ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

塚地武雅

映画「高台家の人々」☆

かわいい映画。
綾瀬はるか演じる妄想OL木絵がひたすら可愛い。そして妄想が愉快(塚地の小人w) たしかに、日頃嫌な本音に晒されているテレパスがこんな愉快なもの見せてもらえたら一発で惚れますね! それに比べると、木絵がエリート社員で御曹司(で実はテレパス)な高台光正(斎藤工)を憧れ以上に好きになる過程はちょっと大雑把だったかも。イケメンに優しくされたらそりゃ嬉しいですけども。こんな人と自分が釣り合うわけがないという引け目を超える何かがもっと欲しいよね。

しかもトントンと恋がすすむと、お城のような実家に連れて行かれてテレパス弟(間宮祥太郎)妹(水原希子)や怖い母(大地真央)変な父(市村正親)に紹介されて。薄々心を読まれている様な……と気づいてはいたものの、婚約発表の前に『本当に読心が出来る』と告げられて以降、おびえた木絵は心を隠そうと緑の平原のことしか考えなくなってしまいます。何を考えているのかわからなくなった光正もつらいでしょうが、木絵だって妄想ができなくてストレス。見てるこっちも楽しい場面が減って残念でしたよ。ついには、結婚式から花嫁が逃亡してしまい……その後よりを戻してハッピーエンドでしたけどね、だったらそもそも逃げるなよって話で、印象しりつぼみでした。
せっかく楽しい妄想で始まった映画なんだから、最後もド派手な妄想広がる愉快な新婚生活で、明るく締めて欲しかったですよーん。

そうそう、3兄妹の読心力はイギリス貴族の祖母(シャーロット・ケイト・フォックス)譲りだそうですが。嫁である光正母はその祖母の能力も、自分の子供たちの能力も全く知らないんですってよ。なんてことでしょう。


「正義のセ」1 ☆☆

新米検事の奮闘記!
やる気満々の新米が、効率第一の古参補佐官を振り回して事件を解決! 疲れちゃったと文句いいながら、案外補佐官も嬉しそう……?
てな、スーパーテンプレな初回を楽しく観ましたw

ヒロイン登場するなり「髪まいてみました」「買ったばかりのスカート♪」と、手書き文字が画面に踊ったのは何でしょう。インスタっぽくしてみたんでしょうか。無理しても、若い人はこれ見そうにありませんけど。

2年目検事竹山凛々子(吉高由里子)は、喜怒哀楽の顔に出るかわい子ちゃんです。

被疑者の面談にもつい、怒る同情する、褒められれば喜ぶ(^^;;;) 自然、やりとりに時間がかかります。アポなし警察突撃には、刑事から苦情が。お付きの補佐官相原(安田顕)は

「老婆心ながら」

とダメだしを連発、書類仕事を急かし、冷静に判断すべきと助言するのですが……無理なのかもw

メインの事件はパワハラ&暴行。訴えた部下(浅利陽介)は入院中。でも上司石黒賢は真っ向否認。証拠はないけど悪いやつなのに、許せなーい!って、それ、検事が言っちゃダメなやつですよね(^^;;;;;)
それでも、客待ちタクシーのドライブレコーダーから上司の嘘を看破。加えて先輩情報で、賄賂受け取りが判明。ばっちり逮捕と相成りましたが、毎回そんな見た通り可哀想な方が被害者とは限らないわけで、そのうち騙されて痛い目にあいそうです。
それに、その有能先輩検事(三浦翔平)の指摘通り、この事件にかまけて後回しにした事件にも被害者がいるわけで。

もっと迅速に、公平にね。


他に検事に塚地武雅、地検支部長に寺脇康文。補佐官も皆和やかで、過ごしやすそうな職場です。

実家の豆腐屋も、父生瀬勝久を筆頭に愉快な家族。彼氏もいて、そのうちに揉めるんでしょうけど、まあ滑り出し順調な春ですね。

頑張れ正義の味方!


「怪獣倶楽部 空想特撮青春記」1 創刊号 ☆☆☆

「彼女と怪獣、どっちを優先したらいいんだ!?」
と悩む青年リョウタ(本郷奏多)w
しかもこれ、オタクがとりあえずは市民権を得ている現代の話でなく、特撮=子供向け、だった1970年代が舞台ですから。連絡は家電のみ、特撮談義に熱中しすぎて待ち合わせに遅れても、それを知らせる携帯もないのです(だったら河原で待ち合わせずに、もっと駅や、根城にしてる喫茶店に近いところで待ち合わせればいいのにね)

特撮仲間には彼女の存在が内緒。彼女には特撮好きなことを内緒。そんな板挟み生活で、しょっちゅうデートの待ち合わせに遅れてしまうリョウタ。しかも次の会誌テーマは夜を徹しても語り尽くせない名作「ねらわれた街」ではないか!
ついに意を決し、デートより集会を優先すると彼女に宣言してしまいます。今ここで行かなければ
「僕が僕でなくなってしまう!」
う、うん分かる、君の気持ちは痛いほど分かる。常に寄り添うメトロン星人(周りには見えていない)も分かってくれると思うよ、でも彼女には寝耳に水で意味不明、せっかくの誕生日デートに大遅刻&ディナーの予定をドタキャンしながら言うことじゃありません。せめて時間通りに来て言いなさいよ。しかも
「何をしに行くのかは今は言えない」
ってw 最低w ふられてしまえ!

そんな青年の苦悩はさておき、全篇に溢れるウルトラセブンの音楽、エレキングやピグモン、ダダといった怪獣たち。どれも懐かしくてワクワクします。

録画もできない時代に、イラストが描けたり台詞を暗唱できるってどれだけの集中力で観ていたんでしょう(TV画面からの録音に、「ご飯だよー」「録音中だから静かにしてってば!」のやり取りが入ってしまうのは鉄板のあるあるw) 監督の意図やBGM、製作の背景についての熱い考察も感激です。あんな手作り冊子、学園祭に向けて作ったりしたっけなあ……ああ混ざりたい(なのにメンバーに女性がいないのは不満!実はリョウタの彼女も特撮ファンで……と乗り込んできたりしてほしい)作中で語られる「噂では…」って、専門誌もなかった時代にどこから仕入れた噂なんでしょう、製作会社に親戚でもいる人から回るのかなw

塚地武雅、柄本時生、加藤諒といった、ベストオブオタク俳優もそろい踏み。本郷奏多はいつもなら宇宙人の側なんですけどね、今作では昭和なオタク役が楽しめますよん。
馴染みの喫茶店でわいわいと特撮談義。でも漏れ聞こえるサブタイトル「セブン暗殺計画」で、店に危ない集団だと思われてしまいました。この部分、真面目に次に続くんでしょうか?


映画「アイアムアヒーロー」☆☆☆

大泉洋がかっこよく見えてくる!

突然ZQN(ゾキュン)と呼ばれるゾンビが発生、爆発感染した日本で逃げ惑う中年男英雄(大泉洋)が、たまたま持ち歩いていた趣味の猟銃とささやかな正義で生き残りJK(有村架純)や美女(長澤まさみ)を救うお話。
 こう書くと身も蓋もありませんが、それしかないもんなあ。原作も元々、イケメンでもマッチョでもインテリでもない中年オヤジがどうやったらかっこよくJKと知り合えて仲良くなれるのかなあ~ という妄想から始まったんじゃないでしょうかw 

そんな、妄想する漫画家が自らを投影したんだろう主人公は見事に妄想癖があって、雑談へのカッコイイ返しを妄想(でも言えず)、彼女のヒスへの反論を妄想(でも言えず)、命のかかったSOSのために飛び出す自分を妄想(でも妄想中で殺され出られず)妄想(でも殺されるので出られず)妄想(でも殺されるので…… え-い! って飛び出したらもう敵がいなかった場面、爆笑しましたw 
それでも誰かのために命をかけられるってすごい。ショッピングモールの屋上にわずかに生き残った人々を支配しようとするクズ男(吉沢悠、岡田義徳ら)との対比で、ますます英雄の正義が輝いて見えます。
もっとも、化け物に襲われてるのに当分は銃を使わず「ケースから出すだけでも銃刀法違反です」キリッ ですからw 小市民なだけかもw(私も猟銃等講習会、受けて許可証持ってましたから。規則を守れと訓練されてるとああなるのわかる、わかるんですけどゾンビがー)
そんな英雄がついに銃を抜くとき……彼はヒーローになるのでした。

ZQNいろいろ出てきますが、片瀬那奈の大暴れと高飛びをし続ける陸上選手は出色。あと惚けた有村架純はますます可愛かったですよね。

でもあの終わり方はないわ、どこに逃げても何が変わるでなし。

「怪盗山猫」1 ☆

お父さんの犯罪が深刻すぎてびっくり。死体を飾りますかー?
お仲間の細田も殺されちゃって(これは山猫のせいじゃないよねw)

そんなわけで怪盗山猫、武士道かぶれ。
バカかと思えばかなりのやり手。でもやっぱりバカ。「ルパン三世」の弟子みたいな人ですね。亀梨くんが演じてカッコよくなってますけども、ずっと見ているにはいささか苦しくないですか、テンション高くてウルサイくて。振り回されるフリーライター成宮寛貴と絡むとホッとしますね。
悪い奴らから金を取る山猫ですが、別に「義賊」じゃなくて(←そんな言葉知ってたんだー)そういう奴らは取られても事件にしないからってことらしいです。もっと苛烈な報復、例えば命を狙われたりしませんか、それw
で、何度も邪魔をしてきた天才ハッカー「魔王」の身元をつきとめるのですが、なんとJKで真央=魔王w 律儀に毎日登校してはいじめられています。そんなの企業からデータ盗む片手間に、そいつらのSNSでものっとって嫌がらせしてやればいいのに!なんで諾々と虐められているのやら。母への贖罪?父の会社のためにハッキングしてるだけじゃ足りない?てかサボろうよ。 
結局、真央のせいで自殺を図った母は、これ幸いと父に殺されていたそうですけどさ。えーっと。目撃者の娘もいるんだから、堂々と警察呼んで自殺扱いで処理できない? 薬品で処理して骨を金庫に飾っている意味がわからない……。しかも娘もその後の警察も、骨にたいした反応してないよ
え、何かのフェイクだったのを見逃しましたか?フェイクといえば、まさかの音声認証は楽しかったですけどw

音楽や雰囲気は楽しいので、もっとしょーもない事件を扱って欲しいです。大富豪のパンツ盗む的な。で、そこから大金うんじゃう的な?原作を知らないので勝手言ってみましたw 
部下の尻揉む蔵之介刑事は原作通りなんでしょうか、山猫の音痴もw

「花咲舞が黙ってない!(2)」1 ☆☆☆☆

え、この2人そういう仲? 前作からいままででデキちゃった?

と思う人がいても不思議じゃないよねー出張先の男女が湯上り姿で旅館にいたら。まさか食い道楽だけで団結しているとは思うまいw

そんなわけで、何も変わらず始まりました臨店班の花咲舞(杏)と相馬(上川隆也)。塚地もそのまま。常務だ取締だと上の方の人たちの肩書きは変わっても、臨店班の人も立ち位置も相変わらずです。おかしいことには「おかしい」と声をあげる、まさに黙っていない花咲舞!スッキリ(^^)!


しかーしセクハラみたいな人によって線引きが違う問題ならともかく。元本保証や利率で嘘を伝えての契約は犯罪でしょ?大問題でしょ? 示談や異動でうやむやにしちゃっていい問題じゃない気がしまーす(><)そしてこんな問題が続編できる分もたんまり起き続けるのだとしたら、銀行がどれだけ腐ってるかの宣伝じゃないですかw

『この会社は腐ってるけど、人は腐ってない』

とか、あわや責任とって辞職だった片瀬那奈が言ってましたけど。いやいや、あれだけの人数がずっと不正を黙認しながら支店売り上げ一位を誇り続けていたんだったら、強要した支店長(寺脇康文)だけじゃなく下も十分腐っていたのでは……orz

暴くのが記者や警察でなく、内部の臨店だという限界がそこにありますよねえ。それに今どき、スマホで支店長の発言を録音しておくぐらい自分の保身のためにも必要だと思いませんか。

あ、舞の父(大杉漣)の店に相馬が通い詰めてるのも相変わらずw 何ヶ月か付き合った男と別れたそうですが……しばらくうまく行ったとて、店にいる相馬に会って舞との夫婦漫才みたら別れ話になると思いますw

「花咲舞が黙ってない!」~最終回 ☆☆☆☆

臨店班、解体されず!

相馬と舞も理解し合えどラブなわけじゃなく、これは続編の可能性ありまくりですねー。

最終回は、その前の回でお目こぼしだった御曹司のバカっぷりがとうとう親にもばれて良かった良かった。でも会社同士のおつきあいのために穏便な処分になるのねー 


いやあ毎回啖呵にスッキリ(そして下される処分には、もやっとw)

金融関係の専門用語は、歴代の池井戸潤原作ドラマで予習済みで無問題です。むしろイベントとして 「半沢直樹」のアレね?コレね?と、親しみを感じたりしてw

でもねー旦那はリタイアでした(><)主人公が女性の舞ちゃんなだけに、セクハラパワハラで女性が辛い目にあって舞ちゃんがガツンと文句言ってくれるという展開が多くて、そこが馴染めないというか

「文句言う程の事?」

と言いだしたり、処分が可笑しいとお茶の間で揉めたり、自分の職場でのセクハラ問題が訴えられる方として納得いかない対応ばかりだとかドラマの話じゃなくなっちゃったりwして……楽しめないとリタイア。男性視点だとそうなるのかな。

相馬と舞の父(大杉漣)の意気投合や、オフィス街でのランチなど、食べてる場面が美味しそうなのも良かったです。 


「花咲舞が黙ってない!」1 ☆☆

水戸黄門を思い出しました。

諸国を巡る花咲舞(杏)があちこち支店の悪を成敗するのじゃー。フォッフォッフォ。付き人助さん格さん役は上川隆也が一人で兼任ねw


本部の「臨店班」というのは、支店の問題を指導解決するのがお仕事。「半沢直樹」で聞いた気がするけどあの時は敵側で、こんな可愛い女の子が来る様には見えませんでしたよ。同じ池井戸潤原作でも違うものです。

でも地味でお固い原題「不祥事」から、ドラマは似ても似つかないタイトル(おまけに主人公の名入り)に変えられているところは一緒。TVと小説の売り方の違いが見えて面白いです。


初回は、100万円計算が合わない騒動。

1円合わなくても全員帰れない、でも例え1円でも自分で出して補填するべからず!というのが銀行だとよく聞きますが、そんなところでどーんと100万円消えるとかありえない大金じゃないですかー。


結局は、パワハラ支店長の業績を下げてやろうとベテランテラー(窓口係)の木村佳乃がわざと一束隠したことを花咲舞が暴くのですが、なんとお金は戻っています。支店長と腰巾着が自分の口座から下ろして補填w

100万円自腹切ってでも、不祥事になるのは避けたいとは。コワイところですね銀行(><)


その後の支店長とテラーへの処分を、所用で確認しそこねましたが。例え警察沙汰でクビでも、花咲舞のおかげで言いたいことが言えたテラーさんは笑顔で辞めていけることでしょう。男社会の銀行で、言っても無駄、やっても無駄と諦められていた声を、これから花咲が拾って助けてくれますよー。


元気に楽しくスッキリ出来そうです(^^)

「LADY」2,3☆

2話でチームワークの大切さを、3話でそのチームから要潤にスポットを当てて過去を描いて、とセオリー通りに進行中です。

でも相変わらず、美味しいところ取りのヒロインがむかつく……。事件現場を結んだら図形になるぐらい、他の人にまかせておこうよ。
そして事件が嫌すぎる。
どれも連続殺人犯であるからして、ダッフルコート殺人も抜血殺人も、活躍(?)時期が重なるじゃないですか。どんだけ猟奇殺人犯の巣なんだ東京。
それでもプロファイルに納得が行くならまだしもですが、香月が犯人の動機をひらめくのは、毎度ただの妄想乙にしか見えません。<復活の儀式><魔法陣>も、いくら恋人を亡くしたとはいえ、普通のサラリーマンが即思いつくものでもなくない?(恋人本人の爪を埋めるなら「種」も分かるけど、他人の爪から生えてくるのは別人では。
そもそも、お茶の間の娯楽として毎回猟奇殺人というのが、辛いわー(犯罪史や、プロファイリングについて読むのはむしろ好きなのですが)

もう観たくないけど、家族が好むのでつい視聴。北川景子は頑張ってると思いますが。ううう。

 

人気ブログランキングへ

「美咲ナンバーワン!」1☆☆

腕に覚えのないヤンクミ。
職員室も歓迎会の風景も、定番のうっかり具合も何もかも既視感!サブタイトルに「ごくせん4」とか入ってないのが不思議なぐらいでした。


元六本木ホステスが、私立高校の先生になり不良を更生させるんだそうです。生徒を恐喝してきた店に単身殴り込み。裏情報に詳しいのも、気っ風がいいのもキャバクラ仕込みなわけですが。殺気立つ相手をどう収めるのかと思ったら、なんと街のみんなが駆けつけてくれて数で勝利!(ほんとに人数勝負で、花屋は花束持っているのに笑ったー、そこは裁ちバサミじゃないのね 笑)そして警察に通報。えーっと、生徒さんの飲酒、深夜徘徊はうやむやでいいんだ……あんまりすっきりしませんね(^^;;;)
 

主人公が「天王寺」美咲、その他先生も鶴橋、南方、玉造。学校が「御堂」高校ならキャバクラも「south sea=南海」と、ネーミングが大阪の電車路線&駅名ばかり、字幕表示で観ていたので誰かが喋る度に「○○だってーw」と楽しめましたけど、それだけで毎週はつきあいきれないかなあ。

美脚の香里奈はいい感じでした。(←昨日の「CONTROL」、香里奈でもよかったなとかまたぞろ思ったり)

人気ブログランキングへ

「崖っぷちのエリー」6☆☆

わーい、西村雅彦だー!!!
と、いう個人的喜びはさておいても、予告からワクワクな回でした。だって今までずっと頑張れば結果オーライで来てたエリーが、世間の悪評という相手のない、頑張り様の無い逆境に初めて晒されるわけでしょう?さて、どう乗り越えるのかエリー??
 

さて、逆境の原因になる大物司会者、大貫憲太郎が西村さん。いやらしげな笑顔も板について、額の「怒」の字も素敵~♪(確かにあのスペースは書きたくなる 笑)
スタッフを怒鳴りとばすまでは別に仕事のうちでしょうけど。そこを雑誌に書かれちゃった腹いせに、偽のスクープを仕組んでしまうのは犯罪ですよねー。
編集長と!編集者と寝てる!カメラマンと同棲中!!(これだけは違わない様な ^^;;;;)そんな仲になりたいのになってない、小泉孝太郎くんが可哀想ですって。
で、新連載は流れ(担当がドラドラ鈴木!)ガンガン売れてた本もグッズも、返品されてしまう……のかなー。貧乏赤裸々話の人なら、スキャンダルも話題になって逆に売れそうな気もするんですけど。
とにかく、TVでお詫びの直前に全ては大貫の企みと分かって……。うーん、もっとはっきりやり返して欲しかったかも。せっかく放送キューをずらして教えてても、肝心のエリーの啖呵が終わってから放映だったのは残念~。「貧乏人は黙ってろ!」と言っちゃった大貫がどんな酷いことになったのかも見たかったよー(そ、それともほんとにモデルになった司会者がいて、まだ揉めてます??)無くした連載が戻ってきたわけじゃ無いしさ。
それでも、エリーの周囲の人の暖かさ、仕事への意気込みがまた良く分かる話ではありました。 

来週は、鴨ちゃんの話。「奇跡の一枚」が他の人のお仕事だった??

人気ブログランキングへ

「崖っぷちのエリー」1 ☆☆

山田優が頑張ってます! 終了(笑)

あの貧困&ど根性が背骨の天才漫画家サイバラの半生を描いて、つまらない方がどうかしているわけで。誰が主演でもそこそこ同じでしょう。実父はドブにはまって脚出して死亡、義父は暴走炎上で死亡、あの絵でなく実写で見ると笑うのためらいますけど(^^;;;)基本、泣くより笑って欲しい不幸話で進みます。
何故山田優?とは思いつつも。お国言葉の啖呵がたどたどしかった以外は、いいんじゃな~い。
一方で、ボロアパートのお隣にカメラマン鴨志田、もとい鴨田ちゃん。ああ酒に溺れて先立った旦那ねーと思うとちょっとシンミリしつつ、塚地だと酒で何かを誤魔化す繊細さと弱さを感じないなあとそこには文句。エヘヘ。

上京して美大に入学、お金に困るけど頑張るぞ!で1話終了。2話で早速漫画家は始める様で、麻雀に狂うあたりもドラマでしちゃうんでしょうか(笑)恨シュランとか金持ち相手に暴れるサイバラもいいけど、ドヤ街や外国のスラムにとけ込むところも見てみたい。山田優だけど。
西原理恵子を知らない家人がやたら面白がっているので多分続けてみます。


人気ブログランキング

「超人ウタダ」最終回 ☆

連続殺人犯は、山崎樹範♪
”悪の中間管理職”樺島@西村雅彦も相変わらず素敵なところにこの配役、もう私の為にあるドラマだわー、となっても良さそうなものですが、喰い足りなかったです。
そして30分が長く感じました。

だいたい木島@ヤマシゲは、どうやって真相にたどりついたのか??(描写あった??見逃した??)
警察が総力あげて隠蔽していた情報を、素人が独自の捜査で見破っちゃまずいでしょ。
最終回での神崎の
「35才になる前に殺してやってもイインダゾ」
という脅しも、”35才で死ぬと決まってるから現在不死身”という設定を根本から覆す脅迫で、それって変でしょうー。
そうそう、その”現在不死身”も描写薄かったよね。

自身の不死身を利用した作戦を立てるわけでもなく。
ただ刺されたり撃たれたりだから、無謀なだけに見えちゃうんだよね。で、”普通なら死んでる”という前置きもなく、次のカットでは元気なウタダ。設定を忘れてつい「生きてたのかー!」とツッコミ入れてしまいます。
樺島なんて、完全八つ当たりでウタダを撃ったのに、罪が殺人にならなかったじゃない。本人よりも、むしろ犯人に都合いい超能力(笑)

せっかくウタダに惚れていた娘も死んじゃって、理容店で観る幻は切なかったのですが。
一話で殺された娘のことだって、ずっと好きだったくせにそれっきりだった訳で、2人ともウタダの人生をただ通り過ぎた様なもの。
原作通りだったのかもしれませんが、いっそ作り替えて恋人にでもして、ウタダ自身の大切な人と殺人を天秤にかける様な(つまり木島と対比できる様な)ギリギリの選択が観たかったのかもしれません。

wowowドラマ、もうすぐ始まる「空飛ぶタイヤ」に期待。

「キイナ」〜最終回 ☆☆

サブリミナルには「最後まで観ろ」も含まれてたと思いませんか?
たかが団地の上映会に、参加率100%も凄いけど。居眠りもよそ見もせずに全員がガン観してたとしたら、その視聴”質”アップのノウハウこそが商品価値があるかと思いますー。

そんなわけで、つっこみどころ満載のまま、いかにも続編がありそうに終了!!

やさぐれ課長の事件は、てっきり最終回に向けて山場になって、キイナと決裂するとか誰か警察を辞めそうな騒動になるとか、実は課長が犯人だったりとか!するかと思っていたというのに。
助けられなかった後悔ぐらいで、普通の関わり方でしたよねー。死蝋化自体は不可能でもないし。

変な科学番組は好きなので、シリーズ通して初耳だったのはジーンズのバーコードぐらいでしたよ。でも、ちょっと聞いたことあるぐらいの方がお茶の間には親しみやすいのかも。
あんまり悪い人出てこないから、犯罪ものなのに見終わって爽やかでした。

「息子が宇宙人に襲われました!」
と警察に電話して、別班につながるか特命係に回されるのか。
ドラマとしては「相棒」の方が好きで完成度も高いと思いますけど、実際問題としては。

右京さんにワクワクと事情徴収されて思わぬ犯罪を暴かれてしまうより(身に覚えがあるのか私??)、キイナが来てくれてケーキでお茶しながら話を聞いてくれる方がいいなーとちょっと思ったりします。

「キイナ」5 ☆☆

今日も”不可能犯罪”ならぬ”心霊現象解説、おまけに事件”でしたよー(><)
”ドアの影に”とな orz
いっそ、その時間は手術中でした、ぐらいの不可能を期待してるのにー。

看護士死亡=医療ミス?
それより普通、痴情のもつれじゃない?吹越満じゃあり得ないですか??院内の噂も知らないぐらい、ハブられてるからですか?(笑)
そんな今季5役目の吹越満(まさか全部見てる奴なんかいないと思われているんでしょうねー)、語るに落ちる隠蔽工作を職場のパソコンで書き込むとは、うかつすぎてびっくり。

もう、やさぐれ課長の過去が徐々に判明し(やっぱりキイナ向け犯罪に関わってましたね)、工藤さんにはふられた訳では無いらしい、以上2点が判明したところだけが観て良かった点。
つまらない訳じゃないけれど、目新しいことが何もないんだもの!!
(遺体の生い立ちから推理始まるところもまるきり「ヴォイス」、パロディする必要もないぐらい ^^;;;;)

キイナがもの知らずなのも気になります。
”ブロッケン現象”ぐらい普通知ってるでしょー?少なくとも”奇妙なこと”が好きで本読む人ならば(右京さんは間違いなくご存じ 笑)
まあ、視聴者の為の説明場面な訳ですが、それならエリートくんに教える形でいいじゃない。

工藤さんにいろいろ教わるキイナは可愛いんですけどね。
あ、工藤さんが好きだから、知ってることもハイハイ聞いてるんなら可愛い♪(←それを「さっき知ってた」とばらしそうなエリートくんに、こっそり肘鉄くらわしても、可愛いかも)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ