ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐野ひなこ

「ダメな私に恋してください」6 ☆☆☆

まだひっぱるか、詐欺師問題w
『両親が入院でひとりっ子』と、貢いでた大学生と同じことを言いだした最上くんに、ミチコさんのトラウマがフラッシュバーック!挙句に主任まで、オムライスのペイントに「SAGI」ってw 本人に向けてそれはやりすぎじゃないのかなw 
でもご母堂からのお電話で、本当に入院してるとわかって疑いが晴れました……よね?


最上くんの大ピンチ!テレホンショッピングの大口契約をとってきたのに、在庫も山ほど倉庫にスタンバイなのに、肝心のTV生放送でプレゼンする実物がない!
ええええ、社内に一台も置いてないってこと? 
自社製品がずらっと並ぶ、1Fの展示コーナーにも? 両親同時入院より、そっちの方が嘘でしょ冗談でしょって状態でしたがw そこはミチコのど根性! 中国人旅行者のお買い上げ品から、拝み倒して倍額でお買い上げ~(その交渉をする主任=ディーンフジオカの中国語力w 俳優の特技を生かした脚本でしたw)
 

ミチコの話のそこここに、「主任」とでてくる度にちょっと曇る最上くんの笑顔。同棲こそ延期になったものの、もうミチコさんは主任宅での同棲もとい居候から脱却したのよ?月9のようにキラキラしたプロポーズもばっちり決めて、ミチコさんもオッケーしてくれたのに「僕と主任のどっちが大事」とか聞きますか?それとも?

ミチコの『つきあってるから好き』発言や、『あんたが好きなのは自分だけ』by晶師匠と、ミチコの心は最上にない伏線が張られてはおりますが、別に一緒にいて楽しくないとか肩が凝るというわけでもないし。確かに主任と一緒にいるミチコさんは可愛いけれど、今のところは最上くんでいいじゃん、早く幸せになりなさいとしか思えません。
なのに、主任の亡きおばあちゃん=喫茶ひまわり初代店主が、ミチコさんそっくりだと常連さん!そりゃ居心地がいいわけです(うーん、お母さんに似ているよりはマシかなw) ミチコが自分の気持ちを自覚するより、先に主任がアプローチしてくるんでしょうか。
 
門真さん!

仏頂面もメガネもなんてキュートなんでしょうと、ふと名前を見て仰天。えええ「デスノート」ミサミサの娘?えええええw ツインテールよりこっちの方が似合うよね。


「デスノート」6、7 ☆☆☆

「……計画通り!」
あああああ、悪い顔になってるぅ ←原作通りw


海砂のため、保身のため他、計画を仕込み目論見通りに『デスノートの所有権を放棄』するライト。すると途端に可愛くなっちゃって!

「俺たち友達だろう、流河!」

いや1度テニスしただけ。ライブチケットを贈った好意wも踏みにじられて、せいぜい知人だと思います。

一足先に所有権放棄、『ファンだからストーカーして拉致監禁?』と第二のキラ疑惑をコロッと忘れ去った海砂につづくライトのこの変貌。戸惑いつつも、手錠で繋がれてLとライト君が共同生活……に入るかと思ったらそれは即解消で、共同捜査の方に乗り出しましたよ!

普通の大学生設定どうしたw( L曰く『僕が才能を開花させた』ってw)


確かにライトの計画通り、デスノートを渡された『金も地位もあって欲深い大人』ヨツバグループの経営陣は分かりやすく私利私欲のために殺人を始めてバレバレ。海砂のCMオーディションを隠れ蓑に潜入捜査があるから人手はいくつあっても、でしょうけど……。

え。ミサミサのハリウッド進出は? 長期休業の口実つけたのに、なんで国内仕事が入ってるのw

え。ライト君の協力って不法侵入で盗聴機材取り付け? それも刑事じゃなぜいけないの。  

設置場所に脚立を置いてきたらバレるから、持ち去るのは分かります。でも警備員に追われてもなお、脚立を持ったまま階段を駆け下りるライト君律儀すぎでしょw そして逃げ切った車に、もう乗っている海砂と松田=松井w 3人でビルに入ったのに、2人で出たの? ヨツバの警備、ザルw

もうあっちこちツッコミどころ満載でしたが、火口逮捕のところでLと共に口上を述べてるライト君はもうやばかったです。何様だ一般人w(白づくめのエルと黒づくめのライト君、画面的にはいい対比ですけども!) そして銃を取り出した火口に慌てふためく一同w 顔を見られないことに専心のあまり、もっと簡単な危害の加え方を忘れて防弾チョッキもなしに逮捕に近寄ってるとか、バカでしょwww
(ただでさえエルが優秀な印象がないのに、これでは台無し。世界5大探偵のうち3人エルで残りがニアって、その2人しか手をあげてなく思えます)


そしてついに、デスノートに触れるエル。ライト君!

以降のライト『素直で可愛いキャンペーン』終了、悪い顔で声も怖いし、おばちゃん寂しいです。そしてデスノートを抱えてうずくまりっぱなし。不審です。

声をかけられて『なんでもない』って、いやいや、死神を見て腰を抜かすエルの方が普通。時計に仕掛けたデスノートの切れっ端と針金(シャー芯?)でゴソゴソ、とりあえず少しは怖がってから火口殺害の実行に行けばよかったのにー。まあその辺はエルからのツッコミ待ちですね。


記憶をなくしていた間にも「犯罪者なら殺してもいいと思っている」とエルに指摘され、自分のキラ指向を自覚するライト君。これは大事な場面でした。となると、わかっていて復活したキラはもう、正義の味方でも巻き込まれたわけでもなく……さあここからの転落の一途が楽しみになってきましたよw


もうちょっとニアが魅力的ならもっとよかったんだけどなあ……。


「デスノート」5 ☆☆

おろおろライト可愛い(><)
こういう演技、窪田くんの真骨頂かと。そして黙らないミサに困ってキスで口をふさぐとか、たまりませんねw おバカながらグイグイ好き好きな海砂がうざ可愛く思えてきましたよー。なのにさ。抱きつかれても素っ気ないよ、ライト。

原作では興味もないアイドルですけど、ドラマでは元々ファンでしょう? 抱きつかれたらちょっとはデレてよん、冷たい顔なのが見ててつらいです(><)おまけに凡人からどんどん遠ざかり、警察中枢にスカウトされるように! アイドルとも知り合い! いやそれ、原作の超天才君ならではのポジションでしょうよ。
 
そんなわけで、ミサミサの暴走脅迫状を機にライトは対策室に入り込み、Lと直に語り合う仲に!ライブに誘っちゃったりしますよ。表向きは年の近い知人として気晴らしのすすめ。真の目的はもちろん、海砂の目でLの本名を知り殺すため。

この辺、ぐるっと回って原作準拠に戻ってる筈なのですが、根底の『ライトは天才』が抜けているのでわけがわかりませんw ライブ会場に上下真っ白な男がやたらいるの、間抜けな絵面で笑いました、ノンスタかw なんていって雇うんでしょうね、実は殺されるかもしれない仕事なのに!
そして延々推理を語り合う……のはまだ開演前ですが、完全にステージが始まってからも、観客の視線を遮る状態でお話し続けるライトとL。邪魔すぎるw 終いに一人は帰るし、一人は崩れ落ちてるし、どんだけミサミサの熱烈ファンかとw
デスノートを手にして以来、ノリノリのライブ会場で一人だけ真顔なことが多いですからねライトw ミサミサ以外のいちごberryメンバーからも覚えられていそうですよね、変な奴として……。
さあ来週はミサミサ拘束! 父子対決もあり、楽しみですよーん

それにしても、まだしつこく『ボインちゃん』と海砂を呼ぶリュークに違和感。それほどじゃないだろう!

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ