ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

博多華丸

「高嶺の花」4、5 ☆☆

えええ、より戻しちゃうの?抱かれちゃったの?

ついに結ばれた……というより「私が最初で最後の女」と、ももに喰われたプーさんw トントンと家族にも紹介されての結婚話。プーさんは養子にならず、ももは家元にはなりません、これで妹ななが家元候補になって丸く収まる……わけじゃないんですねえ。かえって、お家元の中で妹を鍛えて家元にする選択肢が全然ないってことが明らかになってしまっただけで(^^;;;)
自分の浮気&できちゃった婚が、お家元の策略と知って錯乱した元夫(いや、誘惑されても無視すりゃいいだけだったのに)は、お家元に重傷を負わせ逃走。父の入院で動揺するももは、亡き母が『家元を継ぐ子なのだから』と、自分の命を犠牲にしてまでももを産んだと知らされて、家元をもとい亡き母の遺志を継ぐ決心をしてしまうじゃないですか。おまけに『風呂場で転んだ』と世間体を優先したせいで元夫は逮捕もされず。やり直したい、とまたぞろ抱きしめられて……抱き返しちゃうのか、もも!

ここでまた、プーさん亡き母のウンチクが炸裂して気持ち悪いです。
朝から機嫌良すぎる女はろくなもんじゃないんですと。はあ。抱くの抱かれるのって、彼女いない歴年齢の自分の息子に聞かせるにはナマナマしくて、なんちゅーか。そして、糟糠の妻が妙にご機嫌なら、そりゃ隠し事でもあるかもしれませんが。付き合いたての彼氏の家に、朝ごはん作りにきた彼女が浮かれてるのはいいじゃないですかねえ。今回不幸にも的中の、要らない入れ知恵のせいでハイテンションのももちゃんに戸惑うプーさんなのでした。
二人して死んだ親に縛られすぎorz
浮気を全否定するプーさん、そこを好ましく思うもも。それだけで幸せになれるはずなのに

ところで龍一との恋に浮かれるなな、ぷーさんと龍一を並べて『勝った!』と思ったでしょうねw まさかの母と龍一が逢瀬を重ねていることに気づいていません。ニアミスで、プールに叩き落される戸田菜穂(^^;;;;) お笑い要員が似合わないだけに意表を突かれて笑ってしまいましたよ。ともあれ親子丼は続行のままお弟子さんを組織して、家元をななに継がせる裏工作が始まることになります。
龍一はどんな花を活けるのか?? ななの何気ない指摘、これ案外大きなことになるんじゃなのかな。華道で成り上がりたいというくせに、パフォーマンスのプロデュースばかりで自分で活けない男。その真意はいかに。

あ、自転車少年は高嶺の花を取ろうと転落、バンドウイルカに拾われましたw 

「めんたいぴりり」9~12話追加 ☆☆☆

BS放送4話分(9〜12話)

もちろんもれなく良い話。古き良き家族の様な職場です。そして西村雅彦ファンにとっては永久保存版ですねw


「ふくや」めんたいこのコピー商品が出回る様に。

でも肝心の店主(博多華丸)は「よか」で終わりw むしろ同好の士が増えて嬉しいってなもんで、偵察に来たコピー氏を招き入れて見学させてますから懐が深いです。そして後に考えれば、そうしてあちこちで明太子を売る様になったことで余計に総菜として知られていったわけでしょう(くまもんが商標料を無料にして人気が出た様なことかな)


で、時を同じくしてキャバレー嬢から住み込みになったみっちゃんが愛嬌があっていいね!

柔道黒帯だとかで不審者を背負い投げw ぷっくぷくでおでん君みたいですが、使用人の1人が惚れ込んじゃってるの分かるわー。

さて西村さんはそのみっちゃんのお父さん。

見合い見合いと五月蝿いのでつい「つきあってる人がいる」とごまかしたら、かえって会って確かめると来ちゃったよw

その晩、酒場で見知らぬ親父と意気投合する主人公w。もうこれ絶対みっちゃんのお父さんじゃーんw

「もう二度と会うことは無いでしょう」

なんてわざわざフラグ立てて別れてもさ、翌日の顔合わせの席で鉢合わせに決まってるじゃーんw


彼氏のふり、しかも高学歴高収入のふりがバレ怒っていた父親も

『しがない「ふくや」の従業員です、でもみっちゃんにほんま惚れてます』

と土下座までする男には、ついつい笑顔になってしまうのです。さあ呑むか!


後にほんとにみっちゃんと結婚できたオチまでついて、良かった良かった。

厳しい父の顔から陽気なよっぱらいまで、いろんな西村さんが見られましたよー。キスマークでいっぱいの顔なんてアレどうやってつけたんでしょうねw

「めんたいぴりり」BS放映!

博多を舞台の、あの名作めんたいこドラマがついに全国放映に!
BSフジにて 8/25から連日放映です 17:00〜18:00

博多華丸主演、大吉も友情出演しますよw
奥さんの富田靖子さんも可愛いの
(弊サイトレビューこちら
ふくや創業者をモデルに、青春時代を過ごした満州の懐かしの味だっためんたいこを、日本で製造販売。大当たりの名産に育つまでを博多情緒たっぷりに描きます

今度こそ西村雅彦出演回を見なくては(><) 
ちなみに27日放映分です。 

「めんたいぴりり」 ☆☆☆

愉快愉快。


お笑い好きには、華丸さんが丸坊主にして地元ドラマで主演はってることは既知情報。おまけに西村雅彦も出演となっちゃ、見たくて仕方がなかったのですが伝手もなし。それが大阪でも放映されるとあって録画しました。気がついて良かった~。
あの博多名物「ふくや」のめいたんこができるまで、にも興味がありますよね。 


第一部、兵役の夫俊之(博多華丸)を待ちながら、釜山での青春時代を回想する妻(富田靖子)。

「のぼせもん」ってのはお調子モンってことでいいのかな。陽気でふざけてばっかりの若者と、足が速くて気の強い少女、若い頃の2人が素朴で可愛らしくて、その後いい夫婦になったんだなーというのもわかって楽しい導入部でした。祭りの無い町で、人を集めて山笠山車を作っちゃう主人公の人望は後への伏線でおあり。

最後に埠頭で夫に駆け寄るところではこちらも嬉しくなりましたよー。1時間半。

そして第二部が15分ずつ16話。

博多で雑貨屋を営みながら、釜山で食べていた懐かしのめんたいこを作り始めた「のぼせもん」、なかなか美味しくは出来ませんが頑張ります。

台風で家の壊れた人をどーぞどーぞと金もないのに受け入れて、結局いい商売につながったり。町のアイスキャンデー売りにポンと道具をあげてきちゃったり。噂をききつけて、中洲の山笠をまとめてくれと頼まれたり。いい奴です。

肝心の?めんたいづくりはなかなか上手くいかないのですが、だんだん楽しみに来てくれる客も出てきたり、それが逆にプレッシャーで辞めたくなったり、釜山帰りの人に励まされたり。

感動の場面にもお笑いを忘れず、かと思うと戦争絡みのしんみりも入ったりと飽きさせません。1話15分なのも見易いかな。オープニングも楽しい曲です。


連ドラでも、もっとこういう人情ドラマがあっていいよねと思いましたです。

もっとたくさんの人に見て欲しいし、大阪でも朝4時からとかじゃなくもっといい時間に、もうちょっと宣伝して放映してほしいですよね。


5話で大吉さんも友情出演

「ども、スケトウダラです(♀だから女装w)」は必見ですw


各地で放映はじまっているそうなので、皆さん是非ご覧下さいませ。

大阪ではまだ、火曜早朝、水曜早朝の放映が残っています(関西テレビ)


実は、個人的に肝心な西村さん登場の11,12話を録画失敗……orz 公式宣伝映像によれば、ふくやで働くお嬢さんのお父さん役。見合いを強行したり、華丸と酒を酌み交わして酔っぱらったりしてましたよ。うう。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ