!(手!その手を!娘が来たんだからヤメなさい!!)


(って、夜眠すぎてつい録画したら早朝に息子が見た形跡がー。見てないドラマの5回目とかに興味もつとは不覚!)

「みんな!エスパーだよ!」4 ☆☆

ピンクか黒か、それが問題かw そうなのか?

乳首の色で分かるのは経産婦かどうかぐらいじゃないのーw 挙げ句に透視しすぎて内臓の色だったとか笑うー ゲラゲラゲラ


相変わらず、浅見さんを見守り心の声も聞いちゃったりしながらも、一言も交わしたことのない純情な嘉郎君。浅見さんに彼氏がいただけで全やる気スイッチオフw

でも「つきあう=エッチじゃない」とのTVグラドル発言で復活w そりゃそうだけど、その論だと自分が彼氏になった暁にもなにもさせてもらえないのでは…w 

妄想の中みたいに、向こうから

「そろそろセックスしようか?」とか

「嘉郎くんも初めてなんだー、へー」「楽しみー」とか

言ってくれるといいんだけどねー ゲラゲラゲラw


3話ではセックス連呼でしたが今回は処女連呼ーw 

あまりにも必死にお莫迦で、深夜に馬鹿笑いしながら見ていますが、次男も高2でこのぐらいの年齢じゃんと思うと微妙な気持ちに(向こうも母がこれで笑ってるとかうっかり知りたくもないだろうから録画せずw)


あのシーホースの下品マスターが今回活躍が少なくて残念でしたよ。っちゅーか、マスターはピンクより黒が好きじゃない? マスターやバスケのテレポータ君がノリノリで嘉朗くんは止めようとしながらもピンク説はゆずれないって方向かと思ったのにな。まあいいけどw

「みんな!エスパーだよ!」3 ☆☆

裸でテレポートw きっかけは便意ww


おバカドラマとして安定してますねー。

今週は、憧れの浅見さんをレイプの危機から救おうと奔走する主人公よっちゃんなのですが……いかんせん敵も味方もバカすぎ(><)


エロオヤジが念動力で鍵を動かすには、中にエロい物がないとダメとかでw

「パ、パンツもある!白!(えー、白は好みじゃねえだ↓↓)す、スケスケ!ヒモ!」

その他、ヤリマンだなんだとエロワードで励ましてる主人公、自分が情けなくないのかとw そして駆けつければ、浅見さんが出て行った更衣室で持ち物をあさる全裸テレポートくんが、携帯を持ち出そうと肛門にインの最中~セルゲイってw ロシアのセルゲイってww


こいつといい不良役の中尾明慶といい、傍目にはレイプ計画犯でも本人的には和姦。オレの裸体で彼女はメロメロ!と信じていたり計画が穴だらけだったりするところが憎めないですよね(実際にいたら迷惑以上ですがw)
どこにテレポートされても、心が読めれば行き先が分かって追えるとはまさに超能力者同士の争い、かっこよさげなのですが全裸だわエロだわバカだわ……

「全然、守った気がせんだがやorz」


染谷将太くんの年齢を調べたら、今年で20才。

ギリ大人で股間に仕掛けもオッケーなんでしょうか。「エリートヤンキー三郎」の脅威のお漏らしよりも可哀想なんですが、そんな場面にも全力で取り組む姿はいっそ清々しいです。テレポート男(深水元基)の脱ぎっぷりも天晴れ!

ご近所さんにはうっかり見てるといえないドラマですが、おばかドラマ好きとしては結構楽しみになってきましたよw

無表情だったエンディングが、楽しげになったのもいいですね。青春だー 


「みんな!エスパーだよ!」1 ☆☆☆

鬱屈する青春w

訛ってる染谷将太くんが可愛い……けど!下ネタだよ!

青少年にこんな、親と見られないような役柄させるのいかがなもんか。笑いながらも微妙な気持ちだわよ(><)


というわけで「ホリック」での怪が見える体質から、今度は

「他人の心の声が聞こえる」

という能力に悩んでいる将太くん。それもエロい声ばかりw 私立高校から公立に移ったらこうなっちゃうのかw


街では超能力者が急増しているそうで、組織からエロ親父(安田顕)は来ちゃうし、雑誌は宙を舞うしスカートは短すぎるしで大騒ぎです。

今のところ能力は、主人公(染谷将太)と(夏帆)の読心、喫茶店オヤジの念動ですが、栗原類も怪しいぞ。


オープニングとエンディングも妙に怪しい画面で印象的。
原作は「デトロイトメタルシティ」の人だそうで、どんなドラマになるのか…。

「ホームレス中学生」☆☆☆

主役の子、上手い!
原作者田村くんにそっくりだけど、似てる以上に自然に上手くて、なんていい子なんだと引き込まれてしまいました。

こんな泣かせる話だったっけ??
麒麟田村の貧乏ネタは、吉本番組でトークも再現ドラマも百遍見て、笑ったわー。本ももちろん読んでますよ。
で、境遇に負けずに明るい田村は偉いなーと思ったけどそれでも、オヤジは笑いどころかと思っていたので、後半どんどん母親礼賛ドラマになりオヤジは死亡以下扱いなのは腑に落ちません。でも泣けた(笑)

なんで一番小さい中学生が、一番我慢しちゃって無銭公園暮らしなんだーっとは思いましたが。兄ちゃんも「大丈夫」と言われたらそれを信じたいぐらい切羽詰まってたということなんでしょう。
言うの知ってて見てても「解散!」はやっぱり非道いもんね。
兄(田中圭)姉(夏帆)と3人そろって一つ家に落ち着けた時はこちらもほっとしましたー。川の字で寝てはしゃぐ兄弟にうるうる。
街の人の人情が温かいよね。
でも、助けたやりたくなるちゃんとした子供達だったことも大きいのでは。

早くに親を亡くしても、貧乏しても、愛に包まれて育ってきちんと躾られた人間はやはり強いんですね。天国のお母さんみていますか、田村兄弟はこんなに立派に育っていますよー!!
どっかにいるお父さんもね(TVで再会してたっけ?)

あちこち目立った芸人さんの他、小池徹平くんも出てたけど……。この出来映えに比べたら映画はきつそう。予告だけ見ても作り物感満々。

「プリマダム」1 ☆

「女として終わってるんだよっ」と、夫に罵倒される黒木瞳。
・・・ここでしょげる黒木瞳に共感するどころじゃなくて、普段は好きな古田新太に憎しみが湧いてしまいました(^^;;;) あれが終わってるならこっちはどうなる。

 黒木瞳の設定がつましくて暗いんですよねー。
子供の学費の為にパートだわ、家でも家政婦扱いだわ、過去をみれば父の事業失敗で大好きなバレエを断念だの。
でも、キラキラした瞳で前向きに生きる可愛いマダム♪ うへ。

 そこに異世界からきた中森明菜が加わって、幼馴染みだの心臓病で余命幾ばくもないだの・・・・。
 他にも店長さんといい神田うのといい、笑ったらいいんだか、マジメにみたらいいんだか、振り幅が安定しなくて戸惑いました。

 百歩譲って、明菜の心臓病は我慢しましょう。だから息子を早く一人前にしたいんだよね。
でも電車に乗れないって設定は必要??
普通に息子を追いかけて、よそのバレエスクールに通っていることを、しかも昔のライバルと親しくしていることを見つけちゃって何がいけなかったんでしょう。
(このライバルってのもね。せめて高学年小学生で回想して欲しかったなぁ。お遊戯レベルのチビちゃんじゃなくて!)

 まぁ、こっちがもうちょっと気楽に笑いながら観ればいいのかもしれないけどさ。
実際週2回バレエ教室に通う身としても、別にあのスクールには憧れないなぁ・・・ガラス拭きやモップ掛けがしたいんじゃないもん(><)あ!お月謝払ってなさそうなところはいいかも(笑)

 とにかく娘達!!
いい年なんだから、お母さんが怪我してる時ぐらい夕飯作れよっ

「女王の教室」3,4 ☆☆☆☆

 ああー、お姉ちゃんありがとう(><)

 先週からどんどん和美が追いつめられて、居場所がなくなっていくのを見ているともう思い出すのも辛くって感想書かずにいたのですが、今週の最後で救われました。
「何かあったら言いな?」
問いつめずにこう言ってくれる人が欲しかったんだね和美ちゃん(自分が絶対問いつめるタイプなので反省 ><)

 先週、ダンスが苦手な子が阿久津に個人攻撃受けているのを助けて仲良くなったのに・・・最後は当の彼女に裏切られる。
 今週も、盗まれた財布を戻すように頼まれた(引き受けるな!!)のに、本人からの援護射撃がなく結局和美が犯人に。

 今週はただ裏切られるだけじゃなくて、冤罪なのがたまらなく可哀想です。
でも観ていて不思議と息苦しくないのは、きっと阿久津は分かっているから。和美は盗んでいないし「友達が」と言ってるのが誰なのかも見抜いてるよね。
 雨の中家から駆け出た和美を見事にキャッチしてフォロー!!
・・・・って、そこまで見抜いておきながら、何を目指しているのか相変わらずさっぱり分からないんですよー。
 もしあれが和美のタメになるというのなら・・・スポ根もののコーチみたい。種目はなんだろう(^^;;;)

 監視役にされた馬場ちゃんも、誉められて妙なところで自信はつくのかもしれない・・・。

 それにしても、あの状況で「友達」が誰なのかゲロらなかった和美って凄い。強い。
なのに、くるくるツインテールめ、裏切りやがって最低だ!・・・まぁあのグループとは元から上手くいってそうになかったけどね。だって和美だけファッションが違いすぎる。

「女王の教室」1 ☆☆☆

 ロッテンマイヤー先生!!
 ・・・と思わず叫びそうなあの長い黒いスカート(^^;;;) 音楽といい、おとぎ話をみている様な一時間でした。

 6年生に君臨する悪夢の女王:阿久津先生。ひっつめ髪ではあるものの、変なメガネをかけさせたりしなかったところはセンスあり。また、初回からちゃんと
「先生は間違ってる」
と正面きって言う生徒が出てくるとは小気味いいです。そして、きっちり報復されてて怖さ倍増(^^;;;)

 授業中にトイレにいくな、学級の雑用はテストの結果の悪いモノに全てやらせます。私に逆らってもダメ。

 異を唱えようとした他の先生にも、
自分のクラスも掌握できてない、仕事の能率は悪いとダメ出し。
「良い先生って言われたいだけなのよ」
・・・・って図星だ!

 でも、成績の良い生徒にはなにくれ優しいところもあったりして。
 子役がワサワサするの嫌いだし、あまり気乗りせずに見始めたのですが結構面白かったです。でもこれ、雑用させられる子の方に自分を置いて見ちゃったらつらいのかな?
 次はどうなるかとドキドキ。まさか最後は、クラス全員が阿久津先生を理解しちゃったりするんでしょうか?(オチこぼれの男の子、好きだナー、イイ奴だよ)

 2年教職を離れていた謎。
言えないぐらいだから、生徒に刺されて入院でもしてたんでしょうか。・・・産休と育児休暇だったりしたら素敵(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ