ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

傘を持たない蟻たちは

「傘を持たない蟻たちは」~最終回 ☆

うわー友達(加藤シゲアキ)死んでたw
若い人にはこのドラマや原作で初めてそのパターンに触れ、感激する場合もあるのかもしれませんねえ。でもいい加減すれてて1話から『生きてるのかこいつ』と思っていた身としては、少しは裏切って欲しかったですよ。
3回忌もした手応えある死亡じゃなくて、せめてどっかいったまま行方不明とか?
むしろ生きていればまた謝って仲直りもできるのに、遠い死後の世界からえっこら来た人を喧嘩で追い出したんじゃ、やり直し効きませんよ。
 
はじまりは都会の小説家の物語だったのに、後半はほぼ田舎の高校生の甘酸っぱい体験w それを小説にしたらやっと、編集からオッケー出ましたよ、という着地点でした。ゲイにオカルト、若い人好きそうですもんね。
でも親友のゲイカミングアウトとか、勝手に出版したらプライバシー侵害で訴えられかねませんので(柳美里か!)なるほど亡くなっていないと困るのかもしれません。もっとまずいもの目撃されてる先輩のエピソードは、ばっさりカットしないと世に出せませんよねw
あれ、これって……恋愛小説でしたか?

二度命を救われ、二度小説家として救われたという表現は印象的でした。


「傘を持たない蟻たちは」1 ☆☆

ナンパゲームが続いたところで一度TV消されたw
いや、これは主人公が書いている小説の劇中劇でしょ?採用されるかどうかがメインのストーリーで、恋愛ドラマつまらんって違うよね?と私が抗議するまで、旦那は何を見ているのか見失っていた模様、しっかりしてくださいorz 

まあ確かに劇中劇がだらだら長く、しかも彼女視点の解説ターンまでフルは必要なかったですよね。
結局、口説き落としたつもりがストーカー女の術中にはまってたというホラー落ち。そして依頼は『恋愛小説』だったので不採用w 

来週もこんな感じで、幼馴染の一言をヒントに小説書いて劇中劇で見せられるんでしょうか。タイトルとの関連はなんでしょう。
いっそ、突然来た10年ぶりの幼馴染こそがこの世の人ではなかったぐらいのびっくりが欲しいかもしれません。

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ