ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

内藤剛志

「遺留捜査sp3」 ☆☆☆

スペシャルの続く遺留操作。

毎週より、たまに2時間ドラマの方が濃くて楽しめてます。

パーティドレスの課長(斉藤由貴)、可愛い~♪ こんな豪華な始まりもスペシャルならではですよね。


今度の事件は計画的バックドラフトによる連続殺人……か?

と、第一の火事バックドラフトを事故と処理した月島署から、第二現場の芝浦署捜査本部におでかけの課長とヒマなもう1人糸村。喜んでいるのは糸村(上川隆也)だけですよw

結果、7年前もみ消されたホテル放火事故まであぶり出され、買収や地上げを企んだ思わぬ真犯人が浮かび上がるのでした…。

今回の糸村は、退職2年前のベテラン刑事(内藤剛志)とコンビです。

3つの現場に残された月日星、三光の香炉が気になる糸村。他にも小さな証拠をつつき回して怒られてw 

でも確かに、今時犯行計画や地図をノートにびっしりメモる若者はいないよね。スマホも一緒にみつかってるなら、少なくとも地図は要らないでしょうw なので、詳細なメモ=犯行指示であって計画者じゃない←納得でした。

しかし謎解きのくだりは、毎度のことながらほぼ想像と妄想w 犯行関係はともかく、3つの香炉が親子3人を象徴していた、もう父を許していた筈とかは無理矢理ですよねえ。


ショカツに残された森田さん(西村雅彦)、捜査本部に行く気満々だったのにイラついております。覚せい剤捜査ならまだしも、迷子犬の捜索はないでしょうw 無駄に良い声で

「ティアラー!」w

挙げ句、川浚いの途中で呼び出されてさっさとトンズラには笑いましたが、ラストのオチもまたこの子どもと犬。幼女を背負ってティアラ号を追いかける森田さん、ご本人が思うよりずっと、ショカツに馴染んできた様です。


「雲の階段」9、最終回 ☆☆+☆

え? さ、最後のあれは三郎のドリーム?


と、ラストに無理矢理なびっくりを残しての終わりでしたが、じゃあどう終わるべきかとなるとあれはあれで良かったのかも。刺されて目を閉じるベンチの三郎で終わりだったら寂しすぎますから。

白いシャツで無精髭の島の三郎、高級スーツの三郎、白衣、手術中のハイテンションなどなど……そして手錠姿まで(><)どれだけ長谷川博己オンステージかと思った上にまだ、流血、長髪で南の島リゾート姿まで網羅、サービス精神ありすぎです! 

物語をあらすじで語れば☆2つかなと思うのですが、次々と飽きさせない展開や、そもそも三郎がいるだけでうっとりという長谷川博己の魅力、そして音楽の力という総合力で+☆をつけてみましたw


救急救急センター設立案。

なんとポジティヴ三郎w、無資格医に高い給料やって飼い殺してくれるのをありがたがらずに、無茶な正論をw ただの娘婿が言ったなら無視ですみましたけど、爆弾三郎を抱える経営陣としては、反対して逆ギレの自首でもされたらと思うと……なんと承認w 着工w

犯罪者側がソフト脅迫する側になるとは盲点で、しかも世の中の役に立つ方向なところも皮肉でした。いつか自分が捕まっても、設備は役にたつという計算かな。


しかし、嘘を知った妻亜希子は鬱々。

妹からの取り乱した電話は、てっきりあのセレブマンションから飛び降りたのかと思いましたよー。なんの伏線も無く「足場が崩れて」って、ものすごく昭和な香りですが、まあ原作がその時代だからw

そして義母と妻を助ける無資格医三郎!キラーン☆

もうバレて捕まるだけなら1人2人余分に無資格医療したっていいよねー…って、よくない筈なんだけど(^^;;;;) 


そして鑑別所でのエア手術w

確かにあれは、懲りて辞められる人のすることじゃないです。島に戻って明子と暮らすだなんてぬか喜びの電話をかけてましたけど、そこで嵐の日に誰か大けがでもしたら?嬉々として手当をするでしょう、三郎は。

というか、刺されなくてもふらっと別の航路フェリーに乗って居なくなってしまいそうな危なっかしさがある人でしたよねー。


印象的だったのは院長の愛人さん(市川実和子)

「秘密」を、理事長である妻(多岐川裕美)と院長とは話し合い、水を向けても自分には シラを切るので傷ついてましたよね。いやいや、もっと早く伝えるべきところをずーっと黙ってて、しかも雇用責任者はお前だとか悪意たっぷりだったんですよ。しかも知って止めなかったら罪になることを黙っててくれたのに。

それでも、自分は知ってる、自分は信頼されている、と妻より大きな存在でいたかったのかーと思うとなんだかいじらしくなりました。

常に一歩引いて、高岡に物まねされるぐらいw自己主張のなかった明子さんを思うと、愛の形っていろいろです。


来ると言った三郎を待ち続けるだろう明子さんが不憫です。

でも、三郎から電話があった。

来ると言った。

それだけで残り一生を生きていける人でもありそうです。その横には高岡がそっと寄り添っているのでしょう。


いつの日か亜希子が、三郎との子を伴って美琴島を訪ねることもあるのかも。

…その時は是非、腕のいい医者を自前で同伴させていますように。そっか元婚約者の野上医師がいるか!

「雲の階段」8 ☆☆

一切の医療行為から手を引くこと。


周囲には、副院長として経営の勉強をするから…と納得出来ても、三郎本人には存在否定も同然の大ショック。でも偽医者なのに(><)

時に世間を騒がす偽医者さんたちも、こんなに自信があったりするものなんでしょうか。ていうか三郎はいつの間にか謙虚さがないよねw確かに「有能なのにもったいない」と言ってくれる医師までいますけど、出来ないことは出来ない、それは恥ずかしいことじゃないのに。この前みたいに高度な専門治療に手を出しては、あわや患者死亡かとなった時のリスクが高すぎるでしょう~。

でもそんな淋しげで影のある時の三郎の方が色気だだ漏れで目が離せませんよね…!!
「この人は嘘をつかない人だ」
と、好きになったんだと言う妻。いやいや貴女にお世辞をいう必要がなかっただけで、嘘は当時からついてましたから。それもドでかいのをw 


傷心の三郎、ふらふらとまた島へ。

すると自称ライバル高岡君も登場し、揉めてたらなんと明子さんまで……!どんだけ気軽に行き来出来る離島なんですかw あとは亜希子さんも揃ったら大笑いでしたが、さすがに身重の身で連絡船には乗りませんでしたね。しかも「夫は偽医者」と知ってしまった以上、追いかけてまで来ないでしょう(それでも来るとしたら、もう殺しにくるんだと思うw) 


そして皮肉にも、三郎を医療に引っ張り込んだ村木医師が倒れ、三郎が手術をすることに。ほら有能なのに、オレは出来るのにってまたなるー(><)


そのまま失踪する道もあり、院長はそれを少し期待していた様ですが……きっちり戻ってきちゃった三郎。一体何をやり残していたというのでしょう。

来週にはがっつり世間にバレる様で、逃げ場なしですよ(><)


「雲の階段」6 ☆☆

院長は知っていた?


例の三郎が執刀した政治家に、お抱えにしたいからと経歴を聞かれて……と。

さすがに「偽医者でした」とは言えなくて誤摩化した?


そのタイミングで結婚はもう止められなかったのも分かるけれど。よく偽医者と知った後もにこやかに応対出来てましたよねー。案外事務局長に知らされて初めて気付いて、この先も優位な立場を保つためには、あんな上から目線で話を進めたんじゃないかと勘ぐりますw

これで飼い殺しが決定(><)


「逃げるなら、一緒に…」

という明子からの電話は、今振り返れば最後のチャンスだったわけですね。

2人のあきこが三郎をはさんで、にこやかにでも刺だらけに交わす会話は、お嬢様に軍配が上がったような、それでもまだ明子への敵対心は消えず。島からわざわざ届けられた三郎手製のボトルシップを、これでもかと踏みつぶす亜希子が怖かったです(><)


そして三郎の過去を知る男を、薬剤師が見つけ出してしまいましたよ。

いくら院長が自分も一蓮托生だから「守る」と言ってくれても、証人が出て来て騒いじゃどうにもならないでしょう…。いったい過去に何があったのか?も含めて、これからどうなるのかまだまだ読めません。


それに、なんと来週も手術を?
副院長に据えて、もう臨床はさせずに閑職に追いやるならともかく…何故(><)更には避妊せずに子どもが出来たとな??育つまでずっと無資格で居られると思ってるのー??


看護婦明子と密室エレベーターで言い争いながらも、混雑して密着すればやはり身体が互いを覚えている2人…!!こっそりふれ合う手と手にはドキドキしましたよー(><)
明子もまだ好きなんだと分かるし、三郎も「利用した」と言われて否定してしまう腰砕け←そこは、君なんて好きでもなんでもなかったって嘘でも言わなきゃでしょうが。
あああ、どうなるのー 

「雲の階段」5 ☆☆☆

ついに結婚。いやいやいや……。


医者のふりをしているだけでもオオゴトなのに、そこに実母を巻き込みましたよ。

「何も知らないって言ってたらいいから」じゃないよー(><)

実母はそれでも何か上品なのだけど、叔父さんおばさんの下品さは、これからたかられそうで冷や冷やします。

そして悩んだ末の母からの言葉は

「人殺しにはなるな」

もしもの場合には無様でいいから逃げて来い、と。とんでもない息子に贈るせめてもの母心です。


なのに、なんでリスクの高い患者を受け入れるんだ三郎~!

「患者と自分、どっちを助けたいんだ」

なんて正論を吐いている場合ですか(><)心停止の患者にマッサージをしながら叫ぶ

「戻って来い!」

が、これほど切実な場面を私は知りませんよ。


別荘で酔って、金持ちにからむ姿はコンプレックス丸出しだったしなー。そんな飾らない、仮面をつけてない三郎が好きなんだと亜希子お嬢さんは言いますが……そいつ、偽医者ですから!残念!


そして、披露宴に乱入するでなく、病院に看護師として正式に雇われて現れる明子さん。ひー(><)

『何を考え、そして何を考えるのをやめてしまったのか』

三郎から明子へのこの独白の表現、島で明子から三郎に向けても使われていましたよね。さあ、一度は愛し合った同士がどうすれ違って不幸になっていくのか。

(医師免許は、まだ事務所に提出しないままなのか?)

ハラハラドキドキ、来週が待ち遠しいです

「雲の階段」 4 ☆☆☆

うわー、取り返しのつかないことにー(><)


島から出て、やっぱり東京に行ってやっぱりお嬢様の大病院を訪ねて、どうぞ就職してどうぞ娘の婿になって、ゆくゆくは病院を継いでもらっても良いのかとぐいぐい来られてますよ。

「どこの大学出身かね?」

うわー。

3流医大、村木所長の母校を答えたおかげで一流医院には同窓がいなくてとりあえずはセーフ……って、問い合わせされたら終わりじゃない(><)

「私のこと、嫌いですか?」

うわー。

ここまで外堀を埋めておいて攻めるかw すぐ暮らせるようにと夜景のきれいなマンションに家具寝具、酒までがっつり準備しておいて、帰りたくないオーラ放ちながらw

君にははっきり伝えなくては……の前置きで立ちあがる三郎。そのまま「医者じゃない」とも言い出せる流れかーらーのー抱きしめ!「好きです」!ああああ、もう立派に詐欺だからー(><)


しかし、スーツと時計をプレゼントの時にも思いましたが大病院の財力ハンパありません。あのマンション、賃貸だとしたって何百万円かけてるのやら。


三郎の実家は貧乏暮らし。

婿養子で結婚だと母(加賀まりこ)に持ち出す三郎なのですが…いつか両家顔合わせとかあるでしょう?息子が医者のわけないと知ってる母と、大病院側を会わせられるの?


明子からの電話で、出来ちゃった結婚なんだと早合点して喜んでいる母(そりゃ、そう思うよね)

嫁は別の娘で妊娠してなくて、しかも自分は偽医者ですとかってどの口で告げるんでしょう。まさか実母は殺さないよね(><)彼の過去が分からないので、どこまでがアリなのかも……。


そんなこんなの間に、お偉いさんのオペもしちゃったし。

明子は流産&失踪(ナレーションは「死んだ」と言っていますが…)、かえって三郎には好都合に動いているのはやはり『強運』なのか?

島に来て、村木医師には全てを告げる三郎。

皆には迷惑をかけませんっていうけど、バレたら「騙されてました」では通らないよねえ。

他人に流されていた島での偽医者生活と違って、能動的に騙し始めてからはハラハラします。何話で誰にまずバレちゃうんでしょう。バレたらあの屋上から跳んでしまいそう(><)



一方の診療所の正規医師が、すっかり大人しくなってナースのいいなりだったのに笑いましたw

「雲の階段」2 ☆☆☆

相川三郎にも欲があったんだ……!!


電話をすれば「お金ならないわ」と無心だと思われる(><)そんなつつましげな実家に帰省の筈が、ほんの偶然でセレブな世界を垣間みた三郎の、瞳が燃える。 意志なく流されてきたという三郎なのに、辞めたい筈だった医者を装えば、この世界に居られるのかもしれないと思ってしまった瞬間だったのでしょうか。


島にずっと居たい、と明子に言った言葉もその時には真実だったんだろうけど。

島に生まれ島に育ち、島に戻っての暮らしが当たり前で幸せだと思う明子と外から来た男の想いはやっぱり同じ方向は向いていませんよね。


命を救った小娘にポンといい服を誂えてもらい、父親(内藤剛志)も来て良い店での食事、高いだろうワイン医者同士の会話。学会かね、去年の◯◯教授の講話は聞いたかい?

『聞きたかったんですが、時化で船が』

と話をあわせてしまう三郎。嘘に嘘を重ねても無理がでるだけなのに…。

その頃島には、新しい『本当の』医者が来る手配がすすみ、村木先生は倒れるという緊急事態が発生!

それは『若先生』の居場所がなくなることを意味していて…まさか本気で東京の病院で勤めたりは…(><)


1話と話のベクトルが変わってきた様ですが、俄然面白いです。この先どうなる?


「QUIZ」 9〜最終回 ☆☆☆

 くいずです。あなたのほんとうにだいじなもの、なーんだ。

 このエンドで呆然。これがやりたかったのかー。
憎しみは自分の内面から生まれることに気づき、「ほんとうにだいじなもの」に気づけば新しい日々が訪れる・・・・って、そ、そんな健康で健全な話だったんですか?あれだけの人が傷ついて死んで人生狂っても??
 そして金はどこに??

 真犯人に関しては、最終回の前でほぼ明らかに。少なくともアンフェアではなかったな。
そう・・・「無茶」ではあるけど、「無理」ではない犯人像??
 むしろ、あのキリコが真相を知っても殴り倒さないのが不思議でしたよ(^^;;;) 私なら大激怒だね。

 そして逮捕後、すっかり元の生活を取り戻した家族達の休日・・・・・・に、
『えー、嘘くさーい』
と呟いていたら、生瀬さんがそっくりそのままセリフにしてくれていました。あれだけの事件、元に戻れるわけないじゃないですか。
 でも、日常は続くし、また別の事件は起きるわけです。

 生瀬さん(ついに役名覚えなかったゾ)の恋は現在進行形♪
でも、白砂さんの方が分がいい様ですよ。・・・・あの後本当に3人で呑みに行ったんでしょうか。いえ、どうでもいいんですけどね。 でもそこを強調してドラマが終わるんですモン(^^;;;)
 ずっと、この事件が終わったらキリコは刑事を辞めるんじゃないか、犯人と差し違えて終わるんじゃないかと思っていたので、平和なラストはかえって驚きでしたよー。
 放映時にどう迎えられた最終回だったのか、知りたくなりました。
 ああでも、面白かったです。

 黒服でメガネのオヤジ、あの人の存在が謎です。警察のエライ人じゃなかったの??その辺、機会があったらやっぱり一話から見直してみたいです。

 内山理名の正体、キャスティングに唸りました。いや、確かに似てるよ。
そしてもう1人似てるといえば、生(天才:神木くん)くんのお父さんがココリコの遠藤に・・・・。

 同じ時間枠で「ケイゾク」が始まっています。ゾクゾク。

「QUIZ」 ☆☆☆☆

 何コレ!メチャ面白いやん!!

 午前中の再放送枠に、生瀬さんが出ているというそれだけの理由で5話だけど観てみるかーと録画したら!!犯罪捜査ものでした。
えー?クイズ番組の話じゃないの??しまった、一話からちゃんと見ておくんでした。

 ヒロイン財前直美がナイフ常備で目撃者を脅す、イカれた刑事さん。
小学生誘拐事件の犯人が、ネットやメールで接触してはヒントをクイズで出してくるのに振り回されていて、苛立つほどに凶暴に(^^;;;)

 あちこちの監視カメラだの盗聴だので情報は筒抜けな様子。
瀕死の重傷を負った内藤剛志も、運び出したらいけないと犯人に脅されているらしいのですが・・・。

キリコ(財前)と生瀬さんの連係プレーで、監視の目を10秒かいくぐって白砂(内藤)を助け出す場面では手に汗にぎりましたよ!!!!!鳩、GoodJob!!!
(温水刑事のぽっぽっぽー♪も好き)

その後8話までみたところです。
内山理奈の役どころは何?だから犯人は誰??え、火事?
ていうか白砂さん、せっかく助けてやったんだから安静にしてください(涙)

8話では、キリコの過去だの能力だのを初めて聞かされてびっくり。
仏頂面で凶悪なキリコにも、こんな可愛い頃があったなんてー。
「お水の花道」だの、行き遅れOLの話だのと、陽気で騒がしい財前は魅力的だと思ったことが一度もなかったのですが・・・・キリコはいいのよー。素敵だぁ。

で、肝心の生瀬さんはというと見事に生瀬さんで、シリアスもいけますがそこはかとなく笑いを誘う感じ。ええ、カッコイイですよ。5千万円の家を独身なのに買ってるんだそうですよ。
大けがを心配されても迷惑がるキリコに
「お前病院行って・・・性格直してもらってこい」ホントに。

このまま最終回まで突っ走ってくれてるんでしょうか??
ちょっと検索したら結果みられそうなだけに、誘惑と戦っています。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ