ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

和田正人

「陸王」1 ☆☆☆

老舗足袋屋の再生。
超安定の池井戸潤原作、起きて欲しいことが全部起き予想外のことは何一つありませんがそれがいい。ウェルメイドな一作になるでしょう。

<<老舗「こはぜ屋」4代目社長宮沢(役所広司)は、先細りの業界で資金繰りに悩んでいた。
そこで五本指スポーツシューズと出会い、またマラソン観戦で人気選手茂木(竹内涼真)の故障危険を目の当たりにし、足袋のノウハウを生かした日本製のスポーツシューズ作りを思い立つ。取引銀行の担当坂本(風間俊介)の強い後押しもあり、試作はすすみ、是非茂木に使って欲しいと所属するダイワ食品を訪れる宮沢たちなのだが……>>

もうね、銀行員の坂本がなんでそこまでってほど「こはぜ屋」派なんですよ。銀行の経営からいったら上司の方針だって情はないけど間違っちゃいません。ドラマだからそりゃ、成功するだろうシューズ開発にお金だしてって気持ちでみちゃいますけど実際はなんの保証もない、なのに坂本は「こはぜ屋」のために上司にたてついて左遷まで。
ダイワ食品の陸上部コーチも、大阪弁の小藪は見事に小憎らしく選手の健康よりスポンサーのご機嫌取り一択。宮沢が持って行ったシューズをバカにし、ゴミ箱に入れるのも予想通りですw でももう一人のコーチは押しが弱いながらも選手思いだし、じっとシューズ見ていたし、きっとあの人が拾って届けて……違った、お掃除のおばさんだったー!なるほど、年齢が高い女性ほど「こはぜ屋」に価値を見出し、こんないいものが捨てられるわけがないと勝ち虫蜻蛉マーク入りの袋を救い出して届けてくれるんですね(^^)

元国体陸上選手、今は市民マラソンやトレイルランを楽しむ旦那このドラマを楽しみにしていました。途中語られるミッドフット着地についてもうんちくをいろいろ。アフリカの長距離選手に多くて土の上を裸足で走ると誰でもそう走るんだそうですよ。 
さて裸足テイストな「こはぜ屋」シューズを手に入れた茂木選手、見事ミッドフット着地にフォームを変えて表舞台に返り咲き雪辱を果たしてくれるのでしょうか ←多分そう! 
家業をバカにして就活に励む宮沢家長男(山崎賢人)もそんな茂木選手をみて、5代目として覚醒してくれるのでしょうか ←それもきっとそう!
そしたら左遷されてた坂本くんも、栄転で戻ってきたり……それは自信ないなw

ただひとつ、試作シューズ開発で高齢パートさん達が残業に次ぐ残業。それだけでも酷いのに、残業代出てないですって?鬼か! なにその滅私奉公賛美は! そこは当然の権利である残業代支払いのお願い&お断りの了承じゃなくて、ボーナス出してくれたらもっと頑張れるなあ~にならなかったんでしょうかね(原作では残業代支払われてるらしいので改悪が残念です)

「マッサージ探偵ジョー」〜6

まさかの旅行先で2話消費、斬新ですw

慰安旅行にでかける「ほぐす堂」の面々、なぜかマネーやタイガーも一緒w
そこに幽霊騒ぎで、手持ちビデオ映像でガタガタ。誰が仕掛けてるのやらと思ってみてたらまさかの幽霊をマッサージですよ! 本物なのかい! 
で、頭が痛い…と訴えるのは眼精疲労でメガネを変えましょうねって、幽霊にw でも本当にそれで出なくなっちゃうし~。

で、次の週にもまだ帰らずに、開始早々ジョーの横で寝ていたのは死体w
他の仲間も同室に雑魚寝でなぜか着ぐるみ、顔には落書きだらけw 大宴会で泥酔しちゃって、何があったか何も覚えていないんですよー。当然容疑者扱いしてくる現地警察(石井正則)を、ツボ攻撃で眠らせて(そんなことも出来たんだジョー!)真犯人究明に乗り出すジョーとマネーとタイガー、着ぐるみのままw
恒例の真相を探るマッサージも、ウサちゃんの着ぐるみのまま。四神で逆立つ髪はウサ耳w 尻尾付きのお尻をふりふりw 事件のツボだけでなく、ほんと深夜おバカドラマのツボを心得ていて憎いほどです。そうそう、宿泊客に警察に宿のスタッフに野次馬やくざ、大人数をまとめて同時に寝かせる大広間も布団もちゃんとありましたよ、旅館ですからね! そこもばっちり!
 

真犯人は捜査に来ていた刑事で、泥酔者をおぶって監視カメラから隠れた時の大腿四頭筋とハムストリングスの張りから発覚……って、ほぼ推理なんかどうでもいいのに筋は通っていて雑なのか細かいのかw 死体は初っ端からずっとナイフ刺さったまま部屋に放置で、横でお茶飲んでたりするのもまたニヒル(^^;;;)
監視カメラの映像は消されていても、そこは現代。いく先々で動画が登場するのが面白かったですね。

さて、療養のはずがちっとも休まらなかったジョーと愉快な御一行様。まだまだ何かありそうですよね。

「婚活刑事」1 ☆☆☆

犯罪者ばかり好きになる女刑事……w


性別逆なら「うぬぼれ刑事」がまさにそれでしたっけ。「相棒」陣川さんもねw そんなありがちアイディアをどう見せてくれるのか、ギャグなのか、真面目に婚活されちゃうのか?

ドキドキしながら録画を見始めたら、あら気軽に面白いじゃないですか。

何よりいいのが脇の小池徹平。笑顔を封印、冷徹なエリート藤岡躑躅(つつじ)くんを演じています。なんて名だ。

対するヒロイン花田米子(伊藤歩)も、35才にして婚活を思い立ち犯罪者=恋愛対象に出会うチャンスを増やしちゃったというだけで、ショカツではすでに学生時代から米子の恋する相手はヤバイという『米子レーダー』の存在は知れ渡っているのでした。そして今回の事件でもばっちりそれは実証w

最初に逮捕された凶器持ちの男は、事件後の現場に入って金を持ち去っただけで殺したのはやっぱり、米子の想い人だったのでしたー。レーダーの性能いいよね。

『35才から婚活を始めた場合の成婚率は2パーセント』 
に我が家のお茶の間騒然。てか旦那がびっくりしてて私がびっくり。
恋愛結婚ならともかく、婚活市場でならまず年齢で選別されるの当然だろうし、35才で婚活開始では実際に結婚妊娠出産する年齢がずれこむわけだし……って、お年頃の婚活女子には愉快じゃない指摘よねえ。つまり当ドラマターゲットは、もうその辺関係ない子持ちやアラフィフ女性ってことでしょうか


そしてキスの一つもしたわけでなく
「あなたと結婚したかった」
と涙しちゃうヒロインの初心さにもびっくりでしたけど可愛いからいいか!毎回肉体関係あっても困るしw
しかし今回の恋人/犯罪者(和田正人)、純朴そうなのに怖い人でした。いくら相手が親の仇で憎かったからって、嘲笑されたからって、実際殺してるのに
「俺はそんなに悪いことをしたのかな」
って(><)悪いよ! せめて「罪は犯したけど後悔してない」ぐらいの表現にしてほしかったですよね
 

この先、どーせ何度かゲストキャラを好きになっては逮捕を繰り返すのでしょう。でもそのうち小池徹平を好きになったらいいなあ〜
彼は立派な警察官、犯罪者の訳がない…となる影で実は汚職とか内偵とかそういう警察内部での何かが動いていたとかとか。原作あるらしいけれど読みもせず勝手に妄想ですw

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ