ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

加瀬亮

「SPEC」最終回 ☆☆

デート写真ぐらい合成しようよ、気合いで(笑)

世界規模を匂わせた「組織」の謎はほったらかし。当麻を中心の人間関係だけあれこれ解説して一気に最終回でした。
ニノマエくんの実年齢は、時を止める能力者ならきっと見た目よりずいぶん若いんだろうとは思ってましたけど(七瀬シリーズでもそんな人いましたっけ)実の姉弟とか、偽の記憶だとか、最期に手を握りあって「お姉ちゃん」だとか泣かせ入れられると弱いです~。

でも興ざめだったのが、イケメンストーカー地居の解説です。うん、解説……なんですよねー。毒雪のあと、ベラベラ種明かしする必要あったんでしょうか。
当麻的にはいつも通りに「いただきます!」で解いているわけで、視聴者のために分かり易くぺらってくれたんでしょうけどね、そこよりは、地居と津田の二重写しの方とか、地居が最期に「ニノマエじゃない」と言ったあたりとかをもちょっと分かり易く表現してプリーズ。

そんな消化不良を脇に置けば、瀬文さん=加瀬亮のイメージが大きく変わった作品でした。草食男子だと思っていたのにー。
そして両手ぶらぶらのまま「気合いで倒す!」と横移動しても、ギャグでなく熱血で踏みとどまれる希有な人材でしたよ。映画にはならないでいいけど、続編はあったら見ます。


「SPEC」〜6 ☆☆

「ジョーカーの堺雅人か!」
うわ(笑)早口でさらっと入れられて苦笑でした。

病を処方する能力。

まあカッコイイ言い方ですが。いろんな人がズバリ同じ言葉で表現するのはひっかかります、誰かを病気にする力、という人が居たっていいのにね。
で、その超能力=スペックは白髪の医師かと思っていたら、実は1話からでているあの人がソレでした!普通は大人しか発症しない病気、逆に子供しかならない病気の例外の症例が彼の周囲にだけ発生するとか。分かり易(^^;;;; )
しかも、超能力で罹患させておいて治療は外科手術ってそれ、費用はかかる麻酔や感染症のリスクはある、非道いわー。確かに、手かざしとかで治ってしまうより、医者の仕事をしているだけだから(時に失敗がある方が自然だし)目立たず自然かもしれません。
だから!もちょっとありふれた難病にしておけばいいのに!!

例のビジョンを読む妹さん(福田沙紀)もやってきて……スペックを持つ者同士の接触が増えてきました。数字が絡んだ変な名前もポイントなのかな。
まあ面白くみてますが、わかんない部分も多くてツレが毎回途中で寝ちゃうのも分かる(笑)

人気ブログランキングへ

「スペック」5☆☆

手が!!婚約指輪をつけた可愛い手がー!!!

ちゃんと拾ってつなげられたんでしょうか。あの三角巾の下はいったい??ひー(><) 目の前にぼたっと手が横たわるのはショッキングな映像でした。事故以前はネイルにも気を使う女の子だったのね……。

そこ以外はまあいつもの感じ。病を処方するスペック←好きな病気にさせられる は斬新ですが。うーん。同時に治す能力もないと恐喝には使えない、そこをどう証明するんでしょうね。

2階から飛び降りる瀬文さんに驚きッ

人気ブログランキングへ

「SPEC」1☆☆

「SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」
タイトル、長!
超能力!!唖然!!

こういう不可思議事件ものは、『と、見えて実は説明可能』と来るものとばかり思っていたら、まさかのガチ超能力社でした。

時を止めて銃弾の方向を変える。そりゃ凄いですけど。それが出来るならヒロインの推理能力、まるで意味無し。五木谷(金子賢)の毒殺だって、時を止めてして証拠品も持ち帰れば……。あー、「俺たち」とは言うけど、黒ずくめの神木くんと殺人犯@上川隆也は協力関係にはないわけなのね。

刑事@加瀬亮は今まで良く見た草食系地味男から、坊主で強面に大変身、なかなかいい感じです、怖いけど。銃弾を跳ね返す、不思議能力があるのかと思ったら能力者@神木くんに守られているという……どういう関係なのー(><)
小汚い戸田恵梨香は不愉快でした。せっかく可愛いのにー。その辺、「ケイゾク」ではどっちももっと愛嬌があったよね。

あちこちにばらまかれた小ネタ、矢部刑事やルパンは楽しんでいたのですが、ラミパスあたりからイラっとしてしまいました。ちゃんと見ようとしてるのに茶化すな!的な?それとも加瀬亮がいるだけで真面目な風が吹くのかもしれません。ただ、超能力がアリな話で行くのなら、小ネタで我に返らずにのめり込んだままで見ていたいのですが…… 次回もやっぱりこんな風ですかね。 

まだまだ椎名桔平の使い方など、謎だらけ。最終回がどうなるのか、まったく想像つきません。

人気ブログランキングへ

「ありふれた奇跡」最終回☆☆☆☆

「俺は1人じゃない!」
この藤本さんの台詞で、不覚にもブワッと泣いてしまいました(><)
彼は家族をまた手に入れたんですね!
何も男女の関係でなくていい、”縁”があって、成長を喜んでいい子供がそこにいることの幸せよ。

そうでした、元々彼の自殺で始まった話であって、不妊だ結婚だはあとから来た騒動だったんでした。すべてのきっかけが藤本さんだったのを忘れてましたよ。
河川敷で、子供は可愛いけど中年男が見つめると嫌がられるからそっと観るんだ、なんて寂しい話をしていましたっけ。
そんな死に場所を探していた男が思いがけず助けられ、意地張りながらも他人を受け入れて、その友人の紹介(?)で出会った親子と、一緒に写真を撮る仲になれた。
確かにそれは奇跡だったのかも。

子供が産める嫁、子孫、と唱えていた翔太の祖父も、結局は神戸さんの家族という疑似家族を受け入れて、それはそれで幸せなのかも。

可奈と翔太の新婚生活はあえて描かれず、ただ今までの仕事を淡々と続ける2人。
よくこういう後日談で、必要もないのに子供抱いてる場面で終わったりするのは、確かに安易なことで、こんな風にただ元気で幸せであるってことだけで充分なのかもとも思わせられました。

独特の会話やじれったさが辛い時もあったけど、終わってみれば真摯ないいドラマでした。楽しいだけじゃない、こんなドラマがもっとあってもいいよね。
そして翔太役加瀬亮のただの人っぷりの凄さよ。連ドラの主役だというのに、人混みに埋もれるあの普通オーラ。逆に普通じゃないですよね。これからは注目します!

「ありふれた奇跡」〜10 ☆☆☆

産めるの産めないの問答が痛々しくて、ずっとみてたけど感想は書けずにいました。
「血でも吐きながら言わなきゃ駄目??」
まったく翔太くんに同情。ややこしい女だよね可奈ってば……。

でもそれがいつの間にか、ホテル行くか行かないかにすり替わってきて見易くなったかな(笑)
ンもー何が
「最後にするつもりだからイヤだ!」
ですか。俺と寝たら別れられなくなるぜ、ぐらいの根拠のない自信はないのか??……ないよねー翔太だからねー。こりゃ、可奈から誘わなきゃどうにも進まないわ(^^;;;)

確かに、不妊=ラッキー避妊いらないじゃん!な男だったら好きにもならないだろうけど。ここまで奥手(草食系?)な30男もどうかと……というか、親と同居同士のおつきあいってこんなに面倒くさいのね?18才で家を出てた身としては目から鱗。

で、真っ昼間のカフェで「さあホテル行こう!」な話がまとまったところで(笑)まさかの捨て子ですよー!!
私も女子高生時代に、トイレ入り口前でだったけど赤ちゃん預かったことがあります。落としたらどうしようかと思った。でも今なら、女子トイレにはベビーベッドも座らせる椅子もあるご時世、そうそうそんなこと頼まないよねー。ドキドキ。

予告をみると、ちゃんとホテルには行かれたらしいのでそこはホッとしつつも。
女装の可奈父と2人のニアミスもあり、藤本の転職成功もあり。いろいろ目が離せない展開です。
2人ともいい年齢なんだもん。愛さえあるのならば、家を出ちゃえば済む話。強がりを言いつつも歩み寄って来たならば、最終回はある意味幸せに終わってくれそうな……。

「ありふれた奇跡」7☆☆☆

無精子症じゃない?とおばあちゃん。

……未婚の男性がそんなこと調べないでしょう普通(オタフク風邪で、系不妊なら親が知ってるだろうし)疑うなら不能の方ですよ! もとい、自分の娘の方でしょう。生理が不順だとか、未婚でもサインがあるのは女性の方ですから。
でも、
「可奈は健康なんだから!」
と、鼻息荒いんですよねこの家族は。
少なくとも、海外旅行直後はしばらく不調だったんじゃないのかなあ。そして死のうとして……結局できなかった直後もおかしかったんじゃないのかなあ。
そもそも日本で堕胎できなかった理由の1つが同居の家族でしょうから、分からないように必死で隠した結果かもしれませんが。この先事実を告白された時、傍にいて気づいてやれなかった自分たちに、
「死のうとしたことがあるんですって!!」
等々の、翔太に浴びせた全ての言葉が跳ね返って来るのにと思うといたたまれません。
(お父さんがボロクソにいうのは、娘をもらいに来られた親の常としてあんなものに思いますが 笑)

全てを知っている翔太の家族。何も知らない可奈の家族。いろいろな形があるものです。

しかしパンフレットは余計なお世話。
藤本の気遣いというよりは、単に親にみせるためのグッズになってしまっていたのもヤな感じでした。

「ありふれた奇跡」6 ☆☆☆

……そういうことだったのね。

現在の可奈さんの生真面目さが(仲間ちゃん自身のイメージとも重なって)、婚前交渉で妊娠して外国でサクッと堕胎する様な娘さんに見えないので戸惑いはあるんだけど、
「自分自身のせい」
という今までの言葉の通りではあって、納得(レイプとかじゃなくて良かったんだか何だか)
相手の男は、妊娠したこともきっと知らされてないわけね。
過剰掻爬?が具体的にどこまでかは語られませんが…。

で、それを伝える可奈も、受け止める翔太も真剣なだけに、もどかしくてハラハラ。
「子供は持たない」
と言うことが誠意だと翔太は思うけど、可奈は
「私は欲しい」
からこそ苦しんでる、このすれ違い。

しかもおばあちゃん(八千草薫)の孫を待つ気持ちに、水を差すなんて!可奈を庇うつもりの暴走が痛々しくて。それが家族間の問題に発展してしまうとは、若い当人は思ってないところでまたハラハラ。
こういうこと、「家族の問題」になっちゃうんだよー。そしてこじれるんだよー(><)
(初対面を装う、父親同士のご対面は笑いどころでありながら、やっぱりこじれたし)

翔太のダメダメな母(キムラ緑子)でも、子供を持つすばらしさは否定しないところがこのドラマらしいです。

5話 4話 2,3話 1話

「ありふれた奇跡」5☆☆☆

人肌が恋しい時ってあるよね。抱きつくぐらいいいじゃん、と思うアメリカ人な私。
……それだけで止めてくれる保証が要るかな(藤本さんも、襲いかかる勢いで走り寄るから獣扱いなんだよー。自分は動かずに嘆いてたら、この前の翔太みたいになぐさめてもらえた……かも)

そんなわけで、突然の訃報=取り返しのつかないこと。
電話があのタイミングでかかって来なかったら、あのまま相談していたのかもね。お母さんが元気なら、そちらに先に言っていたのかもね。
でも結局、翔太に打ち明けることになりました。不妊かあ……ああ、気が重い。今までの映像だと何か辛い事件が絡みそうじゃないですか。そんなこと無しに、ただのホルモン異常や先天性の何かでいいじゃないですか←それだと何故か母親のせいになりがちな訳ですが。
また可奈が生真面目だから。
「俺一人っ子で寂しかったから、兄弟はいた方が」
なんて、言わせておいて絶望する。翔太はどうしていいか分からないでしょう。

そんな娘の深い絶望をよそに、母は恋に悩んで沈み、父は変身願望に浮かれて妻を顧みず……おばあちゃんだって恋をしてたの、なんて過去も語られちゃいましたよ。

家族って何でしょう。
どこか別の街で暮らすなら、傷ついたふたり(あ、藤本さん入れて3人?)が出会って慰め合うだけで済んだのにね。
自分の家族って今どうなってるんだろう、実は何かあって私が知らないだけのこともある??

抱きしめていい家族と暮らす幸せをかみしめつつ、次回を待ちます。

4話 2,3話 1話

「ありふれた奇跡」4 ☆☆☆

え、キス??それも可奈から??

タイトルバックかと油断していたところにいきなり、それも逆光の遠景でしたから!思わず巻き戻してじっくり見てしまいました(^^;;;;)
音楽も相まってとても美しい場面でしたが、驚きが先に立ちます。しかも事後気まずいし。ご近所さんから家族にばれてるし(笑)

色に出にけり我が恋は。
自然とおつきあいが周囲に知れ、愉快な田崎家に挨拶もして写真も見られて、そうか普通のおつきあいになっていくのねーと思っていたのですが(お母さんの浮気は、まあ想定内)
え、パパ??どういう知り合い??

翔太さんの父親と可奈の父親(岸部一徳)が怪しい知り合いです。
しかも妙に言葉を濁して語るから、もしやハッテン場で顔見知りだったゲイ同士??そういう関係??とか瞬時にいろいろ考えすぎて疲れました。予告をみると女装倶楽部であっていた模様(1話でベッドに隠してたのはそれ用のアイテムね?ゴルフは嘘ね?)
おやおや下世話になってきましたねー。1話からこっちを強調してたらテイスト変わっていたでしょうねー。

陣内が素面でも面倒くさい人で笑いました。
そして可奈の母(戸田恵子)も、可奈目線で行くとやはり面倒くさいし娘の秘密に鈍感過ぎるのかも。

つきあいが深まることを恐れて、ブレーキをかける翔太と可奈。そこにはやはり、可奈の抱える”何か”が影を落とすわけで、一体なんなのー(><)知りたくない気もしますが気になるー

2,3話 1話

「ありふれた奇跡」2,3☆☆☆

”死のうとしたことがある人の会”
なんて直球なネーミング、素晴らしい(爆)
イヤほんとに。”生きよう会”じゃなく、”〜した”と過去形でいうことに意味がある気がします。

登場人物達は、死のうとした経緯を語……ろうとして口を開いても声にならなかったり、酒浸りの過去を告白したり、自分も!……と思うのにやはり言葉にならなかったり。
どこをとっても辛くて暗い内容の筈なのに、当人比としてはもう底を打っているからなのか、回復期の明るさがほの見えます。

田崎さん(加瀬亮)なんて、確実に幸せだよね。
「デートじゃない」
と全力否定はされていても、2人の先に恋愛がないのは、自分が労働者だからじゃなくて、可奈が恋愛が怖いからと分かってきたのだし。
父親(風間杜夫)に誤解で冷やかされるのも、まんざらじゃないのかも。2話では辛い声が止められなかったのに、3話では嬉しい声が止められないもの(笑)

陣内さんは依存症だったのに酒呑んじゃって大変でしたけど。
そんな自分を介抱する人が出来るなんて。部屋に自分以外の人が来るなんて、と感激ひとしお。

あとは可奈が、打ち明けられたら少し楽になるのかもしれませんが……踏ん切りつかず。
”好きなのかなあ”ってそれ、生殺しです!!
少しだけ見えた映像は異国の街。
どこぞでエイズ支援してる人と関係があるのでしょうか。『取り返しのつかないこと』が、犬に噛まれたと思って系の過去じゃないといいんですけど(><)

普段なら敬遠する系のお話なのですが、何故か楽しく……というと語弊があるのかな。興味深く見守る感じで見ています。初回は最後5分までがとてつもなく長かったのですが、2話3話と、段々短く感じるようになってきました。

1話

「ありふれた奇跡」1 ☆☆☆

ごめんなさい、死のうと思ったことがなくて!!
……見ていてどうもそんな感じ。共感できるところはありません。でも引き込まれました(ツレは熟睡。それも分かる 笑)


駅のホームで。中年男(陣内孝則)の自殺を止めた若い男女。
でも感謝されるでもなく、誤解だ迷惑だとののしられての帰り道、別れ難く語り合い、その後もとりとめないメールを交わすようになる。
そんな導入部は、山田太一脚本の若くない語り口と、仲間由紀恵の”なぜか普通の女の子を演じるほど嘘くさい”という個性でますます居心地の悪い感じ(^^;;;)ただでさえあり得ないシチェーションが、もう異世界(><)

ただ、見ていくうちに彼女には、秘密がある様子。
突然別れた元カレにも家族にも内緒。……だったら、家にいてもただようぎこちなさも、身近でない人間とむしろ話したいことも、不思議じゃないのかな。

そのうち、警察を介して助けた男女と助けられた男がまた集い、実は死にたかったと詫びと礼を聞く機会がもうけられる訳ですが(その涙なくしては語れない理由がね。折から全国で火事の悲報が相次ぐ中だけに辛い辛い)

なぜ、自分が死のうとしてると分かったのか?
あなたたちも自殺を図ったことがあるのでは??

否定の言葉が出ない2人。そんなとんでもない幕切れで、次回への興味がいや増しです(><)

男性の方の印象が薄い……のは、私が加瀬亮を知らないから?
まあ逆に誰も彼も濃いよりもいいのかも。会社勤めを止めて(彼曰く首になって)左官を志した彼が、なぜ死にたかったのか。彼がメインの回があるでしょう。
そしてそんな彼らがどう生きていくのか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ