ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

吉高由里子

「知らなくていいコト」最終回 ☆☆☆☆

 乃十阿息子の人生は守られて。でもケイトはこれで良かったのかしら。これしかなかったのかしら。「知らなくていいコト」を知ってしまっても人生は続く。

 前半、大スクープ「乃十阿徹は殺していない!」公表に向けてチーム一丸となって裏付け取材に当たる展開は、次々みつかる証拠に高揚しつつも戸惑いも。当時3歳だった、何も知らない乃十阿息子を突然真犯人に名指ししてしまう罪深さ。現在海外在住とはいえ、すぐに探し出されてしまうでしょう? 逮捕も捜査もされない立場な代わりに、反論する場もなく罵倒されながら残りの人生を送ることになったとして、誰が責任を取れるのか。 でも一方で、公表差し止めの社長命令も、それはそれで理不尽ですよね。ケイト自身も騒動に巻き込まれながら掴んだせっかくのスクープ、フリーになって出版しちゃえ~と思ったり思わなかったりw

 そんな封印された記事を、乃十阿にだけは見せて燃やすケイト。

結局娘だと認める言葉も態度もなく、母とのことも語られず。事件の真相も、乃十阿のことは何もかもが謎のままでした。『娘だと認めないことこそが、父の配慮だったのかもしれない』と、ケイトが書いた記事の結びにぐらいは、反応して欲しかったですよね。

 そんな渦中、離婚する!結婚しよう!と尾高は言ってくれたのに。
「父親」を辞めた尾高では愛せない、と拒絶するケイト。うーんサンプル乃十阿が極端だったせいで、またもや振られる尾高さんが哀れです。なのに大スクープが流れたら、今度はケイトから結婚を持ちかけて、尾高からお断り。そんなケイトは好きになれない、と。つくづく間の悪い無い物ねだりな2人は似た者同士で、だからこそまた何年か後にはよりを戻してやり直す機会がまたあるのかも。
 そしてあの春樹も、辞表を提出(刃物出ないでホッとしました~)
誰も引き止めもせず、理由も聞かずw  ケイトの出自をタレこんだのは僕でーすと告白するも、あ、それ、違ったから!ともうほんっとどうでもいい扱いに。じゃあ、そもそもケイトと別れなくて良かったのに。って、思い込みだけで暴走して離れたのは君だー! でも、その記者には向かない妄想力が、必要な職業もあったんですねw
「作家になって、見返してやる~」
という、十中八九いや千に一つも叶わない捨て台詞を、なんと実現させて戻ってきましたよw 闇落ちの末に、3年で芥川賞作家とは!でもデスクになったケイトが、春樹を接待する機会はないんじゃないのかな(^^;;;;)  

 今日も今日とて、スクープ求めて駆けるケイト。取りこぼした幸せを思う日もあるでしょうけど、今はただ前を向いて。
人生って?幸せって?と考えるヒントになるいいドラマで、何より私生活や出自のことで誰もケイトを責めない、実にいい職場でした。

「知らなくていいコト」8、9 ☆☆☆

 酔って深夜にゲロ吐く元カレorz ケイト可哀想、警察呼んでいいよ、こんなの。

「週刊誌にタレ込んだの、俺じゃないから!」

いや語るに落ちて過ぎw なんで尾高を疑わないんだよって、そもそも親が原因で別れてないからね! ケイトの親が違ったら俺たち幸せになってた筈、って。むしろ結婚前にどういうやつかわかって良かったとしか。
 ケイトの出自タレコミ以来、職場でずっと這ってたり本棚裏に隠れてたりと挙動不審な上に欠勤も繰り返す春樹くん。初めは心配していた今カノも、理不尽に怒鳴られたりしてドン冷めなの、ちっとも悪くないよ!

 事件後、刺された瞬間をフラッシュバックし続けるケイト。
それでも『殺人犯の娘』報道以来、自宅すらマスコミに囲まれご近所に揶揄されて安全な場所でなく、編集部に寝泊まり。上から疎まれながらもスクープを追い続け、なんと取材対象の遺族から『マスコミに追われている人』と仲間認定で助けられた挙句に、本当に大スクープの証拠を引き当ててしまう大活躍!転んでもタダでは起きない女です。

 一方の尾高もまだ傷は癒えぬのに、娘報道で改めてマスコミに囲まれた乃十阿を救出に。こっそり東京に連れ出し弁護士と連携、自分のスタジオに匿って…。それってケイトと会ってもいいってことだろう、とヒソヒソ話。あの身を投げ出して守った様子から、周囲が恋愛を確信している状態で堂々と2人きりに呼び出して、まさかこんな色気のない話しているとは、ですよね。
なのに春樹…そんな変装しなくても、君の欠勤は誰も怒ってないどころか気にもされてないよ。会社の前まで来たなら、もう仕事しなよ…。その間にもダメダメ若手が成長、スクープ記事書くようになってきているのよ(それを指導するケイトが、ダメくんが遠回りに成果を出した取材を真似て、また進化しちゃってるしw)

 そしてついに告げられる、乃十阿が犯人でない可能性!

弁護士は見た、乃十阿妻が入れるハーブティーに息子がお手伝いで庭の草を入れるのを。キャンプ場の水に毒草を入れたのは、普段から水に葉を入れていた4歳児だったのでは? それって公表したら、まだ見ぬ異母兄弟を不幸のどん底に突き落とす真相でしょうorz  でも今公表したら「つい先日、実父を知ってびっくりですー」しか書くことのないケイトの手記を載せるより雑誌売れますよねw 
誰かをかばっている様子の乃十阿でしたが、そんな記憶もない悪意ない幼児のこととは思っていなかったのでびっくりです。さて最終回はどう決着するのか…。春樹が尾高刺したりもしそうw


「知らなくていいコト」7 ☆☆☆

 ついに再び関係を持ってしまうケイトと尾高。
でも交際してた当時は、よく泊まっていたスタジオの慣れた場所。ほんの少し周囲の不幸に目をつぶればこのまま、何も望まずに時折癒されていられるのに。
「そんなふうにうまくはいかないよ」
って尾高さん、器用に立ち回れないと思うなら手を出しちゃだめ、抱きしめちゃダメじゃないのさorz

 そんなケイトの苦悩をよそに、校了日前の編集部は燃える!
サブデスクは発熱、演歌歌手(小沢真珠)は怒鳴り込み、メインの記事が飛びそうで差し替え原稿が急遽必要、それなのに岩谷編集長(佐々木蔵之介)は作家先生と会食中。

 この気難しい作家先生が西村まさ彦氏(^^)
気の利かない担当東山(本田力)に苦虫を嚙み潰す先生がダンディな一方で、岩谷の男芸者っぷりもたまりませんのよ。立て板に水で暗唱し出したのが、なんと作家丸山先生の処女作の冒頭w  じゃあ東山の暗唱はといえば「祇園精舎の鐘の音」って中学生かw それなら私は「トンネルを抜けたら雪国だった。」で行くわw  他の面々もおべんちゃらの仕込みなく、春樹が名前繋がりで村上春樹が好きとか抜かしてまた場が冷えるw するとすかさず岩谷が
「羨ましいなあ、これから丸山先生の作品に出会えるなんて」
と褒め上手、そして流れる様に新作のお願いですよw よいしょ! 気難しい反面、持ち上げられればあからさまに上機嫌な先生が愛おしいですね。若い女子編集も一応同席してますが、一顧だにせず。
そのうち他部門の丸山担も加わって、先生の博識を褒め讃え、役立たずな東山にも役割を与えての一本締めで解散~。よーお、チャチャチャ、チャチャチャ、チャチャチャンチャン!

 このままなら、ただの恒例の忙しい1日だったのね。
例の不倫棋士の妻襲来。刺され倒れたケイトに、トドメをさすべく振りかぶり…と、ケイトを守って覆いかぶさり背中を刺される尾高。えー。あの体格差なら、同じ勢いで奥さんにぶつかれば吹っ飛んだでしょうに。攻撃より防御を選んでしまう男というコトなのか。
「女30、その愛貫くべきか」
不倫記事のタイトルと自分が重なるケイト、その上命まで守られたら一直線やろ~!

 しかしこの回の本当の肝は、終始暗い目をした春樹くんでしたね。大活躍で次期デスクと頼られる元カノケイト。しょーもない会食で、しかもおべんちゃらも言えない自分。ケイトの危機には、身を呈して守る尾高。ただ見ていた自分。駄目押しに、今カノは事件をバッチリ撮影! 大ピンチ&スクープに沸く編集部で、自分の役割はただの買い出し……。
 そして全てが裏返った末、刺されたのはケイト、と他社記者を呼び出して伝える春樹。その上で、父親はあの乃十阿、不義の子だと。教えられた記者さんさえ戸惑う様なスクープを無料でばらまくのかーい! せめて、匂わせて調べさせるぐらいのことはしないのかい。取材班の仕事をとことん舐めておりますよ…。別れても、しばらく周囲が気づかないほどケイトは普通に振舞って、不倫棋士の暗号も将棋が得意な春樹に解読を頼んだりと分け隔てなくしていたのに、むしろそれも癇に障っていそう。器の違いが見えるというか、自分の存在がそれっぽっちと見せつけられた様だったのかも。

 救急搬送、命に別状はなかった尾高とケイトが顔こそ合わせないもののお互いを気遣っている間に、ケイトの世界は崩れ去っているのでした。嗚呼。

 ところで東山さんは今日からイースト編集部の「一本締め太郎」に就任w  前後の説明なく、それだけ報告されてもそれこそ「知らなくてもいいコト」で笑うー。でも宴会下手な自分に役割ができて、嬉しかったんだろうなと思うと辛い展開の中ちょっと救われます。

奥さんもいきなり来て刺したって構わないのに、事前に演歌歌手も来て(ささみ れいw)セキュリティーどうなんってんの、と言わせてからなのが、また上手い。

「知らなくていいコト」3~6 ☆☆☆

 ああ…ついに不倫にorz

 毎回の企画会議から、スクープが生まれるまでについ引き込まれてしまいます。チームで尾行や隠し撮り等の取材ノウハウはスパイ映画の様。 炎上ダンサーに入試不正、警察エリートの虐待に、棋士不倫。 記事が世論を正す時もあれば、要らない騒ぎを巻き起こすこともあり。何が正義か。それは記者が決めることじゃない!と、尻叩かれて売れる記事を書き続けるケイトたち…。

 で、不倫ですよー、して欲しくなかった。でも元々ケイト(吉高由里子)が破天荒な上に、丁寧に段階を踏んで描かれてきたので納得するしかありませんねえ。
母が死んで以来ダメージばかりのところに寄り添ってくれる元恋人尾高(柄本佑)、そりゃ頼りたい。 既婚と知りつつ、常に奥さんが横にいるわけじゃなし。以前の関係に戻った気がしちゃう。 そんなタイミングでの不倫取材では、体面優先の妻(三倉茉奈)よりも、きっぱりと愛を叫ぶ浮気相手の女優(佐津川愛美)を応援してるよね。

 そんな既に気持ちは不倫しているケイトを前に、
「踏みとどまろう」
と言い合った端から押し倒してる尾高orz  視聴者は、奥さんも子供も義母も見せられてからの不倫目撃で、やりきれないわ。そもそも、毎日ケイトのことを考えちゃってる自覚があるなら、スタジオに入れて2人きりになっちゃダメでしょうに。
 そんな実はダメな尾高でも、元カレ春樹(重岡大毅)がクズだから相対的にいい男に見えちゃうんだよね。
ケイトの父が、大量殺人犯乃十阿「かもしれない」と去った春樹。
ケイトの母から、父親は乃十阿と知らされた上で求婚していた尾高。
それだけでもう器の違い歴然だものなあ。乃十阿という秘密の共有も親密感を増しますね。でもさ、尾高の求婚を蹴った、当時の決断のツケはきちんと受け入れようよケイト~。

 尾高が報道記者を辞めて動物を追った様に、いつかケイトも報道から去る時が来るのでしょうか。それとも、実父乃十阿に会うのにも、母の名よりも雑誌名を先に告げ、取材にしちゃうケイトですから。スクープ命で病膏肓に入る終わりになるのかな。

乃十阿は本当に犯人なのか。誰かをかばっているのでは。最終的にはその記事を書くのでしょうねえ。

 ところで『最新家電を使いたくて、家宅侵入する女』ホントに居そうw  でも、何度そう言っても取調べ側が信じないので、「家庭を持った気分になりたかった」と言わされるという展開も、これまたありそう〜w 

「知らなくていいコト」1、2 ☆☆☆

 雑誌業界が舞台、主人公が記者でこのタイトル。てっきり業界の闇やら政界裏情報を知って命でも狙われるのかと思いきや、問題はケイト自身の出生の秘密なのでした。逆にその方が私は好きですw

 週刊誌記者ケイト(吉高由里子)の母杏南(秋吉久美子)が急死。女手ひとつでケイトを育てた母の最期の言葉は、なんと
「貴女の父親は…、キアヌ・リーブス…」
いやいやいやw でも遺品からはキアヌとのツーショット写真がw   と、同時に見つかった指輪は、送り主が大量殺人犯の乃十阿徹と判明。ファンタジー度ではどちらも同じようなものなのに、恋人春樹(重岡大毅)のプロポーズは不確かな乃十阿父親説を原因に白紙に返され、別れることに。
逆に、元カレ尾高(柄本佑)の過去のプロポーズは、亡き母から直に「ケイトの父は乃十阿」と知らされた上でだったと今更に知り「関係なかった」と言ってくれる尾高に泣くケイト。なんて男を見る目がなかったことか。

 奇しくも仕事は、DNA婚活レポ。遺伝子情報から、理想の相手をマッチングするサービスに最低の相性と判断されてもなお、好きな相手を変えない取材相手(えなりかずき)に肩入れし、励ますケイト。自らを「親の経験を受け継ぐマウス」に重ねて苦悩する。

 母が生きている間は、全く興味なかった父親の身元。共に暮らしても、会ってもいない人に人生が左右されるだなんて。
尾高との別れを後悔はしても、相手も既に既婚者。縒りを戻す流れではなさそうで、ケイトの幸せはどこにあるんでしょう。父、乃十阿(小林薫)との対峙はありそう。もう少し見てみます。

「わたし、定時で帰ります!」1 ☆☆

 社畜上等シシド・カフカの髪型が、美容院行きたてカット。定時帰りの主人公の方がゆるふわ伸びっぱなしって逆w

 そんなわけで主人公結衣(吉高由里子)は、絶対定時で退社するマン。
でも仕事はきっちりこなしてます。うん、だったら帰ればいいよね。でも旦那はこれ見てると過去のとんでもない新人のやらかしをあれこれ思い出してしまうみたいで(^^;;;) 昔話でさんざ愚痴られましたわー。でも旦那の話でも本当に問題なのは、欠員の代わりをすぐに入れられないシステムの方なんだと思うんですよ……。そりゃ何も言わずに入社してきた独身社員が5月から産休とりたいとかびっくりですけどね、もっと突然、事故で入院てことだってあるんですから……。

 さて1話後半になって、結衣の事情が語られます。最初は大手に就職、言われるまま無理して働いていた結果、人事不省になったと。そこから目覚めて決意して「定時に帰る」と転職活動、今の会社の社長は面白がって採用してくれたそうですよw だったらそんな人ばかりの会社でうまくいくのかというと、吸収合併などでいろんな社員がいて夜討ち朝駆けで今まで来て、定時に帰るのが罪と思っている三谷(シシド・カフカ)や福永(ユースケ・サンタマリア)みたいな人たちも。そして定時で帰る結衣をサボっているだの、定時で帰れない自分をバカにしているんだろうとか……。その上、新卒さんたちがなんでもパワハラ扱い。至極まっとうな注意をしている三谷にたてついて、三谷の端末パスワードを書き換える嫌がらせをしたうえ『辞めます』のメモひとつで逃走したりして。
うん、確かにとてもストレスフル(^^;;;)
とりあえず、誰も新人女子が主張するように『三谷さんは私に土下座して謝れ』を良しとはしていませんけどね。パスワードいじっちゃうとは器物損壊とか業務妨害とかそんな、訴訟モノの犯罪じゃないんですか。ちょっとは痛い目にあって、新人こそゴメンなさいを言って欲しかったですよ!その上で、みんな幸せに無理なく働いてくれたらいいんですけどねえ。

 同じ部署に元彼(向井理)が配属に、とか。新部長ユースケサンタマリアの悪評、産休から復帰の内田有紀。この先気になる要素も散りばめられつつ……もう見ないかなあ。

「正義のセ」1 ☆☆

新米検事の奮闘記!
やる気満々の新米が、効率第一の古参補佐官を振り回して事件を解決! 疲れちゃったと文句いいながら、案外補佐官も嬉しそう……?
てな、スーパーテンプレな初回を楽しく観ましたw

ヒロイン登場するなり「髪まいてみました」「買ったばかりのスカート♪」と、手書き文字が画面に踊ったのは何でしょう。インスタっぽくしてみたんでしょうか。無理しても、若い人はこれ見そうにありませんけど。

2年目検事竹山凛々子(吉高由里子)は、喜怒哀楽の顔に出るかわい子ちゃんです。

被疑者の面談にもつい、怒る同情する、褒められれば喜ぶ(^^;;;) 自然、やりとりに時間がかかります。アポなし警察突撃には、刑事から苦情が。お付きの補佐官相原(安田顕)は

「老婆心ながら」

とダメだしを連発、書類仕事を急かし、冷静に判断すべきと助言するのですが……無理なのかもw

メインの事件はパワハラ&暴行。訴えた部下(浅利陽介)は入院中。でも上司石黒賢は真っ向否認。証拠はないけど悪いやつなのに、許せなーい!って、それ、検事が言っちゃダメなやつですよね(^^;;;;;)
それでも、客待ちタクシーのドライブレコーダーから上司の嘘を看破。加えて先輩情報で、賄賂受け取りが判明。ばっちり逮捕と相成りましたが、毎回そんな見た通り可哀想な方が被害者とは限らないわけで、そのうち騙されて痛い目にあいそうです。
それに、その有能先輩検事(三浦翔平)の指摘通り、この事件にかまけて後回しにした事件にも被害者がいるわけで。

もっと迅速に、公平にね。


他に検事に塚地武雅、地検支部長に寺脇康文。補佐官も皆和やかで、過ごしやすそうな職場です。

実家の豆腐屋も、父生瀬勝久を筆頭に愉快な家族。彼氏もいて、そのうちに揉めるんでしょうけど、まあ滑り出し順調な春ですね。

頑張れ正義の味方!


「東京タラレバ娘」1 ☆

うーん、視聴ターゲット層じゃないのに観てすみません(^^::::::)
原作が人気コミックだというから、そのうち面白くなるだろうと待って待って、特に何も起きずに1話終わってしまいましたよ。

ヒロイン(吉高由里子)は昔フった男(鈴木亮平)とディナーでいい感じ、再度告白されるかと舞い上がるも『大事な話』は年下女子との恋愛相談で大ショック。友達二人(榮倉奈々、大島優子)を呼び出してアラサー娘3人 、

『あの時、あーだっタラ』
『もっと、こーしてレバ』
と、タラレバな妄想と愚痴を肴に居酒屋で盛り上がるも、金髪イケメン(坂口健太郎)に馬鹿にされ、たまには他所で飲もうと男性とマッチングしてくれる店にいけば、20代女子しかお呼びじゃないと干されてまたショック。
「いい年した大人は自分で立ち上がれ、もう女の子じゃないんだから」
とまで言われてしまう年齢だったという現実に、呆然とする彼女たちの明日はどっちだ?

……って、もう好きにすれば、としかw
花の命は短くて。でも女子扱いの次が、ババアでなく『大人』扱いなら上等ですよねえ。

仕事のキャリア積んだり、自由に旅行したり遊んだりしてあっという間に過ぎた4年を、東京オリンピック開催決定から今年までと具体的に描写してみたり、肴のタラ白子とレバーが話しかけてくるタラレバ妄想はちょっと面白かったですけど、そこ以外はもうさっぱり。ずっと3人つるんで楽しく過ごしてきた結果の独り身を突然嘆かれても、ねえ。
そしてヒロインは金髪イケメンモデルとどうせくっつくんでしょうよ。
それよりも逃した魚、昔はダサいとバカにしていたのに垢抜けて出世した鈴木亮平に本当に惚れ直して、年下彼女との破局を虎視眈々と狙って再攻略するドタバタコメディだったらもうちょっと興味持てるかも。いや嘘、それも見ないかw

初詣の最前列で後頭部に賽銭をぶっつけられたら。振り向いちゃいけません、顔に当たりますよ。 



「ガリレオ(2)」最終回 ☆☆

いきなりタペストリーをひっぺがして壁に数式書き出したのにはびっくりしました。しかも、消さずに帰ったよね美砂刑事w トリックより何よりあれはダメでしょう。それをみつけた奥さん(天海祐希)も、すぐ

「湯川君……」

って、中学時代からあんなことしてたのかというorz


で、前回も今回も途中で寝てた旦那にトリックを説明する羽目になりましたが、

『一年前に仕掛けた』

という点が納得いかないらしく何度同じ説明を繰り返したやらw なんで見張ってたの?なんで社員が水使っちゃだめ? え、なんで1年も?

そんなに子どもが欲しいのに愛人も作らない旦那は誠実なのに、殺されて可愛そう←これは、ドラマ版だとそうなっちゃうよね。自殺した元カノも愛人もどっかに消えちゃってて。


美砂がいきなり泣き出したのにはびっくり。「じょは情緒不安定のじょ」…は、「あまちゃん」だw そこまで逮捕できなくて悔しいような極悪人かな、他の人をまた殺す可能性はほとんど無いだろうし。

彼女が好きで、容疑を晴らそうとずっと頑張ってたとでもいうならともかく、ちょっとお茶した程度の後は普段の岸谷だったじゃないですか。

ま、すぐに先輩を呼び捨てまで回復したし。美砂の精神状態よりヒ素入り土をいじってたハゲ刑事の健康の方が心配な最終回でしたよね。

湯川さんは変わらないし。 

「ガリレオ(2)」9 ☆☆☆

湯川を恨んでの犯行。


そりゃ、無神経で有能で有名人なイケメンときたら誹謗中傷は渦を巻いているでしょうが、今回動機になった”恨むきっかけ”は、あまりにも単純w  学会発表の質問たった一つでダメになるキャリアなら、悪いのは運じゃなく研究の質ですよね。 湯川じゃなくても、そのうち誰かが同じ指摘をしたでしょうに。


そして事件も、『予言にみえる』ところは不思議でも、『予言にみせかけた』と捉えれば、ほら単純w


こういっちゃなんですが、毎週毎週「遺留操作」「刑事110キロ」の方が何十倍も入り組んで訳の分かんない事件を解いてますよ!勿論、複雑=面白いではないのでガリレオはこれでいいっちゃいいですけども、犯罪捜査と関係ない湯川准教授を巻き込む理由が必要なのがガリレオ。

その点今回は、犯人が湯川を指名して大義名分があるんだから、他の部分に時間を割けたでしょうにー。

でも生瀬さんの怪演で見てて飽きませんでした。 


湯川を恨んでの犯行=栗林だ!となる岸谷刑事、酷すぎるw

そしてついに、個人宅の鏡に口紅で落書きする湯川w
だから岸谷も学習して、模造紙とマジックを持ち歩けとあれほど…!! 拭けばいい鏡より、潰した口紅がどこのブランドで限定品だったりしないかの方が問題じゃないの(><)

「ガリレオ(2)」8 ☆☆☆

名勝負!


憎くて殺したかったし、演技の為に殺人を体験したくて殺したと開き直る女優(蒼井優)

追いつめられて手が震える自分の反応も面白い、これから体験するだろう取り調べも裁判も、留置所や刑務所暮らしでさえもワクワクする!

出所したら人殺しの役を演じる!

と何から何までポジティヴ・シンキング(^^;;;) こりゃ勝てないな-と呆れた矢先に我らが湯川准教授がガツンと言ってくれました。そんな演技は見たくないと。

♪女優殺すに刃物は要らぬ♪

♪皆で背中をむけりゃいい♪ 

あわや蒼井優の独擅場になるところを、辛くも湯川がセーブ。おかげで気持ちよく見終われましたわw


説明タイムに協力する花火師さん(ガッツ石松)と准教授のやりとりも楽しかったです(^^)

パソコンで花火の画像を見ながら、専門用語バリバリで理解し合う2人w (ドラマ的にはそう見えますが、実際あのパソコンの画面には、台詞が表示されていて読み上げてたんじゃないでしょうかw)


と、大満足で楽しみましたけれど。
あれこれ女優が仕掛ける度に思ったのは「これスマホじゃ出来ないな−」という時の流れですw 原作発表時にはiPhoneとか一般的ではなかったのでは?
だって彼氏携帯をポケットにいれて操作は(コナンでもあったw)、ロックかかってても出来ないけれど、そもそもスマホじゃ無理じゃ無理。そして写真はGPSで撮影地を記録しちゃうw 
彼女がさあ殺そうとマンションにやって来た時、
「やっとスマホにしたんだよー」
とみせびらかされたら、肩を落として帰って行ったでしょうか。せっかっく考えたトリックを台無しにされて、やっぱり逆上して刺したかもしれないw 


そして殺し方が不確実なのも気になりました(><)

あの体格差じゃ警戒されたら終わりなのに、水平にしたナイフで肋骨を避けて一撃で心臓を刺すだなんて難しすぎでしょう。

「肋骨にナイフがあたる感触が」

と本人もメモってる様に、失敗スレスレだったんですよ! 役と同じ様に殺したかったにしろ、例えば彼を刺し損ねて騒がれたら?

更にそのメモ見られたらどうするんですかw

ICレコーダも気味悪がられる程有名だったのなら押収されるかもで、写真のトリックとか準備してる場合じゃないですw


月と花火の写真も、撮影地云々は置くとしても、生前の彼が撮ったとするなら女優さんは存在を知らない筈。つまり、警察自ら位置の矛盾に気付いてくれなければ、容疑者にされても自分から指摘を出来ないんですよw せっかくの二重トリックが、役に立たないリスク高すぎるw

むしろ、その写真を撮ったら遺体の横に置き去りして、通話トリックなんかしない。第一発見者にもならずにほったらかす方がましに思えて…

策士、策に溺れる

の通りに溺れまくりな女優さん、やっぱりガリレオ教授が出て来なくたって解決した事件に思えて仕方ないですw

「ガリレオ(2)」6 密室る ☆

文系が過飽和知ってたらそんなに得意げかw


山小屋で自殺にみせかけた殺人事件。でも、全然湯川を呼ぶ事件じゃないじゃん! 
 

湯船の泡から、入浴をアリバイに殺して来たんだろうと推理が展開しますが女性なら生理中で湯船を遠慮する確率はかなりあるし。その他にも共同の湯船はダメという潔癖性だってありで、鼻高々に過飽和を連呼する刑事さんがみっともなーい。

その前に、お仕事はと聞かれて

「警察系?」

だなんて自分から言っちゃうのが信じられない(><)そこは

「公務員です」

でしょう!おまけに、警察がいると犯人が知っても、だから計画を変更して齟齬が生じたとか、だから特にアリバイに利用したとかでない(鍵の確認なら誰でもできる)のがもやもや~。

ああ再現場面でも、ホログラムシール貼るのにあんなにベタベタ触ったり何か塗ったりしてたら鑑識で分かりそうなものだと思ったし、吊り橋も簡単には落ちそうに見えなくて納得が行きませんでしたよ。索が腰より高いもの、足を持ち上げないと。相手が松下奈緒ぐらい長身ならあるいは…でもその場合も、こちらの背が低いと結局押す部分が低くなるからね。
その前に、後輩が個室で寝たりせず、言いつけも聞かずに「先輩から呼ばれたよー」と皆に知らせて出てくる可能性って考えられていませんけど。天才肌の帰国子女を、がっつり躾けてる自信があったの?


実験室のリアルなホログラムは面白かったし、「優秀な後輩を消せば楽になると思ったけど違った」という犯人の言葉は印象的だったのですが全体にとても雑な印象でした。

数式を書きまくる湯川さんが、前回は病室のガラスに書いて岸谷刑事が2時間かけて消しただの、今回はいかにも高価なテーブルに!だの、ギャグ扱いになってきたのもなんだかなー。本気で困るなら、模造紙でも持ち歩けばいいじゃない。


なんか癇に障ると思ったら、岸谷が「美人じゃない」と自分を下げるせいでしょうか。女優さんの君にそんなこと言われちゃこっちの立つ瀬がないのよ(><)

「ガリレオ(2)」3 ☆☆

桃w 尻w

果物持って入院見舞いにくる湯川もレアですが、研究室で酔いつぶれる女刑事に毛布をかけてやったりと……2人の間が縮まってきた様でイヤンです(><)彼女はいっそ、万年助手とどうにかなればいいのにw


事件は、頭の中に響く呪いの声。

指向性のスピーカーじゃない「何か」を思いつく湯川に振り回される刑事たちなのでした。


3度目にしてやっと、普通の捜査じゃわけわからない事件です。
しかも、湯川の試作品が犯人逮捕に直接役に立つ形だったのも嬉しいですね。犯人が作ったものとそっくりでしたよ、と言いながら、湯川が作った方を大事に大事に扱ってる助手さんいい人だ。

そんなわけで見てれば次々と目を引く場面で楽しいのですが、思い返すと何も残らないというかキャラで流した感じの薄ーい話だったような。だって美砂はもう「オカルトちゃん」の称号も、週刊誌に載っちゃうーと騒いでいたことも忘れて湯川に頼ってましたよ。えー。

教祖の念は信じる、呪いも信じる、美砂自身があまり真っ当な刑事でない分、湯川が何をしても大丈夫そうなんですよね。
地面に数式を書いてる時も止めもせずにただ立ってましたよ(放り出したノートを後で自分で拾う湯川。美砂が外聞を気にする人なら、待つ間に拾ってあげてるか、他人の顔でずっと離れてるよねw)

事件も『呪いの声』の犯人と原理は分かりましたけど、社長の溺死との関連は証明出来るのか??
前回の事件より、こっちの方が実は報告書をまとめるのが大変そうじゃないですか。

あと医者はイケメンの筈では…(><)
 


「ガリレオ(2)」2 ☆☆

オカルトちゃんw

帝都大出のエリート女刑事が超能力で事件解決!って、確かに週刊誌向きのネタですねー「美人刑事」だしw その影には以前から警察との関係を疑われる「イケメン准教授」も。


そんなわけで、殺人事件の証拠物件が超能力~ダウジング~で発見されたんでは報告書が書けないと、湯川に泣きついて来た岸谷刑事。真面目だ…。

本人の主張がどうあれ、鑑識さんみたいに『犬も殺人もその子がしたんだろう』とか、納得のいく説明を勝手に考えるのが普通の困った大人ってものなのに、エリート刑事は女子高生が『水晶に導かれて犬の死骸をみつけた』って話の方を信じましたよ。

相変わらず万年助手にはキッツイですが、案外いい奴なのかも。


でも真実は、死骸遺棄を『目撃したので場所と犯人を知っていた』という、一番分かり易い結果で、報告書にだってダウジングのことなんか何も書かないで大丈夫なのに、何を湯川研究室でうだうだしてるんでしょう。

挙げ句に湯川先生に抱きついたり(違)して…!!


先代湯川係の薫なら、絶対しなかった甘え方をする岸谷。湯川先生のソフトな拒否具合が面白いので、コンビとしてはいい感じに見えてきました。しかし、大教室を埋める湯川ファン学生からは呪われそうw 


メトロノームによる共振の実験は見せ方が面白かったですね!
事件としては、前回に続きまたもマトモな説明が正解という不思議成分足りなすぎですが、その分気軽にキャラを楽しめる感じ。品川に替わって投入のハライチ澤部も、同じハゲでも好感度アップで見やすいです。

このキャラに慣れて来たあたりで、ドーンと大仕掛けなびっくり事件を解決してくれると嬉しいのですが。さて。


「ガリレオ(2)」1 ☆☆

驚きがなかった。


前作では(というか原作では、と混同しているかもですが)トリックにも動機にも随分と驚かされたものなのですが、今回はそりゃそうだろーな感じ?

身体が温かくなる、遺体は白濁、眼球以外にも加熱の跡は検視で分かってしかるべきで、本当に湯川准教授(福山雅治)が出てこなければ分からない事件だったんでしょうか。

それなのに最後に教祖は本物?的場面を加えられてもなあ…。


それに、薫さん(柴咲コウ)と准教授のコンビが好きだったのに(><)指輪ならぬゲルマニウムの結晶をはなむけに、薫さんはアメリカ研修に旅立ってしまいました。淋しいわ。

代わりにやってきたのは、帝都大出身の小生意気娘(吉高由里子)うーん。不思議現象をすぐ信じちゃうあたり文系な感じはよく出ていましたが。万年助手の栗林さんに無礼なところとかいやな感じ。さて、ここからどう応援したくなるキャラに持って行ってくれるのでしょう。

あ、内海がドラマ後原作にも登場するようになったように、小生意気娘も東野圭吾が出してくるでしょうかwそっちが気になるかもw


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ