ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

哀川翔

「テディ・ゴー!」1 ☆

「TED」じゃないのね、霊が喋るのね。
可愛い(?)ぬいぐるみテディが、鏡に映ると哀川翔なのねw 
そうなると「ゴースト」のウーピーゴールドバーグから「ボーダー」まで、よくあるっちゃーよくある設定でしょ。そして、ゴーストの声が聞こえる人間が、つい返事して聞こえない人との会話がこじれるのもお約束。

しかし今作ヒロインの察しの悪さはひどすぎですw 
そりゃ、自分は殺された刑事で、多分殺したのはこいつらだってことを伏せてヒロインを行かせたテディも悪いけど、ヤクザの事務所でもなく、一応はただの学習塾。「隠し金を取りに」と嘘目的は言ってあるんだから、もうちょっと賢く口閉じてようよ。◯◯の姪ですって詐称しておもてなしされてるのに、亡くなったのを知らなかった返事しちゃダメダメダメ。ああイライラする、だから振られるしバイトも首になるんだよ! 
しかし、窮地に突然「ぶーっぶーっ」と受信音を口で、受話器も手で作って部屋から出て行く強心臓には脱帽w 賢い娘にこれはできないかw 今回魅力的な森川葵、きれい系イジワルよりアホの子が似合うのかも。 

ラストに衝撃の事実、テディ刑事が殺された時、視界を遮ったハンカチはヒロインが捨てたもの。 
なぜ死亡時に分からないその事実を霊の今知ってるのかはさておき。 ちゅーちゅーしてたぬいぐるみ、遺品や事故現場の遺留品から流れ流れて射的の景品なんですか!霊以前にえんがちょだ! 

「モンスターペアレント」4 ☆☆

もう勉強は、家でお父さんが自分で教えたらいいと思うよ。で、図工音楽や体育だけ学校に受けにきたらどうなの(笑)

図工が無駄だ、というけどオヤジ、外科医なら器用な指は何より大事だろうし。
体育も無駄だ、と言いそうだけど、夜勤に手術にと体力は何より必要でしょー??
音楽が無駄だ、と兄には言ったそうだけど……
人生の楽しみも持たずに悲愴に勉強だけしなくちゃなれなかったギリギリの医者になんて、かかりたくないですよー(←なんか音楽が医者に役立ちそうなこと、考えたけど思いつかなかった 笑)
とにかく子供たちの前で先生を罵倒することそのものが、教育上よろしくないと思います。

高学歴モンスター、初登場。
(今までも、1話の木村佳乃とか賢そうだったけど? 社会的地位もある父親が全面に、は初めてってことですかね。お母さんは亡くなってるの?)
ある意味、バカを赦さないヒロインと同指向という描き方で、教育委員会の蔵之介さんまで
「親がモンスターな時もある」
ってあんた、普段と言ってること真逆ですけど!!

自分の職業を最高で現在幸せだと思っているお父さん、自虐におぼれるダメオヤジよりは素敵かもしれませんけど出来の悪い息子には迷惑ですよね(そのうち息子に刺されるぞ)

そして結局、兄は”医者になれなくても(格下でも)幸せはあるよ”的オチになっていて微妙な気持ちに。なんかなー。
音楽をきっかけに対立した、という点からはきれいな着地点かもしれないけど、どちらかというと
”父がバカにした音楽や図工に熱を上げた結果、もっと優秀に”
ってなってほしかったなー。アメリカで弁護士になってる(音楽系の訴訟扱ってる?)とか、NASAで宇宙船作ってるとか、うわーウソ臭い(><)でも悔しいんだもん!

小学校では、体育の授業を強化した結果5教科の成績もアップしたという論文とか(ていうか成績いい子って普通運動も出来るけど。この場合は各人の伸び率の話ね)。某大学で体育の授業をなくした途端、1年生の退学数が倍になったとか。
そんな話を体育教師であるツレから長年吹き込まれて、我ながら洗脳されてるなーとも思いますけど。人生に無駄なんてない!

ていうかー、私学に行かせりゃ良くない?この親なら私学でもやっぱり文句いいに来そうだけど。

まあ物語的には、温水さんの過去の過ち(?)も昇華され、ヒロイン高村弁護士のNY人脈も役に立ち、彼女が悩んで変わってきた様子を所長さんは喜んでいる、と。
さあ外堀は埋まったので早く、蔵之介さんの過去をプリーズ!!
(しかしあの部下くんは、あそこまで荷造りしちゃったところでフォローされても遅すぎるのでは)

「クロサギ」最終回 ☆

 ゴメン、途中寝ちゃった。

ツレが見るのにつきそってはきたけれど、毎回被害者はバカだし騙し返す手口はぬるいし恋愛モードどうでもよかったし。
それでも・・・というか、だからこそ、かな?
「ツララにとられちゃうぐらいなら」
とかいう、まったく訳わからない女の理屈に足をすくわれる黒崎には皮肉で笑ったのに。そこで終わってはくれなかったなー。

 どうでも、最後は恋愛モードにしたかったんでしょうか。

個人的には、釈放を知らないツララと黒崎が街でニアミスをするけど「まさかね」ですれ違い、
”今日も街のどこかで・・・・”
となる方が好きなカナ。ベタだけど。
なんか最近のドラマの終わりは、どれも続編への色気ありありに見えませんか?

「クロサギ」3 ☆☆

・・・父親に指輪もらって、嬉しい?

 今度の詐欺は宝石泥棒。
「娘へのプレゼントを見立てて欲しい」と、連れに仕立てた女の子を残してドロン。

 ネックレスならともかく、指輪は彼からだろう〜という私の意見はさておき、バカな娘がまんまとひっかかって、しかも代金300万円支払ってますよ!!おい!
 その金が支払えるなら、店の敷居なんて高くないだろ!

 おまけに、黒崎に顛末を語るそのバカ娘、前回のバカ娘がクロサキ会いたさに必死で探してきたんですってよ?
「詐欺にあった子がいないか聞きまくって」ウワサばらまいた挙げ句に、今度もお金が返ってきたんじゃ、都市伝説どころか街の便利屋じゃないですかー。

 さておき、意趣返しにこちらもニセの連れを仕立ててのクロサギ返しは楽しかったです♪
ウェディングプランナーの相馬さんになりすまし、宝石詐欺師との商談を繰り返す間にも、画面には出てこないけどその相馬さんと黒崎とで、架空の結婚式の段取りを詰めて行ってるかと思うとなんか笑える。
(一体何ヶ月かけて騙してるんでしょう?)
 最後、5千万円を持ってると思わせた銀のアタッシュケース。
 相馬さんがあれを愛用と知っていないとね。社名入り封筒だけで来られたりしたらどうするつもりだったんでしょう。

 現場から立ち去る時にはベルボーイの制服。
これ、ホテル内を移動するにはいいですけどね。お客様に用事頼まれたりしたら動けなくなるし(笑) 入り口前で脱ぎ捨てるのは支障ありすぎー。
 ここはいっそ女装でも、謎の老人でも、派手に変装して欲しかったです!

 ツララが黒崎の過去を知ってしまうだの、「桂」の老人がツララに興味を示してピ?ンチ!だの、シリアスな伏流もあるのですが、そっちがメインになるまではまだ間がありそう。

「クロサギ」2 ☆☆

 ほほう、架空会社を通しての相続税対策!こりゃ覚えといたら役に・・・立つもんかーい!

 同級生と再会したら、姉弟で結婚詐欺してました、の回。
動く金額といい、相変わらず浮世離れ。これは慣れるしかないなぁ。そして「ぷらら」みたいに発音されるヒロイン名「つらら」が「氷柱」と知ってまたびっくり。おいー。冬生まれ?

 そんなわけで結婚詐欺姉弟。真珠さまが熱演でした。
彼らを罠にはめた黒崎、「友達なのに」と非難されてます。えー? 友達だったら詐欺師でもみすごせって訳でもないんでしょう?何か変だよ氷柱ちゃん。
それに「友達だから」やった、と返答する黒崎。それも何か変(^^;;;)
 強いて言えば、クロサギせずに警察に通報だけすれば友達っぽい?でもそれじゃ氷柱ちゃんのお友達が損したまんまだしね(<<あんなバカ娘、人生勉強に損させておけよって気もする。)

 とかとか内心ツッコミ入れつつ、お坊ちゃん黒崎にはうっとり♪前髪ない方がいいよねー。
哀川翔刑事にはマルバレな変装・・・・自宅はまだしもデート先にまでストーカーされて、それでも逮捕されないんですから、詐欺ってやっぱり、よほどでないと野放しってことなんでしょうか(^^)

 氷柱の言葉に涙ぐむほど、まだナイーブさを残す黒崎・・・・。悪にはなりきってないけどねぇ。

「クロサギ」1 ☆☆

 こんなに簡単なのか、プロ相手の詐欺が。

『詐欺には3種類』というシロ・アカ・クロの分類が、詐欺師界では日常用語らしいのにちょっと笑いました。自己紹介で使うんでしょうか。『自分、ちょっとアカやってます』みたいに(笑)

 そして玄人詐欺相手の詐欺師クロサギである主人公が黒崎。
わー、このセンスがもう青年誌漫画だよねー(「医龍」も「弁護士のくず」もそうか。 ><)
勝手な先入観では、「なにわ金融道」みたいに法の抜け道を着実に突いてくる、役に立つ(?)感じの身近な犯罪ドラマだと思っていたのですが、かなり違いました。
 10億だ変装だって、この現実味のなさ。「ルパン3世」系統?
つまらなくはないけど・・・毎回観なくても大丈夫そうだぞ。

 第一回にして警察:哀川のアニキに面が割れちゃいましたから・・・・銭形のとっつぁんみたいに、しつこく追われそう。
それと、情報をくれるオジサンが実は、黒崎が家族を亡くした昔の詐欺に関わっているらしいので、オジサンをラスボスに、復讐劇になるの?
「野ブタ」に出てた堀北ちゃんとまた共演ですが、はっきりいって正面から顔見た印象がなかったので、山下くんと2人並んでいても全然見慣れた感じがしなくて良かったです(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ