ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

夏の恋は虹色に輝く

「夏の恋は虹色に輝く」最終回 ☆

どっこもキラキラせずに終わった感じ。

子持ち女と若造の恋。
じゃあ障害で燃え上がるかと思えば、逃げるわ泣くわのめんどくさい女~。それがやっと恋仲になったと思ったら、もう最終回ですよー。海ちゃんの反乱も、時間かけて描く気が無いならしなきゃいいのに。義弟の塚本君も無駄だったし。

もー大雅だけ主役で、恋をとるか仕事をとるか、じっくり芸能界の2世を描いても面白かったんじゃ無いのかなあ。相手はさくらでいいよー。どーしても子持ち事務員がいいなら、さくらに失恋して仕事も無くてボロボロになったところで女神に見えるならまだ分かるかな。
でも海ちゃんは可愛かったです!

人気ブログランキングへ

「夏の恋は虹色に輝く」6 ☆☆

あの白いオープニング要らないよね?? 毎回出て来るのが遅いのは、制作側もこりゃ違うと思ってるんじゃないのかなー。

母子で温泉旅行の仕事!
というと、身体を絞りに行く大雅くん(笑)前回も、オーディションに落ちまくった対策に確か、滑舌練習と毎日のランニングを決めてましたよね。いや、そこじゃないよ努力の方向は!
でも努力する真面目なところは、好感もてます。 

そして温泉。突然回ったりするお母様の横で歩きにくそう(笑)自費でついてきたお兄ちゃんなら、優雅にエスコートするのにねー。
前回は、詩織親子を招待しておいて不在の母と兄に仰天。おまけにぐいぐい再婚押しって、なんて嫌な奴らだと思ったものですが、歩くだけで華がありますよねー。
さては、端っこに映った兄の人気が出て芸能界で競う展開か?とハラハラするも、結局兄が温泉に来た意味ゼロ。毎回そんな肩すかしです。
でもさすがに、突然事務所に来たトロフィーくんの落とすぞ壊すぞフラグだけはきっちり回収。準瞬間接着剤のおかげで、ついにキスにたどりついたのでした。パチパチパチ。
松潤はキスがキレイです。
これも大事な人生経験に根ざすのよねー(笑) 
 

迷惑です、顔を見せないで、の真意が
”亡き夫を忘れてしまう程貴方が気になる”
ですから。なんてツンデレ(そしてちょっと旦那さん可哀想) 宣戦布告のさくらさんだけでなく、義弟もどうせヒロインが好きなんでしょう~?
世間からみた大雅は、相変わらずただの売れない二世俳優。すんなり周囲に祝福されないだろう展開を思うとちょっと嫌だけど。必死な松潤が可愛いので見続けています。ああ早く売れてー。

今回は瑛太弟の出番が多くてため息。上手くなくていいから愛嬌が欲しいよね。せめて、2世の友人役と配役逆だったら良かったのになー。

人気ブログランキングへ

「夏の恋は虹色に輝く」3 ☆☆

ダイビングの次は乗馬!
坊ちゃまですねー。しかもそれが武将役抜擢に備えてとあっちゃ、役者の鏡なんだか捕らぬ狸の何とやらなのか(笑)
でも、給料歩合制になりますから。もう会えなくなるね、愛してたよと馬に語りかける大雅に、そんなことは生身の女に言え!とナイスツッコミな幼馴染み。素直に告白してフラれるのも、「お前のせいだー」と八つ当たりの電話するのも想定内ですがやっぱり可愛かった♪

で、愛人・隠し子疑惑は!
ロケの最中に産気づきましたかー(迷惑^^;;;)
それを見舞いに来てくれて、命名。いい人じゃないですかお父さん。ちゅーか、国民的俳優がこれやったらワイドショーネタな美談じゃない??
そしてどーにも、海ちゃんの父親疑惑にも大雅の父としても、伊東四朗さんは年寄り過ぎません??もっと別の配役、別の役設定(時代劇じゃなく「釣りバカ日誌」的な??)なかったのかなー。それとも、あからさまに無理がある年齢なのに疑うから笑えるのかしらん

大雅のお仕事は、「後輩」サクラちゃんの付き人にされ、屈辱的なるも学ぶところは大だった模様。……ここと事務所の恋愛パートや親子プールで頑張るお兄ちゃんが別のドラマに見える(><)
例のイヤミな「新進人気俳優」瑛太の弟が、相変わらずたどたどしくて愛嬌も薄く、とても脇で人気急上昇とは思えないのも困ります……。

面白くなってきたんだけど、なんかチグハグ。
買い物メモなんて、それをなくしてモメル伏線かとワクワクしちゃったよー(まさかそれ来週?)
唐揚げにはお酢の夫をまだ愛してる(><)と泣かれても、オープニングではラブラブじゃん。うーん。 

人気ブログランキングへ

「夏の恋は虹色に輝く」2 ☆☆

恋敵が家族。世間狭!!
せっかく芸能界を舞台にしながら、なんで恋の相手が子持ち事務員で、子供の担任がお兄ちゃんなんですかー。で、お兄ちゃんも竹内結子に惚れちゃったとか、どんだけ(><)
いっそ職場も住居も同じだった「ランチの女王」はそのギュウギュウ詰めな恋のもつれが楽しめましたけど、今回の中途半端は意味不明です。しかも、オープニングでは2人ラブラブですもん。じゃあ三角関係すら楽しめないじゃない!!

オーディションに落ちる松潤、滑舌訓練をする松潤、子供と早口言葉で負ける松潤、その辺は可愛いのになー。
あと教科書を届けに走って、授業参観ママの群れの中浮きまくるピンクカーディガンの松潤も可愛かったのですが、そっちは2世芸能人という設定がまったく要らないエピソードなのでは。
いろいろ意図が掴めずに軽くイラっとしちゃいました。1話で受賞してた「売れっ子」俳優くんの演技が堅いのにもイラッ。
夏の恋らしく爽やかにキラキラするのは何話目ぐらいからなんでしょうね?? 

人気ブログランキングへ

「夏の恋は虹色に輝く」1 ☆☆☆→☆

わー、青い空白い雲!夏だー!!

長い長いスカイダイビングも海岸近くへの着陸も、全てはこの夏気分を上乗せのためのオプションなのかも。2世俳優で文句たらたらの松潤は面倒くさいのですが、背景が抜けるように青い空なら愚痴でもいいわー。

そして木に引っかかって竹内結子とご対面。ぷらーん。こっちはマヌケ、向こうはイライラと完璧な「出会いは最悪」シチェーション。それでも気になって再会して、もしや脈あり??とドキドキしたのに
「お父様の大ファンなんです!!!」
と一番言って欲しくないことを言われちゃいましたよー(^▽^)と、ここまでは嬉し恥ずかしで見ていたのですが、今度は事務所に彼女が現れ、後日には事務員として働くからとまたまた現れてプシューっと萎えました。何それストーカー??

「ファンレターです」
と言って主人公@楠大雅に渡した封筒も、中身は亡き大俳優楠航太郎=彼の父から彼女にあてた手紙。はあ?失礼だし、大ファンの相手からの直筆の返信を大事にしないのも変だし、謎過ぎます。七光り息子は泣けなくても、大ファンだったら人目はばからずに参列して大泣きしていい時期なのに。事務所も墓地もセキュリティしっかりして欲しいゎ。
大雅は映画の1つもでたことないそうですが。2世俳優が映画主演でデビューって良くありますよねー。しかも、松潤のあの派手な顔で端役は逆に目立ち過ぎるでしょ!濃い顔のちょい役巡査に笑ってしまいました。そしてトーク下手をバラエティにねじ込むの??事務所の方針が良く分からない(^^;;;)

だいたい、警察沙汰になるとマスコミがうるさいと通報を拒む松潤でしたが、目標に着地出来なかった段階で既にダイビング会社が通報でしょ??(やっぱり2世俳優の同行者が止めてくれたのか??)あああ、突っ込みどころが多すぎる。

一般人の、会うだけで人目につく相手なら恋が実るまでもハラハラ出来たのに。職場恋愛になっちゃったのもなんかがっかり。自信なさげな松潤はなかなか可愛いのにな。

人気ブログランキングへ


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ