ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

加藤あい

「Dr.DMAT」1 ☆☆ or ☆☆☆

はい、はい、はい

医療事故(身内)のトラウマ

やる気の無い主人公

でも『やるしかない!』状況に追い込まれて実力を発揮。


もう何度同じような話を見て来たことでしょう……。

脇の能面ナースにしろ、現場のたたきあげさんにしろ、よくあるタイプでデジャヴュです。そして一刻を争う筈の場面で言い争い。実際、糖液補充で効果あったのなら、ああ低血糖だったねで納得しろっちゅーの。


でもね、それを「こんなの初めて!」と感激できる視聴者もいるでしょう。その人のためには、ひとつ☆プラス。よくいるキャラのよくある話としては見易くまとまっていたと思います。

妹さんは後半で意識取り戻すのかなあ。

1話のラストでも、幼なじみが火事に巻き込まれて以下次週。楽しく……というのははばかられるテーマですが、興味深く見られるんじゃないかな。


ただ我が家では、今期の医療もの警察ものラッシュにげんなりなので見ないかも。

「聖なる怪物たち」4 ☆☆☆☆

そういうことかー!!


『生殖医療の話』だと思い込んで観ていたので、『代理母』が実はただの愛人だった展開に呆然です。
そっかー遊んだらデキちゃったのか。友人開業医に頼んだのは人工授精じゃなく、『代理母』が既に妊婦なのの口止めでしたかw 夫にとってはどっちにしろ我が子な訳で同じことなのね(><)

問いつめる義姉にシャアシャアと、これは妻の為でもあるんだと答える理事長、あくど過ぎる~。


でもそういわれれば確かに、子どもを望めない現妻と分かれて妊婦と再々婚するという考え方も無いじゃないので。それなりに現妻を愛しているのかしら。それとも、さすがにこの短期間で出来婚2度目は世間体悪すぎるかしら、『聖職者』としては!
(しっかし『生殖』と『聖職』の変換が混在して面倒ですw 変換ミスから思いついたストーリーじゃないかしらん) 


ナレーションの若い医者がどう話に絡むのか。4話になってもまだ蚊帳の外なので、さっさと話を進めて欲しいですw さて。

「聖なる怪物たち」1 ☆☆

主人公は看護士長(中谷美紀)なのでしょうか。ナレーションの岡田将生くん陰が薄すぎw 医療ミステリー というよりは 野田聖子に代表される『産まなきゃいけない』にとりつかれた女の悲劇、なのかもしれません。


両親を亡くして貧しい暮らしから一転、財閥の御曹司に嫁ぐ花嫁(加藤あい)。

披露宴中に流産、安定期でもないのに無理するからですよ(><) 子宮も摘出。ここから嫁いびりに発展するかと思いきや、前妻との間にもう子どもがいるので夫も姑も優しく気にするなと言ってくれ……いやもしかして、跡継ぎの地位安泰のために仕組まれた流産か??疑いだすときりがないよね。


我が子欲しさに壊れかけた加藤あいは、実姉中谷美紀に代理出産を依頼。その結果が冒頭の、雨の中置き去りにされる妊婦なんでしょうが……さて、あれのどこが加藤あいの利益に?
『欲しいものはみんな手に入れてきた』と前妻に皮肉られる加藤あい。でも妊娠出産だけは、例え子宮がまだあったとしても授かり物なんですけど。現代医療はその辺の仕切りを飛び越えるから。

思わせぶりなタイトルは、『聖職者』と自らを呼ぶ夫たち学校経営者を指すのでしょうが、怪物っぷりはまだこれからです。見続けるかは2話見て決めます。


「FACE MAKER」1 ☆☆☆

加藤あいになら私もなりたいよ!!ボンテージ着て見せびらかします(笑)

永井大の柄じゃない整形医も棒読みの看護婦も、深夜らしい安さがいい感じです。
しかし普通は、美人の顔をもらったはいいけど美人を恨んでた男に刺されるとか、いいことの裏に落とし穴があるものですよね。でもこのドラマでは逆に、ブサイクな顔を選んだ誰かさん(何故?)の方に、逮捕という理不尽がおまけがつくのでした。可哀想すぎる……。

回が進めばこういう、整形で犯罪者を助けてしまう話はあるとは思っていましたが、まさか初回から来るとは(笑)

加藤あいに復讐される女たらし(袴田吉彦)が、何人も同時進行で女騙しているくせに、どの女とも同じ場所でデートするのにも笑いました。テリトリー狭すぎるよ!

しかしこういうキャスティング、ドラマ「整形美人」での虻川→米倉涼子でも酷いなーって思いましたけど。今回も、ダサイ衣装で「整形前」を演じた女優さんが不憫です。

一話完結の様ですが、警察さんが妙に有名どころ。何度も整形後事件に関わった挙げ句、永井大の存在に気がつくとかなんとかあるのでしょうか。それとも、わざわざ不細工顔を買った女はこの先まだ出てきます??

もう録画はしなくていい気がしますが……さて? 

人気ブログランキングへ

「うぬぼれ刑事」1 ☆☆☆☆

ていうかストーカー刑事! 
長瀬くんの熱演が見事です。  

右手に逮捕状、左手に婚姻届。それが駄目なら指輪と手錠を並べて
「結婚してください!」(笑)

なるほど好きじゃない相手にされるなら脅迫です。あんなにかっこいいのに、どうしてこう挙動不審になっちゃうんでしょう~。恋愛指南ビデオを丸ごと信じちゃうところがまずイケてない~(><)前髪切りそろえた微妙な髪型、短すぎる斜めがけカバン、サイズの違うスーツ。土台が長瀬くんでも、ここまでダメになれるとは(「セクシーボイス&ロボ」の松山ケンイチ思い出した 笑)、ブサメンでも逆をやればモテモテってこと??(違)

彼を捨てた元カノ@里恵(中島美嘉)がやたら束縛きつかったのも、”うぬぼれ”がかっこよすぎるから不安で不安でそうなっちゃった、ということなのでしょうか(単にヘンな女に見えたけど ^^;;;;) 再会した里恵は人妻、それも荒川良々でほっこりする尽くす女、愛妻弁当を届けちゃう女になってましたもんねー。
 

そんなわけで、事件はゲーム会社での殺人。セキュリティロックのかかった部屋で。
惚れたエリコ(加藤あい、好きー)さんは関係者。彼女に会いたくて、彼女のことを知りたくてすること全部が事件の捜査になってしまうシチェーションがいちいち大笑いでした(笑)
その他ちょこちょこと、長瀬くん視点の再現ドラマでは殺される役が運命くん(生田斗真)だったり、ラブラブエッサイムだったり、張り切る荒川良々をみて「寺脇みたい」だったり(相棒なだけに!)、リエとエリ、「リエコさん」「エリコです」だったり、ずーっと楽しかったわー。
ただその笑いに傾いたままというのは、泣いたり笑ったり忙しかった「流星の絆」に比べたらちょっと物足りないかもしれません。嗚呼贅沢な。

さて、酒場のうぬぼれフォーがファイブになって(刑事の守秘義務とか、そもそも刑事だって言っちゃうのも駄目じゃないかとか、もうツッコミ止まらず 笑)普通ならこのまま毎回続くのでしょうが、鬼才クドカンのこと。視聴者が慣れる前にパターン崩しが始まることと思われます。

うぬぼれパパ(西田敏行!)の本も出版&映像化決定!その辺の騒ぎも絡んでくるかなー。
パティシエ要潤や、「プロゴルファー花」で借金取り2だった刑事さんとかの活躍にも期待♪

「リミット 刑事の現場2」最終回 ☆☆☆☆

人を愛して、泣く方がいい。最後に愛が勝つ。
心底熱い刑事ドラマでありました。

にしても、名古屋は廃ビル多すぎです。
この前男の子が監禁されたのが、犯人が育った家。だったら元暮らしていた部屋、梅木の恋人トモヨ(灯世)が殺された部屋は当然捜索対象でしょう!!屋上に追い詰めた頃にパトカー到着って遅すぎますって。

そして大立ち回りの末の告白合戦、管内に丸聞こえです。
ナイフを握る加藤をマリアが止め、銃を突きつける梅木を加藤が止め、その度に犯人黒川(ARATA)が反撃しやしないか冷や冷やしましたが、黒川は殺してもらって本望ですものね。目を閉じてじっと死を待っているのに頭上を「愛」が飛び交い、生かされた黒川の心境はいかばかりだったのか。

まさか加藤は死ななくても、梅木が殺すかも、道連れで心中かも、マリアのおなかの赤ちゃんだってこんなことではどうなるか、という心配もあったのでとにかく誰も死ななくて胸をなで下ろし、辞表が受理されて驚いたものの、それしかないかもと思ったり。
後半は文字通り、手に汗握りながら見ていました。

この期に及んで、黒川にまで「自分もああなったかも」と共感する加藤には驚きました。もう一度いいますが、そう思う君なんだからこそ絶対殺人者にはならないって!!
加藤とマリアの子が暮らしていく未来には、”もう1人の俺たち”はいないことを切に望みます。
そのためにも、マリアがひき逃げ犯を赦したこと。相手だって人生が狂って辛かったのだと視点を変えられたことはよい光でした。
そして”2人で不幸に”なるために結婚するのだとか。縁起でもないけれどいい言葉でした!

梅木さんにだって、幸せが訪れるかもしれない芽を残しつつエンド。
影の薄かったエリート君も、影が薄かったからこそのフォローがありました。未来の所長さん?

どうか未来が愛に溢れて幸せでありますように!

(……シリーズ3が観たいような、また転勤してやり直しではギャグになってしまうような)

「リミット 刑事の現場2」4 ☆☆☆

語り合う仇敵2人、嬉しそうですよー(^^;;;;;)
「誰よりも俺のこと分かってくれてるのはアンタ」
確かにそういう見方もあるかも。

出所した梅木の仇は、その足で両親を殺して昔の恋人の子供を誘拐・監禁し、ついにはマリアにも魔の手が迫る……!!
どんだけ偶然?とも思ったのですが、そういえばお墓同士が近くて梅木とマリアが出会う場面が前にもありましたっけ。黒川(ARATA)も、自分が殺した女の墓参りなんて殊勝なことをしたんですね。

虐待されイジメられて育った不幸な男。
……ここに来て、梅木の仇がそんな風に分かり易く”違う”人に造形されていたのには少しがっかりです。1話の無差別殺人にしろ、2話の自治会長さん3話の弁護士にしろ、一見普通に思える人の、端からは計り知れないゆがみがずっと描かれてきたのに最後に来てトーンが激変では。

それでも、亡き恋人を忘れられないマリアの心情が、この事件で変わるのかもと思ったりでハラハラ&ワクワクです。
”お前みたいのに限って、いつか非道いことをする”
と梅木の言っていた予言(?)はどうなるんでしょう。それとも、マリアの愛をぎりぎり信じ切れなかったところがそれに当たるんでしょうか??

時々メチャクチャなことさえしなければ、梅木&加藤チームは検挙率も抜群、超優秀なはずなんですから、そこもきっちり報われて終わって欲しいのですが。無理ですかねー。
イチゴ牛乳の姐御、今週も素敵でした!

「リミット 刑事の現場2」3 ☆☆☆

鍋が赤味噌で名古屋コーチンですよ!さすが(笑)

それにしても加藤くん、可哀想すぎます。
傷ついた人を、そのままで受け入れて愛そうとしているのに。
普通なら、褒められこそすれ罵倒されることじゃないですよねー。

愛している人の幸せを願う、相手の嫌がることをしない。
それだって当然のことに思えるのに
「そんなの愛じゃない」
と、梅木が、ストーカーが難癖をつけるつける(><)
お前ら関係ないだろう!!
……と、鼻で笑ってやり過ごせたらいいのに。真面目な加藤くんは言われるまま悩んでしまうのでした。

「リミット 刑事の現場2」2☆☆☆

今度の掟破りは、遺体とご対面!!
しかも焼死体です、きっついわー。

「ついてこい」
と、梅木が容疑者に声をかけてから遺体安置所まで。画面ではすぐでも、移動する間に何をするつもりかは分かると思うんだけど。(特に、加藤君はもう薄々察しがつかないと!)
でもやっぱり”まさか”と思いますよねー。

しかし画面のこっち側で”まさか”だったのは、今回も
「分かります、もし僕があなただって」
とまた言い出す加藤君。ええー??
ダンボールハウスごと中の浮浪者も焼いちゃっていい、と思うの??

ここで犯人を庇おうと出来るあなただからこそ、そんな非道いことを思うはずがないと…・思うのですが。隠している事があるのかしら。
まーさーかー、マリアの亡き恋人ひき逃げ事件に何か関わってるとかいわないよね(事件がひき逃げだったのにもびっくり。1話で侵入者がいたような映像があったのに)

一方の梅木さんは、17年まえに婚約者を(え?当時梅木何才??)殺され、犯人を今も殺したいほど憎んでいるのでした。
「殺す!」
って即答でしたよね(^^;;;;)

犯人も愛したいという加藤、憎むものだという梅木。
セオリーでは若造の人間愛に荒れたベテランが感化されて変わるものですが、武田さんの怪演と脚本のパワーで、逆もアリな気がしてきました。

加藤の私生活がぜんぜん愛に満ちていないので、正論を語ってはいても何かオーラがマイナスなせいなのでは。加藤君もマリアも可哀想。

殺伐と辛気くさいこのドラマの清涼剤は、いちご牛乳の君です。あの強き、好きー。

「リミット 刑事の現場2」1☆☆☆☆

通り魔殺人。
犯人に人権なんかない!と言い切ってしまう梅木刑事@武田鉄矢に胸がすっとしましたよ。

だって、そんなことが出来るのは人間じゃないから。
……はまだしも、
「バーカ」
に犯人ぶち切れてましたけど(笑) まともじゃない刑事を取り調べに指名して、何を期待してるんだか。謝罪だあ? ボコられずに暴言だけですんで御の字でしょうがー。

で、組まされた主人公、加藤刑事@森山未來は、犯人にも理解を示す派。人間を愛してるとか。
そういう奴に限って……と梅木が揶揄するので、酷い目にあう、と続くのかと思ったら何と、いつか自ら酷いことをすると言われてましたよ。予言?

この辺でもう既に前のめりで視聴。めちゃ面白いじゃないですかー。
しかも梅木も、過去には今の加藤のように愛にあふれた刑事だったのに? いったい誰を殺そうと思っているのか?(彼の論だと、”憎い相手を殺す”のは人間としてOK? ^^;;;;)

愛娘を意味なく奪われた父を、超法規的に犯人に会わせてやる梅木。
「私も殺したってください」
と泣いてすがられ、犯人が流した涙は……悔恨だったのか。少なくとも、父親の側にはきちんと恨みを吐き出せたカタルシスがあって。梅木は感謝されていますよね。
加藤に何が出来たのか、出来るのか?
次回では思いっきり”偽善者”呼ばわりされているしー。

どうやら犯罪被害者ならしい恋人@加藤あいとの結婚も、何か過去の因縁で問題がありそうだし……。

加藤くんから目が離せない予感。楽しみです!

「魔女裁判」1 ☆☆

面白くなりそう??

初回は人物紹介だけで、まだなーんにも始まっておりません。雰囲気だけ。
裁判員になった。
他にはこんな人が。
それを盗撮監視している一団。
裁判。
脅迫??

冒頭でちょっとデータ放送の画面を表示してみたら、いちいち人物に名前の他に色名が表示されていて「オレンジ」「ピンク」「シャンパンピンク」etc
何これ、字幕を発言者ごとに色変え??かと思いきやあれですね、本名を明かせないのでニックネーム。服の色からなので、次回から着替えたらどーするの?ですが、覚えやすくはあります。TV向けにGJ。
(映画「12人の怒れる男」「12人の優しい日本人」では番号でしたね。日当目当てといえば、ホテル暮らしと日当が快適で、裁判を引き延ばそうと頑張るコメディ映画もありましたっけ。「相棒」のアンチ裁判員制度に始まって、これからどんどん題材になるでしょう)

やはり実際の裁判に至る手続きが、ヘー、ほー、と一番面白かったです。予備の2人が発言権なしに立ち会うとか、知らなかったわー。
しかし、たかが夫1人殺したかどうかの裁判を、チーム組んで機材使って、スパイ大作戦みたいに隠しカメラで見守る人達ってなんなんでしょう。特撮悪役のナントカ団みたいで笑えちゃって。
その辺を次回、頭脳犯罪としてショーアップしてくれるなら興味がもっと湧くかも。

主人公の生田くんは、似合いの役を生き生きと演じて魅力的だと思いました。

「神の雫」2 ☆☆

勝っちゃったよ!!
とはいえ一勝一敗。実力で勝る相手を本気にさせる、セオリー通りの展開と言えます。

ワイン勝負の解説は、桟橋が人の力だ霧が悪条件だとIQサプリのクイズみたいなもんで失笑。本当に味、必要ですか??(生産者としては嬉しいうんちくだろうけど)
”味”に描くイメージも
「あのワインにそっくりな絵が!」
「ワインの味の記憶の絵なんです」
って、完全一致ってあり得ないからー。しかも記憶喪失って!しかも夫婦の愛再確認って!!
(ここ、お堅い雫1人だったら所在ないでしょう。ラブラブを我がことの様に喜んでるみやびちゃんがいるからもつ場面でしたね)
でもまあ、ぽかーんとみてるとどんどん進むので、意外に楽しかったりします。

人助けで得たキーワード
「逃げちゃいけない!」
が、不倫課長の背中も押してたりして(笑)
こういう勝負と人生の絡み具合がまさに青年漫画です。

最後、前回は飲めなかったワインに立ち向かう雫。
こうやって成長して行くのなら、金屋敷なんて手に入らなくても充分父の遺産を受け取ったことになることでしょう!←ほらこの辺も青年漫画(笑)

仲里依紗のカーディガンの胸が、いつもボタンが窮屈にはじけそうなのも見物(笑)健康そうでいいよねー。

1話

「スクラップティーチャー」1 ☆

ヘリには驚いた。うん。

でもそれ以外に何もないよねー。ロッカーは壊せばいいじゃん(笑)
謎の転校生3人の正体は別に知りたくもない。

上地先生が生徒に向き合って云々っていうけど
「テストしません」ブーブー「ア、じゃあやります」
これじゃ迎合してるだけ。普段の授業もろくに聴いてないくせに全国統一テストだなんて、受ける価値があるのかあいつら!
「小テスト全員50点以上とって俺を納得させてみろ」
ぐらいのことは言わないと。
それとやはり、他のクラスのテスト受けたかった子の気持ちは一体。

羞恥心ユニット効果で大人気(我が家にもファンが居るワ〜おかげで全曲歌って踊れますワ〜)な上地先生。他にもメインで連ドラ主演してるの知ってるから余計、全力投球してる様に見えなくてナンカナー。

それに、お話のナレーションするのは何故か傍観者の非常勤講師さん(加藤あい)
彼女も引っ張られていつか、学園のために働くようになるってことかもしれないけど、どうにも散漫。今回中心になった男子生徒じゃダメなの??

「ハケンの品格」〜8 ☆☆♪

 きゃ〜っついに言ったわ、告白どころかプロポーズよっ

 いや、つき合ってもないのに。
とツッコミたいところでもありますが、出産の時も企画書作りの最中にも折々、じーっと熱い視線を寄せる東海林主任をこちらも胸熱く見守ってましたからね。対する大前さんがとりつく島もなきゃ、このぐらい言いたくもなりますでしょ。

 翌日、駆けつけて
「昨日の返事!!」
「はい」
「普通の返事じゃなくてっ」
には同情(^^;;;)
結局、見合い話をOKした形になってすんごい微妙な顔してましたけど。最後の最後、部長に楯突いたんだから自動的に破談ってことでいいのかな??

 ハケンの企画が採用されると云々の仕事の話が本来本筋なわけですが、そっちはどうでもいいちゅーか。最後は、カンタンテのママと呑んでた社長が出てきて、部長の横暴を斬り捨てて終わりなんじゃないかな。

 ドラマ内企画の例に漏れず(懐かしのエンピツネズミby「恋ノチカラ」)、『ハケン弁当』がちっとも素敵に思えないのも、どうでも良さに拍車。 主婦が「主婦弁当」オタクが「オタク弁当」食べますか(^^;;;) もっとイイご身分の、例えば豪華「重役弁当」なら、いつか出世して食べてみたいにしても。
 昼食500円もちっとも安くない。おにぎりの1つも作って持って来なさいお嬢さん。

 正社員2人の対決はまぁ、どっちもどっちというか。
挙げ句に殴り合いって、オフィスは散らかるから!河原でしてください、そういう青春なことはーっ

 大前さんの贔屓は里中主任でしたが…
ってことは最終的には逆に、恋の行方は東海林さんかも??
携帯番号の、まわりくどい渡し方に気持ちを感じましたよね きゃっきゃっ♪

「ハケンの品格」5 ×☆

 正社員の無能は好都合、じゃなかったの??

 何が観づらいってこのドラマ、春子のキャラがぶれぶれなことです。
居眠りをわざわざ消しゴム投げて起こす春子にびっくり。
その為の1秒2秒の方が惜しくない?それも、起きてたってたいして仕事してないオジサンを。

 で、この嘱託社員小松さんがっ!
最後にきっと役立つのはセオリーなので待ってましたけど。前半で『無能』を強調しなくてもさ。いままでの仕事ぶりで充分昼行灯だったのに。
それでも目立たせたいのなら、やる気満々でお茶入れてひっくり返すとか、電話取ったけどカタカナ言葉がメモ出来ないとか、可愛いミスを…って、あ、あそうか、それは加藤あいのポジション??

 それにしても、始まってすぐにリストラ話なら主任や東海林が庇おうとするのに賛同出来た気がするんですよ。なのにあまりに前半で給料泥棒だったので、リストラの話が出たときには
『そりゃそうだね』
と思っちゃったじゃないですか(^^;;;)

 で、エレベータ(笑)待ってました(笑)

 昔アメリカの探偵ドラマで、窮地に陥ると必ず助手が
「昔、***だったんです、言ってませんでした?」
(***=闘牛士、ピエロ、花火職人etc なんでもあり)と毎回違う特技を披露して命拾いってのがあったんですよー。若いのにどんな職歴だっと毎回の笑いどころ。このドラマ観てると、それを思い出して仕方がありません。タイトルなんだっけ。

 さておき、東海林に助けられて(きゃ〜)ありがとうも言えない春子。
物語のラブモードはもう先週ほどじゃありませんが、触れあう手と手、にこっちで勝手に盛り上がってました(^^) 照れたのよあれは、なーんて。

 そろそろ日本滞在予定も半分が過ぎ…春子も倹約してるんでしょうか。
社員食堂は高いから注文できない、だなんて下手したら奢られちゃうセリフだぞ。高給とってるくせにー。1話で奢ろうって小松さんに言われたときには断ったくせにー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ