ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

加藤清史郎

「11人もいる!」最終回 ☆☆☆☆

まさか、まさかの放浪合唱団(><)


家族写真に幽霊が映ってて

「11人もいる!」

とタイトル通りに叫ぶのもストレートど真ん中なら(数えるより顔で分かるよ顔でw)、毎回エンドに流れていた曲を最終回でまとめて唄うのも、ど真ん中すぎて逆に驚いてしまいましたw 挙げ句ダイナミック家族と入れ替わりでTV密着取材とか。そう来たかーな終わり方。


でも、慰問先が被災した東北で、家がなくたっ大丈夫、家族がいれば幸せなんだというメッセージはやっぱりじんときました。説教臭くもシンミリもせず、おっぱい連呼の傍らで復興を題材にいれてくるとは、なんてドラマでしょう。阪神大震災の例で見るに、東日本大震災もこの先推理ドラマの背景に(失踪や戸籍入れ替わり等)使われたり、報道映像を挟みながら進行するようなドラマもこれから出てくるのでしょうが、年も明けないこのタイミングで、しかもエンターテイメントとして出してくるとは、やるなクドカンとしか。

もちろん不快に思う方もいるかとは思われますが……深夜にこっそり、且つこども店長くんにエロ台詞ふるなど違うハードルがたくさんあるドラマでもあるので、震災絡みとは気づかれないままスルーされていくのかも。それでいいのかも。


できちゃった婚を男の側から描くのも珍しかったかも(逃げる選択肢なんて全くなかったよねw)

出産でのドタバタも(ビニールプールw)笑ったー。 



楽しいドラマでした!

神木くんのいろんな成長を目撃できたドラマでもありました。光浦靖子が美人に見えてきました。
そして確かに、神木くんと田辺誠一、光浦靖子とたんぽぽの不幸な人川村エミコは系統が同じ顔をしている! 清史郎くんと日村もそりゃまだ清史郎くん子どもだから丸い輪郭とか似てるのかもしれないーw



「11人もいる!」1 ☆☆→☆☆☆

期待しすぎたので、冒頭ちょいがっかり。


ダメ男のくせに子だくさんの父(田辺誠一)

長男(神木くん)は少しでも稼ごうと必死で学校どころじゃありません。ビン……備長炭じゃなくてビン……貧乏だから!

8人兄弟の、末っ子のサイゴくん(子ども店長、加藤清史郎)だけ後妻の今のお母さん(光浦靖子)の実子。


↑もうこれだけでお腹いっぱいのところに、幽霊話が絡みます。亡くなった前妻(広末涼子)がサイゴ君には見えちゃう!!(で、10人の筈が11人「も」いる、とw)


このタイトルで、萩尾望都のかの名作「11人いる!」が懐かしくなって読み返した人も多いでしょうねー。多分中身は関係ないと思いますが。

なんで実子や父に見えずに、サイゴ君だけが見えるのかとか、だんだん謎は解けていくのでしょう。それはいいんだけど。

まだまだ可愛いサイゴ君の気を引くのに、前妻の幽霊が

「おっぱい触っていいよ」

とかさー、最低(><) お母さんを亡くして寂しいのよね、と納得しかけてイヤイヤ違うから!光浦さんがいるから! その後も、幽霊さんが現妻と夫のなれそめを聞きたくてそそのかすのに、品のない言葉をお子様に言わせて、気になる気になる。クドカンも人の親なら、子役を大切に育ててあげようよー(><)


大家族でわいわいしてて、現妻が営む喫茶店で食事をとる場面はなんか和みます(逆かも。大家族の食堂が、使わない時間には喫茶店になってるだけかもw)

ただ兄弟の中に、双子とおデブさんがいるのも安易に感じて微妙。デブなら食べ物のことばっかりいわせときゃいいだろう的な?そりゃ全員に性格付けして覚えさせるのって大変だけど。


で、いろいろの後

「助け合ったり、励ましあったりしなくていいのが家族」

という標語?が出て、それを歌詞にした唄も出てまとめw ここを毎回こんな風に唄ってくれるんでしょうか。と、思ったら4回目5回目ぐらいからパターン崩してくるんでしょうか?


尻上がりに面白くなって、募金の男が社長だったのはツボで声出して笑っちゃいましたけど。さて次回のゲイネタはどうなるでしょう~。ホストじゃないんだ、ゲイバーなんだ神木くん(><)


神木くんと田辺誠一が、そういえば似てるというか顔のカテゴリ一緒で納得。

そう思うと広末と光浦も、なんか共通点ある気がしてきたw


「任侠ヘルパー」〜最終回 ☆☆☆

このドラマで最後泣いてしまうと思いませんでした(;;)

「今日は忘れちゃってるみたい」
と、母の病気を受け入れてる涼太も健気でしたが、
「ここは全面禁煙よ」
と一瞬、社長さんだった当時に戻って煙草を取りあげる笑顔の羽鳥さんと、彼女を見つめ返す彦一に、もう!!
はっきり何があったわけでもない2人なのに。もしあっても(だって、封鎖前日、部屋に勝手に入れた仲だし)忘れられてしまっているのに。出所後一番に会いに来た彦一の気持ち、切ないです(><)

それを言ったら、突然のキスも(びっくりしたよー!!)、何を求めるわけでもないリコ組長の気持ち。

介護とは何か。どうしたらいいのか。
そこに正解はない、でもあきらめない、という姿勢を行政・福祉に向けて描いたように、登場人物達も人生に正解はないまま、もがき続けているところで終わったことで、とても心に残る最終回になりました。

エリートヤクザ六車さんが施設運営に乗り出すのは予想がついたし、本人も折り合いがついていそうですが。リコちゃんの幹部昇進は、本人も望んだ様な望まなかった様な。彦一がなってくれていたら、リコはヤクザを辞めて(その場合小指は無事なのー??)グレープフルーツハイを片手にガールズトークする生活も選べたかもしれなかったのにね。
そして彦一はこれからどうして行くんでしょう。再開する(?)タイヨウで働いたりするんでしょうか。その頃には、涼太くん父(陣内孝則)の働きかけで、国の支援制度が変わってきたりするんでしょうか。
正直青年漫画チックに突飛な設定で、毎回刺青がばれた詐欺を捕まえたのなんの、主人公がヤクザなこと前提、彼の成長=出世の方向でエンターテイメントに進むんだと思っていましたので。こんなに真っ向から老人問題を描くとも、最後にヤクザを放り出すとも思っていませんでしたよ。

前回での彦一と所長さんの会話。
「ヘルパーが我慢すればそれでいいのか」
「だって目の前に利用者さんが居るから」
云々は、本当は「救命病棟24時」が描きたかったことだったんじゃないかとまで思いました(あちらは医者、資格が尊敬され高給や好待遇も期待できるので逆に、もっと立場が不安定なヘルパーよりも、我慢して当たり前と思われてしまうのかもしれませんが)

さておき、不機嫌で乱暴者な草なぎヤクザくんが、こんなに魅力的だったことにもびっくりでした。跳び蹴り堪能(笑)
夏川さんも気丈に美しかったですー。
でも一番の功労者は可愛い可愛い涼太くんでしたよねー♪ 最後、飲み物を運んできて豪快にこけてましたけど、大丈夫だったんでしょうか。

「任侠ヘルパー」9 ☆☆☆

監視役、来たー!!
先輩ヘルパー零次さんの名前をみて、あれ?と思っていたんですよー。ヤクザな面々はみな、名前に数字が入っていますから、この人も数字入りということは??って。内緒にしてなきゃ監視にならない、確かに。ここぞというところでビシッとキック決めてくれました(><)

楽しいよりは、気が重いことの方が多くて感想の描きにくいこのドラマ。でもずっとみていますです。
敵方の親分(竜雷太)が入園して来たのは、ヤクザヘルパーがいると知った部下がわざと標的にさせるためでしたよ。刃傷沙汰になって、抗争の引き金になればいい、いっそそれで死んでくれたら都合がいい??
まんまと引っかかったリコ組長とバカ息子でしたが……。

普段からやたら言葉遣いは悪い、素行も悪い。乱暴者だってことは分かってたじゃないですかー。それでも、きちんとお仕事はする、優しいところもある人達だって知ってたはずなのに、ただ写真送ってきて喧嘩してたらショックなんですか?
(ドラマの視聴者的には、あの写真が欲しいです 笑)

とかとか、そんなことを吹き飛ばす、最後の羽鳥元社長の一言。
「坊や、迷子なの?」
それはあなたの息子さんです(><)

もう育ってオヤジになっちゃった息子が分からないのならともかくも。まだまだ可愛い盛りのボクなのに。自分が子供を産んだことそのものを、忘れてしまう瞬間があるのでしょうか……楽しい楽しい遊園地で。哀しすぎます。

「任侠ヘルパー」4,5 ☆☆☆

倒れるハートフルバード会長。
……を、思わず彦一が支える場に出くわして、抱擁と勘違いして隠れるメイサちゃん可愛い(笑)
確かにあの夏川結衣と30代男性なら、色恋だってあり得なくもないですよね。
で、なんの病気かと思いきや。若年性痴呆症??それが介護ビジネスに乗り出した動機だったのでしょうか。

ヤクザだの詐欺師だの、生き別れの母と再会だの、大騒ぎな要素を入れなくてもそれだけで立派に切ないドラマになる要素だと思ったのですが(「87%」みたいに?)まず視聴者を引きつける看板として、任侠+ヘルパーのインパクトが必要な仕掛けも分かるような。うーん。

最後にどう着地するのかが見えて来ないなりに楽しく見ています。

「任侠ヘルパー」2 ☆☆☆

駅からはタクシー乗ろうよ。

そりゃあ、家族のいない家にヘルパーが客を上げたうえに、目前で清拭を始めちゃうというアリエナイ状況と同様に、ドラマ的演出なのは分かってるんですが。でも見栄をはりたい人なら、ヨロヨロ歩くより懐痛めて車呼ぶよねー。

さておき、介護施設でオムツという、何とも気の滅入る題材を扱いながらもちゃんとエンターテイメント。
悪いクサナギ君、かっこいいです!
海のそばという設定も、何かと便利にアクセント。
おじいさん(津川雅彦)を投げ飛ばしたのには驚きましたけど(骨折でもしたらどうするのー)、さすが受け身は完璧? 弱気の虫を吹き飛ばしプライドを回復する助けになりました!!
2人で倒れて笑いあってる様子は、まるで学園ものです(^^;;;; )

その上で、おむつを受け入れるおじいさん。心の余裕が出来たということかしら。
…・じゃあ転院の必要はなかった?と思いきや。来年の柔道大会を目指してもっとリハビリが盛んなところを選んだのなら、双方にとって良かったということですか。

子供のイジメもね。
イジメてた子供達を叱らずに、やられっぱなしの舎弟の方をコツンと叱る彦一アニキ。自分で立ち向かって行かなくちゃならないんですよね。

仲里衣紗ちゃんの私服にびっくり、なんじゃあのサロペット!!はみ出してるよー素敵

「任侠ヘルパー」1 ☆☆☆

うわあ、腹黒いよクサナギくん(^^;;;)
シロウトさんには手を出さない”極道”ならまだしも、オレオレ詐欺で稼いでるんじゃただのチンピラ。入れ墨背負って、金鎖。煙草も吸いまくりですよ!!
元から顔の造りが怖いのに、8割方悪い顔して言葉遣いも悪いこのドラマ、がらっとイメチェンだったのでしょうか(図らずも、ドラマ以前に”イイヒト”脱皮済みになっちゃいましたが)
……カッコイイ!

ヤクザもビジネスを考える時代??
幹部候補が6人、老人介護施設に連れてこられてヘルパー修行でドラマが始まります。……果たしてここに、上層部の深い企みがあるのか、本当にビジネスチャンスなのか??

徘徊や下の世話、噛み合わない会話。老いの現実は辛いです。
しっかし日頃から老人を食いものにしてた主人公には、惚けた……もとい認知症のお年寄りは即ネギしょった鴨。息子と間違われたのをいいことに小遣い銭を巻き上げ、他の入居者からも個人情報をかき集め……ちょっと早く誰か気がついて止めてよー!!

でも実の息子の無関心には腹を立てるし、”ばあさん”が他のヤクザに絡まれれば結局守ってしまう主人公。
優しいというよりは、身勝手な行動ではあるのですが(そもそも、おばあさんの怪我も徘徊も原因は彦一なんだしー)根っからのワルじゃないのかも……と思わせてくれて1話は終了。

主人公彦一(クサナギ)、二本橋(宇梶)、四方木(黒木メイサ)と、6人みんな名前に数字が入るのが分かり易くて笑えました(^^;;;)
それといい、ヤクザと介護の吃驚な組み合わせといい、青年誌マンガ原作なんだとばかり思っていました。オリジナルらしくてびっくりです!

おばあさんが包丁を持ち出したりして、実は一触即発、コンビニ君が刺されていたかもしれなかったのですが、その辺は無かったことになった模様……。
巻き上げた以上のお金を返したからいいの??さてはて。

ヘルパー仲里衣紗のほんわかと、ヤクザメイサの鋭さ、なんとかバード夏川結衣の怪しさ。女優陣もいい味出してます。
入れ墨で花見とか(^^;;;;)、それをみちゃった小学生与六くんの変顔カワイー!とか。ちょっと面白いところもあって、ホッと一息つけました。

更に! じゃすみん的にキャーだったのが西村さん!!
冒頭の極道妄想ワールドで、命乞いをしていた”オヤジの仇”が西村雅彦(の声)でしたよね??
もうこれっきりかもしれませんが、もしかして本当にラスボスで登場かも、それとも介護される方で出て来るかも、とかとか♪
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ