ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐野史郎

「限界団地」~最終回 ☆☆☆

罪を憎んで人を憎まず、みたいな?

結構序盤で寺内さんが人殺しと明かされ、その後は怒らせたら何をするかと怖かったですねえ……。
息子夫婦を殺し、嫁の母を殺し、最初の殺人はDV旦那から団地妻を守る為で、お隣の奥さんを守る為旦那の愛人も殺したし、実父も……。

しかし、1番に事実を知った自治会長は時には寺内を脅してもお仲間扱いで、情報提供しつつ生き延び。穂乃花のママにと狙いをつけられた江理子さんも命だけは安全圏内(^^;;;;) 寺内の正体を知って逃げるも住民を人質に連れ戻され、言うことを聞かされていて悲惨でしたが、ついに立ち上がって寺内を刺したのもその江理子さんだったわけで。げに母は強し。

『自分で自分を刺したんです』

と、警察には堂々と嘘をつく江理子さんも大したものでした。


そしてまた、昏睡から目覚めたらへらへらっと取り壊し予定で人のいない団地の戻ってくる寺内を、ついに殺人で告発する江理子さんですが。どんな死闘がラストを飾るかと思いきや 

『寺内さんに褒められると、元気が出る』

と、まさかの歓談でびっくりでした。一緒に遊び励まされた日々は、やはり大切な思い出なんですね。仲間が増えていった団地は大きな家族のようで、回覧板も清掃も季節のイベントも楽しかった。勝手に自費出版してくれた絵本もどうやら、売れてお仕事につながっている様で、そこも恩人。
会いに行って、夫の遺体入りスーツケースが無くても通報はする覚悟だったのでしょうか。それともあのプレゼント☆が、最後の一押しになったのでしょうか。


颯斗くんと穂乃花ちゃんを、別の団地で育てる江理子さん。描く絵本は続編「うさぎさんのパンツ」から「ダンチマン」に。

『団地のことバカにするんだよ』

と子供が知らせてくる相手には、ダンチマンの正義の鉄槌が下っている様です。江理子さん……。

「限界団地」2、3 ☆☆☆

「それでこそ団地妻!」
団地妻を、褒め言葉で使うとはさすが寺内さん。当の江理子さん苦笑するしか(^^;;;)

2話で裁かれたのは不倫妻と騒音女でした。
正直、配達のお兄さんが妙に長居していようとそちらの問題。夫ならともかく寺内さんが双眼鏡で見張ってる方が怖いんですけど。
『神聖なる団地で不倫なんて』
と怒髪天な寺内さんに、プライバシー云々は通じませんからねえ……。回覧板につけたマイクで秘め事音声を団地中に放送!!間男には許した素振りで、配達品に毒を混入!自ら飲んでの毒殺容疑で社会的に抹殺とは、嫌がらせにも身体張ってます!エレベータがない古い団地に、階段登って配達してくれる業者さん重宝したでしょうに……。

それに比べると、大音量でカラオケする女は宴会にご招待。あの歌は亡き旦那さんの好きだった歌、寂しかったんですね、それに気づいて欲しいから大音量だったんでしょう?……って、優しい~。なんなのこの差は(^^;;;;)

団地を汚(けが)すこと、 に加えてお隣の颯斗くんやママの江理子さんをいじめる奴は極刑なのかも。
不倫奥さんは、PTA雑務も道路の清掃も江理子さんに押し付けて『見てるとなんかイライラする』と公言してはばかりませんでしたし……その息子は颯斗くんからゲームカード強奪。なのに強く言えない江理子に、見てるこっちはイライラするのですが守りたいタイプにはたまらんでしょう~。
なんと寺内さん、謎の老婆にあらかじめ江理子を勧められて素行を調査。世話好きで優しいところを見込んで、隣に越して来たのでした。うわあ……。自分亡き後の『ほのかの保護者』候補であって、自分の妻にってわけじゃなさそうですが……キモさは50歩100歩。

押しに弱い江理子さんは、とっくに母子で寺内さんに取り込まれていますが、旦那は苦い顔です。疎遠になれと言い渡し、もらったアップルパイも捨てて礼だけ言わせるのですが……。ばれちゃうんですよ!だってゴミ袋漁って確認しますもんorz お手製アップルパイはイチゴ入り、驚いちゃった~ってところまでセットで、既製品食べさせてごまかしてもダメなんです。
ああこれは、旦那殺されちゃうよーと思ったら案外搦め手で、まさかの颯斗くんに一服盛って、川に落ちたところを寺内が救出!
捨て身の作戦に、江理子さんからの信頼度は爆上げです。
しかも入院の間、孫を預かってもらって益々家族付き合いは密に。身体張った甲斐があるってものですねえ……。もちろん旦那は『なぜ川に落ちる』ともっともな疑問を抱くのですが、息子の命の恩人を疑うのかと仏の江理子さんも非難。だったら……と、寺内を憎む婆の計画通り寺内宅に覚せい剤を仕込んでみるのですが……。
それって、すぐ警察に通報して発見してもらわないとですよね。ただ置いただけの覚せい剤は帰宅した寺内に即発見されて(超整頓された家ならではw 我が家じゃ無理)返り討ちに。それも、不倫相手がオーバードーズで死んで警察来るという、容疑者だわ不倫はしてるから否定できないわ、もう離婚切り出されても仕方ない案件で火だるまです(^^;;;;)

……愛人殺し、火災と違って大変そうですがまあいいや。

つい、なのか わざと、なのか 息子夫婦と仲違いし放火で死なせるまでの経過をお隣旦那に暴露する寺内さん。居合わせた自治会長がぎこちなーくなると
「やだなー、冗談ですよ」
「で、ですよねえ」

とは言い合いつつ、リアルすぎて(^^;;;) さあ疑いすぎると自治会長の身も危ないぞ!どうなる山崎樹範!

SNSでタイアップ企画をしているそうで、『◯◯が限界』と発表してもらえるグッズをみてたら『ドアノブカバー』が!ほのかちゃんが生地を選んで、寺内さんが縫ったあれですw イヤゲモノw 
イチゴ入りアップルパイ食べてみたいのでコンビニと組んで作ってくれませんかね。作りながら歌う歌が、また可愛いくて怖いんですw 

「限界団地」1 ☆☆☆

うわ、怖い。土ドラの本懐。

寂れた団地に孫娘と越してきた寺内(佐野史郎)は、やたら近所づきあいに熱心。子供時代をこの団地で過ごしたそうで、自治会にも顔を出し、回覧板を復活させようだの挨拶をしようだのと口を出す。

そんな男を「人殺し!」と罵る老女(朝加真由美) そして相次ぐ不審死。

事故なのか、殺人なのか。


って佐野史郎だから殺してるよねー!?


孫娘をイジメてた同級生の家が燃え、ほらもう大丈夫だよ☆

孫娘に怒鳴った呑んだくれジジイは風呂場で倒れ、もう死にたいと泣いていた小松政夫は首を吊り、ほら回覧板が復活だよ☆

あれもこれも佐野史郎の思惑通りに事が運んで行くじゃないですか……!


広場でする太極拳だけは、一緒に楽しめそうなんですけどねえ。寺内ったら命狙われてて物騒だし。 

ちなみに「人殺し〜」と寺内を襲う老女は、寺内の息子嫁の実母。孫娘を独り占めしたがった寺内が、両親である息子夫婦を火事を装って殺したと主張しているのですが。その後札束持って、殺害依頼をしてきたり。老女は老女で怪しすぎるので鵜呑みにするわけにも。
でもやっぱり寺内、距離なしでオカシイのです(^^;;;;;)

お近づきの印に配る、お手製ドアノブカバー。花柄生地にレースでふりふり、要らないわ……。それに我が家ドアの取っ手は全部バー型で丸くないんです。つけるところありませんよ。でもゴミに出したりしたら殺されそう(^^llllll) 

隣宅の若夫婦に足立梨花&迫田孝也。自治会長に、愛嬌を封印した山崎樹範。 

「コンフィデンスマンJP」~9 ☆☆☆☆

うん、面白い。

ずっと録画溜めっぱなしだったのを、月曜たまたま見たらやっっぱり面白くて&五十嵐が気になって、ひとつ前、そのひとつ前と逆順で2話まで遡る羽目にw おかげで五十嵐(小手伸也)が身内と知って見ていますから、本来のボクちゃん危機一髪感こそ味わえなかったものの。桜田リゾートに弁天水が置いてあったりする小ネタに気付けて、尚楽しめましたね。
ボクちゃんの存在がまあ魅力的です。毎度毎度、懲りずに騙されるボクちゃん……バカな子ほど可愛いw
自由意志で旅をしたハズがダー子の仕込みに誘導され、計画通りに行動しw もう縁を切る!辞めてやるー!といいつつ結局戻って来るw 1.5億をポンとあげちゃえる人ですが、もらった方がボクちゃんの思い描く通りには動いてくれないのがまた可哀想で、楽しいですよねえ。遺産狙いでダー子が娘になりすました回も、結局設定も他人のボクちゃんが独り残って看取るといういい人っぷり。どう育ったらこうなるんでしょう……って、ダー子とほぼ同様に身寄りなく家庭を知らず育っているらしいのに、この差orz
(でもラーメン屋には金を置かずに帰ってきたあたり、少しずつは擦れてきてる?)

映画化も決定だとか。
変に豪華客船や爆発仕掛けず、普通に作れば面白いものできるんじゃないですか? JPってジャパン? 国際対決編になったりする?

面白いだけ、という評も聞きますが(それの何が悪いのかw)騙されるツボには毎度唸らされます。
高級品でなく、未発表の素人品を発掘させる絵画、化粧水w 無人島の青田買いをさせるリゾート編。見いだすって興奮するんでしょうねえ。逆に家族ごっこ、映画やスポーツでは騙す側も踏み込み過ぎたりw
医者の回はさすがに酷いと思いましたが、蓋をあければ山田孝之の腕前にもっていかれ、スーパードクター(永井大)も望まない職業から足を洗えてwinwin? スポーツや遺跡発掘では、それを憎んでた金持ち(小池徹平、内村光良)が目覚め、かえって人生豊かにまでなっちゃったり(ただし、徹平社長の習い事遍歴は月謝払うの親ですからねえ。本人でなく親の都合でそうなったりするのですが、まあいいやw) 

総じて女性は、被害者側も加害者として鴨にされた側もみんなタフw なので画商(石黒賢)だけちょこっと可哀想で、ざまーみろなのが食品会社社長(佐野史郎)かな。

毎度手広くご商売のダー子様御一行、案外下調べや仕込みも入念。「1年後」「2年後」とかテロップ出てる間にどんだけ別のお仕事してるかと思うとわくわくします。続編もいくらでも隙間埋められるし、年表作りがちなファンは色々楽しめますね!(あれ、でも「弁天水」の権利は購入お断りになったのでは?仕込んだ偽物も普段は「捨てて」で終わりなのに売った?それともパクリ品?)

さてさて、最終回も楽しみです(^^)

「遺留捜査」1☆

つまんなかった。

また鑑識かとか主人公(上川隆也)が地味とか、脇も地味とか、事件がどうでもいいとか、暗いとか、いろんなことを考えつつもチャンネルを変えなかったのは、おもちゃのピアノでどんな驚きの事件解決を見せてくれるのかに期待したからです。
なのにその小道具の使い方も真犯人も、やっぱりつまんなくてガックリー。

それでもせめて、「臨場」や「相棒」並に主人公が変ならそこで楽しめるんでしょうけどねー。1話を見終わった今、2話がみたくなる理由が特に見つかりません。

上川さんは悪くない、と思います。


人気ブログランキングへ

「デカワンコ」最終回☆☆☆

ほのぼの、いい最終回でした。

紅一点で慰安旅行。キャラが立ちまくりの面々は、もうそこに居るだけで楽しくて仕方がないです。
飛び入り参加の鑑識の人が、私服が派手なのも笑いましたw
ザコ寝だってもういいや、13係LOVE!

なのに
「ワンコはダメだ」
「止めさせよう」
なんて会話を漏れ聞いてしまい、凹む花森一子……いやそれ、ぜったい誤解だから!!視聴者だけでなく、総監だって一瞬で分かってるw
他にもワンコが誘拐されて、匂いの記憶で自分の居場所を伝える展開で。携帯のGPSを使えばいいんじゃないかな〜という、視聴者の疑問をやっぱり出演者がつっこんでくれる親切設計です。楽屋落ちとも言いますが……まあ、いいや。

とにかく1話から最終話まで、ずーっとワンコが可愛かった!

退職された総監は、探偵事務所を立ち上げるそうです。もう刑事には戻れないガラさんが、刑務所勤めを終えた後の生活もこれで安心。

主題歌にのって、キャラごとの名場面集が流れます。そのまま終わりでも良かったのに、最後にはワンコの鼻が効かない!というピンチのおまけ。
それは続編ですれば良かったんじゃないですかね??

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」2☆☆☆

佐野史郎、1話で退場かと思いきや、面会に来た一子にアドバイス!このままレギュラー出場って斬新ですねー(笑)
そういえば確かに、警察犬との勝負に居合わせたのはこの五十嵐さん。塀の中とはいえ、一子の嗅覚を認めてくれるのはこの人だけですもんね。まだまだ一子=ワンコの捜査を認めない捜査本部(当たり前!)の中で、1人空回りの一子ちゃん……。

買い物に来たスーパーで、いきなり
「あなたが殺しましたね?」
とか、ありえない会話で笑ってしまいました(笑)でもそんな匂いがするんだもんねー、仕方ないよねー。

一子の衣装、変顔!見慣れてきてもやっぱり笑えます。友人の婦警さん(渡辺ナオミ)も楽しいです。
ヤナさん(大倉孝二)が婦警さんに惚れちゃったり、部内の言い争いに必ず巻き込まれるのも笑いどころ。

もちょっと、人の死なない事件で活躍してくれるともっといいのですが。

人気ブログランキングへ

「デカワンコ」1☆☆

オバカドラマ(笑)嫌いじゃないよ。
多部未華子可愛かった!(ゴスロリとあちこちで書かれてますが、ゴスは黒でもっと不吉モチーフなのでは。単にロリィタ?むしろ姫?)

「警察犬並みに鼻のきく刑事」の設定よりも、その刑事@花森一子の奇天烈ファッションや、心の声がダダ漏れナレーションで自覚ないところの方が気になりますよねー。職場で邪魔にされてもそりゃ当然でしょ!!
同居の祖父母がソフト惚けで、孫娘が刑事なことを分かっちゃいないのが笑えるだけでなく、服装を家族がとがめない理由として妙に納得出来たりしてして可笑しかったです。

それぞれ匂いの違う先輩刑事達(吹越満、大倉孝二、石塚英彦、沢村一樹etc) 、伊東四朗に渡辺直美にと、なにげに好みな豪華キャスト。
毎週観る必要もなさそうだけど、陰気なドラマが多いこのシーズン、辛くなったらこういう緩いのもいいんじゃないかなー。

人気ブログランキングへ

「正義の味方」4 ☆

エー?姉さん、官僚は結婚退職なの??
がっかりだよー!!

お茶も料理も嘘っぱちなんだから、そこも嘘かもね。でもそんなこと考えてたら、一体姉が何したいのか、サッパリ分からなくなって来ちゃって。
いかにも趣味あう様に今は合わせているけれど、本来ちっとも趣味の合わない人じゃないエリートくんは!そんな奴と結婚して幸せな訳がない。姉さんに必要なのは、もう一人の下僕でしょー??
(そういう意味では、海外赴任も不法移民をお手伝いでこき使える様な国だと、姉の本領大発揮出来ると思います 笑)
これで職場にもう一人、姉の本性をことごとく目撃しちゃうダメ男でもいたら裏の大本命なのにね(それじゃあまりにも、分かりやす過ぎる??)

新聞評で、妹がもっと苦悩するべきだと書かれていたけど私はそうは思わない。だって妹だもん。
生まれながらに君臨されてたら、なんかそんな気がしそうじゃん。
逆に姉こそ、嘘にまみれた自分の生活をどう見ないふりしているのやら。それとも弁当も、時間がないだけで作れば姉も上手なの??

まともに考証する様な話じゃないんだけどさー。

「正義の味方」2 ☆☆☆

しまったー、2回目みちゃったら面白いよ!!

勘違いドラマは元々好きだし(^_^;)、前回なかった物語が出てきましたよ。
姉結婚=妹自由に!
やっとそれに気づいた妹が、”運命の恋人”良川さん(向井理)と姉をくっつけようと頑張るんですよー。
尾行、住所調べ、郵便チェックにゴミあさり……ってストーカーで犯罪ですけど!今までも姉の命令でさんざしてきただけに、コンサート写真展その他休日の行き先を調べることぬかりなさすぎて感心しまくり。
(金持ちだな中学生が!)

で、エコだクラシックだ可哀想な子供たちだと、姉の欲望とは全くベクトル違うイベントですれ違いばかり。ああ嫌われたー! なんて前振りなら、もちろん恋されちゃってるに決まってるじゃないですかー!!
そうそう、邪魔な課長をぞうきん汁で病院送りにしたのも、腫瘍の早期発見につながったとかで奥様に感謝されて、そこをまたまた目撃の良川さん。

いい人なのに、可哀想に姉の毒牙にかかっちゃったよねー。

……しかし、終盤のデート場面では疑問がいっぱい。
あれだけいい人だった良川さんが、妹連れのデートで奴隷扱いを目の当たりにして平気なの??恋は盲目??
実はもうちょっと勘違いは続くと思っていたので、もうつきあい始めてびっくりだし。
良川さんのマンションで同級生にばったりあった場面も、てっきり良川さん調査に役立つのかと思ったら
「お前好きなんだろ?良川さんが」
的誤解であれこれ妹にも時間かと思いきやそこはスルーですか?

今までも、あれこれ恋しては捨ててきたらしい姉。
良川さんも2,3回でポイッとしてられてしまうのか?それとも結納、結婚披露宴、新婚生活と、妹に暗躍させて進むのか?

妹が巻き込まれた恋愛トラブルに姉は絡むのか??
うーん。
微妙な気持ちになりつつも、展開が気になってきてしまった……(><)

姉のファッションも楽しいよね。

「正義の味方」1 ☆☆

サザエさんみたい。小ネタ羅列で起承転結がない。

”悪魔の様な姉”も”下僕な妹”も、始めの5分10分までかな、笑ってみてられるのは。ずーっとトーンが変わらないのでだんだん家計簿開いたり洗濯物畳んだり、ながらで見始めちゃいましたよ。
姉が両親の前でも猫かぶらずに横柄なまんまってのは新鮮だけど(父親も下僕だもんなー)、逆に正体がバレる系のお楽しみもないわけで、見逃して困る場面がないよね。

”妹より弁当が大事”も、あまりにストレートど真ん中予想通り。
”運命の人”がらみで次回に続かれても、別に見逃しても困らないー。

「TRICK」が推理ドラマだったりもするように、何か大筋が欲しいところでした。


しかし山田優ちゃん、きれいで怖くて似合ってたね!もこみちのアンドロイドに次ぐはまり役ですよ!

「PS羅生門」〜9 ☆☆

 異動だ有給休暇だ上司だ部下だって、毎回描かれるのは組織人・会社人の悲哀。舞台が警察なのは、それをオブラートにくるむための方便って感じ?
 そう考えると警察ってところは、毎回違う事件=悲劇が集まってくる格好の場所でもありまして。手を変え品を変えての人情話で、すみません食傷気味です。

 ちょっと前の『銀行に騙された社長さん』の6話では、生かさず殺さず搾り取った銀行よりも、倒産を決して許さず給料不払いでもいなくならない社員の方が、よりいっそう社長(前田吟)を追いつめた気がしてなりません。
 警察に連行される社長に
「俺達待ってます!!」
それ重荷に受け止めると、ちょっとホラーかも?

 なのに何故見てるって、ツレが大好きだからです。

 毎週喜々として見ては必ず
「ドラマはこうじゃなきゃ」
「『相棒』より断然これだよ」
まぁいいたいことは分かります。謎解きに興味ない常識人としては、職場の人間関係問題を放棄したあの人たちの言動にはまったくついていかれないことでしょう。

 でもこの話だって、部長経営のおでん屋台だの、舘ひろし(「かっこよく産まれたのは俺のせいじゃない」笑)ありえない要素てんこ盛りなんだけど。人情で許せちゃうんだろうなぁ〜。

 未亡人ヒロインの心をつかむのは義弟か舘ひろしか??
これもシリーズ化しそうですね。

「PS羅生門」1 ☆☆

 魑魅魍魎、吹き溜まりの警察署。
・・・って!! 官庁のくせに胡乱すぎるよ(^^;;;)

 伊東四朗に森本レオに舘ひろし。
これでもかっちゅー濃いメンツに囲まれた木村佳乃ちゃんが文字通り掃き溜めに鶴で、未亡人で、義理の弟に影ながら慕われちゃったりして、凄いことになってます。
 でも事件は人情派。

 青年による放火(実家も)だなんてタイムリー過ぎましたが、全体の設定があまりに胡散臭いのでかえってファンタジーに近くなっていたかと。
 まだまだ人物紹介が出揃ってない感じですので、2話も様子見。

 バイクより足が速いとか、それぞれスゴイ特技があるらしいのでどう事件にからんでくれるのかも楽しみです。

「喰いタン」最終回 ☆☆

 きおく喪失!どひゃ!!

 喰いタンそっくりな人・・・・が現れたからって、箸の握り方も食欲も違ったら他人のそら似ってなりませんかー。それが、いきなり懐探ったらホラ、箸の片方持ってましたよって!!そんなぁ(^^;;;)
 しかも、おにぎりで記憶が戻ったら箸の持ち方も元通り。うへぇ。

 前回あれだけ盛り上げておいて、亮介くんは弔い合戦かと思ったら組織に門前払い。なのに喰いタンの方は、記憶のないまま当の麻薬組織に拾われていた、いっそそっちが観てみたかったですよ。公園で踊ってたの??食べてたの間違いじゃなくて??(><)

 そしてチャイナ服のインリン!!
中国語喋ってるところ初めてみてびっくり。

 ホント話の方はするすると、お弁当つきで潜入捜査する喰いタンが、偽の情報をつかまされるなんてコトもなく進みますから。 途中の女装とかダンスとかインリンとか。小ネタで笑って普通に進行ですよー。

「食べ物を粗末にしましたね?」
で格闘パワーアップ。最後も子供に言い聞かせるような教訓で締め。
思えば初回の寿司が一番小難しいトリック(?)で、次第に子供もよくわかるドラマになっていったような。楽しかったですけどー。

 視聴率も良かったそうで、続編やSPで戻ってきてくれたら嬉しいです。
その時は是非もっと、キャラを全面に出した楽しい話で(殺人とか無しで)お願いしますー。そして、亮介君はキョウコちゃんに振られ続けちゃってね♪

「喰いタン」コロッケと給食 ☆☆

 コロッケの回、小学生が
「買い食いといえば、デリのパン」
とか抜かしているので、生意気ーと思っていたら珍しくちゃんとそれが伏線でした(笑)そして我が家の夕飯のコロッケに、ちょっとパセリが入ったりして。
 盗聴器騒ぎで、モモちゃんが決め台詞の「五十嵐ーッ!!」まで紙に書いてたのがツボ。

 そして学校給食。
箸の持ち方とか、もったいないとか、しっかり伝えてくれて良かったですねー。
あの箸キラーンなポーズをするには、正しい箸使いが必要とは恐れ入りました(^^;;;) そして給食で箸をクルクルと振りまわして怒られる小学生が・・・・(え?最近の給食って箸??)

 たかが金庫を埋めたぐらいで、ほうれん草が枯れるほど土中イオンが変わるのかは謎です。不審者侵入にも、昨今はうるさいと思うけど・・・ま、いっか。喰いタンだから。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ