ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

堤下敦

「人は見た目が100パーセント」~最終回 ☆

憧れの榊さんはクズだった、と判明した前回。
通常、ヒロインの彼氏が別の女とキスしてたなんて人違いや見間違い勘違いになるもの。なのに平然と
『あっちも彼女で、君も彼女』
と言い放つとは斬新ですよ。何ですか、それw つきあい長い本社の女性たちからの『あの男だけはやめておけ』的な伏線があってしかるべき地雷物件じゃないですか!

なのに失恋の苦しさに負け、そんな二股でもいいやと榊の元へと舞い戻る城之内さん。非難する聖良、前田との間には亀裂が入り、でも最終的には友情を選んでハッピーエンド……ですかねえ。うーん。今時、恋か友情かの二択なんてしますか?恋しつつ友達も大事でいいじゃん。
こんな最終回が見たかったんじゃなかったのになあ。

自分が美しくしてやる、君は考えるなと言う男。
つたなくても自分で努力し続けたい女。

榊さんをクズにせずとも、この摩擦だけで良かったんじゃないですか。そして榊プロデュースで美しくなり賞賛される様になっても、ただ人形でいることに満足いかなくなった城之内さんが

<自分の努力を褒められたい>
という思いを膨らませていったら。作品とは逆の、別れたい城之内とそれを止める女友達という言い争いで納得できたかなーと思ったり。この辺原作はどうなってるんでしょうかね。

堤下も最終回に出番がなくて……直前の道交法違反云々の影響で出番切られたのかもしれませんねえ。だとしたら残念です。

このドラマの収穫はブルゾンちえみでしょう。
あのコントと同じ役同じメイクで演じなかったところが大成功でした。またいろんなドラマ出ていろんな役を演じてみて欲しいものです。 

「人は見た目が100パーセント」~6 ☆☆☆

しまむらかジェラートピケか、それが問題w
でも何着てもポテチの塩ついた指を服で拭いちゃダメだと思います……しかも肩口って……せめて裾……うーん(^^;;;)

ビューティー研究は相変わらず突っ込みどころ満載で続いています。
試供品シャンプーをもらったらシャンプー研究。雨が降ったから傘、入院したから可愛い部屋着! 一応ヒロイン城之内が美容院の榊さんとお近づきになる目的はありつつも、シャンプーエピソードのオチは前田家の夫婦喧嘩だったり。アイテムのためにエピソードがただ羅列されている感じですが、まあいっかw 恋を自覚してからの城之内は、痛々しさが薄まり見やすくなりました。
聖良と丸尾のウォーキング(町田慶太の反復横とびナイス!)、スポーツウェアの研究はしないのかーいと思ったら、まさかの脱毛研究にw 水着より身近に、露出しがちな場面があるんですねえ。


ちなみに、可愛い部屋着代表としてプッシュされていたジェラートピケ我が家にもあります。ヘアバンドが。
作中でも言ってたように、上下揃えて着ようとすると1万超えるじゃないですか~。手触りはいいんですけどね、可愛いんですけどね。店に寄るのは楽しみでも買えないわ~。
と、私の様なおばちゃんが無理無理とひきさがるように、女子モドキ達にもブランド実名でディスらせておいて、でもやっぱりいいものはいい!と通販ポチらせてしまうとはw しかもメンズもあると宣伝ぶっこむとはw ゴールデンとは思えないタイアップぶりです。……自分の分はさておき、ダンナの誕生日がもうすぐなのでオム買ってしまいそう。
で、セレブ医院はなんでまた消灯後の女子部屋に男性見舞客を入れちゃってんの。城之内さん倒れて即、ここに運んだぐらいですし、まさか榊くんの実家がこの病院……だなんて伏線ってこのドラマに必要ですか?

入院騒動での見所って実は部屋着より、そこから出てた桐谷美玲の脚では。それ、本当に太ももですか、二の腕じゃないんですかw そういえばダメージジーンズの時にも、スリムジーンズの中で脚が泳いでいて衝撃でした。 あ、あとwithBの特別出演! 高飛車な女社長の入院をお世話&ブルゾンちえみと出くわすサービスカットもあって、結構出てました。良かったねえ。

お目当の堤下はイラストの方が出番多いですが、シャンプーの時に『ハゲの家系なので髪には気を使ってる』と、ヅラでハゲ一家を演じてくれましたw 5秒ぐらい? 今回は、真っ暗な廊下でいきなりアップになって悲鳴あげられる役w


5話の編み込みヘアができない!とキレイ女子に文句言ってブチ切れられる展開は違和感でした。

美人が最初からずるいならビューティー研究をする意味がない。リケジョは学生時代にさんざん『いいなー数学できて、ずるい~』とか言われ『ふざけんなワーク各章100問ずつ解いてから言え』と心の中で舌打ちしてきてるでしょ、研究だって地道な作業の末に結果が出たり出なかったり。編み込みごときに『出来ない、上手いやつはずるい』だなんて言う人研究員してませんって。

「2017年4月のインパルス」

3月の出演ラッシュから4月はちょっと落ち着いちゃったw 堤下のドラマ出演とかあったからですかね? 3/29のGYAO生配信、/31の新ネタ披露は3月と4月の両方に入れておきます。

「ニュースで生大喜利」#3(3/29) こちらで観られます
GYAOで生配信! 運良く家人不在で生を堪能できました(^^)
#3ゲストは板倉さんと、ずん飯尾、Aマッソ二人。MCは放送作家倉本と岡副アナです。
#生オオギリ のツイートで参加できるんですよ。私も一つだけ参加してみました。送るだけで心拍数アップ、運良くスタジオに反応してもらえて嬉しかったあ(><) 最後にAマッソの漫才もあります(^^) 忖度ク~イズ!
<自民党が昭恵夫人を証人喚問に出さない理由> 
飯尾  入場曲が絞り込めない
板さん 野党の誰かに見染められるのが心配w
    実体が存在しない(阿部さんの寂しさが作り出した幻w)
    バンジーとスカイダイビングと証人喚問はNGで契約してた
Aマッソ 石投げで決めたw
……裏番組と被ってるから の一般ツイートにも膝ポンw MC案はつまんね。
<次に籠池氏を襲う「小説よりも奇」な出来事は>
板さん  イオンが建つ (あの小学校用地にw)
<稀勢の里が今場所優勝できた理由>
飯尾  まわしがカルバンクラインw
板さん 目線にちょうど脚線美が(イラスト付き)
    今まで散っていった仲間の思念が……!
<高校野球、再試合以外の決着方法は>
飯尾  教頭による野球拳
    その日が誕生日のメンバーがいるw
板さん 不良から更生した選手の人数
    スプリンクラーの水ギリギリ避けるゲームw
MC  学校の偏差値w(偏差値×点数とかいいねw)



「バナナマンの爆笑ドラゴン」(3/31)
バナナマンチョイスの漫才チームとバイきんぐチョイスのコントチームがステージ上で大対決! 我らがインパルスはもちろんコントチーム(^^) 選ぶ側MCに回って欲しくもあり、ネタ見れて嬉しくもあり。奥さんホラ、新ネタですのよ!

<やたらネタバレに過敏な男>
確かにリーマン堤下くんもちょい説明過剰ですが、本の粗筋どころかその先の日常会話にまで
「なんで言うかな」
「知りたくなかった~」
を連発する同僚板倉くん。面倒臭すぎて、下がり眉つっつんが不憫になります(^^;;;;) オチは内緒w 2組直接対決方式でハマカーンにこそ負けましたけど、やっぱ新ネタ嬉しいですね 板さん曰く
「バラードみたいなネタ」
好きですよ! でも「インディアンズ」に負ける~と思ったそうで
「ああいう笑い易いやつがいい」
と自らも吐露する板さん(^^;;;)カッチリしたネタは途中で変えられないねと応じる設楽に『客席の反応で行き先を変えていく漫才の人たちが羨ましくて!』と応える様子がショーウィンドウにくっついて売り物のギターみつめる少年みたいw だったら漫才やれよ!と突っ込まれてて確かにw
途中の新人コーナーでは「笑けずり2」で覚えたオダウエダも登場! 意味不明っぷりも手作り感も健在でうれしくなりました。がんばれよー


「ネプ&ローラの爆笑まとめ!2017(4/1)
最近ちょっと珍しい、豪華なお笑い特番でした。それぞれの持ち時間が長い!
インパルスのネタは「エクソシスト」
安定の悪魔の可愛さw そして本体ちゃんのデスボイスと顔面破壊に磨きがかかっていましたねw しかしオチがフェミなところは毎回なんか笑えないんだわ……。
その他、正月から人気爆発ブルゾンちえみwithBがもちろん登場。決めゼリフにローラも参戦、スタイルの違いをみせつけてくれました(^^;;;)そんなの並べなくても世界中わかってるよー!
逆に、もう廃れぎみのPPAPがド派手演出、ダンサーに生きてる象with象使いまで引き連れて……こんなに金かけてもらえるの?と驚いていたら客席の高須先生とコラボし『♪高須クリニック♪』 丸ごとCMでしたw 知恵に感心w


「タモリ倶楽部」(4/23)
タモさんはカプセルホテル王になれるのか!
インバウンド、東京五輪とそれらしいキーワードを散りばめてカプセルホテル業界をウォッチングです。どれも思ったより広くて豪華、泊まってみたいですねえ。
進行板さん、茶色のスーツをインナー白Tでラフに着こなし、タモさんと初顔合わせで緊張する三四郎を煽りますw え、カプセルホテルの個室に鍵をかけられないのって「家具の中で寝てる」扱いだからなのね!


ドラマ「人は見た目が100パーセント」
つっつん単独出演、冴えない研究員役です。
諸般の事情で慣れないオシャレにトライするヒロイン(桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみ)らにばったり遭遇、気弱に見せる「うさぎメイク」を結膜炎だと逃げたり、珍しく身につけたストールを「いいね!」と褒めて逆ギレされたり。毎回オチにちょい出演(アニメ演出の背景もつっつんの顔?)脚本上のアクセントにはなっていますが、正直誰がやっても同じかなー。
なにしろ、常にセットで登場するもう1人の冴えない研究員が町田啓太ですよ。あの天下のイケメン、脱いでも素敵、芸名の平凡さだけがむしろマッチしていない町田啓太ですよ!それが髪に寝癖つけて作業着なだけで非モテ扱いって!
撮影終わりにつっつんが呑みに誘って、オシャレなダーツバーとか町田啓太と行ってそうw 後半でもっと話に関わってくるといいんですけど、どうでしょう。


「人は見た目が100パーセント」2 ☆☆

毎回ヒマなの、伏線だったんだーw

すでに都心のオフィスに配属になり、びくびくしながらも仕事に精を出す……はずが、ヒマで仕方ない3人娘。同僚のSNSを見てみれば、連日のオシャレ生活!そのオシャレスポットで親戚の結婚式、という城之内のために衣装や装飾品、パーティーバッグの研究に勤しみます。
でも、いちいち小学生レベルで大騒ぎなのには飽きてきちゃったかな……。

水川あさみに頼りすぎですよね。トイレで悶える熱演も、山口百恵ばりの「引退します」にも笑いましたけども、やりすぎ感。抱えるカバンは確かに置き場所に困るけど!歯型つくほど咥える以外になにか方法はなかったのかと。しかもそれ、床に落としてるじゃないですかorz  紐ついてるタイプにすればいいだけ←これに気づかずに、ネットで適当に大量購入って!帽子やストールの時にもどうかと思ったのよ、使わない分はその後どうしてるの、返品?

そして本来メインのはずの城之内さんは、美しくなる努力をやめ自己否定に走ってしまって暗い~見ていて辛い~(><)
ウェディングか喪服かってドレスなら自分から着たのに、いざちゃんと選ぼうとなったら試着もせずにお終い!なんでもいいです!って。美容院ではイケメン美容師(成田凌)を避け続け、披露宴本番には結局ひっつめ髪に黒ゴムw 
回想で前回語ってた通り『オシャレに興味ない』だけなら、逆におすすめされるままゴスロリでもなんでも着たって、髪も縦ロールだって良いでしょうに、着飾ることにトラウマでもあるんでしょうか。なぜか全力に後ろ向き。応援しづらいです。

それでも憧れの研究者(室井滋)が上司になったことは嬉しい城之内さん、頑張って専門で認めてもらうつもりだったのに。呼び止められての、まさかの飼い殺し宣言(^^;;;) 冴えない女子モドキは見苦しくて嫌い、研究はオシャレスタッフにもう進めてもらってる、と。なるほどそりゃ、連日ヒマなはずですw

さてここから何を発奮するんでしょう、やっぱりオシャレ?それで解決する話??
また、イケメン美容師はなかなかいい奴で、ハートを文字通り射抜かれた城之内さん血まみれでしたけどw そっちの恋バナも大事なんでしょうか。

目当ての堤下の出番が少な~い!

「人は見た目が100パーセント」1 ☆☆☆

そんなに面接ダメダメで、今の会社にはどう入社したんでしょう。学校推薦?

ど田舎で地味放題に暮らしてきた研究員が、突然の吸収合併で丸の内への異動が決定!あ、あんなキラキラした場所に……とおののく理系女子3人城之内(桐谷美玲)前田(水川あさみ)聖良(ブルゾンちえみ)は、早速招待されたパーティーでの場違いさに打ちのめされ、合併先の上司國木田(鈴木浩介)には『人は見ためが100%』と、とどめをさされてしまいます。
無理無理無理……!
とまず転職を試みるヒロイン(桐谷美玲)でしたが連戦連敗。追い詰められた末に始めたのは『ビューティー研究』! 
その1放っておけないうさぎメイク
その2ストール
その3帽子のかぶり方
どれも詳細なメイク手順、巻き方各種、顔の形別に似合う帽子の種類……と HOW TOがですお役立ち……の割には見事に似合わないのがお約束w 濃すぎるうさぎメイクは結膜炎と間違われ、ストールはよだれかけになり帽子は妖怪人間、何かが違うのだー!

でも訪れた國木田のちょっとしたアドバイスで、それぞれに合わせたスタイル、少しの流行を取り入れるだけでほら!こんなにもおしゃれに大変身……!! なのに褒められると謎の逆ギレw 褒められ慣れていないんですってw
女子になりきれてない『女子もどき』な彼女たちが、都心のオシャレに溶け込める日は来るのか?

子供の頃からずーっと、オシャレには興味なかったとの回想場面。子役でなく桐谷美玲の顔ハメで笑いましたw そして当方も理系女子で、あるぞあるぞ身に覚えがあるぞw
「学校でメイクも教えてくれたらいいのに」
確かに。ずっと禁止にした挙句、ある日突然できて当然だろと言われる理不尽。いっそ家庭科にでも基礎メイクの時間あればいいのにね。

パーティでの場違いも笑えましたよね。地味すぎスーツがスタッフに間違われる城之内、ボディコンミニが時代遅れだった前田、聖良はなんと……振袖w 結婚式かw いけてない人って頑張っても何かが違ってしまうのよくわかるw(水川あさみだけは、別に堂々としてれば大丈夫に見えましたけど) なので、城之内が落ち込む演出も軽く楽しくやってくれてもいいのに、深刻路線で可哀想すぎるのが違和感&悲惨すぎてしまいませんか。メリハリなのかなあ。

原作を読んで、面白いけどドラマにするなら深夜で30分、いや15分ドラマかと思ってましたw あくまで就業後にやってるはずのビューティー研究が、これじゃ金も時間もかかりすぎですが、まあいいかw そして八王子が超ディスられていて、群馬や島根はどうするんだとも思いましたけどw 近いのに果てしなく遠い感じが大事なんでしょうねえ。
これまでは就業時間のみの付き合いだったのが買い物や夕飯を共にしたりする仲に。そこから産まれる友情も楽しみですね。
ドラマ初出演ブルゾンちえみが大健闘。いい声してます。
そして、普段の衣装とメイクの方が似合うんだねとしみじみ。 素材が美しい桐谷美玲や水川あさみがいくら地味だ顔が長いと抜かしてもケーッですが、その横に思ったよりぽっちゃりでタヌキになってるブルゾンちえみがいるだけで、あー、あのファラオメイクとタイトスカートにたどり着いたセルフビューティ研究があったんだなと思えますもんね(ただし、原作でも別に城之内や前田はブサイクではないわけで。むしろタイプ的にちゃんと原作に寄せたキャスティング。森三中3人にやらせろよとかいう旦那は筋違いなんだぞ)

いけてない男子研究員役で、インパルス堤下も出演。町田啓太は髪ハネさせているのに堤下はいつものまんまw この先男子たちもビューティーレッスンあるんでしょうか。つっつん私服はオシャレだもんね。

「アゲイン!」最終回 ☆☆+☆

ザ•最終回!

大事な場所に現れない仲間を迎えに行くぞ『お前がいなきゃダメなんだ!』これこれ、これですよ!


そんなわけで、ハンパに未来を知ってしまって意気消沈で逃げた団長を、それでも対抗戦には応援にいくべきだ、一緒にいこうと連れに行く金ちゃんですよ

とある過去では孤独に応援、団旗を飛ばして試合を台無しにしたらしい団長さん。でも今はホラ、頼もしい仲間が居てくれるじゃないですか……!!


え?なのになんで団長が団旗持ちを代わるのー?


そして突風は吹き……


もう何度目かも分からない卒業式、アゲインなんか夢だったのかもと思う金ちゃんを迎えるのは

「今村!」

の声!

ここで姿を映さずに終わる、オシャレなラストシーン。ドラマ版ならではのキリのいいポイントで、すっきりした最終回でナイスでした(^^)


でもずらっと揃った先輩達(長髪の大学生堤下w)とか、その後活動を続けたならいる筈の現役の後輩達とかさ、見たかったですよー。その中心にいる宇佐見先輩は大学でも応援団なのかなとかw 

そしてアゲイン仲間、藤枝の高校生活はアゲインで恋人を無くし、仲間も激減でさ。原作では恋愛モンスターと化す見せ場(?)もあったのにw ドラマでならではの幸せがみたかったかな。


そんなこんな、見せてくれなかった分は想像の余地が広がるってことでw


「アゲイン!」8、9 ☆☆

さあ戻ってこれたぞ!


…となった途端に、キスしたのしないのとw そういうモジモジはこそばゆいのですが、高校生活だもん、ラブは大事でしょう。


と、思いきや「キスしたからどうした」キリッな団長。

男女の乳繰り合い(語彙が古いw)とは無縁の、団員同士の絆な接吻だとか言われて金ちゃんガックリw 期待してたしねー意識してたしねー2人の内緒にしたかったよねー


そして試合直前の鈴木が藤枝に惚れちゃったというのに、つれない返事の藤枝。

元の世界にいつ戻るか分からないのに、親しくする意味が分からない…とは。シビアかつ、既にアゲイン先こそが人生となっちゃってる今村とは真逆のスタンスですよ。

階段をみつめ… 躊躇無く何度もダイブした今村ほどでなくても、落ちてみようかと思ってるよね。(2014年では自分が昏睡状態って、藤枝は知ってるんだっけ?)

挙げ句、団長の失踪も廃部も本人に聞かれちゃいましたよw


命日が分かってたから、病院に運べたばあちゃん。

でもそのばあちゃんも結局は亡くなり…ってことは、アゲインで多少サポートしても、大きな事件は変えられないのか?

いやいやいや、とりあえず団旗は飛ばないよ~、大丈夫だよ団長~(><)


仲間を信じろ!、と感動的な最終回になりそうで期待高まります

「アゲイン!」7 ☆☆☆

鈴木が別人w 文字通りにw


スガラッキー堤下のカツラ(大学生風?)も笑いましたが、とりあえずは本人。でも激太り鈴木を演じたのは本当に別の役者さんでしたよね! 「モテキ」の主人公も体型激変で別人になったけど、少なくとも声は森山未來吹き替えだったのにw


で、主人公今村は2014年では長髪でニート、アゲイン先では短髪で昏睡中。

今村が昏睡のせいで謹慎中のアゲイン応援団です。

2014年に語られる思い出の定期戦では、謹慎中なのに団長1人で無茶な応援をして団旗を飛ばし、試合はめちゃめちゃになったんだとか…。

アゲインでも現在でも『あの新入部員のせい』ってなっていてそのどっちでも周囲の記憶から消えかけてるって理不尽ですが、そうなってるから仕方ない(><)


戻りたい!と願う2014年今村と、目を覚ませ!と呼ぶアゲイン先の団長と。

そんな2人を、団長のキスが結ぶぞ~


「アゲイン!」5、6 ☆☆☆

逆戻りだー!!


前回感想で、宇佐見の弱いところがもっとみたいとクダまいてたら、そう6話はカボ国団長w

とんだお笑いなチビヒゲ団長なのに、カボ国応援団が話に出るだけで頬を染めて女の顔になる宇佐見団長だったり、

「抱いてやる」

かーらーのー語られる過去の孤立、今村考案の「新」応援でチアのミニスカ団長が受けちゃって、じゃあ辞めると意言い出す宇佐見と、可愛い女なところみせまくり(><)

そしてつい、そんな団長を抱きしめちゃう金ちゃんだったりするわけですが

そんなこんな30分を全部ふっとばすのがラストの階段おちですよ!


するって知ってたのに、血だまりが広がる映像にはやっぱり引きますわ(^^;;;)


そして7話では『目覚めたら卒業式直後』

目覚めた今村がアゲイン世界では意識不明で、昏睡中の藤枝は逆にアゲイン世界で起きていて病室の今村を起きろと呼ぶ方という混線具合…(開始前は、これを旦那が理解出来るか心配していたというのに。まさかの杞憂。そこまで見続けてくれなかったですorz)


懐かしの部室に行ってみれば何故か、応援団の皆でとった写真。

でもスガラッキーもチャンクマも『この世界では入団しなかった』今村を知る筈も無く、写真の今村だけが薄れて←バックトゥザフューチャー的お約束w


どうする今村ー!

てか、どこで最終回にするつもりだこのドラマーw

「アゲイン!」3、4 ☆☆☆

チャンクマ、出番が増えるごとに日本語が下手になる(><)あれじゃ帰国子女じゃなく、怪しい留学生だよーw


さておき団長が現れず、代理の応援で大恥をかく今村。でもそこで本音ぶっちゃけたおかげで昔のメンバーが戻ってきたりと、主人公の青春は順調に取り戻されております。

吹奏楽やチアと組んでの応援団はかっこいいよねー。その一部として練習していることを楽しめて輝く主人公!先生も笑顔で見守ってますよw

堤下演じるスガラッキーは男尊女卑野郎、女団長の下にいるのがイヤで団を抜けた〜だのと爽快にイヤな奴で演技もばっちり。応援場面では流石のナイス大声で迫力ばっちり☆


でも、せっかく戻ってきたメンバーをまた怒らせる団長。
こんなことじゃ、本番の野球部応援もどうなることやら…。 

演じる早見かおりは可愛いし、団長の言いたいことは分かるんだけどさー(「三三七拍子」からも脳内補完w)自分は走らずにキツい特訓させて文句だけ言ってる人な画面になっているので、この団長のためにがんばる意味が今はよく見えない感じ。無理して低音ボイスで強がってる、かげの苦労や弱音や意地っ張りをもうちょっとみせて欲しいなーっと。


そしてアゲイン面では、当時『ケガして』『チア女にフラレて』野球を辞めてたエース鈴木をどうにかフォローして勝ってもらおうと必死なアゲイン組2人ですが……がんばる程裏目に出るのがお約束w

悪女あべタマに惚れたのも今村たちがきっかけなら、無理な告白は団長のせい。

それで落ち込んでる!と決めつけて家に押し掛けて見たものは…キャーww さすが深夜ドラマなお尻丸出しで役者魂に感服w

むしろ明日から不登校になったら完全今村たちのせいだろって感じでしたがw


ちゃんと発奮した鈴木は鬼気迫る投げ込みを開始!

もしかしてアゲインが野球部勝利を呼び込めるのかー?5話に続く!

(あんま投げすぎると肩壊すよー)

この鈴木くん(宮里駿)印象に残る役者さんだよね(「不思議な転校生」「弱くても勝てます」と3連続野球部w)



「アゲイン!」1 ☆☆

背景に下着見せお着替えギャルが!

ええーっそういう深夜ドラマ扱いなの?「只野係長」「エリートヤンキー三郎」だったら笑いどころですが、これ普通の学園ものなのに(><)


そんなわけで始まりました、高校生活やりなおしドラマ「アゲイン!」

1回30分であっという間です。

金髪ロンゲ眉無しなのに「影が薄い」と言われる主人公今村(藤井流星) 受験も就職もせずに卒業ときいて、教員の旦那が開始早々に切れましたw だから、そういう奴がやり直す話なのー2度目は部活するし、はいはい成績も上がりますよ、勉強しまくりしまくり(←適当w)


でも確かに必死で受験勉強してぎりぎり志望校受かってたり、ミラクル正社員で就職出来てて、朝起きて入学式に戻ってたらやさぐれるよねーw 

実際、旧校舎の階段から落ちて死にかけた2人のうち、リア充で彼氏もいた藤枝は『アゲイン』が受入れられず、入学時点ではまだ他に彼女がいた彼氏(予定)に恋人面して揉めてます。まだしてないデートの話を過去形でしちゃ、引かれるだけなのにー

今村に怒鳴り込み彼氏を追いかけ…本来ならお弁当仲間をみつけてた大事な時期を逃してるよ!

(この子がなんの確認も躊躇もせず、今村も一緒にアゲインしてる前提で文句を言ってくるのは謎ですが、彼氏にも説明なしでアレですから自分を中心にしか考えられない人種ということでヨロシクw)


その点今村は失うものナッシング!

むしろおばあちゃんはまだ生きてる、教師との無意味ないさかいも避けて環境はベターです。

入学式で衝撃だった女応援団長とも再会(?)、そのうち廃部になり彼女も去っていくと知る身では気になって仕方がなく。

「面白いですか?」

「部員、増やしましょう」

と、どう聞いても熱烈入部希望としか思えない台詞を吐いてしまうのでしたー! そして団長に抱きしめられるところ、メイキングでも見ました。女性主導で無理矢理になるようにと指導されてああなったんですよね、なるほどですw


漫画が原作ってことで、集中線や効果音の文字が出て来る演出が若干うざいですが、とにかく物語は分かりやすく始まったと思います。あんな金髪のくせにポリシーは特にない今村のへたれな感じもナイス。

さあ、これからどうアゲイン感を残しつつリア充な高校生活が始まるんでしょう!


柔道部スガラッキー役で堤下が登場。思ってた以上に先生みたいですが生徒ですからw

「東京ガードセンター」~最終回 ☆☆

ギバちゃんセンター長が怪しい?

…と思わせて、もちろんそんなことはなくw セオリー通りに真犯人が現れて、でもちゃんと間に合って犯罪は未然に防ぐ事が出来ました。めでたしめでたし。

どうしたってアルソックの宣伝でガードセンターに悪い事なんか起きないでしょ。でもその安心感もいいものです。
いつも王道の脚本はなかなか出来が良かったと思います。多少退屈だとしてもw
堤下が出てるというそれだけで観たわけですが、新境地のドラマとしては満点の出来だったと思います。多少物足りなくてもw

中村蒼と高梨臨の新人コンビが、自販機横でまったりしてるのも可愛かったです。 
ちょっとラブで、気がつかなくて怒らせたりして。そんなところも王道でしたよね。

これにつづくドラマがどんどん出てくるのか?楽しみです。 


「東京ガードセンター」9 ☆☆☆

新人の巣立ち。


頼る相手がいなくなったら、自分がするべき道が見えてくる。悩んだら、先輩達の導きの声が聞こえる……。

そんないい話を、近所の今川焼屋と重ねてくる今回の「東京ガードセンター」。新人2人が初めての深夜番に臨みます。


曰く、通報者の息づかいも見逃さずに観察を。

というわけで、通行証を持った娘がいても事件性を疑う主人公。案の定、警報が鳴り出します。

更に曰く、現場に行かない監視員にもできることがある。

警報音で誘導するのも室長ゆずりの技なら、そこで使った噴射機も先輩の開発したものなんですよ。


内なる先輩達の導きで立派に夜勤をこなし、これで新人も一人前です!


って、久保田(堤下)の思い出が出て来ないwww

前回も、病欠連絡を『忙しいから切るね!』とサクッと無視されていて役立たず扱いですwww


でも実は現場に駆けつけた警備員が『視野を広く持て』と先輩に言われていたそうでナイスな働きを。その先輩ってのが異動前の久保田だよねーって流れになっていました。本当かなあw


「東京ガードセンター」6 ☆☆

恋する監視員w


モニターを通じて観るお客様に一目惚れの久保田(堤下敦)、分かり易すぎる~

しかも初めてじゃないんだw

「これから、彼女だけの監視員として生きていきます」

と退職届を出そうとしてコツンと殴られる回想シーンw もちろん片思いw


で、今回の想い人は聴覚障害のある新人介護士さんで、警報に気付けずにミス。

速攻、光もつくタイプを営業して喜ばれ、職場に来たお礼メールに個人携帯で返信する久保田さん、公私混同だと言われても開き直ってやめませんよ。困った人です。

挙げ句、職員からの虐待が疑われるから監視となったらその娘をかばう、かばう。


犯人探しをしたくてカメラをつける顧客。

むしろ事故が起きる前に止めたい、抑止力でありたいガートセンター。

立場の違いは面白かったです。

だから、個人メールで彼女に『監視カメラついたよ』と知らせちゃえ、とか。それじゃ彼女を疑ってる事になる、絶対あの娘はそんなことをしない、といい張る久保田。

……それでも実際に犯行を目撃し、のどにボタンを詰めたから叩いただけ!と主張する彼女には『ウソだ』と哀しく指摘するのです。それは洗濯物から自分でちぎったボタンだよね。だって俺ずっと君を観てたから、と。


例によってラストでちゃんと、何か渡す前に殴られる天丼ボケもあり!

退職届じゃないのに~w

と、まんべんなくベタな流れで安心というかなんというか。でも気になる人が出てるとやっぱり楽しいです。

あまりに文字通り、ぼーっとみとれる堤下とかw

図星をさされて吹くジュースが大量すぎる堤下とかw

そうか、だから現場あがりの彼は退屈な監視カメラの中に恋を求めてしまうのかしら。 と、無理矢理ドラマとつなげてみましたw



次回はなんと、劇中に金メダリスト吉田沙保里が登場です!

「東京ガードセンター」2 ☆☆

ロト6ならぬロト7に興じる柳葉敏郎w


そんな最大の笑いどころ以外は、ありきたりなお話でした。

繰り返される少女からの通報。

子どもの遊びだろう、構うなという同僚の中で一人だけ、少女を信じた結果誘拐から救ってあげられたのでした。
やったー(棒読み)w


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ