ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

問題のあるレストラン

「問題のあるレストラン」5 ☆☆

アレルゲン除去食の扱い、簡単だなあ大丈夫?


あったかシチュー付き弁当が500円!これは売れるでしょ!!

と、思ったら案の定、ライバル店に狙い撃たれるビストロ・フー。

それでも『お子様おことわり』な高級レストランのおこぼれを拾い!バレンタインに家族連れをゲットする我らがおばか軍団なのでした~  …って、あの階段をベビーカー上げるのかw あの吹きっさらしに子供置いてディナーするのかw
(ランチはわかる。普段から日中公園にいる幼児連れは寒いの強いよ、雪降ってても何時間も遊ぶし。しかし夜はアカンて) 


でも屋内で託児となったら、それはそれで事故が心配(><)

『責任をもってお預かりいたします』

と言うだけで、実質は居間で放し飼いなだけだものー。せめてこの先は名前聞いて、一筆何か書かせて、怪我の保険に入って100円とるぐらいのシステムは欲しいところです。


そんな本筋を霞ませるほど、腹黒ちゃんvsストーカー対決がすさまじくて生唾ゴクリでした。怖い、怖いよ。優しそうに見えてぐいぐい外堀を埋めてくる変態って怖いよ。ソフトな拒否が通じないよ(><) 全国の女子は身の回りの勘違い野郎を思い出しつつも、そいつがここまでの実行力を持ってなかった幸運を噛み締めていますよね!

更に状況を悪化させるのが、腹黒ちゃんの意地っ張り。

田中たま子がちゃんと見抜いて、協力の手を差し伸べたのにつっぱねて一人カラオケですよ。 

倒れた酔っ払いには声をかけるいい子なのになー。すると「いくら?」と聞かれちゃう。居る居る、こういうオヤジ。こんな嫌な思い、たくさんしてきたんだろうなあ可哀想に(><)

お尻触られてスルー、セクハラ質問でスルーのスキルを手に入れても、それって毎日をサバイバルするためだから。行きずりのオヤジのために我慢してやる筋合いはないもんなあ……でも殺しちゃだめw


ビストロ・フーって結局、スイミーのように弱い女たちが群れて自分を守っていく砦なのでしょうか。心強いけれど、それで終わっては情けないような。さて、腹黒ちゃんは一度振り払ったたま子の手をとるのでしょうか。てか、生きてる?(^^;;;;;)

喪服ちゃん、喪服ちゃんも無事?
あんな男をビジネスパートナーって寝言、まだ生きてたのか!! 


ラスト、いきなりのプロポーズ来ましたけど、胸がキュンとするより腹がたったかも。

何が嫁に来いじゃ。たま子、断れ! ←受け入れて恋仲になる方がドラマとしては意外ですが、さてw

「問題のあるレストラン」4 ☆☆☆××

ケーキが台無しに……嫌だ…… orz


エンディングのカップダンス(っていうの?)は楽しくて、こういう店の様子を見たかったんだよねー。美味しい、あたたかい、嬉しいとお客さんが喜んでくれる場面も嬉しいじゃない。なのにそれが台無しになるのは本当に嫌。

殴りかかってパーティーぶち壊すために今回の話が全部あったとしても、せめてケーキが無事なら印象が全然違うのに。
(なので全体の評価も、おや今回面白いぞーの☆3つからのダメダメふたつ)
あとシェフが口汚いだけでなく髪をくくりも抑えもせずに料理してるのも清潔感ないよね。  


そして今回は、喪服ちゃんの性格形成ですが浅かったわ……。

勉強好きじゃないのか、自分が得意なことなのに。

家族は褒めてくれたのにあんな風に育っちゃったのかー(全国順位が上がれば上がるほどため息をつき、邪魔してくる親だっているんですよ。縁遠くなるって。その意味ではまさしく「女は勝つほど損』理論は高学歴女子の敵なのだけれど)

だいたい、入学しちゃえば周りじゅう東大生。その中でもまだいじけつづけたとは、卑屈ですよね。勉強が、緑が好きで自分から堂々と選んできた人(「デート」の依子/杏ちゃんみたいなw)に囲まれてさらに辛かったのかな 


逆に、今まで嫌だった腹黒かわい子ちゃんがセーラージュピター、残った緑をもらっていたタイプだったとは見る目が変わりました。

「私、人を怒らせるの得意だから」

と、あっちで殴られこっちでつきとばされてオブジェで大怪我してハゲ作ってw 女振りかざしてる割に得してないw

「オブジェは嫌いです!」

と店で思わず口にするところなんか笑っちゃったw
そして癒してくる優しい男に喜ばない……くせに、お愛想はするから面倒にまきこまれそうですよ。さて、どうする。 

好きにはなれないけど、この子の方が応援できる。

「問題のあるレストラン」2

順調に不愉快ですw


今回のメインは夫婦間モラルハラスメントで、専業主婦の妻をこき下ろして自己評価マイナスにまでボコボコにしてきた様子、それはまあ不愉快ですが、ラストでやっと

「息子をあなたのような人間にしたくない」

と言い返してスッと……しないなあorz

家事に育児に介護までして、朦朧としてる間に起きた事故を人殺し呼ばわりで追い出したのを反省なんかしてないよ旦那。


無能妻を追い出して、美人の愛人をすでに迎え入れているようですがね。お気に入りのサンドバッグがいなくなって大丈夫なのかな。美人の愛人に愛想をつかされて泣きついてくるんじゃないのかなあ。そこで再度ガツッとへこまして欲しいですねえ。
とりあえず、息子を引き取るためにもお母さんは働くのでした。 


その合間にももちろん、痴漢・オヤジのセクハラと不愉快続き。
真木よう子のお尻触って、なんだババアかよって贅沢すぎるでしょう! 

そうそう、無能主婦さんは案外料理上手で、人嫌いシェフのサブをお願いしようと皆は盛り上がってましたけど、当のシェフは…黙って口をゆすいでましたよ。素人料理はまずいのかな。どうなのかな。


向かいのシェフ東出くんにつきまとう可愛こちゃんは、恋人未満であがいている模様。このままずっと敵陣にいるのかな。そのうちプライドずたずたになる事件でもあって、屋上ビストロ「おばかさん」に組みしたりしないのかな。

主婦の仕事を換算すると…って、よく聞きますが手際や能力はどのくらいを目安にしてるんでしょう。掃除にまったく自信がないダラ母じゃすみんとしてはそんな数字が出るたびにビクビクです。無理無理。家庭教師や年末調整、還付申告の方の働きで穴埋めさせてくださいよ。
 

さて改装工事は進み、おしゃれな店が姿を現し、東大出の喪服ちゃんもスーパーなんとか=雑用係として参加しますw あとは料理なんだけど何が出てくる店になるのかなあ。

フード被ったシェフが父親を殺そうとしてる?なところで次回へ。

相変わらず真木よう子のドスきかせたキメ声でのセリフは苦手です。データ並べるところは逆に可愛く喋ってほしいなあ、そんな声は聞いたことないけどw


「問題のあるレストラン」1 ☆☆

アイスバケツ強制チャレンジw

てっきり刃傷沙汰だと思ったのでホッとするやら生ぬるい(いや冷たいけど)やら!


問題ある愉快な面々が集い、さらっとレストランが始まるとばかり思っていたのに延々と、延々と、そこにいない「田中たま子」の話をされて……しかもどんどん重たくなっていって辟易。いやあもう、勘弁してよってところでたま子さんが登場したので必要以上に嬉しくなっちゃいましたよ。


セクハラとかねー

ほんと嫌だからねー


☆セクハラモラハラ社に敵討ちして逮捕されました!

☆その向かい(の、屋上廃屋w)に同業レストランを開いてさらに喧嘩売るぞ!

というヒロインの行動の、原因となる数々の非道な事件を丁寧に描写してくれていやはや不愉快。ここがより不愉快な方が動機として活きるという、跳ぶ前にしゃがむ理論は分かるのですがねえ。


裸で謝罪。ここで見なくなっちゃった人多いんじゃないのかなあ。

被害者サツキさん自分で脱いだんだし、後から殺したいの訴訟だの言われても支援し難いですが、あれが無理やり脱がされてたらそれこそ放送できません。メモ書きの被害記録を読んで泣く場面、あれが自殺の遺品でも不思議じゃない内容でしたよね。ちゃんと生きてる設定にしてくれてホッとしました。

で、おじさん視聴者はどう思うんでしょう。

「残念な夫」と続けて見てしまったので、さすがに男性が可哀想に。

いくらドラマ視聴者のメインは女性でも、男性もゼロじゃないんだし。一人くらいセクハラに疑問をもって女性をかばってくれるまともな人いないのかな。その男性も一緒に左遷されたり嫌がらせされるとしても。


途中、ふわふわの可愛こちゃんが出てきて

『上手く立ち回ればいいのに』『傷つく方が悪い』

と、女の敵は女~な発言。実際にそうやって世間は回ってしまっているわけですけどもね。


ヒロイン田中たま子は食いしん坊でも美人で美脚。真木よう子だもん。

「働いて、お腹空いて、食べて、働いて、お腹空いて、食べて」

な人なのに。これが渡辺直美ならバカにされ具合が全然違ったのになーと思うんですけど、でもあんな会社なら美人を雇ってるってことなのかしらん。

そういえば屋上に集まった人たちみんな綺麗だったわ。おかまも含めw


いろいろ微妙な気持ちになりつつ、仕返しは楽しみです。
真木よう子の滑舌や、大口食べや、突然叫んだときの声量も気になりましたけど、さてさて。
料理も美味しそうでした。 

次回も見ます。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ