ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

國村隼

「BORDER 贖罪」☆☆☆

「正義のために人を殺した気分はどうですか」
……と、今自分が殺した悪党の霊にじっくり質問されちゃうって、それこそどんな気分なんでしょう。

衝撃のラストに視聴者置き去りにされた、連続ドラマ「BORDER」続編。
ついこの前、鑑識の比嘉ミカ(波瑠)を主人公にスピンオフ前後編が放映され、楽しんだものの違うコレジャナイ感でもやもやしたもので。あの音楽、あのオープニング、小栗旬、ウザい霊のつきまといとの再会が嬉しかったです。脳に銃弾が埋まって取り除けない、命の危険と引き換えに
『霊が、見えるようになった』
ジャーン!
しかし、始まった途端にピンチです。
連ドラ最終回、まさにあの場面から始まり、二人きりの屋上から被疑者(大森南朋)墜落死。目撃者なし。そもそも主人公石川安吾(小栗旬)ひとりが彼に容疑を抱いた、その根拠は『霊から聞いた』だと言えない以上訳がわからず、客観的に突き落とした疑い濃厚(本当にそうだしw)検察から精鋭チーム(國村隼他)が派遣されるも、黙秘を続ける安吾。課長(遠藤憲一)的には自分のいいつけを守り、記憶が整理されるまで黙っている作戦にも見えるでしょうがその実、安吾の隣にはその死んだ被疑者の霊がずーっと居て
『人を殺した感触を語り合おう』だの
『我々悪党と同じように、嘘で保身を図る様子を見せてくれ』だの
むかつくことをのべつ語りかけているのですから、何をどう答えていいのやら。

しかも、現場検証に向かう途中で目があった美女は……やはり霊です。殺されてますよ。
任意の事情聴衆を一旦投げ打ち、霊の乞うまま趣味の遺体捜索。いつもの裏社会メンバーも犯人の住所顔特定、解錠と全面バックアップ!なんだかんだの後、思いもかけない場所からみつかった遺体を、でも通報も回収もせず放置する安吾たち。
次の犠牲者だろう女性が、何も知らずに荷物を運ばされ。空のトランクを改める安吾を鼻で笑う殺人犯(満島真之介)しかし郊外のアジトに到着するやいなやの訪問者は、安吾……ではなく……。GPSつけたんだろうな、とは思って見てましたが、その顛末をこんな地元警察まかせにするとは!遺体運搬生中継、犯人逃走で終わらずにきちんと捕まって本当に良かったです。

そしてついに自らの犯行を自白する安吾。

とも、とれる発言で焦りましたが、聞き返せば『そう犯行を自白した犯人が自殺しました』と、ついに保身の嘘をついたのでした。それはそれで、霊の思う壺だったわけですが……。なんとその、偽証による後ろめたさこそが安吾をもっと強くするだとか。確かに、もうこの先は能力を最大限生かして犯人を挙げ続けて罪を償うしか道がない。降ってわいた超能力でカンニングのようにホンボシを上げ続けて来た、そんな正しくない自分への葛藤は吹っ切れて、今ここに!ダーク霊能力刑事、石川安吾が爆誕!

シーズン2があるわけですね?
観察からは絶対殺してると疑いを深められたまま、何も知らずに心配し続けた青木崇高刑事や、薄々知ってて何も言わない比嘉ミカ(波瑠)鑑識官が巻き込まれ、裏メンバーから見守られ、脳底の時限爆弾が火を噴くシーズン2が!
楽しみです。 

「メイド・イン・ジャパン」1  ☆☆☆

嫌われ者の7人が会社を救う?


”世界のタクミ”とうたわれたタクミ電機も、経営悪化で余命3ヶ月。無能な社長には内緒で、父親である会長が集めたメンバーは矢作(唐沢寿明)筆頭に7人。それぞれに上に文句を言ったり、リストラしてきたり、途中入社だったりでつるむ仲間がいない有能な人たちで、一度状況に納得したら、

「では私は支援先をリストアップ」

「では私はライバル社の製品を分析」

と、得意技があるのがカッコいい(><)


そして見つけた相手の弱み、タクミの技術を盗んだと思われた新素材は……8年前にタクミを去った男が中国企業で「我々が開発した」と生産していたものだったのでした。

昔の仲間に会っても、淡々と中国語で話し続ける迫田(高橋克実)が怖かったです。


予告の暗い画面とサラリーマンたちから、昭和の頃の開発物語かと思っていたのになんと現代の話でした。勢いづいている中国に、日本は太刀打ち出来るのか?

余命3ヶ月と、連ドラタイマー『3ヶ月』がさりげなく発動しているのには笑いましたけど、その期限は取引銀行が撤退してしまい、倒産。何万人もの社員が路頭に迷う日へのカウントダウンなのです。


エンディングが、タクミ電機電機社歌って斬新w(唄:太田浩美)

映画「交渉人 真下正義」 ☆☆☆

 いやー、面白かったです!
 柳の下を狙ってスピンオフ、しかも主役がユースケかいっ ・・・と思ったら。確かにユースケ「主演」で物語の中心にはいるけれど「主役」じゃない(^^;;;)
 「主役」なのは 地上を走り回るたたき上げ刑事 寺島さん(「富豪刑事」の役そのまんま!)だったり、地下鉄管理センター主任の 国村さん だったり、 現場の職人さん達なんですよー。
 オヤジ好きにはたまりません♪

 ああ、それと携帯電話も影の主役!
犯罪・捜査 双方で、投げようが外走ろうが地下もぐろうが、繋がりまくりな携帯電話。本当にそこまで技術が向上したのか、宣伝なのか(笑)

 事件は、のっとられたハイテク車両が地下鉄を大暴走。過密ダイヤの間隙を縫って各路線に神出鬼没・・・・・追突は免れるのか? 地下道からどこへ消えてしまうのか?
 真下にクイズを挑む犯人の、真の目的は何なのか??

 作中で語られる「東京都下の謎の空間」は、最近深夜番組で連続して特集されていたのをみたところなので、すんなり納得でした。ミステリー♪

 そんな中、地味な真下くんのお仕事は、各情報の集中管理でしょう。それと文句の受け流し(笑)
「交渉人」として煽ったり怒ったりというテクニックもたまに披露しますが、効果のほどは良く分かりません。

ていうか一番の仕事は、『犯人をその気にさせてしまった』こと?
2年も前、レインボーブリッジ事件の取材を受けたところで無自覚に大仕事終えてしまっていましたね。

 折から脱線事故の報道をたっぷり見ているところでの地下鉄暴走。被害が想像出来てしまって無闇に怖かったです。
 でも、管理センターの真下くんが映ると脱力。アリキリ石井さんでもっと脱力(^^;;;)

 個人的にとても嬉しかったのが西村さんの出演!
真下と雪乃がデートするはずだったコンサート”ラヴェルのボレロの夕べ”を指揮する、お髭のマエストロ様なんですよ〜きゃ〜!!
 背筋のピンと伸びた指揮姿に画面が引き締まります。うふふ。
 西村雅彦=今泉、というイメージは一般に根強い様ですが、こういう出演でシリアスな西村さんにも慣れて欲しいですね♪ また、作中で映るコンサートポスターに昔の指揮姿も載っていましてね、増毛して撮影したんじゃありませんよー。昔の番組でもマエストロしてるんです♪ 密かに年期はいってます。

 そんなわけで、進行上、演奏初めから終了までがっつりボレロ演奏を楽しめちゃいます。サスペンスアクション(?)見に行ってコンサートも楽しめちゃう、なんてお得なんでしょう。

 事件解決には文句ありますが、映画自体のラストシーンは気になったことが解決してハッピーでした!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ