ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

塚地武雅

「怪獣倶楽部 空想特撮青春記」1 創刊号 ☆☆☆

「彼女と怪獣、どっちを優先したらいいんだ!?」
と悩む青年リョウタ(本郷奏多)w
しかもこれ、オタクがとりあえずは市民権を得ている現代の話でなく、特撮=子供向け、だった1970年代が舞台ですから。連絡は家電のみ、特撮談義に熱中しすぎて待ち合わせに遅れても、それを知らせる携帯もないのです(だったら河原で待ち合わせずに、もっと駅や、根城にしてる喫茶店に近いところで待ち合わせればいいのにね)

特撮仲間には彼女の存在が内緒。彼女には特撮好きなことを内緒。そんな板挟み生活で、しょっちゅうデートの待ち合わせに遅れてしまうリョウタ。しかも次の会誌テーマは夜を徹しても語り尽くせない名作「ねらわれた街」ではないか!
ついに意を決し、デートより集会を優先すると彼女に宣言してしまいます。今ここで行かなければ
「僕が僕でなくなってしまう!」
う、うん分かる、君の気持ちは痛いほど分かる。常に寄り添うメトロン星人(周りには見えていない)も分かってくれると思うよ、でも彼女には寝耳に水で意味不明、せっかくの誕生日デートに大遅刻&ディナーの予定をドタキャンしながら言うことじゃありません。せめて時間通りに来て言いなさいよ。しかも
「何をしに行くのかは今は言えない」
ってw 最低w ふられてしまえ!

そんな青年の苦悩はさておき、全篇に溢れるウルトラセブンの音楽、エレキングやピグモン、ダダといった怪獣たち。どれも懐かしくてワクワクします。

録画もできない時代に、イラストが描けたり台詞を暗唱できるってどれだけの集中力で観ていたんでしょう(TV画面からの録音に、「ご飯だよー」「録音中だから静かにしてってば!」のやり取りが入ってしまうのは鉄板のあるあるw) 監督の意図やBGM、製作の背景についての熱い考察も感激です。あんな手作り冊子、学園祭に向けて作ったりしたっけなあ……ああ混ざりたい(なのにメンバーに女性がいないのは不満!実はリョウタの彼女も特撮ファンで……と乗り込んできたりしてほしい)作中で語られる「噂では…」って、専門誌もなかった時代にどこから仕入れた噂なんでしょう、製作会社に親戚でもいる人から回るのかなw

塚地武雅、柄本時生、加藤諒といった、ベストオブオタク俳優もそろい踏み。本郷奏多はいつもなら宇宙人の側なんですけどね、今作では昭和なオタク役が楽しめますよん。
馴染みの喫茶店でわいわいと特撮談義。でも漏れ聞こえるサブタイトル「セブン暗殺計画」で、店に危ない集団だと思われてしまいました。この部分、真面目に次に続くんでしょうか?


映画「アイアムアヒーロー」☆☆☆

大泉洋がかっこよく見えてくる!

突然ZQN(ゾキュン)と呼ばれるゾンビが発生、爆発感染した日本で逃げ惑う中年男英雄(大泉洋)が、たまたま持ち歩いていた趣味の猟銃とささやかな正義で生き残りJK(有村架純)や美女(長澤まさみ)を救うお話。
 こう書くと身も蓋もありませんが、それしかないもんなあ。原作も元々、イケメンでもマッチョでもインテリでもない中年オヤジがどうやったらかっこよくJKと知り合えて仲良くなれるのかなあ~ という妄想から始まったんじゃないでしょうかw 

そんな、妄想する漫画家が自らを投影したんだろう主人公は見事に妄想癖があって、雑談へのカッコイイ返しを妄想(でも言えず)、彼女のヒスへの反論を妄想(でも言えず)、命のかかったSOSのために飛び出す自分を妄想(でも妄想中で殺され出られず)妄想(でも殺されるので出られず)妄想(でも殺されるので…… え-い! って飛び出したらもう敵がいなかった場面、爆笑しましたw 
それでも誰かのために命をかけられるってすごい。ショッピングモールの屋上にわずかに生き残った人々を支配しようとするクズ男(吉沢悠、岡田義徳ら)との対比で、ますます英雄の正義が輝いて見えます。
もっとも、化け物に襲われてるのに当分は銃を使わず「ケースから出すだけでも銃刀法違反です」キリッ ですからw 小市民なだけかもw(私も猟銃等講習会、受けて許可証持ってましたから。規則を守れと訓練されてるとああなるのわかる、わかるんですけどゾンビがー)
そんな英雄がついに銃を抜くとき……彼はヒーローになるのでした。

ZQNいろいろ出てきますが、片瀬那奈の大暴れと高飛びをし続ける陸上選手は出色。あと惚けた有村架純はますます可愛かったですよね。

でもあの終わり方はないわ、どこに逃げても何が変わるでなし。

「怪盗山猫」1 ☆

お父さんの犯罪が深刻すぎてびっくり。死体を飾りますかー?
お仲間の細田も殺されちゃって(これは山猫のせいじゃないよねw)

そんなわけで怪盗山猫、武士道かぶれ。
バカかと思えばかなりのやり手。でもやっぱりバカ。「ルパン三世」の弟子みたいな人ですね。亀梨くんが演じてカッコよくなってますけども、ずっと見ているにはいささか苦しくないですか、テンション高くてウルサイくて。振り回されるフリーライター成宮寛貴と絡むとホッとしますね。
悪い奴らから金を取る山猫ですが、別に「義賊」じゃなくて(←そんな言葉知ってたんだー)そういう奴らは取られても事件にしないからってことらしいです。もっと苛烈な報復、例えば命を狙われたりしませんか、それw
で、何度も邪魔をしてきた天才ハッカー「魔王」の身元をつきとめるのですが、なんとJKで真央=魔王w 律儀に毎日登校してはいじめられています。そんなの企業からデータ盗む片手間に、そいつらのSNSでものっとって嫌がらせしてやればいいのに!なんで諾々と虐められているのやら。母への贖罪?父の会社のためにハッキングしてるだけじゃ足りない?てかサボろうよ。 
結局、真央のせいで自殺を図った母は、これ幸いと父に殺されていたそうですけどさ。えーっと。目撃者の娘もいるんだから、堂々と警察呼んで自殺扱いで処理できない? 薬品で処理して骨を金庫に飾っている意味がわからない……。しかも娘もその後の警察も、骨にたいした反応してないよ
え、何かのフェイクだったのを見逃しましたか?フェイクといえば、まさかの音声認証は楽しかったですけどw

音楽や雰囲気は楽しいので、もっとしょーもない事件を扱って欲しいです。大富豪のパンツ盗む的な。で、そこから大金うんじゃう的な?原作を知らないので勝手言ってみましたw 
部下の尻揉む蔵之介刑事は原作通りなんでしょうか、山猫の音痴もw

「超人ウタダ」最終回 ☆

連続殺人犯は、山崎樹範♪
”悪の中間管理職”樺島@西村雅彦も相変わらず素敵なところにこの配役、もう私の為にあるドラマだわー、となっても良さそうなものですが、喰い足りなかったです。
そして30分が長く感じました。

だいたい木島@ヤマシゲは、どうやって真相にたどりついたのか??(描写あった??見逃した??)
警察が総力あげて隠蔽していた情報を、素人が独自の捜査で見破っちゃまずいでしょ。
最終回での神崎の
「35才になる前に殺してやってもイインダゾ」
という脅しも、”35才で死ぬと決まってるから現在不死身”という設定を根本から覆す脅迫で、それって変でしょうー。
そうそう、その”現在不死身”も描写薄かったよね。

自身の不死身を利用した作戦を立てるわけでもなく。
ただ刺されたり撃たれたりだから、無謀なだけに見えちゃうんだよね。で、”普通なら死んでる”という前置きもなく、次のカットでは元気なウタダ。設定を忘れてつい「生きてたのかー!」とツッコミ入れてしまいます。
樺島なんて、完全八つ当たりでウタダを撃ったのに、罪が殺人にならなかったじゃない。本人よりも、むしろ犯人に都合いい超能力(笑)

せっかくウタダに惚れていた娘も死んじゃって、理容店で観る幻は切なかったのですが。
一話で殺された娘のことだって、ずっと好きだったくせにそれっきりだった訳で、2人ともウタダの人生をただ通り過ぎた様なもの。
原作通りだったのかもしれませんが、いっそ作り替えて恋人にでもして、ウタダ自身の大切な人と殺人を天秤にかける様な(つまり木島と対比できる様な)ギリギリの選択が観たかったのかもしれません。

wowowドラマ、もうすぐ始まる「空飛ぶタイヤ」に期待。

「超人ウタダ」3 ☆

で、ウタダはいつ超人になるの?
それとも
「俺は人を殺さない!」
からなれないよ、という話なの??

西村さん演じる腐った上司はとっても素敵なんだけど……
冷酷な鈴木砂羽もいい感じだけど……
今回の犯罪もとっても嫌な気持ち。
犯人が捕まりゃーいいってもんじゃないよね。

有名人殺人と一般人監禁の対比。行くはずだった捜査のTV中継音声と並行して、こちらも犯人を取り押さえてるウタダの捕り物は面白かったです。

あとは、女の子ねちねちいたぶる事件ばっかりじゃなくて強盗とか爆弾仕掛けるとかそういうスカッとした事件と組み合わせられないものかしら。
(「打撃人類」の不愉快さとそっくり。灰汁の強い原作者なんですねー)

最後ウタダ刺されて驚いたのに、予告でピンピンしててがっかり。

wowow 「超人ウタダ」1 ☆☆☆

うわ暗い、怖い、まだ救いがない(><)

「殺せ」
と誘惑の言葉を浴びせる謎の男。
主人公歌田(塚地)の”前世”だといい……、子供時代から歌田のアルバム写真に映り込みまくり。
あんたがストーカーじゃないか〜と内心ツッコムものの、風貌といい言動といい、恐ろしくて直視できませんです。(名前と殺した人数調べたら、作品内では実在するんでしょうか)

それでも今まで通りに、仕事をこなす歌田刑事。
殺人は自殺で処理、相談ごとは聞くふりをしてほったらかしに。それも大事件に備えて余力を残し且つ、検挙率他数字をあげて上司のメンツを守るため……って、オイ!
(指示しているのが、スラッと超カッコイイ西村雅彦で萌えて困ります)

女性署長(鈴木砂羽)が赴任して、変わるかと思いきや「その調子でよろしく!」ですよー。
挙げ句、ストーカー相談を放置して殺された女性は歌田の想い人……。

その死体が何度も映るし起き上がって笑うし、かなり嫌な気分になりつつも、それでこそ歌田が”超人”として目覚めて行くのかと思うと目が離せません。
「35才で死ぬ」
だから好きに生きろ、と”男”は言うのですが
”じゃあ35才までは死なないのか”
と受け取る歌田。その辺が超人の力になるのでしょうか。

で、上司を殴り勝手に捜査を開始してしまう歌田。
早速入った情報、殺された女性の家の前でうろつく小太りの中年……はストーカーじゃなくて歌田なんだけど!
”男”の言葉で犯人の目星もついて、本当にそいつを私刑で殺してしまうのか??
それとも踏みとどまるのか歌田??
……という部分は来週のお楽しみです。

歌田くん三十路で童貞なんだ……とか。
砂羽さん(「相棒」亀山夫人なのはもちろん、今週の「特命係長」でも素敵な上司役)が悪い人だなんて〜とか。ちょこっとユーモラスな部分もあるものの、暗いなあ
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ