ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

原沙知絵

「ギラギラ」最終回 ☆

イロイロあったけど、結局ホスト辞めて会社員に。
……義兄さんの紹介で!!!

あのすっぽかしの後で、よく他も探してくれたものです。
それだけの実力者(の割に家はくたびれてたけど)に、1話から頼らなかったのは義兄さんが嫌いだったんでしょうねえ。さすがの公平さんにも苦手な人がいると。
ホスト歴を隠せという結婚前のごり押しといい、かと思うとぺろっと桃子に話して余計ややこしくする考えのなさといい。義兄さんの奥さんがちっとも出てこないあたりも妹への執着と合わせてかなり怖いものが。

でもそんな義兄さんともめでたく和解。
自分から挨拶に行かれるほど、公平は成長しましたよーというお話でした。
めでたしめでたし(え??)

まあ最後の大成カズマ親子(石橋凌、和田正人)、絆再確認は泣かせました。
……RINKの面々に見送られる公平の笑顔もよかったので、ホストは辞めていてもいいのですが。
就職先ぐらいそのときの人脈で(戸田恵子社長の関連会社とかさー)、自分で決められたらよかったのになと思いました。

佐々木蔵之介の初主演作。
ドラマ的にはビミョーな仕上がりながら、着ぐるみからホストスーツ、ぶりっこ笑顔からギラギラまで多様な魅力が楽しめる、蔵之介ファンにはマスト視聴なアイテムになったかもです。

娘役の子、可愛いけど棒読みでしたよねー必死!最初びっくりしてたのですが、段々あの棒読み加減が愛おしくなってきたり。駄目な子役ほど可愛いってこのことでしょうか。

「ギラギラ」7 ☆

義兄と縁を切れってば。

ホストを内緒にさせたのもバラしたのも義兄ってなんてマッチポンプ。それで奥さんの怒りのポイントはホスト商売じゃなくて
「嘘をついた」
なんだからー。義兄さえ口出さなかったらよかったンじゃーん。

まあ、家庭より仕事を(というか仕事仲間を)選びがちな公平にも問題はありますがね。

それに癒し癒しと言いますが、そんなにただ癒されたい女はエステか美容室にでも行くでしょう。温泉も可。ワザワザ酒と若い男がいる場所にチヤホヤされに来るんだから、金むしられるのはともかく、ちょっとはいろいろ期待してるよねー。

旅行や録画ミスで何話か跳びましたがあまり影響なかったみたい。
ラストの「俺はギラギラしてるぞ」に爆笑。
やっときたのねタイトル!!

「ギラギラ」3 ☆

叫んで殴って……ああTHE青年漫画!!でビックリ(><)
でも逆に我が家男性陣からは突然の絶賛でまたビックリ。性別ごとに訴えるものの差はあるんだなーとこういうとき実感しますね……理解は出来ないけどー。
対抗する両店で接待勝負!←この勝負好きも男漫画の王道ですよねー(笑)

そして勝負がい〜い感じのところで、突然の電話。娘が倒れた!!
……ここ、駆けつける主人公の家族想いがポイントらしいですがツッコミどころ。
だって高熱の理由が
「パパのために四つ葉のクローバーを探し続けて風邪を」
止めてよママ(笑)
まさか一人では外出しない幼稚園児、寒くても雨でも探し続けてる間、ず〜〜〜っとママはいるでしょ一緒に(^^;;;)それでなくたって、仕事投げ出して来て欲しいかなあ子供の発熱。
(これで倒れたのがママで、けなげにも幼児が電話で助けを求めて来たなら緊急事態ですけどねー)

勝負の中身、トップホステス接待はなかなか凝っていて面白かったです。
私がトップよ♪という2人を、即座に見分けてトップのみに100%奉仕した阿部力。分かっていても平等に2人一緒にあつかった蔵之介。
そりゃ蔵之介が勝つのが物語の流れでしょと思ったら、投票3対1。ただ1人の阿部力支持は、サービスを受けられなかった方のホステスさん。でも、私もあんな風に”蔵之介を”独り占めしたい、ですって??ヒー!!
ソ、それは私もしたいです……。

それにしても蔵之介さん、初回の年齢当てだの今回のトップ推理だの、嘘ではなくてもビミョーな言い訳の時ってだいたい妙にカワイイ顔になりますよね。”ボクイイコダモン”顔と我が家では呼んでおります。

ラスト、因縁客がやってきてホストと乱闘に。
大事な時にいなかった責任が、来週問われるんだろうなあ。

「ギラギラ」2 ☆

えー、これって広義、浮気だよね。エッチしてないだけで心は家族を離れている。君はなんのためにホストにまでなったんだ!!家族のためだって言うなら、オフはちゃんとスイッチ切ろうよ。

……それとも、サラリーマン時代にも同じように仕事仕事で家族ほったらかしていたんでしょうか(奥さんが全然怒ってないところを見ると、そうなのかも)

イーグル(五十嵐隼士)引退で、早くもNo1に躍り出た主人公だけどやっぱり総スカン。
四面楚歌のストレスの中、飲んで徹夜でアイアイなんか踊ってたら、そのうち過労死よー(><)

てことで。
奥さん、本当は分かってて黙ってるんじゃないかなーとは疑いつつも。もう何も考えずに見ています。ワーイスーツかっこいいー(笑) 私は体育会系好みで、前髪長いひょろい若いホスト達が誰一人格好良く見えないもんですから、眼福は本当に蔵之介ただ一人ですよー。
家人は全面拒否。
逆(私だけが内心毒吐く)はあっても、それって珍しいかも。な、何が彼らをそんなに不機嫌に??水商売女は良くて(「お水の花道」「黒革の手帖」)ホストはダメなの?? 逆風です。

イーグルが彼女とお揃いで買ったマネークリップ。
http://www.ginya-shop.com/money/mone_0092.html
28,500円。ヒー。
キレイだけど。身近にこれを使う人がいないので謎、カード持たないのかな??
とにかく、小銭は金じゃないってことよね??

実家の父が小銭嫌いで、子供時代帰宅に居合わせるとじゃらじゃら小遣いでくれるから、メチャ頑張って夜中まで起きて待ってたのを思い出しました(顔見たかったのかな、釣られてたわー 笑)
金の扱いは確かに人物描写になるだろうけど、このドラマそこまで考えているとは思えない

「ギラギラ」1 ☆☆

家でも奥さん相手にまるでホスト(^^;;;)

リストラされて職がなく、仕方なく内緒でホストにって”家族のため”を強調してるけど。私なら隠し事されてる方がイヤだなー。内職だってパートだってして苦労を分かち合うのが夫婦じゃないか!
でもそこは物語の発端だから仕方ないとして。

「妻に心配をかけないため」の嘘と同じように、
「店のナンバーワンに華を持たせるため」の嘘まで
シャーシャーと、まるで息をするように嘘をつく主人公。要は嘘つきなのよー。
そこをあんまり見せられると、客を癒す等のお題目まで口から出任せに見えてしまうので、機転が利くのもほどほどにしておいて欲しいものです。

そんな微妙な腹黒さも含め、初主演@佐々木蔵之介氏の魅力はバッチリ。
奥さんとのベタな出会い(果物拾うって!!)も、イキナリかじるお茶目さで救われましたよ。
(……ただ、ウサギが熱出した@「流星の絆」の突拍子もなさには負けたー)

行きずりのオバサンが、実は大実業家なのもお約束。
いつ妻にばれるのか、どんな抗争に巻き込まれるのか、何も心配せずに楽しめそう=別に見なくてもー

「7人の女弁護士」 ×

 うわ。警察いないよ、この世界!
ご近所の聞き込みも弁護士がして、鑑識は深い仲だった男の指紋すら見つけてないなんてー。

 事件もねー。わざわざ賑やかに女性弁護士を集めた割に、女性ならではの動機や視点があるわけじゃないし(痣から、生き別れの弟発見!・・・て、男も見つけちゃったしね)

 となると、女優が豪華な分余計に嘘臭いじゃないですかー。ニセモノ感倍増!
弁護士@釈由美子と同棲してる解剖医@永井大!!嘘臭い(^^;;;)
 いっそ開き直って、ホステスになって潜入捜査でもしてくれればいいのに。

 そんなわけでリタイアでっす。

「女王の教室」5,6,7 ☆☆☆☆

 やはり、脛もとい胸に傷もつ身だったか 女王!! 生徒が刺すなら腹だと思ってましたけど胸でした。
 ”再教育センター”返りだったと明言。
 ・・・・つまりは、文部科学省の目指すイイコちゃんな(カラオケ先生みたいな)教師になれと特訓を2年受けたハズなのに、監視もされるだろうに、出てきて即、これかい??
 後の興味は以前の阿久津が、既にして今の路線だったのかそれとも、元はカラオケ先生の様で学級崩壊した挙げ句のセンター送りだったのか、ですね??

 えーっと。抜けもなく全部見ているのですが・・・毎回、視聴後気が重くなるので何か書くどころではなくて。特に和美が孤立無援だった頃はサイアク。
 親も親だよ、気づけよ!
 でもね、和美的には教師も一丸となってのイジメ・・・・だったんだろうけど、反抗の姿勢を崩さずに仲間を増やしていく様子に、阿久津先生は嬉しそうでしたよね??私も嬉しかった。

 逆にくるくる髪には、飴を与えておいて・・・・わざとクラスメートに財布泥棒を知られる形で突き放して断罪。いや、溜飲の下がること。

 教室に灯油をまいて火をかざし、阿久津に切りつけるくるくる髪。意外な行動力。
そうか、和美はこういうことせずに内にこもるんだよね、とか言ってる場合じゃなくて。
・・・これだけでも、もう新聞ダネでしょっ。翌日迎えに行って明るく登校してる場合じゃないでしょ。だいたい教室、灯油臭いでしょ。

 本当に、どれをとっても高校生でしなさいよって内容なんですが、舞台が高校だったらこの服従もこの衝撃もないよなぁ。メインの4人も、友情じゃなく愛情がからまってもつれて来そうだし。
 それにしても、1人ぐらい朝お腹イタクならないの??
 一番の問題提起は、それでも皆学校に来ちゃってることかもしれませんよ。教育の内容がどうあれ徹底服従な日本人気質。

 さて、来週は可憐な阿久津先生が登場してましたけど、あれって夢だよね??

「女王の教室」1 ☆☆☆

 ロッテンマイヤー先生!!
 ・・・と思わず叫びそうなあの長い黒いスカート(^^;;;) 音楽といい、おとぎ話をみている様な一時間でした。

 6年生に君臨する悪夢の女王:阿久津先生。ひっつめ髪ではあるものの、変なメガネをかけさせたりしなかったところはセンスあり。また、初回からちゃんと
「先生は間違ってる」
と正面きって言う生徒が出てくるとは小気味いいです。そして、きっちり報復されてて怖さ倍増(^^;;;)

 授業中にトイレにいくな、学級の雑用はテストの結果の悪いモノに全てやらせます。私に逆らってもダメ。

 異を唱えようとした他の先生にも、
自分のクラスも掌握できてない、仕事の能率は悪いとダメ出し。
「良い先生って言われたいだけなのよ」
・・・・って図星だ!

 でも、成績の良い生徒にはなにくれ優しいところもあったりして。
 子役がワサワサするの嫌いだし、あまり気乗りせずに見始めたのですが結構面白かったです。でもこれ、雑用させられる子の方に自分を置いて見ちゃったらつらいのかな?
 次はどうなるかとドキドキ。まさか最後は、クラス全員が阿久津先生を理解しちゃったりするんでしょうか?(オチこぼれの男の子、好きだナー、イイ奴だよ)

 2年教職を離れていた謎。
言えないぐらいだから、生徒に刺されて入院でもしてたんでしょうか。・・・産休と育児休暇だったりしたら素敵(^^;;;)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ