ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

北村一輝

「ヤメゴク ヤクザやめて頂きます」1 ☆☆☆

大島優子がスゴむCMに惹かれず見る気なかったのに、最初の5分だけ…とお試しで見始めたらもうずっと前のめりでしたw 何これ、面白い。


ヤクザを抜けるにはどうするのか……

と、相談電話を受ける通称「足抜けコール」課w そこで働くヒロイン麦秋(大島優子)のとんでも陰気な活躍を描きます。

画面にチラチラ映り込む小ネタ(ヤンクミらしき後ろ姿とかw)で堤幸彦なのはわかりましたが、スペックよりはかなり控えめ。役者も、敬語すぎるお役人やリーゼント刑事な北村一輝など出るだけで笑える脇役もいますがメインは大真面目大島優子なので変ギャグは全体に抑えめです。


髪はボサボサ、常に喪服で、ヤクザを強く強く恨むヒロイン……ヤクザ集団をほぼ一人でボッコボコにのしてしまう強さは尋常じゃありません。どうやって強くなったのか気になりますが「◯◯妻」で妻のパーフェクト修行がなかったように、過程はどうでもいいのかな。


組長のサインをもらって足抜け証明w へーw

ちゃんと再就職まで面倒みてくれて、カタギになるため落とした小指に足の指をつなぐ再建手術まで斡旋してくれるえとは。でもその外科医(山口紗弥加)の弱みを握っていたぶっているヒロインw 正義の味方のブラックぶりに、一体なにが彼女をそうさせたのか興味津々です。

回想シーンでの幸せそうな一家。さてはヒロイン以外全滅か?と思いきや、亡くなったのは父親だけ、妹たちはヤクザも恨まず何も知らず、案外呑気に母と暮らしてるじゃありませんか。なんでヒロインだけ職場に住んでるのさw


座布団のような麩菓子、大麩豪もいいよね。


「途中下車」☆☆☆☆

ある日、突然のパニック障害発症。


本来は休職なり、勤務時間を減らして対応してもらうなり、職場の理解を求める道もあったはずなのに。見栄っ張りの主人公(北村一輝)は、転職でもするかのように辞表を出してきてしまいます。家族にも相談しないまま……
元々日本中を旅して回るお仕事、海外企画も目前なのに通勤の地下鉄にも乗れず、出世列車からも途中下車。 


人一倍有能だっただけに、ショックだったんだろうなあ。

隠さなきゃと思うが故に、余計に辛かったんだろうなあ。


でも、見栄で内緒にされた家族も辛いし、妻(原田知世)も似たもの同士で黙ってパートを増やして倒れる始末。

家族なんだから、もっと一緒に悩もうよ…


そんな時救いだったのが一人息子の樹くん(松田知己)

あんなキリキリして有能な父親の子とは思えないのんびりふんわりした子でw


無理に電車に乗った父に、 飴あげて「何味でしょう?」とクイズw いい感じに気がそれて発作が弱まったりして。海で遊んだり、実は学校を勝手に早退してきたんだとわかるところも良かったわ~
そして父子で登山旅行 (^^) 


いままでは、可愛がりつつも仕事仕事ですれ違っていた父親とゆっくり過ごす日々。強くてなんでもできるパパから、実はちょっと弱いんだと打ち明けられるパパになって、絆は強まったのかも。

でも

「病気になって、かえって良かった」

と、主人公が言っちゃうのはまたぞろ強がりだよねw

「ならなかった方が良かったよ」と奥さん

「そうだけど、それでわかったこともあるし」な主人公

そんな二人が手を取り合ってのエンド


パニック障害についての啓蒙あり、安易に励ましたり解決したりしないところも含め良いドラマでした。
カウンセラーの野際陽子も良かったな (^^) 

「ホワイト・ラボ」1 ☆☆

またでた、鑑識もの。

月曜8時は和久井映見と愉快な仲間、新班長の和久井がたたきあげ系で、動機どうこうは

「犯人を捕まえたら聞ける!」

という立場なのがちょっと面白いです。また、微物担当の宮迫が分析結果を披露してる後ろで、北村一輝と谷原章介が話し続けていて怒られる等の演出も楽しいですよね。


不思議ちゃんポジションの北村一輝が、強面封印でいつになくカジュアル。部屋着もカラフルなボーダーだったりしてファンだったら嬉しいのでは。

でもそれだけで見続けられるのは、うーん。

谷ショーが元公安とか、北村の過去に失踪事件があったとか、仕掛けも用意されてますけどねえ。

「猫侍」3 ☆☆

向田邦子ドラマで、主題歌のイントロと似てるのがあったよねえ??


さておき「前回までのあらすじ」がどんどん長くなる「猫侍」です。

猫の玉之丞にノミが湧いたらしく、対策をもとめて「猫見屋」を訪ねる主人公班目久太郎。「お名前は?」

と聞かれて、堂々と名乗ったら猫の名前を聞いてるんだったw 赤っ恥w

ちなみに長屋の表札ではひらがなで「まだらめ」となっていて可愛らしいです。大家さんが書けなかったの?

薬売りが届けてくれる家族からの手紙にも「久太郎さま」「ちちうえ」

毎度はいる娘との回想シーンは、優しい言葉の一つもなく、顔が恐くて泣かれたたりとさんざん。そういう顔なら尚更、優しくしなくちゃなのにねえ。そんな父上が猫ちゃんを風呂にいれ、シャボンで洗って鼻歌でご機嫌だとは、娘さんがみたらびっくりでしょうねえ。


そして猫との近況でも文に書くかと思いきや、化け猫退治(してないけどw)の礼金を招き猫貯金箱ごと丸っと届けてもらうのでした。「猫ばばするなよ」にクスw

最後どうにか仕官して、家族を呼び寄せて猫と住んで終わりかな?

長屋の娘は、どうなつぼうの形を久太郎の助言通りに替えて成功?←もちろん丸くするんだよね??


そうそう、猫見屋の主人高橋かおりの腕の中すっかり大人しい猫ちゃんですが、キャスティングの段階から猫好き猫慣れを条件にしているのでしょうか。それとも猫ちゃんの方が名優なのかな。 


「猫侍」1 ☆☆☆

猫、猫猫ニャー(><)


北村一輝が強面のお侍。ザリガニ釣って食べる程の困窮ぶりでも剣の腕なら誰にもまけない 、人呼んで「まだら鬼」こと班目久太郎だと、普段の3割増渋いお声で喋っておりますが……

化け猫退治を依頼され

切れずに家に連れ帰ってしまう猫好き侍でありましたw

刃の一閃、 猫の首輪だけケガもさせずに切るとは凄腕です。
 

セットやロケもちゃんと時代劇。北村一輝もちゃんとお仕事しております。
でもどうしても印象は猫。貧乏長屋を白猫が歩くだけで場がもつ、まるで美猫のプロモーションビデオですw 特に猫好きでもない私がこうなんですから、猫命な人にはたまらんのではないかと。


なんとスポンサーが日光江戸村。今なら村で再現セットが観れますよ&来春映画化!うわー。


「ダンダリン 労働基準監督官」1 ☆☆☆

お仕事ドラマ。


主人公段田凛(竹内結子)が普段から行進する様に歩いたり、不満がつのると唸ったり。およそアリエナイ描写が戯画的ながらも、労働基準法の遵守をガンガンと主張していく様子は応援したくなります。

堅苦しいスーツや作業着に「マルサの女」を思い出しながらも、タイトル=名前で覚え易いところは「半沢直樹」の系譜でもあるかもー。


冒頭はいきなり、主が不在の段田凛の部屋。過去形で語らう同僚の面々。

まさか死んでないとして、左遷になったか刺されて入院かw 多分最終回直前あたりにこの時点にまた戻り、その左遷だかなにかの撤回が成功して終わるんじゃないの?

初回にはまるでやる気のない、上司:北村一輝に同僚:松坂桃李。この辺も、段々と感化されていくんじゃないの?

と、全体の枠組みはベタなのですが、労働基準局がそもそも馴染みがないのでお話はベタでオッケーです。


毎回変わるだろう問題ブラック企業の、サービス残業も横暴な上司も、それでも辞められない社員の家庭の事情も身近でよく聞く話で親近感。

で、ダンダリンが登場!

といっても『指導』をするだけ。突然労働条件が改善されるわけじゃなし。かえって追いつめられることもある様で……大事なのは労働者本人が本当はどうしたいのか、なのでしょう。そこに法律がどう関わってくるのか、興味が湧いてきました。

羊の群れが空気を読み、黙ってサービス残業している中で

「残業代下さい!」

と声を上げる勇気が、さて君にあるのか?

楽しみながらお勉強になりますねー。脱税でも恐喝傷害でもなくても、残業代未払いで社長を逮捕、できるんだー。ふむふむ。


しかし一番印象的だったのは、可愛いトリンドルちゃん。

困った時にはとりあえず泣くw 女の涙を仕事に使いまくってはばからず、周囲も呆れながら便利に使ってる=有能ってことね? 今までのどのドラマ出演より、はまり役じゃない?(てか、いっそこんなスイートな娘ッ子に、唸ったり地団駄踏んだりのダンダリンを演じて欲しかったかも。若すぎるかw)


「ATARU」6☆☆☆

絶対音感=障害!?


自然に絶対音感をもつことってあるんですか?

絶対音感といえば『訓練で獲得するもの』なイメージが強いので、ゲストヒロインに文句ばかり並べられて唖然。確かに不快な音に囲まれた暮らしは辛いでしょうけれど、はっきりと障害があって意思の疎通も困難で、身元も分からないチョコザイつかまえて「あなたはいいわね」とか言われてもw

彼だって周波数まで感じる能力を同様に持っているのだし、同じぐらい辛いかもしれないとか、思わないのかな。
(実際自閉症には、周囲の音に敏感で耳を塞がないと生活出来ないタイプがかなりいます。絶対音感とは違うと思いますけどね) 


そんなわけで、自殺を偽装した殺人でした。
普通に逃げればいいのに……。わざわざ自殺に、それも以前と同じ形に見せかけるメリットが分かりません「都市伝説の女」じゃあるまいし!ますますワケアリ部屋になって家賃下がるじゃないですか。 

今回はむしろチョコザイの指摘の方がミスリードで普通に事件は解決w

前回も、『左側が認識できない』という脳機能障害が発覚したけど犯罪に関係なかったしw まさか、生きにくいのは自閉症だけじゃない、ということ?w


『移動ドにできたら苦痛が減るかも』という対策が提示されたのが希望の光でした。


で、そこで終わらずに誘拐ですよー!!

落とし物を拾ってくれた娘まで連れ去られ、組織のあぶなさが強調されてます。殺されちゃうの??


チョコザイが昼眠らなくなったのは、時差ぼけがなくなったから=海外から来たと分かる伏線だと思ってたら夜も寝ないとか。なーんだ睡眠障害か。あるある。

「ATARU」1 ☆☆

異能の人、謎を解く。


またこんな捜査ものw

仲居くん演じるチョコザイっつーかATARUくんがどう見ても自閉症で、毎日そんな子といる我が家では「あー似てる似てるw」と和やかな空気に。

逆に、栗山千明演じる刑事さんが彼の言葉をいちいち真に受けすぎるのが不思議ですがまあいいや。


ATARUの目に映る謎や解答の見せ方が面白くて飽きませんでした(作劇的には、散らばるヒントから劇中人物が答えに至る思考過程を全く考えなくていいんだから、ラクチンすぎてずるいかも)


実は全身ブランド物着てるATARUくん、そのうち組織が取り戻しに来るんだろうなあ、でも優しくしてくれた刑事さん達とここに居たいとかいうのかしら。

しかし組織の人も、GPS携帯ぐらい持たせておけばいいのに


上司北村一輝が、先日の「spec」スペシャルに続きガサツな役でいい感じ。


ケチャップの汚れはずっと気になりました。場面ごとにあったり無かったりしてたこともそうだけど、早く洗わないと染みになるー!!!と思っちゃうので(^^;;;;)


「妖怪人間ベム」1 ☆☆☆

おや面白いじゃない!


ベム、ベラ、ベロ。

怪しい風体でこう名乗れば、外国人だと思うだろう現代に『妖怪人間』ですよ。「早く人間になりたぁぁぁい」ですよ。どうしようかとドン引きで見てみたら意外や面白かったです。懐かしい(^^)


ナレーションが小林清志でちょっと嬉しい。
杏のベロが一番満足。元のアニメに似ているだけじゃない、レトロな口調も雰囲気あっていいわあ。

ベロの福田君も可愛い。バラックで草を食べながら

「それ、人間っぽい」

と笑い合う場面には胸が熱くなりました。

ベムの亀梨くんだけは謎の配役で、もっとごつい人(室伏さん??w)とか、北村一輝出るならそっちがいいのにと思ってたんですけど。雨の夜、人間の優しさに涙を流すベムが美しかったので、だんだんこれでもいいのかなーって気に。
(ラストにまさに原作ベムな男が出ていたので、亀梨ベムが違う造形なのはわざとかな)


ただ、変身場面がコントですw

原作に忠実ならいいってもんじゃありませんね。日曜朝の仮面ライダーで怪人出て来ても笑いませんが、普通に連ドラみているところにアレは破壊力抜群でした(><) 

せっかく『どの人間を守る?どの人間が正しい?』というベロの問いかけにシリアスな気持ちになっていただけに、なんちゅーか。


最後はあの、原作ベムと対決かしら。人間になれるのかしら。その頃には、変身されても笑わずにみれるかしら。


「逃亡弁護士」2 ☆

……1年後。えええーッ!!
どうやってその1年を逃げおおせたの??整形どころかろくに変装もせず、都内に潜伏していたそうです。日本の警察をなめてますねー。

現在の仕事は個人宅の警備員。そこの社長(升毅)や愛人、元妻(戸田菜穂)と日常的に顔をあわせます。ご近所に手配書も貼られている身で(><)
そして「力になりたい」と離婚のゴタゴタを聞き出しては法律アドバイス。親権申し立てをしよう!は、いいんですけど、相手は君の現雇い主よ? 助言だけならともかく、改まった話に同席とは逃亡犯の自覚がなさ過ぎてもう笑いました。
で、元居た法律事務所を紹介。親しくなった人が毎回死ぬわけでなくホッとしましたが、この先全国津々浦々逃げ回る先からこうやって依頼人が次々送り込まれて来るんだったら可笑しいな

えーっと、偽証して逃げた女性は金に困って居たそうです。でも近々大金が入るから金を貸してくれと周囲に言っていたと。クロですねー、でもそれは分かってるからー。
北村一輝が怪しすぎて、かえってミスリードに見えます。 

人気ブログランキング

「宿命」7,最終回☆☆☆→☆☆

なんて負け犬の遠吠え!

「あなたをきっと国政の場で追い落として見せる」

ってからには、裏切った義父の代わりの伝手を見つけて言ってるのかと思うじゃないですか。それともスキャンダル攻撃を卑劣にも仕掛けるつもりだとかさ!それがまさかのノープラン、口だけだとは(笑)

元から崇さんには政治家的なマリーシア=ずるがしこさがないなと思ってたんですよ。女との別れ方が上手くないところといい。白井父なんて、ほら崇の毛髪で父子鑑定をしましたとか言うけれど、ホントに自分と崇の髪を送ったんだか怪しいもんだとかついつい疑いたくなる怪しいところがあるじゃないですか(ここはほんとに、どんでん返しが来ると思っていたに見事に肩すかし!!)そういう意味では、やっぱり親子じゃないのかな(笑)

にしても前回、じゃあ父親は誰なんだー!となったときに、まさかの義父立候補には笑いました。混乱の安田講堂で1回だけやっちゃった青春の思い出を胸に再婚、もしかして自分の子じゃないかと思うんだ♪と、医学的確認をとろうともせずに語るところはもう、男のロマンですよねー。なんじゃそりゃ。


中国娘の件は、タイミング悪くて崇つぶしに利用されただけ。でも、慰謝料をきっちり受け取っておいてなんで更にあんなことをするのか?もっと前に送っておいたならともかくさー。

運命の糸に翻弄されていた崇と尚子、それって立場的には誰もが羨む状態にいながら幸せになれないのが良いんであって、愛し合いながらただ政治家への道が断たれていくなら(同時に、たいしてそれを望んでもいなかった妹に棚ぼた的に成功が転がり込んで行くのなら)、惨めで可哀想なだけで、素敵じゃないのよね……。
うーん。決してつまらなくなったわけじゃないのに、幸せそうな有川家のショットなんか入れられちゃったらますます、なんか期待していたのと違う(^^;;;)

いっそ、お父さんの言うとおりに結婚だってした尚子がその父を刺すぐらいのスキャンダルで白井父の政治生命も、妹夫婦の約束された成功もぶちこわしてやれば良かったのに!(自分で書いてて酷いわー)

でもそれが政治、と有川母の40年間を淡々と否定する白井母が良かったです。飽くまで口調は優しいのに酷いことをさらっと言ってるところも。流石政治家の家の家付き娘。いろんな転落を見知って来たのでしょうね。 

 

お坊ちゃんで人の良い北村一輝さんも素敵でした。

人気ブログランキング

「宿命1969-2010」1 ☆☆☆☆


うわ、政界を目指す御曹司、政略結婚、政治家の娘、捨てられる女。目が離せません。
10年もつきあっておいて今さら捨てるのに、誕生日のプレゼントを用意してる男なんて呪われてしまえ!!それぐらいなら普段から、俺たちセフレだぞと確認しておいてくれないと。


まだまだ事件は何も起きていずドロドロ予告の段階ですが、北村一輝と小池栄子ときただけでもう何か怖い(><)政治家のお嬢様上原美佐がまた、良い感じ。朝日新聞の書評では「ヘン」とばっさりでしたけど、ああいう上流階級の、物ならばなんでも手に入ってしまう人達って、いるんだと思います……。

家のため目的のためと、互いに割り切っているからこそあの政略結婚は上手く行きそう。でも小池栄子がどう壊す??
主人公有川(北村)の父がもしや??
意味ありげな青い馬の絵はいったい??

来週が楽しみです(><) 

人気ブログランキングへ

「ホカベン」2 ☆☆

あれ、どーして「ホカベン」なのかって出ました??まだ??(^^;;;)

母親が夫を刺したことで、不利になる離婚&親権争い。
で、あかりが担当弁護士から下りたのも、裁判に持ち込んだのもなるほど作戦だったんですねー。
そして最後名前を変えて生活を始めるだなんて。そういう法律があるのも状況も分かりますけど。出来れば、自分の落ち度でもないことを負い目に思わずにそのまま生きて行かれる世界になって欲しいと思いました。

それから性的虐待が判明する場面。あかりの、泣きながら抱きしめた対応はどうかと思うわ。本人が意味がわかっていないなら尚更、プロとしては無反応であるべきでは。”=いけないこと”として印象づけてしまうのは、彼女の後の人生の為によくない。
(更に、こういう設定の時に毎度思うんですけどね、子役にあんな台詞覚えさせて言わせてること事態が嫌)
なんか本筋とはずれた感想になりました。
次回は”また殺すのか”発言の原因が描かれそう。楽しい物語じゃないけど興味深いですね。上戸彩である必要はあまりないような気がするのですが。

「ホカベン」1☆☆

元気で可愛い上戸彩が変わった職業に就いて、失敗しながら頑張る話。
こうくくると今までのと同じなんですけど(笑) その職業が弁護士で、扱うのが他人の人生となると呑気に失敗したり頑張ったりしてる場合じゃないから。上司も、ド素人新人にまかせて賭けしてる場合じゃないからー!!

熱意あって真面目だけど、あまりに世間知らずなヒロインのせいで地味な離婚申し立てが傷害事件に化けてしまいました。ああ(さっさと離婚申し立てとやらをしていたら、あの人身保護法だのは効力なかったわけなんでしょーか?)ただ、あらかじめ事件が起きると知らされている構成だったのが功を奏して、見やすかったです

一昔前はこんな熱血ちゃんは「ドラマの観過ぎだ!」と言われたものだけど、昨今では「ドラマも観てないのか!」って小言になるんでしょーか。

気になるのはお父さん刺されてお母さん警察に連行されて誰も帰ってこない家での、子供の安否。誰か保護に向かってくれるんでしょうか。お母さんも焦らずに子供に会わせてもらってから刺せば良かったのに(違)
それと、刺すなり弁護士事務所に連絡が来たのは何故?どこ情報??

全体では、多分ヒロインの成長物語。
今はやさぐれてる上司もきっと、ヒロインの熱意に影響されるんだろうなーとか、物語の先が予想できるのが見やすいところでもあり、予定調和でドキドキしないところでもあり。
2話で多分、このいかにも青年誌らしいゴロ合わせタイトルの解説が入るでしょう。
「お前みたいのをな、”ホカベン”って言うんだよ」
「”ホカベン…?”」
えーっと、なりたてホヤホヤの弁護士?ってそれじゃホヤベン(笑)

次週持ち越しで裁判までするのにちょっと驚き。さてどうやって百戦錬磨の相手弁護士とホカベンがやりあうのか、そこは楽しみです。事件は不愉快だけど。

「ガリレオ」1 ☆☆☆

やっと観れましたー♪ぐるぐる回るカメラに酔う酔う(><)
事件や犯人には興味がなく、謎だけ解ければいいという福山准教授(それってちょっとネウロ)、面白いじゃないですか。柴咲刑事も可愛いね。

原作が好きだったので、片方女になると聞いた8月にはえーっと思ったものですが、ちゃんと草薙(北村一輝か!)は残して新キャラを投入。古馴染みでない摩擦と、理系vs文系の構図でガリレオ湯川先生の変人が際立つとともに、画面も華やかでドラマ的にいい感じかと思いますー。
男二人のも観てみたかったですけどねー(ちなみに「TEAM」でヒートアップしていた頃読んだので、smap草なぎ@草薙と西村雅彦@湯川で想像してましたっけ ^^;;;)

ズバリ犯行から始まるスタイルも、分かり易くていいんじゃないですか。
しかも唐沢さんのいい声でヘッセ朗読って、いっそずるい。だって原作ではさ、目の悪い妹の為にテープに吹き込んでやるってなんていい話なんだと思わせておいて本はPコーンウエルの「検死官」でしたよね。変態連続殺人や解剖で喜ぶってどんな妹なんだとツッコミ入れた覚えが(そっちも全巻読んでますけど、兄の朗読ででは聞きたくないです 笑)

そうそう美人検死官さんのところで鼻の下に塗ってたの、におい消しのメンタムでしょうけど「検死官」のスカーペッタはそれぐらいじゃ死臭は防げないし手がかりになる匂いをかぎ損なうから塗らないって言ってましたね。閑話休題。

嘘泣きしてみる柴咲刑事、ひっかかる湯川、笑う〜。
理系文系、男と女、「違う」ってことが分かってる分、湯川ははましな方だと思いつつ。男社会警察でうまく生きて行くには柴咲刑事、確かに上手に女の武器を使って行った方がいいでしょう。
この二人に恋愛をさせるつもりかしら?とちょっとワクワク。

品川やいっけいさんといった脇役もいい感じです。嘘泣きネタの「女刑事クラリス」とかいうドラマまでちゃんと作ってみせて、豪華ー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ