ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

国仲涼子

「遅咲きのヒマワリ」2、3 ☆☆☆☆

居場所を求める若者達。


2話の『エースで4番』くんも3話の女医さんも、特技も定職も無い主人公@丈太郎からしたら素直に羨ましい、輝いてる存在なのに。それぞれに境遇への不満や

「あの頃に戻れたら」

なんて気持ちがあるんですよねー。

どちらも療法士としては資格がなかったり、臨床医として経験が足りなかったりと、同僚には軽んじられがち。

それだけに、患者さんからの感謝の気持ちや、自分の野球が誰かの生きる理由になっていたんだなんてことが、そして握りあう手と手が、彼らに自信を与えてくれるのでした。


こうして並べると、最後に手を握るところまで、まあ似た回が続いたもんですが、いい話だからいいんですw

でも流石に、元高校球児が野球を避けるところだけは、皆があまりに気を使わないのでびっくり。故障したとか、させたとか、触れられたくない理由があるのかもと思わないかな(2浪って、野球で進学してないのね、エースで4番が!)

一緒に暮らしてる看護婦さんぐらいは理由を知ってるかと思ったら……別に恋人じゃないそうで、丈太郎に気のあるそぶり。一体なにを考えているのやら……。

今回は、そんな看護婦さんも意味深な墓参り。

丈太郎=都会に帰る男を狙ってぐいぐいくる春菜ちゃんも、元カレの影がある。

田舎には田舎の暗闇がある様ですよ。


台風の描写は猛烈でした!

あの橋に手すりが無い理由もやっと分かりましたよ、増水して沈む時に邪魔にならないようになんですね(で、台風前には診察に殺到するとは意外w)

増水に閉じ込められて、一夜を過ごす丈太郎と女医さん。全然色っぽくないですけどw 軽口叩いてふざけあったりするところが楽しくていい感じでお似合いだなーって思います。


祭りを再興するなど、村に馴染んで可愛がられて行く丈太郎。

来週はそれで隊長と揉めるみたいです。だよね、ポッと来たお客さんになんでも出来る様な顔されちゃたまんないよね。

「遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~」1 ☆☆☆☆

四万十川が見守る青春群像。

面白かったわ!


初回は過疎地域の医療問題も取り込んで考えさせられました。正直、今季の同じ群像劇「レジデント」の悩みが色あせるというか(都会の医者に悩まれてもさー)


そんなわけで主人公は7年も派遣のまま暮らしちゃって、その派遣の仕事もなくし恋人に降られた生田斗真くん。実家は居心地悪い!貯金もない! 目についた求人広告に釣られて、四万十市役所の臨時職員”地域おこし協力隊”になるのですが…。


職と住居が3年間あってラッキー♪ぐらいでやってきた主人公は、ご近所の老人の死と向き合って、自分の覚悟のなさを悟るのです。
「オレが雑用だと思ってた仕事は、この町の人が生きていくためにはすっごく重要なこと」
だったんだと。
形見におばあちゃんの育ててた花をひと鉢もらって、大人への階段をひとつ(30歳手前にしてw)上がったんだねと、しみじみ。


東京から同時に着いた美人医師(真木よう子)は、研究職の夢破れ不機嫌。

迎えにきたボランティア(桐谷健太)は、暑苦しいw

不動産屋のかわいこちゃん(木村文乃)は、田舎脱出のために都会から来た男狙い、地元ナース(香椎由宇)と真木よう子は対立すると。ふむふむ。

そのうち恋模様が渦巻くのかな~。

最近アラフォーの贅沢な恋愛劇にはとんと興味がわかなくて、やっぱ恋愛は若者ですよね。


四万十の風景も最高です!

「ハングリー!」4 ☆☆☆

具合の悪いおばあちゃんに伊勢エビ食べさせたい!


…って 伊勢じゃなくてオマール海老だけど。 ネットで見ました!って今どきならツイッターですかね。←主人公や仲間自らがそのぐらいの宣伝しないのが不思議。貧乏でも携帯は使ってるのにw

おばあちゃんのエピソードは、この寒いのに夜の外出は身体に悪いでしょ、とか。おばあちゃんへの料理に丸一匹使わずに残せなかったんかい、とか。ツッコミどころは相変わらずながら全体の展開はベタで逆に安心できます。

箱でエビが届いたら、一匹逃げるよねw

偉い人が食べる筈だと、足りなくなるよねw


それでも、主人公が作るエビグラタンは何故か、幼い日に食べた握り飯を思い出させる味ですって。食べたライバル店のオーナーも驚いてましたけど、見てるこっちも意表をつかれましたよ。

それと農業少女の言葉。

「音楽とタバコやめて、お店開いてくれて良かった!」

それって、ミュージシャンのままが良かったとグチグチうるさい恋人と真逆な応援の声なわけで。弱った主人公の心には響いたんじゃないかなー。


給料の件は……連日あれだけ空席なのに、満額支払いがあると思う方がどうかしてるよね。

まあ気軽に楽しくみてます(^^)


「ハングリー!」1 ☆☆☆

うわあ、昔の月9みたい☆


カタカナ職業シェフ、しかも元ミュージシャン、恋の予感、ライバル店の陰謀? めっちゃ非日常でキラキラしてました。


亡き母の店は人手に渡り、裏手の倉庫でバンド仲間を集めての再建になった「ル・プティシュ」。格式ばって気取った店よりも、気軽にフレンチを楽しめる店になりそうです。BGMはロック。シェフは向井理!やん、サイコー☆


向井のカノジョが、料理下手という導入も面白かったです。今は愛してるから言わないけどね、そのうち分かれるよねー。そして、食べ歩きが趣味で実家が有機野菜を作ってる瀧本美織とくっつくと。


まあ、冒頭のシャワーシーンのサービスまではやりすぎだし、火事のピンチは……屋内で消火器撒いちゃったら、一日で営業出来る様には戻せないし(経験あり、粉だらけで酷いよ)、ギターを折る程の主人公の葛藤が上滑りだったりと、ツッコミどころもありますが明るく楽しめるのがいいよね(「ストロベリーナイト」は再放送の前作冒頭30秒、猟奇殺人描写でリタイア。勘弁して)


「獣医ドリトル」4☆☆

まさかの犬の純愛話!
しかも、今度は生ませてやって欲しいって、娘と犬の出産を一緒くたとは!飼い犬を娘同様に思うのは勝手ですが、私が娘なら改めて絶縁します(^^;;;;;)まあ娘の方も、家出して夫亡くしてのシングル子育てライフを、わざわざ実家近くでしていたぐらいで、戻るチャンスをうかがってたのならハッピーエンドですけどねえ。 火事を知らせるうさぎよりも、そっちの方が驚きで笑ってしまいました。

「うさぎは淋しいと死ぬ」
が迷信でなく、群れで暮らすこと適度に運動することなど、あるべきうさぎの日常で過ごすことがどれだけ大事なのかを描いていたのはよかったのですが。
交尾した相手を守るのは犬の日常かなー。うーん。
あとは父と子の確執かー。医者にさせたかったのに獣医学部に行くなんて、と怒る老人。

人気ブログランキングへ

「カイドク」都市伝説の暗号ミステリー☆

ダイイングメッセージ、無茶すぎ!!
特に二人目のは解説されてもまだ、目指したものにみえませんてば(^^;;;;)腹部の丸は銃痕にするより、頭の怪我の血で書いた方が場違いで目立ったかもよ。……ていうかもう、犯人の名前直接書こうよ。

そんな笑いどころを脇に置けば、和製ラングトン教授@沢村一樹が東京メトロの風水を語り、殺害現場の梵字から平将門伝説を引っ張り出し、夜の東京を走る展開はなかなか楽しく「天使と悪魔」でしたね。
しかも、”教授に聞きました”と新米女刑事(国仲涼子)が女上司に報告するも、エリート様はそんな肩書きをちっともありがたがってくれないンですよね。普通2時間ドラマでは、大学教授が語ったら警察はありがたく拝聴するものじゃない?さすが天下の警視庁、崖があるような地方警察とは違うぞってことでしょうか。

あれでもっと、事件がちゃんとしてたらなー。最後の謎解きも、どんでん返しというよりは反則(^^;;;;;)
お偉いさん達は何考えてあの行動なんでしょう。ミスリードってのは行き当たりばったりで怪しく見せることじゃないんだぞー。

ヒロイン刑事の先輩に、「浪花の華」若狭で貫禄だった池内博之。彼はいい味出してました。
お目当ての西村さんはなんと東京都知事♪ 誘拐されるわ講演土下座悪巧み、いろんなところが見られたのだけは嬉しかったです。

「セレブと貧乏太郎」最終回 ☆

『他人を信じない後藤田さん』なのに、幸子は信用されてたじゃん。そこの経緯が知りたかったのにー。”実は仲間だった”のは分かるからー。

予告の葬式は、すっごく簡単に”勘違いでしたー”で終了。フザケンジャナイワヨ、誰モ信ジテナカッタワヨ(><)

太郎がバイトで持ってきたケーキ、なんたる偶然で、我が家のものと同じ……箱!
それとひげ男爵のネタが一番楽しかったかも(^^;;;)

アリスは「ありがとう」と言えるようになって貧乏太郎と結ばれても、結局最後までパパは登場せず、記者とアリス実母の因縁はどっかで消滅。
ていうかアリス、偽オークション開催もロンドン行きもドサ回りで稼いだお金??貧乏の基準が分からないよー。朝の6時から録画みてた家族はそんなのどうでも良く楽しんでたみたいですけどー。
こんな適当なドラマでもDVDボックスは発売されて、きっとソコソコ売れるんだろうと思うとちょっと悲しくなるクリスマス(^^;;;)

でも上戸彩ちゃんと上地雄輔は可愛かったのよ……。

「セレブと貧乏太郎」10 ×

凄い。いっそすがすがしいぐらいに中身がない。
なんじゃあの予告編はー!!
いいドラマ作って次回を楽しみにさせるんじゃなくて、ただ脅かしたいじゃないかーもうほんと、泣いちゃうよ??
だいたい、別に私観たくないのに。家族が録画してまで観てるのに。無人のラブアリス社内が映ったら
「え?どうして??」
って君、先週のこと全部忘れてますね(><)呑んだら観ないでよーッ 便利な解説係の私が居るからいけないの??
でも上戸彩は可愛いorz
上地も悪くないのにorz

この際リアルなんてどうでもいいので、ドサ回りなどしなくても叶姉妹を見習って芸能界で生きていけるだろうとか、手持ちの服と鞄売るだけで結構暮らせるよねとか、慰謝料請求しようよとか、そういう子供や酔っぱらいにわかんない貧乏対策はしなくていいです。
ブーブークッションでもいいです(涙)

しかし、幸子があんな後藤田の側についちゃった理由ぐらいは、匂わせてくれてもいいんじゃないでしょか?
ていうか、会社以外の場所で出会った幸子なんだから、誰も知らない淋しい後藤田を私だけが知っている状態にだって出来たのにー。ああでも、主人公とヒロインの描写があの程度なのに、脇だけ詳しいのも変か。そっか、筋通ってるのね(涙)

「ジャムのついてるところやらない」←これが今回一番面白かったデス(^^;;;;;)

「セレブと貧乏太郎」9 ☆

やっぱりこのドラマ、毎回脚本は最後10分のぶんしか書いてないんじゃない?
そこまではアドリブコントで(偽ジャックと偽オバマと…偽にしおかすみこだよー ^^;;;)

今回も、裏切る後藤田は良かったのよー。そうか復讐の鬼に成り果てたか!結婚式場で招待客の前で振られるなんて、それ以上ない最低ですものね。
でもさー、それなら再会して即、
『義母さんに騙された、でも僕は成功して戻ってきたよ!』
と言えば良かったのでは??

先週の〆から”そして一ヶ月後”にぽーんと跳んでラブラブだったけど、実際その1ヶ月にこそ、騙す後藤田の迷いとか、太郎のとまどいが詰まってるんじゃないのかなー。
相変わらす、変なところ隠すよね。
(父親と、思わせぶりジャーナリストもどうなってるんだか)
逆に幸子とのラブフラグは、何も温泉で立てなくても。今回みたいに会社で会えばいいんじゃない。

また義母まで騙されていたって何??
確か先週もう経営権は義母が手に入れていたのに、その上なんのために結婚させたかったんだっけ?
これが、ラブアリスを手に入れようと画策して、結婚→仕事辞めて権利譲渡 を狙ったならともかく。5年前も今回も、義娘の良縁に熱心な親しか見えませんですよー。

そして、次回が最終回じゃなくてびっくり(笑)まだ引っ張るかー。

場面場面ではアリスも太郎も可愛いのになー。どうしてこう、すんなりみられない話にしてくれちゃうんでしょう。

子供達の小学校生活もみたかったなー。
なぜかアリス連れで授業参観(作文「わたしのパパ」 笑)とか、運動会とか。
遠足の日に、太郎苦心のおにぎりとアリスの豪華ケータリングランチを交換とか。そんな庶民との触れあい!

いきものがかりの主題歌をカラオケで歌って、改めて歌詞みてキュンキュンしました。
”本気で叱ってくれる大事な人”とか
”心の扉を壊してよ”
”貴方とならこの町を抜け出せる”
……そういうドラマが見たかったよー(><)

「セレブと貧乏太郎」8 ×

酷いわー。何も期待せずにいても尚、ひど過ぎるわー(><)
楽しげな画面と、終わり間際に魔法の方に盛り上がるせいで騙されそうだけど、ぐだぐだじゃないの?

先週強調された”放っておけない”気持ちはほぼリセット。
後藤田さんはほぼ退場。
引き裂こうとされたせいで逆に、絆が深まって恋心が??……って大筋はオッケー王道なのに、そこに行くまでがメチャクチャですがな。
熊??

社員旅行の召使いアリスは可愛かったけど!
そこを後藤田も太郎も観てないんじゃ物語的には意味ゼロですよね? いっそ太郎も子連れで参加して、普段と逆の立場にドキドキして、でも翌朝
”いつも通りのアリスさんがいいです”
ぐらいのベタな台詞言って欲しかったですってばー。

火事も。
例のウェディングドレスぐらいは心配して下さいよ。もとい。太郎が”ドレスを心配している”ところを見せて下さいよー。
位牌もランドセルも、後から映るだけで
「あったーよかったー」な場面を見せないよね。

どうもこのドラマ、大筋はベタなくせに、王道ベタドラマなら絶対にあるはずの場面を省くから、わかりにくいのよ!!
例えば、太郎の暴言の後。
みんな真に受けて怒っちゃってて(子供もいるのに〜)
『俺たちに気を遣って強がってる』
と見抜いてなだめる人がいないでしょう?

家を修理してくれた流れも
『直ってる!!』
『おじさん達修理してくれたの??ありがとう!!』
的驚き感謝部分がないよー。焼け出されて住めない筈の家に、いきなり太郎一家寝ててびっくりですよ。後から出てきて修理自慢されてもなー。というか、やっぱり太郎はみんなに謝らなきゃ。
だいたい、子供頼んで自分一人出て行けば済んだのに。
(「ホームレス小学生」のタイトル入れたかっただけだよね)

メッセンジャー後藤田、まさかあれって、幸子と結ばれる伏線だとか??

とにかく頭がイタイデス。でも家族が楽しく見てるの。君たちどうしてこれが平気なの?
「コレ誰?」「幼馴染み」
「コレは?」「後藤田さんはアリスの元の……」
どうして私が一番詳しいの(><)

「セレブと貧乏太郎」7 ☆

アリスマニアに話を聞いて回る太郎……ってさ!
マニアなら、ショーに乱入してアリスに説教かました太郎を知ってなくちゃダメじゃん?キスで熱愛報道もされたのに?現役運転手なのに??

5年前のこと、アリスや後藤田本人に聞けないのも分かる。
気になって仕方がない→恋心?にしたいのも分かる。
でも、自分たちが作った設定を忘れてるのだけは勘弁してよー(><)
コレクターやくみつる(笑)にも会ってたけど、今の太郎は
「昨日アリスさんが使ってた箸」
でも逆に手みやげにして情報引き出せる位置にいるんじゃないよー!!

そんなわけで毎回ストレスがたまるドラマです。
上戸綾は可愛いのにー。
縁結びと自伝ライターを間違えて、結局2冊本が出るラストはベタながら面白かった(おまけにアリスったら読んでもいない 笑)のにー。
もうこの際、キャビアてんこ盛りもメイド服もやりたいだけやればいいから、1話2話を見返して作ってみて欲しいです。それとも何?私が細かいこと忘れて観ればハッピーなの??

家族は普通に楽しそうに見てます。一人上地ファンだしね。 とりあえず前回よりはかなりマシかな。
トータルテンボスのネタが
「しのびねえなぁ」「構わんよ」
以下、続々とみられたからよしとしときます。


後藤田とママ母が何かたくらんでいる模様。太郎はまだ自覚ないけどアリスが好きで、アリスはそれに気づいた模様。
最終回一体どうするつもりなのかなー。

「セレブと貧乏太郎」6 ☆☆

裏切り者ー!!

というわけで伏線もなしに現れた対抗馬、イギリス貴族ジェシカ(村川絵梨)に従業員が総勢引っこ抜かれ、一人きりのアリスのところへ例の幼馴染みちゃんがやっと働きにやって参りました。
そうか、これをしたくてダラダラ出社をのばしてたのね。

太郎の娘は、亡き母のリメイク服を愛用。
そこからアイディアを得て、某国お姫様(アヤカウィルソン)のドレスも亡き王妃の服のリメイクですって。はいはい。

久しぶりに普通に楽しく見られました(^^)
ドレス対決の司会の声に、なんか聞き覚えが。そうだウルトラマンガイアのダニエルだ、アルケミースターズ議長だ!!と盛り上がったりして(でもジェシカは誰??)
後藤田といい感じなのも、それを観る太郎がちょっと複雑なのも次の展開を期待させてよしよし。

本当はドレスに文句あるんですけどねー。
だって社交界デビューなら社交ダンスを踊るドレスでしょう?あんな普段着をデザインしてなんの意味が。例えば披露宴に振り袖じゃなく浴衣で来る様なものでセンス云々以前の問題でしょう。
でもまあ、ドラマ的には
「自分に素直に」
「好きなものは好きという」
ってメッセージの方が大事なんだろうからいいや。
とにかく前回のぐだぐだよりはなんぼかましですって。

ところで「貧乏太郎」と「インパルス」で検索して来る人がメチャ増えているのですが、まさかインパルスもカメオ出演するんでしょうか。今週の”やっちまったなー”クールポコみたいに?決めぜりふないのに(^^;;;)

「セレブと貧乏太郎」4 ×

ぐだぐだ。
とにかく子供に、食事をあげてー!!!

アリスと後藤田(柏原崇)との過去とか、商店街の存続を野球で勝負!とか、追いかけっことか、部品としては定番ものを揃えているのに、見せ方が平板でわざとつまんなくしてるみたいな……。

*駆け落ちを義母(若村麻由美)が邪魔?
あれしきで連絡もなしに逃げたの??(結果、成功して戻ってきたなら義母は正しかったワケだし) 変に説明されたせいで逆に共感出来なくなっちゃいました。

*商店街の危機?
アリスタウン建設で、客を取られる心配かとばかり思ったら建物そのものが立ち退きなんですか?その辺もわかりにくい。
それに、街ぐるみアリスが敵扱いなことを子供達はどう思っているんでしょう。

*ペンダントを返して?
例えば子供心に、街の敵アリスに仕返しだー…って訳でもなく子供達とは仲いいよね。
車で移動の割に、兄弟は走って合流するから変なのに。
ゴミ集積場もどうやら町内。そりゃ大変なところにお住まいで……(あの展開なら、街角のゴミ捨て場程度でいいじゃん)

…その突然現れた「大切なペンダント」
母の形見だろう、とはすぐ分かりますけどね、初回から今までの間にちょっとぐらい見せておいてもいいのでは? 回をまたいだ伏線なんか覚えてられない層がメインターゲットなのかな(><)
それとも、
”お金では買えない大切なもの”
を、自分も持っていたことをアリスが思い出す、ということで初登場かしら。
……なのに子供にあげちゃうって何??

唯一、メジャーリーガーと対決が勘違いで、全然相手にされずに待ちぼうけのところは上手いなーと思いました。
あると思います!
ってことで、お笑い芸人天津木村のチョイ見せも楽しかったね。

「セレブと貧乏太郎」3 ☆☆

えー、アリス一応、経営者でしょ?
商店街にだって仕入れや儲けがあるって知らないオバカさんに描くなら、ただの箱入り娘にしておけば良かったのにー。モッタイナーイ。

ケータイもカードも使用停止で放り出されたアリスお嬢様。貧乏太郎の家に転がり込んでワガママ三昧…なのは定番で楽しめたのですが。皆のお金を使い込んで、身体で返すことにってところで、どーにもこーにも座りが悪いわ。
だって、それぞれの店で行き当たりばったりに大騒ぎ。そしてアリスは何一つ、学んでも変わってもいないなんてー。

することは結局同じでも、
「この町を素敵にしてあげる!!」
とハッチャケてやり放題、だったら見易かったのに。
床屋改装もバラ風呂も店に材料買わせてトータルプロデュース(笑)八百屋100円セールだって、こうすれば儲かるから!!(計算出来ないからじゃなくてさー 涙)って高飛車に言い張るの可愛くなーい??
で、赤字だなんだでブーイング
  →客押し寄せる
  →アリス鼻高々、みんなも見直す
……で、どう??

商店街や祭りを別に好きにならず、ヤキソバが不味いままなのはアリスらしくていいんですけどねー。なんか常に惜しくて、ツボを微妙に外したマッサージでも受けている気分です(^^;;;)

「デザインすればいいのに」
発言も根拠無しかい!デザイン画見たとか、太郎の娘に作った服が可愛いとか、エピソードないの??
客が募金し出してから祭りまでも何日あったの??

アリスも太郎も可愛いのになー、いろいろ残念。

「セレブと貧乏太郎」2 ☆☆

あの赤ちゃんアリスの写真、本当に上戸彩だよねえ(笑)可愛い〜

さて恋人偽装、社交界でのドタバタはお約束なのでまあさておき。
TV中継されていたファッションショーに乱入した太郎を、誰も覚えていないのね。がっくり。会社の周りの人も何も言わないし。
「僕はあの場に居たんだよ」
と、元カレが意味ありげに語りますけどー。そこでドッキリさせたかったら、中継してちゃダメじゃん。杜撰だなあ。

奔放なアリス、貧しても窮せずに必要以上の金はキッパリ断れる太郎。それぞれのキャラクターは魅力的なんだけどなあ。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ