ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

冨浦智嗣

「おわこんTV」4 ☆☆

熱湯風呂は44度!

って、NHKがバラしていいんですかw 熱湯芸人が竜兵ちゃんだったのはちょっと感激ですが、きっちり44度管理って連呼していいんですかw

しかし「これじゃ熱湯じゃぁないじゃないですか」と憤る今回の主人公も、おバカさん。じゃあ50度?60度なら納得するの?

尻に花火ツッコんで飛ぶってヒロミがやって大けがしましたよね(それで看病にきた松本伊代と結ばれたというw)ママ社員さんが語ってた、芸人詰め込んだバスを海に沈めるってやつも恐ろしすぎるーw 面白さもコンプライアンスも両方大事よ。


さて、福祉番組で役にたちたい!と入社した木下くん(冨浦智嗣)、なのに『くだらない』バラエティ担当にさせられてぷんすかです。

「シュークリームに辛子入れるために会社入ったんじゃないんです!」ってwおいおいw

(富浦君は私服でますます性別不詳にw バラエティの勉強がしたい!と深夜詰め寄られて挙動不審の三橋、絶対告白されると思ってた演出ですよねw)


挙げ句、適当な温度の熱湯風呂作って、周囲の大騒ぎに縮み上がる木下。でもそこで反省でなく、どうして皆こんなくだらない番組の為に必死なのかとまーだぐだぐだ言い続けるわけですよ。こりゃ、デキる先輩福田沙紀で無くても、切れますよw

『今の環境で文句言うだけの人間は、希望の部署に移っても何も出来ない!』

そーだそーだーw


そして三橋にも『人間の人間クサい部分が全部つまったバラエティって、ドキュメンタリーに通じる』とフォローしてもらったりするのですが、

「バラエティはバラエティ」

「オンエアー見たけどやっぱりくだらなかった」

と、折れない木下くん。でもちょっと笑えたって。望まない仕事でもまず全力で取り組む仕事人に、一歩踏み出したのでしょうか。

今回もそんないい話でした(^^)

「わたしたちの教科書」最終回 ☆☆☆☆☆

 素晴らしかった!!

 まずはトモミ役の子の、長丁場大熱演。
辛い思い出を吐き出す過呼吸に、全ての責任を引き受けたうつろな瞳に、ひきこまれました。 ここが不味いと意味がないので、彼女にどーんとまかせたスタッフの度量にも驚くわ。

 そしてついに明かされる真実。
明日香は生きようとしていた!!(だとしたら、尚更その死が悔やまれて・涙)

 あれ、でもじゃあ裁判てもう意味がない?と思ったところで即「一年後」、結審前日。
珠子さんは闘っていた模様です。それを讃える元婚約者に、笑って、でもピシッと言い返すところがもうサスガ珠子さん。
 刺された加地も他の先生方も教師を続けている描写に、ありのままの現場に立ち向かっている様子に、明日香を語り継ごうという取り組みに、じんと来ました。
「世界を変えることが出来ますか?」
この問いかけに、生真面目に応える中学生たちがまた、可愛いんだー。
悪魔にも、天使にもなれるんだなぁと(懐かしいフレーズね)思ったりして。

 そして、転校後連絡を絶っていたトモミと珠子の再会。
2人で訪れた思い出の場所に、残る明日香のメッセージ。
「私がここで止まったら、明日の私が悲しむ。
 昨日の私が悲しむ。」
だから死んじゃダメだ!
ストレートな表現に胸を打たれました。この時の明日香にしか言えなかった言葉かも。そして、この想いを受け止めてトモミちゃんは立ち直って行かれるのでしょうか。
そこも、安易に笑顔や決意表明を言わせずに、肩を抱く珠子しか見せなかったところに好印象。
呆然とする頬を流れる涙は、きっと再生の涙なんだよね。
そして「あなたは私、私はあなた」。
明日香の分も生きていってもらいたい!!

 総集編エンディングも見応えがありました。
もう一度一話から見直してもいいかも……!!

 ちょこちょこ疑問も、兼良陸はその後どうしてる?とか。雨木息子はまた刑務所ですか?とか。今日じゃなきゃダメ!は何故だったのかとか。
(実は、証言後のトモミの虚ろな目。来る前に息子に刺されでもして、息絶えたのかと思ってしまいましたよ)
他にも、トモミが目撃した「知らない援交男」が陸の父親だと、明日香が知ったのはそれこそ何故なんだとか。あれ以来出てこない明日香父・祖父とか。
あるのですが、それは別にどうでもいいことなんだろうとも思えたし。安易に時間拡大せずに締めくくって正解でしょう。

 とにかく今回は、構成の旨さに唸りました。
他でも書いたのだけど、加地:積木珠子のダブル主演。それも、とっつき易い加地の目線で事件を始めたところ、とても考えられていると思います。そりゃあ事件は現場:学校で起こってるから、とも言えるけど。
あのアクの強い珠子さんだけをメインにして始めたら、主役が嫌いだから見ない、となる可能性も大でしょう???連ドラは続けて見て貰わないと意味がないもの。
 何故?どうして?次はどうなるの??というひっぱりが、テクニックだけにならずにきちんとメッセージを届ける為だったことに感激でした。

 だから、死なないで。   (これはセクロボだけど)

「わたしたちの教科書」副校長の真意☆☆☆☆

 いやぁ今週も前のめりで視聴。最後証言中にブツッっと画面が暗くなったときには一瞬放送事故かと思うほど(^^;;)

 結局、副校長は腹黒かったわけではなく、公表しても益のなかった2度の経験から表向きイジメはないとしたうえで、被害加害双方の生徒と接触をもっていたのだった!!
 でも、それで堂々と裁判では
「イジメはありません」
と言い切ってしまえるとは。

 生徒兼良君だってそうですよー。
今更いくらイジメを認めたところで、先週公の場で「なかった」と発言した記録はそのまんま。
もうあの裁判意味がないし、偽証罪って全く機能していないのかとガックリです。

 なんかねー。
兼良君が憑き物がおちたように反省して、珠子の味方で、ボク良い子ですになっちゃっているのがちょっと解せません。少なくともポーちゃんには、土下座して謝れ。一緒に虐めてた女の子達はどうなのよ。
 なので彼の記憶から、副校長から明日香あての手紙があったことが分かって林を掘り出した時は、もしかしてうそなんじゃないかと。無駄骨折らせているんじゃないかとハラハラしたのですが ……ありましたよ!

 そして、裁判の駆け引きぬきで雨木に迫る珠子。
証言はウソだったと認め、落書きされた教科書を返す雨木。
ここでも、録音してるんじゃないかとか。好意で返された教科書は、逆に証拠品として法廷に出したりしないんじゃないかとか、いろいろ考えたことは肩すかし。疑いすぎですね私(><)

 しかし雨木息子がやってくれましたっ。
2度の傷害事件は、母親の学校のイジメを止めるため??そして実際に効果が?
(少なくとも本人は、そう信じている模様)
兼良にナイフを突きつけて、職員室に籠城を始める模様です。ああ、せっかく決まった就職がパーじゃない。っていうか、加地が刺されたーっっ 画面の端に「さすまた」が映りましたよっ先生これを使うのよー!!

「今日じゃなきゃダメなんです!!」
と叫んで、自ら法廷で証人台に立つピアノ少女。どうして今日??雨木息子を止める為??
そして衝撃の事実が明らかに……。

 わーっ何なんだーっ
予告を観てもメッチャ不安になるだけで何も分かりませんね。思うつぼです。そして、彼女は珠子に何も核心を語っていなかったことは確かかと。ああ。
事実は来週暴かれるとしても、それで学校は大丈夫なのでしょうか。今週、止める雨木を無視して先生達は、
「自分が何をしたか、
何をしなかったのか」
などという紋切り型な問いかけを生徒にしていましたが、それって効果あるのでしょうか。私が生徒なら、あんな壇上からの通り一遍の説教、鼻で笑って終わりですヨ。

「わたしたちの教科書」ポー転校☆☆☆☆

「まだ教師やってたんだ」

 予告で流れた、ポーちゃんの言葉。
加地への冷たい決別に聞こえたのに、ふたをあけたら『何十年か後に再会して』設定の会話になっていて、ならば実にあたたかい励ましじゃないですか(涙)
 怖いとか辞めたいとか、弱音吐いてるんじゃないよ、加地!!

 出てこない親、近距離での引っ越し。
また行った先で虐められる可能性も無きにしもあらずだとは想うのですが……。とにかく、イジメを認めない学校で闘うよりは速効性のある次善の策かと。

 で、顔を出してきた親といえば、エリート兼良家ですよー。
「そこらの子と一緒にしないでください!」
って、公立中学に来ておいてそりゃないでしょ。
挙げ句に、子供を法廷に立たせましたよー。そしてスラスラと、明日香の方が変だったと証言し、裏では吐く兼良君(涙)これをされちゃったら、この子が被害者に見えて来るじゃないですか、ずるいよ。

 受けて立つ珠子が、反対尋問せず=それウソだろう?と責めず、徹底スルー。
だって告発したいのは子供じゃない、という姿勢が潔くてまた惚れました。
 父親の買春行為も(そうそう、あの日から加地と珠子決別してたから、伝わってないんだよね!)珠子は利用しなかったし。

 ただねー、ぼろぼろの兼良くんを見舞ってかける言葉は、
「想像してみて」
に続く長い長いポエムじゃなくて、
「死んじゃいけない!」
が先であるべきだと思いましたよー。だって親も隣にいて、いつ逆上されるか叩き出されるか分からない状況なのにー。(また、例によって今ひとつ伝わりづらいポエムなんだわ。)

 そして、相変わらず謎のままな雨木息子。
虐め首謀者を死傷?刺傷?
通報されそうな風体で中学校回りをうろうろ。また、彼を見かけるたび、ピアノ少女が妙におびえます。彼女も虐めている側だったのかなぁ。
手紙を書かされる時といい、生徒が本当に何を考えているのかはよくわからないんですよねぇ。
もっとも大人が作っているドラマな以上、『わかる』と描いてしまうことの方が不自然で、かつ具体例はかえって子供側からの感情移入を拒むのかもしれません。

 あと2回?どう締めくくられるのでしょう。
エンディングがとても好き。 

「わたしたちの教科書」2部裁判!☆☆☆

 あれから一年。なんで新米・加地先生、こんなに偉そうに??

 鉄仮面女史とは順調に愛を育んだらしく、披露宴は見合わせつつも幸せ新婚生活♪
……なのはいいけれど、藍沢明日香のことって夫婦2人で語り合ったりはしないんでしょうか。実際、元からいた先生達は立場上黙っているだけで、イジメは認識しているんじゃないの?
 なのに熱血加地先生だけが、イジメは全くなかったと頭から信じ込んでしまっていて異様です。
「僕が責任をとります」
って、正式採用1年目のぺーぺーが、否ベテランでも、命の責任なんてとれませんよ、全く。

 一方の信頼され守られている生徒達は、廊下で声高にイジメ自慢(><)

 あのポー様が、現在の標的でしたよー。またもや加地先生にSOSを出し、珠子さんと接触してから死を選ぶなんて、この2人の対応のせいにされそうですっ
ラスト同人誌の奥付telに、かけたコール音がむなしく響いて、ドスッと鈍い音が。ああ……。

 ものすごくイヤな気持ちで見終わりましたが、藍沢側が劣勢だった裁判の行方はこれで著しく有利になるでしょう。あああ嬉しくない……。

 現実の高校から離れて法廷だけ描いてどうするのかなと思っていたのですが、こうやって平行して描かれていくんですね。
そうそう、雨木副校長の息子は出所してますね。
(新婚加地家??と身を乗り出したら、副校長宅でイヤン。慌ててしまわれる包丁が不吉ですっ)

あともう一つ。副校長副校長って、校長先生はどこにいるの?

「わたしたちの教科書」1 ☆☆☆

 衝撃!!

 冒頭の新米教師:加地先生(伊藤淳史)の熱血&勘違いにゲンナリしてたら、カメラはするっと別の場所:弁護士先生(菅野美穂)にも。
 え、学校の話だけじゃないんだ。
 そして、現場では見過ごされ心療内科で語られるイジメの兆候がことごとくクラスの少女:藍沢アスカ(志田未来)に符合していくのを、視聴者だけが確認していくスリルにぞわぞわ。

 でも一体、弁護士事務所と学校がどう接点持っていくわけ?ドラゴン桜??…と思う間に、藍沢の方から先生を訪問。そのうちに熱血先生も合流だっ。

 ここでズバッと語られる
「(世界平和なんて)現実逃避」 ←じゃあ何から逃避?
香水、手洗い&「私、臭いから」 ←これって!!

 この後、藍沢が加地先生(伊藤淳史)に渡した鍵を、即確かめていたら。
香水と手洗いの意味を悟った弁護士がその時、動いていたら。

 藍沢アスカは死なずにすんだのでしょうか。
……そう!てっきり暴かれたイジメを解決していく物語かと思っていたのに、1話からヒロインが死ぬなんて!!!
 また、藍沢アスカの「母親」だという弁護士先生。年齢差を考えるとまるで”14才の母・その後”??

 親は「居なくて普通」で育ち、「死ね」と書かれた教科書をロッカーに隠し、他人の前で食事をとれないのはただのワガママ、朝風呂はオシャレしたい年頃と言われて放置された彼女の苦しみを、これから加地先生と弁護士先生がトレースしていくのでしょうか。
 でもその前に、「事故」にしておきたい学校と揉めそう。

 この4月から私も中学校に通う日々でして、舞台が中学なのもより興味をそそります。
こういう暗いの見たくなかったのに。

「花より男子」1 ☆☆

 「忘れずに海老を入れなくちゃ」
って、お母さん!あの伊勢エビ忘れたら弁当箱スカスカでしょ(^^;;;) 
 その前の弁当の海老がふりかけサイズだっただけに、笑いましたー。でもそんな心づくしの豪華弁当、視聴者の不吉な予感的中で、食べられなくなっちゃうんだよね(涙)

 ヒロインはエリート金満学園に通う庶民、つくしちゃん。
学園を牛耳る4人組『F4』に眼をつけられてさあ大変。しかも、最後にはリーダーをぶっとばして宣戦布告しちゃいましたよ!
 殴られたまま起きあがらないリーダー郷ヒロミ・・・もとい松潤。つくしに惚れたね。

 とりあえず画面は、笑えない「富豪刑事」ってところでしょうか。
 来春開校の同志社大学付属小学校、給食は豪華ホテルのフレンチだとか。そんなワイドショーをみた「けっ」って気持ちを思い出すドラマでしたよ。

『エリート』の描き方がとてもちゃちで、基準がカネ。まぁまさか皇室の方出すわけにもいかないだろうけど、皆さんカネもってるだけでお育ちが悪くて、帝王教育や富めるモノの義務についてはご存知なさそう。これに牛耳られちゃ日本の将来真っ暗よね。
 でも、それに憤ってヒロインが立ち上がるんだから、分かり易くて良いんじゃない??

 花のF4も私の目には、松潤以外はうらなり瓢箪。揃って女にもてる理由が分からない。フルマラソンでもゴールしてから出直しておいでってところです。
 つまりは、『自分で働いてもいないくせに』と啖呵切るヒロインにメッチャ共感ですよ。

 この先、F4のあいだでつくし争奪戦にでもなるんでしょうか。そのためにエリートらしく化けてくれるとか?ただ金持ちで笑わせたいなら、一条ゆかりの「有閑倶楽部」でもしてくれたらいいのに。

 惜しむらくは、つくしの家族の描き方。
ビール一本を一週間に分けてのみ(気が抜けるよ!)、ごはん1杯目は肉の匂いだけで食べる生活してまで彼女をその学園に通わせたい。その理由が・・・・ご近所に自慢できるからぁ???はぁ???
 偏差値高いとも思えないしなぁ。
 その謎は原作読んだら分かるんでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ