ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

内田有紀

「まんぷく」19~24 ☆☆☆☆

嬉し恥ずかし新婚生活☆ ……をすっとばして1年後orz
「ふ、福子さん」から「福子」「お前」に変わる途中も見たかったのに~。まあ1年たっても十分ラブラブで、義母鈴からの「体が弱い」「子供はまだか」攻撃だけ遠い目でやりすごしての、嫁姑ならぬ婿姑ホームドラマが繰り広げられております。そして天王寺空襲、疎開。

朝ドラ史上1親切な疎開先、上郡村は素敵なところ!
萬平の遠縁はあたたかく、きれいに掃除された離れに歓迎されご近所に野菜ももらえて囲炉裏で煮炊き、近所の川には魚をとって遊ぶ子供達。天国ですか。ただし離れに電気は通っていなかった……のに、早速特技を発揮した萬平さん、電柱から直に盗電で灯はともすわ、川で感電漁はするわ(^^;;;;;) 子供達の人気者になり、大量の新鮮な川魚を囲んでまた婿姑コントも観られましたが、村の大人からは注意される一幕も。それで電気を扱うことが周知され、村で重宝されるのか……と思いきや、そんなことはありませんでしたね。むしろ

『謝る理由がありません!』

と意地を張るとは、萬平の意外な一面をみてしまいました。いや福子を想ったら一途、戦時に兵器を作らない、憲兵に屈するぐらいなら死んでやる、と頑固の片鱗は見てましたけどw この時代兵役にも行けず、のんびり療養だけ期待されて手持ちぶたさな中、やっと発揮できた才覚を否定されたように思えたのかもしれません……。

その後も見た目には穏やかにスローライフ。腹膜炎で死に掛けたときは村人総出で心配され、さすがの鈴でさえお百度踏んで。峠を越えたときには皆に無事を喜ばれて。二度目の赤紙でやはり戻されても、誰に馬鹿にされるでもなかったのにね。鈴以外には。まさかの機銃掃射をきっかけに

『俺はなんの役にも立っていない』

と絶叫、咆哮、慟哭する萬平さんにこちらも驚愕。そ、そんな風に思っていたなんて……。そしてこの週の、平穏で事件の少ない幸せな田舎暮らしそのものが長い長い前置きになっていただなんて。やはりことあるごとに虚弱だ、情けないとチクチクいびられ、家長は自分と言い放つ義母がいて、激痛で苦しんでいても兵役逃れの仮病扱いにされたら、いくら温厚な人でも募る鬱憤がありますよねえ……。

それでもいい、貴方に生きていてほしい、『お国のために』は兵隊以外の道でも尽くせる、と励まし、寄り添う福子。なんかもう、夫婦といえどもこのご時世にその密着、人目もあるのにいいのかしらとハラハラしつつも、ふたりの絆に見とれる名場面でした。

しかし本当に今週は鈴さんが濃かったですわ。
全力で婿下げ、子作り連呼、夢枕の咲のお告げを振りかざしての疎開拒否(^^;;;) ラブ全開の新婚といて、軽んじられてる気になるのはそりゃ分かりますけども、婿と競って福子を取り合わなくても……。そして萬平の伝手で上郡に疎開できて良くしてもらってるのに、その親戚に萬平の愚痴を言っちゃだめでしょう~。挙句、咲のお告げが『これで福子も未亡人ね』とブラックになったら、途端に仰天して否定。福子の婿を、萬平さんを助けてくださいと神頼みに励むところは憎めないのですが。近くにいたらしんどい人だと思います……(^^;;;;;;)

そんなわけで、今週は医者を呼びに山越えて走ったぐらいしか活躍してない福子(上郡町トレイルラン福子杯の開催をぜひ!トレイルラン好きの旦那とエントリーしますw)次週は鈴さんを押しのけて、もっと話を動かしてくれるでしょうか。舞台はもう東京に戻って、戦後になる様です。
食べ物に執着する心の闇を、役立たずだと卑下した心の傷を、癒す発明を萬平はできるのでしょうか。そうそう恵さんは牧さんとご結婚でしたよ。先に兵隊に行った野呂さんは、復員してそれを知るんでしょうか~!!世良は、義兄たちは無事ですか〜!


「まんぷく」1~18 ☆☆☆☆

いやあ、ハマってます。朝ドラ「まんぷく」!
大阪が舞台で、ロケ地にも馴染みがあって……。でも五代さんも「わろてんか」も結局見てないんですから、それだけじゃ理由になりませんよねえ。我が家的に今回は、子役時代なしが大きかったかと。

18才のヒロイン福子(安藤サクラ)と未来の旦那萬平(長谷川博己)が1週目にして早速出会い、3年後の再会から一気に惚れられて職場で大告白になった土曜日6話ではもうすっかり前のめりでキュンキュンしてました。

福子の母鈴が松坂慶子。姉二人が内田有紀に松下奈緒ですよ。まあ美形家族に囲まれて一人地味……とつい心配したのにw 可愛がられて育った末っ子、まっすぐ育っています。「私は武士の娘です」を口癖に見栄を張る母が、貧乏になっても通わせたお嬢様学校で、堂々と貧乏弁当を開いて食べていた福子ちゃん。得意の英語を活かしてホテルに就職。電話取次ぎオペレータとして、慣れない仕事でうっかり違う電話を外人さんにつないでしまいますが、謝罪に行った英語を褒められて受付に昇進です☆
なかなかやる子じゃないですか。それに『受付はべっぴん、そうでない子がオペレータ』という先輩のからかいが、きちんと否定されて気持ちが良かったです。
更に、その外人さんに繋がれちゃった電話をかけたのが未来の旦那様。立花商会の立花萬平さんなんですよ~。まさに運命。

その後も、長姉咲(内田有紀)の結婚披露宴の出し物にと、当時は珍しい幻灯機を借りに行って顔を合わせる福子と萬平。
親族関係者が集う結婚披露宴に技師として立ち会った萬平同様、視聴者も家族に親しみを増し、マシントラブルの間アドリブで繋いだ福子の機転に感心したり、家族の絆に心温まったり。宴後に福子が渡そうとした礼金を、『いいものを見せてもらった』からと受け取らず笑顔で去っていく萬平は、人の良さと儲け心のなさを強く印象づけていきました。もう、どの場面をとっても楽しい上に無駄がなく後のために必要で、主人公たちをどんどん好きになるんですよ。ここまででまだ4話、木曜日!
金曜には3年後。
協同経営者加地谷(片岡愛之助)と共に商工会議所のパーティでホテルを訪れた萬平は、しっかりお仕事中の福子と再会します。これも、朝ドライメージなら失敗したヒロインが飲み物ぶっかけて、しかも乾かす間にズボン焦がしそうですが、今作はこぼすの萬平だしw すかさず別室でアイロンをあてる福子さん、あの結婚式の時の方、と世間話をしながらもきちんとお仕事。焦がしませんよ!お仕事できる子ですから! むしろ、もう営業そっちのけで福子の方ばかり見て、結婚はまだと聞いてあからさまにホッとする萬平さんこそ、まさに朝ドラヒロインで……可愛いすぎるでしょう…。
そして土曜、日米開戦の報を聞いて思わず、職場のホテルに飛び込んで福子を探し『おつきあいしてください!』って!!えええええー!

あまりのスピードに、いつ惚れたんだと我が家で家族会議でしたが。3年前、当時設定18歳の福子は印象は良くてもあまりにお子様だったんでしょうねえ。萬平は10歳年上ですし。それが21歳の働く女性として大人になって目の前に現れたら一目惚れだったのでは←どうでもいい考察w 厨房の缶詰くれる兄さんなど対抗馬も(馬に乗ってくる歯科医もw)いつつ、結婚相手は発明家の萬平で将来チキンラーメン作ると、分かっているので恋愛ライン早いのは無駄がなくていいですね。

2週目は、大公開プロポーズしたくせに「忘れてください!」と去った萬平が、また同僚も通る職員通用口で朝から「結婚を前提におつきあいを」とせまり、福子も即答「はい」ですよ、きゃー☆
火曜には嬉し恥ずかし初デート。ぎこちなさすぎて途中から互いの身上を語り出しているところも微笑ましく&視聴者に優しく、かつ相手を気遣ってラーメン食べる箸を止めたり、どうぞ食べてと勧めたり、性格描写にもなっているところがまたまた無駄がない脚本、素晴らしいです。そして3年前の間違いオペレータが福子と判明し、縁がありますねと浮かれる萬平氏、また可愛い!福子も、当初あんなに地味に見えたのにどんどん可愛く見えてくるじゃないですか。
こんなに幸せなのに、咲姉が結核で倒れ『治るまで会わない』と誓うことになり、皆の願い虚しく亡くなって(涙)福子と萬平まで会えなくなり……。でもむしろ愛妻を亡くした義兄真一(大谷亮平)から背中を押されて再び萬平に会いに行き、ああ、やっと相思相愛に~とドキドキ見守る中で踏み込んできた憲兵に連れ去られる萬平氏。横流しってなんですかー!

いやまだ12話、2週目なのに、どっぷり物語に浸かってるんですけど。そして、物資を横流しして金を稼ぐだなんてあの立花萬平に限って絶対にありえないと確信してるw 素晴らしいw

3週目は憲兵の拷問(><) 痛めつけられながらも無罪を訴え続ける萬平さん。『大切な人のために生きろ』と牢仲間に励まされ、思い浮かべるのは福子……!!
一方、目の前で萬平が連れ去られ抜け殻の福子は深刻でありつつも、姉を亡くした悲しみと思い込む母と話が食い違い、求婚合戦に悩む同僚恵さん(橋本まなみ)とも食い違いと、ほの可笑しさは忘れません。そのうち、同級生×2と恵さん、恵さん求婚者缶詰野呂&歯科医牧善之介の計5人とと福子応援隊は膨れ上がり、泣くばかりの福子をつれて実家に押し寄せてはくれますが、母の反対にも萬平の苦境にも、助けにはならず。萬平の共同経営者加地谷にも、自称親友世良(桐谷健太)にも憲兵にたてつくのはと断られ、なんと大阪商工会議所のトップ三田村(橋爪功)相手に『立花萬平は大阪経済の宝」と大演説をぶつ福ちゃん(^^;;;;)
接客中のホテル従業員という薄い縁ながら、まず会長を褒め、世相のやりとりで褒められと距離の詰め方が素晴らしいですしw 福子と再会したパーティで、ズボン濡らす前にちゃんと萬平が会長にプレゼン出来てたからこそ『ああ、根菜切断機の…』と誰だか分かってくれましたし。いつも通り会長にすり寄りに来た世良が、またまた手のひら返して、萬平救出に尽力を約束してくれる下りはいっそ清々しかったですw(「一緒にラーメン食った親友や」から、「ラーメン食っただけや」と逃げてたくせに~)
そして萬平さんは釈放され、憲兵と組んで萬平を犯人に仕立てた真犯人加地谷は行方知れずの逃亡者に……。でもそんな加地谷を恨みもしない萬平は
「世良さんは命の恩人です」
と言わせに毎日くる世良と、毎日弁当持ってくる福子の看病で日に日に元気を取り戻し……ぎこちなくも愛を確かめ合い☆ ついに母の許しも勝ち取って、見事夫婦になったのでした~!

ああ、濃いい18話でした。芸達者な演者たちと巧みな脚本に翻弄されながら、月曜から土曜まで毎日幸せです。

嬉し恥ずかし新婚生活はかなりすっとばして1年後から始まった4週目ですが、それでも破壊力充分で毎日ニヤニヤさせられていますよ。そして土曜にまとめて見る旦那とは、また初めて見るような顔で一緒に見てキャッキャうふふしています(^^)
みんな大好き萬平さん。福子や世良は言うまでもなく、萬平を殺しかけた加地谷ですら動機は、才能が眩しくて思い通りに動かせずに妬ましい…と、要は好きすぎたという(^^;;;) 唯一、義母となった鈴が、会社員じゃない自分が選んだ相手じゃない身体が丈夫じゃないと敵対していますが、そのうちほだされていくんじゃないでしょうかw

今度撮影場所になった同志社に行くんだ〜♪ 

映画「斉木楠雄のΨ難」 ☆☆☆

ちょーくだらなくて大満足w バカップル両親(田辺誠一&内田有紀)可愛かったし、ヒロイン橋本環奈の変顔にもお腹いっぱいです(^^)

生まれながらに超能力全開の主人公、斉木楠雄(山崎賢人)は、勤めて普通に暮らそうとしているのに、バカすぎて予知ができない級友や自信過剰ヒロインのおかげでトラブルの連続。平和な文化祭(の、間にフケて行く恒例の温泉一人旅)は守られるのか?
いやどーでもいいしw

終始真顔で淡々としか喋らせてもらえない山崎賢人。漫画の実写化というと駆り出され、もう代表キャラなんてあって無きが如しになってますがw 私の中ではこのピンクの髪と変な制御装置が一番似合ってました。 あと新井浩文のケツアゴ特殊メイクねw
エンディング、撮影現場写真では笑顔がみられてなんだかホッとしました。 

「ナオミとカナコ」最終回 ☆☆☆

えええええええ、こうなるのかあ

そりゃ確かに、人を殺しておいて「人生プラスにしなきゃ☆」は許されないけど。追いかける探偵と陽子姉が好ましく描かれていないのもあって、逃げ切れ!とナオミとカナコを応援してしまいました。警察から華僑の弁護士が連れ出してくれるところなんて、拍手喝さい!解任したから明日の予定もしーらないって、最高w

水の綺麗なところで子供育てて。幸せになってほしいなあ。

リンさんと再会して紹興酒飲むのね。
あ、そういえばリンさんも日本出てなかったよね、どうするつもりでしょう。全部お前のせいなんだからな!愛の力で戻ってくるにしろ、せめて2、3ヶ月は待てなかったものでしょうか(病気のお母さんも、まあ回復の早いことw)

これが陽子側から描かれていれば、探偵さんなんてもう正義感の塊で追っているイケメンでしょうにね。ヒロインとのラブもあったりして?でもこのドラマで見ると胡散臭くて、邪魔でw 他の仕事をしている様子もなく、余程お手当弾んでもらってるんだろうなあ、なんて。
二人で羽田空港まで追いかけてきて、タッチの差で搭乗手続き終了の電光掲示。陽子の慟哭はわかりますけれども、探偵が「くそ!」と声を荒げたのには驚いてしまいましたよん。え、そんな勢いで追っていたんだって。

そして弁護士の手配といいメッチャ助けてくれた李社長。
『二人とも私の妹あるよ!』
には惚れそうでしたw 抱きつかれて『私モテモテ』『いい匂いする〜』も可愛いw しかし、殺して埋めたことも承知で手を貸すなら、偽名パスポートぐらい……別料金だったのかな(^^;;;)

喧嘩別れもしそうになった二人でしたが、最後に空港で、巻き込んでしまったことをカナコが謝り、後悔していないとナオミが言い切るやりとりがあったことで、逮捕されたとしてもこれで良かったんだと思えてホッとしました。
いや、殺してるからダメなんですけどね。
無事通関して、笑顔で光に向かっていく二人。
暗闇のサイレン。
振り向く陽子の不安げな顔が、ほほえん……だのかはっきりわからないところでエンド。うわー。

死体もでて、おそらく逮捕されて。センセーショナルに報道されるでしょうけれど、あの二人なら手を取って生きていけそう。陽子さんの方が身内のスキャンダルで出世に響きそうですが大丈夫なんでしょうか。探偵社に雇ってもらったらいいかも……。


「ナオミとカナコ」9 ☆☆☆

ついに警察が~!逃げきれなかったなあ。

リンさんを日本から出そうとするも、盗聴器のせいで陽子さんが空港に現れてしまいチケット渡せず……て、迷子なんてほっといて速攻行けば……うーん。その場合やっぱりリンさんとナオミがセットで目撃されてしまい、それも問題だったかも。ホテルでチケット渡せばよかったのに。
それにしてもリンさん、あれだけ服部達郎のサインを練習して、服部達郎のパスポートで中国に戻ったというのに『達郎』と呼ばれてすぐ逃げてくれないってorz  いい人過ぎるのも困りものです。

監視カメラのデータが残っていたと、警察の指示もないのに陽子さんと探偵にみせちゃう管理会社。ダメでしょう……。
夜に戻ってきた旦那が、朝出て行った映像はなく。代わりに大きな袋を運び出し、空にして戻ってきた女達。こ、これを一緒に見ていたオペレータの心情も察して余りありますw 浮気の証拠どころじゃないでしょ、やばすぎるでしょw 
しかも、真相を察した陽子がカナコに迫ってきたのは自首じゃなくて自殺。これって脅迫ですよ。同じ脅迫でも金品を強請る奴だっているかもしれない。ほら新たな犯罪を呼ぶから、勝手に見ちゃダメなのに。
しかし母は強し、知らぬ存ぜぬでとりあえず乗り切ったカナコの元に、仲違いしていたはずのナオミが、さあ一緒に逃げよう!とやってきてくれたのですが…ジャストすぎるタイミングで警察が到着。二人別々に尋問されたら、果たしてきちんと筋の通ることが言えるのか。もううまく二人で逃げ切って赤ちゃん育てて欲しいのですが。
李社長お得意の「嘘をつくなら、本当にするつもりで」、父親のことで嘘をつき通せとここで使ってくるとは思いませんでしたよw どれだけ李社長に人生励まされていることかw

そうそう、陽子さんを襲ったのは達郎の元カノでした。DV被害で恨んでいたって。もっと早く、本人に当たれよとは思いますが、せっかく今姉を狙うなら…ほら…もっとちゃんと……(^^;;;)


「ナオミとカナコ」8 ☆☆☆

ついに女の友情に亀裂が……(><)

夢に見ていた美術の仕事もおろそかになる程、必死にリンさんを探していたナオミ。それだってカナコのためでもあったわけなのに、内緒にされていたショックで平手打ち。「信じられない」と謝罪や説明も聞かずに走って出て行ってしまいます。
だよねえ、言うべきだったよカナコ。
話し合っていれば、リンさんを上手く遠目で見せて陽子を諦めさせる策もあったかも。
せめて居場所を知ってる、探し回らないでってことぐらい言えていたらねえ。でも『始末するしかない』とまで口にされたら、リンさんを殺されかねないと思うのもわかるし(実際一度やってるだけにw)、元から利用しているだけのカナコより気持ちが通じていた情もあるだろうし。何度も言おうとしたのも見てるこっちは知っているから切ないです。

そんな二人の傍で、私は知っているのと半端な情報を振りかざす道化の陽子さん。
ナオミが愛人で、カナコがかわいそうな寝取られ妻でw でも、そんな都合がよかった誤解もどうやらもう終りです。盗聴器であれこれ聞かれちゃったらなあ……どこまで電話でしゃべってましたっけ。『殺した』とは言ってなかったと思いますが……。

来週、あのリンさんに会ってしまったらさすがにバレてしまうでしょう。賢い人ですもんね陽子さん。ナオミが職場で信用を無くす一方で、陽子さんはきちんと仕事をこなしていたことは印象深かったです。

キレる李社長の怖さも見えた今回。でもまだ味方の側にいてくれてるのかな。
最後どうなるんだろう。


「ナオミとカナコ」7 ☆☆☆☆

でた、管理規約。
うちのマンションでも、警察が動いてないと見られないですよん。管理人さんと誰かだけでみてて、例えば関係ない不倫を目撃した末にゆするようなことにでもなったら責任とれないですもんねえ。
そして「達郎さんは戻って来る!」と言い張って義姉を撃退するカナコw ある意味妻らしい、夫寄りの意見でもありますからぐうの音も出ませんよね。仕事を始めるのも、達郎さんが帰ってくる場所を守る為とか言えばいいとはナオミのナイス入れ知恵です。

そして探偵依頼!

そしてまさかの達郎からの電話ー!

これ、中国に行ってからSIM抜いて捨てるはずの端末をリンさんが持ったままってことかと思ったら。単に無言電話を母の勘で「達郎でしょ?」だったので逆に驚きましたが、そこは母の愛ですね。でもその可愛い息子はDV野郎だったのよ……orz

李社長のところで働き始めたカナコは、日本語の商品説明をつける提案などして順調ですが。なんとなんと妊娠(><)

それだけでも十分どうなるかーと思っていたのに、李社長がやってくれましたw
まあ「服部達郎を」と言わずに「この人を知っていますか」とリンさんの写真をみせた陽子さんのせいですけども。 もちろん知ってる、上海にいる、だけならまだしも。ナオミがずっと好きだった☆って、嬉しそうに余計なことをw
しかもATM周りの別角度映像で、横領金を引き出したリンさんに付き添っていたのがばれてますから。もうこりゃ『不倫相手がカナコ』ってことに陽子さんの中で決定w 親友の夫と不倫w 世間的にはあるあるですもんねえ。

その上、最後はまさかの…リンさんがマンション前に!

「あなたに会いたかった」
じゃないよー!台無しだよー!さすがにリンさん自分のパスポートで来たんだろうけどさあ、一体どうなるの?

まだまだ盛り上がってますよ!

「ナオミとカナコ」6 ☆☆☆

さあ、自由を謳歌しましょう! と、ばかりに温泉でキャッキャうふふのナオミとカナコ。……早すぎですw

世間的には旦那はただの失踪中。横領は発覚したものの、まだ連絡があったり万が一戻ってきたりするかもしれず、嫁こそ率先して
「主人がそんなことをするはずがありません!」
とか泣いてなきゃいけないでしょうにさ、旅行している場合じゃないでしょう~。

案の定、達郎姉が怪しんで動き出します。
出世が決まってた(やっぱりねー)のに、失踪なんてするわけがない。するつもりなら、顧客に細かい投資計画なんて渡さない。中国語ができないのに、なぜ北京に行くのか。どれもいちいち、ごもっともですw
銀行の同僚も、計画があまりに素人くさいと姉の味方。確かに、ATMで引き出すなんて顔は写るわ、金額制限はあるわ。達郎本人が金をおろすためなら使いませんよね……。

しかし!隠蔽体質の銀行は、もう達郎の横領でいいやってことで調査打ち切り。警察には内緒で処理。2ヶ月休暇の間に現れなかったら解雇だよーんと言われて、服部一家は激怒しておりますがナオミとカナコはホッとしてるよねー。


小細工で演技などしてボロを出すより、黙って受け身でいるのは得策と思いますがそれにしても、浮気とか失踪の可能性を匂わせる何かは工作しておくべきだったかも。夫婦仲の不調ぐらいは、素直に言ってもよかったかもなあ。ああ、どうすれば義姉をごまかせるのかしらんと、すっかり二人の味方なのですが、どうなるのかなあ。
マンションの防犯カメラ映像をみれば、と義姉が言いだしましたが、あれは警察が介入しないと公開しないのでは。映像が上書きされちゃうまで2週間だっけ?そこまで持ちこたえられるのやら…。仲居さんがいうように、お天道さまは見ているのかしら。
 

李社長を頼って、カナコが就職ナオミが転職するのは良い考えだと思いますが、さて。

「ナオミとカナコ」5 ☆☆☆

ええええ、達郎は土曜の休日出勤後に失踪って設定?空港で見送ってるのに?日曜もカフェご飯、外泊された妻とは思えない楽しい行動してるのに?変でしょー(^^;;;) 
ついでに言うと、外でもリンさんと呼ばずに『達郎さん』と呼ぶべきだったと思うのよ、

いざ首を絞めるカウントダウンに姉陽子の電話!目覚められジタバタ暴れるところに思いっきり紐を引くという修羅場に……orz 
つい手を離すのがナオミで、叱咤し紐を引くのがカナコだったのが印象的な場面でした。その後もテキパキと行動し、主導権はカナコに移って行くんでしょうか。まあ当事者だから当然といえば当然。
とりあえずDV野郎が消えてカナコが生き生きし、リンさんも故郷に帰れてよかったよかった!

でも姉陽子はその後も、横領失踪なんてありえない
「『殺される』と言っていたのよ」
と迫り、カナコは冷や汗を垂らしますが……絶対これ『妻に殺される』じゃないでしょ。昇進が決まってたかなんかでしょう?激務すぎて殺されるーって嬉しい悲鳴でしょう?知らんけど。
一方のナオミは痴呆の斎藤さま宅に呼び出され、銀行の人に達郎横領を匂わせますが、斎藤さまは見るからに金融商品勧めちゃだめだよね状態。「お米の人」で思い出してくれるかな、それともこの状態に気づいていなかったで押し通すのかな。

二人別々に追い詰められて、どうする!で今回は幕を引きますが、予告ではもう疑いが晴れて自由の身(^^) あのリンさんがお金下ろしてる画面が出てきたら、疑いも晴れるよねそりゃ。 

でも、空港で見送ってる場面、それもリンさんがお辞儀してるところが出てきたら妙だって話になるし。土曜の朝マンションから出て行ったのはナオミとカナコで達郎さんがいないんだってば。埋めた帰りにリンさんを車で迎えに行って、スーツで鞄持って出て行くところを見てもらうんでしたよね。
そして殺したと確信している李社長w このカードの動きが案外鍵になるかも、いざという時助けてくれるのか切り捨てられるのか。そうですよこの話、逃げ切ってヤッターになるのか捕まるのか、もしかして友情に亀裂が入ってしまうのか?
ハラハラドキドキです。 


「ナオミとカナコ」4 ☆☆☆☆

レッツ、殺人リハーサル!
墓穴掘りキャンプもそうだったけど、目標にむかって準備する様子がめっちゃ楽しそうで、楽しく見守っているうちにどんどんと計画の成功が当然に思えてきます。
旦那寝ているとはいえ、在宅中に電話で殺し方の相談w ロープにしよう、と通販で買い込んだのは綺麗なブルーで「いかにもだと気が滅入るから」って w その他死体を入れるバッグ、旦那と同じ70kgを運ぶためにケース買いしたビールと、必要なものはいろいろあります(その体重の話題から、カナコは結婚して7kgも痩せたと具体的な不幸話になるのも上手い)

更に、いきなりの実行はせずに予定と同時刻の深夜にリハーサルが行われます。タイムも計測。さすが仕事のできる女ナオミ。
趣味よくライトアップされ居心地の良さそうな寝室で、旦那の首の代わりにロープで締められてるのがまた可愛い枕でギャップが凄いです。そして

「3分は絞めないと蘇生する」とカナコ。

駐車場までコロで運んだ荷物も、車に乗せるのは重労働で「滑車がいるね」など、冷静な分析に、本来のカナコが自立した優秀な女性であることが分かります。本当に、こんな素敵な人をなんでサンドバッグ代わりだけにしたんだか。でも縊死を調べて、ロープ通販したパソコンてw 履歴はちゃんと消せてるんでしょうかw


身代わりのリンさんも無事ホテルに保護して、お客様からの横領も無事成功!
さあ、後は金曜の夜にキュッと絞めるだけー! と思ったら、突然の出張が入るとは。しかも同行者が達郎の姉だとは(^^;;;)
独身の美女があんなに行きたがってない週末の出張なんだから周りも察してあげましょうよ、まさか殺人予定とは思わなずとも、「デートでしょ」とか要らない時には勘ぐるくせにね。てか、お客様の大型犬預かってるのも部長も知ってるでのにw 酷いw

そんなわけで、ナオミと達郎でビジネスランチのはずが、カナコが現れたらグチグチ言い出す達郎。妻に食わせる高級ランチはないのね…。挙句、帰宅してさらに殴られましたからね。これは視聴者もカナコも『殺していい』と、決意を新たにする機会となりましたよ。リンさんとの食事は、安食堂でもあんなに安らげて美味しいのに。
益々、達郎よりリンさんに幸せになって欲しくなるじゃないですか。

でもなー、李社長の車にうっかりスコップを忘れたのは痛かった(><) あんな殺せ殺せ言ってたくせに、スコップ見て無言って逆に怖いじゃんw 
そしてもう一人、達郎姉が何か疑っているのか、それとも。達郎が「俺、殺されるかも」と電話してたのは、姉相手だったのでしょうか。部長の呼び出しで注意されてショックとか?昇進が決まって同期にやっかまれるとか?まさか妻がロープ注文してたからじゃないよねw

さてさて、ついにロープも首に巻き、絞めるばかりの時にかかってきた電話!
来週どうなるー(><)


「ナオミとカナコ」3 ☆☆☆

丹沢女子会キャーンプ♪ キャピ☆
殺した後、について前向きに準備を始める2人。まだ若干迷いのあるカナコでしたが、必要なものを提案したりと受け身一方でもなくなってきましたよ。ペーパードライバー返上で山道を彷徨うのも、死体処理の下見のため。人間目的があるとすごい力が出るものです。
しかし慣れない山道。通りかかった二人は辺鄙ないい場所と思っていても山の管理者だの山菜摘みのおばちゃんたちがよく通る、むしろ穴なんかすっごく目立つ場所だったりしないのかなー(^^;;;) 成功して欲しいので心配です。

痴呆症の奥様を達郎に紹介するナオミ。
なるほど、達郎が横領をして海外逃亡したように見せるのね。多少うろが来てると達郎も気づいてしまった様ですが、あえて指摘はしてこず……ナオミたちとは違う形で利用できると思ったのかもね。ただ、警察が動かないほどの金額にしようという計画、逆に1000万円じゃ人生棒に振って黄龍せずとも貯金があったりしないのかなエリート社員。

何も知らないそっくりさんは、お仕事の提案を受け『服部達郎』の署名を、利き手でない右手で何時間も何枚も練習します。自分と瓜二つの写真に驚き、その人が生きているのかと問うリンさん。ですよねえ。気になりますよねえ。
「生きてます」と即答のナオミ。う、うん、今はね(^^;;;)

なんにしろ法に触れるのは丸わかり。それでも
「アナタが救われるなら」
と言ってくれるリンさん。あのやり手の李社長と同じ文化圏出身と思えないほど優しくて真面目でいい人です(もちろん口止料200万円も払うしね!)
DV旦那と同じ顔で優しくされたら、殺す気なくなるのはという危惧は杞憂。むしろ『普通』の暮らし、殴られない生活に戻りたいという気持ちがかえって強くなったのでした。

今回は決め台詞&暗転は無し。美しい夕日を胸に刻んで未来に思いを馳せます、その未来は無事に来るのかしら……。でもとりあえず予告で『荷物』は運んでましたよね? ドキドキします!


「ナオミとカナコ」2 ☆☆☆☆

DV旦那の鬼畜度アップ。
雨の中薄着で一晩中締め出しておいて、朝には謝罪かと思いきや「早く朝飯つくって」 はあ? いやいや救急車呼んでいいよ!カナコも震えながら炊事しちゃってる場合じゃないよ! 
その後普通に「いってらっしゃい」と送り出され、妻が逃げ出さないとどうして思えるんだろう、こんな扱いしておいて……。なにが子供がほしい、だ(同期はみんな子供いるから欲しい、というのもまたイヤ)
最後の希望だった結婚記念日に殺されかけ、さすがのカナコも今度こそ、ミチコに絶望のHELPのコールを入れました。ああ良かった。

そこまでのナオミの方は、相変わらず調子のいい李社長に、保証人を頼まれ、じゃあ営業ノルマに協力しろと持ちかけてのギブアンドテイク。この社長の身も蓋もない会話は実に示唆に満ちていてコワイですよね。自分を守るためならコロしてもいい、困ったトキに助けないでトモダチか、屍体は海に捨てたら魚が全部タベルw 決断が遅れたら大事なモノを守れない、失踪にみせかける……。

そういえば、顧客サービスで行った警察では『失踪程度では探さない』と……。DV旦那そっくりさんが不法入国がバレ失職ながら、携帯の連絡先を知り……。

さあ、ゲームの始まりです。

「見つけたよ、あんたの旦那殺しても捕まらない方法」<暗転>

うわー、めっちゃ続きが気になる(><)
少ない登場人物の、それぞれが名演技で配役もバッチリですよね。高畑淳子のやり手ババアw 富司純子さんの上品な奥さま!認知症な奥さまからは経費をひっぱるのでしょうか。そっくりさんは入れ替わって姉(吉田羊)を騙しおおせるのか、でもどこか監視カメラに映させて家出と思わせるだけでもいいのかも。李社長は、ホントに殺したと知ったら強請ってくると思うよw

「ナオミとカナコ」1 ☆☆☆

全国の主婦戦慄! 
果物が傷んだと殴られ、アイロンがけが不出来だと髪をつかんで部屋中引きずり回され、そんな奴の子なんて怖くて産めないよと思ったのがばれると更に殴られるんですよ(><)

と、そんなDVだけ延々とされたら見ていられませんが、1話の半分ほどはデパート外商ナオミ(広末涼子)がガンガンと売り上げる様子のむしろ楽しいドラマでした。特に中国人のやり手ババア(高畑淳子)相手に対等に渡り合って気に入られるところなんて痛快!上海育ちのまさにこんな知り合いを思い出して懐かしいです(彼女は盗みはしないだろうけどw)逞しいんだよねえ。
しかし、今はデキる女なナオミも実は、母を殴って暴れる父に怯えて育っていたのでした。それだけに、親友カナコ(内田有紀)が夫(佐藤隆太)に殴られていると知って許せず、助けを拒むカナコを叱咤激励し、エリート社員のDV夫から逃げる道を探ろうとします。

優しげな夫の佐藤隆太から笑顔が消えにじり寄ってくる、これから殴るぞな時間が恐ろしいです。周囲に言っても、いつもの笑顔で取り繕われたら信じてもらえない気がひしひしします。殴られ始めて1年のカナコが、逃げたい遊びたい的な希望はなにもなく、ストレスで味覚がおかしくなっているのか、もうずっと水が苦い「おいしい水が飲めたら」としか望みがなくなっていて悲壮なんです。

子供のいない専業主婦、引越してきたばかり。近所に知り合いもいなくて殴られてたら逃げ場がないですよね……。 途中、カナコ夫とそっくりの中国人が出てきた時には、商売を偽っていた夫がナオミにばれたと暴れ出すのかとハラハラしましたが……どうやら彼は、これから殺害計画を立てる時のいい駒になりそうですね。
 

「いっそ2人で殺そうか、あんたの旦那」
のセリフでバサッとエンド、以下次週という引きもよろしい。

予告や冒頭をみて、えーっと思ったのはどこへやら。すでに「殺せー!」と聖飢魔IIミサばりに叫んでいる私がおります。いてまえー!


「偽装の夫婦」~最終回 ☆☆☆

なんともう早々に最終回!
美麗なラブチェアに並んで腰掛け、それぞれの絆を語るカップル。この終わり方、懐かしの映画「恋人たちの予感」( メグ・ライアン&ビリー・クリスタル主演)を思い出しました!
男同士、女同士、と同性カップルのカミングアウトの苦労や墓の心配に続き……男女の夫婦が現れたと思ったら超治とヒロなのね。いまだ肉体的には清くても(ぶっちゃけるなー ^^;;;) 他の誰でもない、この人と添い遂げると誓った間柄。それこそが愛ですって。はいハグ!
 

結婚して、やっぱり別れて。
そこで『1年後』のテロップが出て再会したら、もう笑顔で終わるのかと思いきやそこからが修羅場でしたよねw それぞれに暮らしていたパートナーをさておき、やっぱり惹かれあってしまう超治とヒロ。じゃあお互いきちんと別れてから…と相談したくせに、会うとやはり言い出せない二人。ヒロなんて人前結婚式の企画がスタート(><)
子供を喜ばせようとして、余計に泣かせちゃったじゃないですか……。
でもだからって、由羽ちゃんのためだけに偽りの夫婦になっても誰も幸せじゃありませんから。『ばーかばか、なんでこんな女好きになっちゃったんだろう!あたしといた方が良かったって思えばいいのに』という由羽ちゃんママ最後の恨み言も、こうやって書くと凄いですけどある意味ちゃんとお祝いの言葉。はっきり口に出来たことで由羽ちゃんママもヒロも一歩踏み出していけるのでしょう。

エンディングのカップル達、超治のお母さんが撮影してネットに流しているという設定でした。そうやってお母さんも息子の世界を理解しようとしたり、世間に関わったりしているのだなと分かっていいですよね。あの騒がしい従姉妹も看護師を目指していたし。人はいつからでも変われるのでしょう。佐藤二朗従兄弟ですら手品うまくなってたよ! ああ私も頑張ろうっと

途中、由羽ちゃんママの堂々ゲイっぷりも違和感なら超治のゲイがばれたときの保護者の拒絶っぷりも違和感あって(ロリコンならともかくゲイは関係なくない?)、その他あれもこれも誇張され過剰でやりすぎでしょう~と思うことばかりのドラマだったのですが、語り口だけは淡々と静かでしたよね。そこが気に入ったのかなんだか、毎週旦那がめちゃ意欲を燃やして視聴していていました。テーマソングのピアノが眠気を誘うのか必ず寝るのにね。
心の声……隠さずに生きていっている私はとってもとっても幸せなのねと旦那の寝顔に思うドラマでありました。

(「恋人達の予感」の原題しかわからなくて検索してたら、「When Harry met Sally2」の予告編をみつけてしまいましたw ビリーの娘さんが監督をしたものですってよ、興味のある方は探してねw)

「偽装の夫婦」1 ☆☆☆

ヒロはHEROなのね☆ Come on Hero!

幼くして両親を亡くした主人公ヒロ(天海祐希)。
優秀さゆえに養家での居場所をなくし(って「三月のライオン」思い出しますね)、全力を出さずに生きていた45歳。しかも20歳の時の初恋人に、初体験の翌日失踪されたとはー(^^;;;;) そりゃあこんな陰気な女が出来上がっても不思議じゃないですねーw
なのにその消えた元恋人超治(沢村一樹)に再会!
何故捨てられたか知りたい一心で呼び出しに応じるも、彼の用事はなんと……偽装結婚のお願い! 故郷の母を安心させたいってさ。お断りだぁ! しかも何故?の答えは問わず語りに滲み出します。オネエだったのねぇ。女抱いて改めてゲイの自覚が生まれてしまったとか……そんなの知るかぁ!(と、内心毒を吐きまくりな演出の、文字だけ画面が面白いです)
 

でも偽装結婚、傍目からは正直ナイス提案ですよねえ。
身体も金も狙われてない、気心知れたイケメンからの申し出。世間的にも一度結婚しておけば詮索は減るだろうし。まして、本の重さで借家の床を抜き(1Fか鉄筋に住むべきでしょうよ~)家はない金はないな状態なら、渡りに船なのにー!
養家に金を借りようかと頭を下げに行けば、ただただ不愉快な対応を受け(養母にはヒロこそが疫病神だったんだろうなあ…)←ここで「用事なんて結婚か借金」「結婚はしそうにない」とズバリ見抜かれ、悔しくて「結婚するんです!」と言いきっちゃうのかと思ったのですが違いましたw
タイトルでも予告でも、するとわかってる偽装結婚なんだから。ヒロの決心がいつかどこかと待ち構えているのにひらりひらりと肩透かしです。
彼の母親にまで会って、「できちゃった」とまで勝手に嘘つかれ!じゃあ観念して、姑相手のドタバタ誤解劇に突入なのかと思いきやの……幼稚園の運動会ですよ?はあ? 

ヒロがやっとリミッターを外すエピソードとして、運動会での人助けってナイスですけどね。足の悪いシングルマザー(内田有紀)と娘をまとめて抱っこしてごぼう抜きでゴール!やったー! でも観客には「あれ誰?」でザワザワですよ。視聴者だって、微妙な気持ちに。 借り物競争「かぞく」で呼ばれる仲ですか? 『園のみーんなが家族だよ☆』と、超治園長代理が自分で行けばいいじゃないの。


そんなわけで、偽装結婚を決意して以下次週……にはならなかったばかりか!

「かぞく」シングルマザーからヒロが告白されちゃいましたよ? えええええええ(^^;;;)  そ、そのための課題「かぞく」したか! 「ヒーロー」でヒロ呼ぶんじゃだめだったんだw 無理やりでしょう〜!
園長代理の方も男臭い恋の予感。
マイノリティ40代の恋と結婚プレッシャーを描くドラマなの?それとも? 最近セクハラ講習を受けたうちの旦那など、こういうデリケートなテーマをコメディで扱っちゃいけないんじゃないかと気を揉んでいますよ
面白く見られましたけど、着地点の予想がつきません。 ヒロが心を開くまで? (とりあえず、あのとにかく明るいお母さんは生き延びる気がしていますw)

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ