ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤浩市

「オリエント急行殺人事件」第一夜 ☆☆☆

萬斎さん、どうしてそんなことにw


原作既読、どういう話か知っているので興味は誰がどう描かれるかだけなわけですが、その合間にもとにかくずっと、名探偵ポアロ=勝呂(すぐろ)を演じる野村萬斎の役作りが気になって仕方がありませんでした。大河ドラマでだって滅多に見かけないほどの力み具合w

「野獣だ」「悪人顔だ」と、佐藤浩市演じる殺される男がずーっと容貌をけなされつづけ、果ては警護を頼まれた勝呂まで「あなたの顔が嫌いだ!」と依頼を断っていたのですが、それほどでしたか?むしろ勝呂の目つき口元の方が怪しかったかと。

(でも洋画の吹き替えにだったら、ぴったりw)


そして、雪で閉ざされる車内で殺人。

一人ずつ乗客が呼び出されて質問され、ある人は断言しある人は失言し、またある人は知るはずの人を覚えていない…。

途中で席を外した旦那が「で、どうなったの?」と聞いてくるのですが、えーと、何がどんどん分かりかけているのかを説明したら終わっちゃうんですよw 段階踏んで、もしかして…と思うのが醍醐味なんで、巻き戻すか、いっそ全員集まってるところまで早送りするかしかありませんってば。


続く第二夜では、計画が練られた5年間や、実行列車によりによって名探偵が乗り合わせた動揺を描くようです。確かにそれは楽しそうw それだけで映画にしてもよさそうなものですが……原作のネタバレもいいところになるのでこうやってわざわざ2夜連続になったんでしょうかね

映画「草原の椅子」 ☆

中年男女の自分探しw

50才近くなっても、まだ新しい『親友』も『伴侶』『家族』も出来るんだよ、と思えば心地よい『いい話』。
狙った場面で笑い声の湧く優しい客席で観ていたというのに、どうにもふわふわした人物たちにイラついてしまいました。原作を読むとずいぶん違うのでしょうか。


子どもをひきとるって、もっと縁がある子かと思いきや(元妻が育ててたとか、なんとか)、実質ほぼ捨て子。それも被虐待児。

自分だけになついた!と主人公(佐藤浩市)の娘(黒木華)が連れてきますが、一生面倒観られないならダメー!しかも『ゼミ合宿があるからパパよろしく』wふざけんな、と。これが犬の仔でも怒っていい扱い。


施設でいいじゃん!母失踪の時点で施設に預けてれば発達の遅れも専門家に診てもらえて、現状のたらい回しよりましでしたよ。


可愛がったら言葉が増えたと喜こばれても。

成長しても障害が残って自活できない場合でも、同じ様にその血のつながらない子を愛して家族を続けていけますか?
うちにもひげ面で片言の息子がいるので、その可愛さと喜びは骨身に沁みていますがね。 そこだけを中心に描いてもいいような重いテーマだと思うのに、最後あっさり決断しすぎです。


そしてなぜ国外、なぜフンザ。

写真集が気に入って……と一応理由はあっても、感情の動きとしてそこまでそのフンザ体験が必要とは思えず。むしろ渡航費用で別に出来る事があるのでは←想像より安いかもしれないので、実費を台詞で言ってくれた方が割り切れたかもw

だいたい、不況の売上げ不振や人員削減で悩んでたのに子育てで遅刻、フンザ旅行で長期休暇。仕事は大丈夫なんでしょうか。

その子育てだって男目線。預かってすぐ、なついてもいないのにフェリーで連れ回すのに、おもらしや夜泣き、荷物が多いといった面倒は何一つ描かれませんよー。
 

それでも豪華俳優陣は悪くありません。
目当ての西村雅彦さんは主人公の新しい親友w 気配りの出来るお茶目さんで、(関西弁は微妙ながら)映画を明るく盛り上げてくれました。バツ1佐藤浩市もいい男。ヒロイン吉瀬さんもちょい堅いながら和服姿は妖艶でナイス。
子役も可愛く、子捨て母役の小池栄子のキチガイ演技に至っては素晴らしかったのですがね。

同行の主人は「……で、椅子は?」w 確かにw

それっぽい台詞はありましたが、タイトルを知らずにこの映画を見て「草原の椅子」とはつけないのではw

(障害者向けのオーダー椅子には興味津々、もっと観たかったです)

カメラへの愛情は子育て以上にあふれていたので、写真が好きな人は別の楽しみ方ができるのかもしれません(ちなみにcanon)
 

「鍵のかかった部屋」2 ☆☆☆

BGMがうるさい(><)

地味な現場検証をせめて音で盛り上げたい様ですw


今回の密室はシャルル・ボイルの法則など駆使しまして(たった2、3度で扉開かなくなるんだ!)、密室にしたい理由もその日にしたかった理由もある、きっちりした密室事件でホッとしましたわ。 キャラクター的にも、密室だの完全犯罪だのを面倒くさがらずにせっせと準備する感じw 初回にはなかった納得感でした。

今回も大野君は不機嫌顔っちゅーか「魔王」を思いだす無表情。はまり役です。「体操のお兄さん」といい「怪物くん」といいあの手この手で不機嫌顔な役をどんだけ探してもらえるんでしょう、愛されてますねw
でもドラマを楽しく盛り上げてくれてるのは今回も佐藤浩市かなー、今期の助演男優賞が早くも決まりかもw そして高嶋政伸の悪い顔も印象的でした。

防犯のお勉強もできてお得なドラマです。
弁護士側と警備会社社員の大野君の今回の接点は『前回の報酬』としての相談。じゃあ次回はどんな理由づけが来るんでしょう。3回目はもう普通に知り合いだから?w


窃盗犯(中村獅童)と知り合いの大野君。解錠を習った師匠がいたのかも。その辺にシリーズの軸になる謎かなんかがあるかな??


「鍵のかかった部屋」1 ☆☆

異能の人、謎を解く。

トリックを解くだけで犯人には興味ゼロなところや、凝ったジオラマでの見せ方が面白いです。


変人鍵師大野くんと新人弁護士戸田恵梨香。2人に邪魔されまくる佐藤浩市が、変に笑いを狙ってなくて脇をぐっと締めてくれてます。毎回違う密室殺人が起きるとかで、楽しめそう。


でもさ。計画殺人なのにね。


これが、うっかり殺人→ごまかそうとジタバタ な結果の密室なら仕方ないですけど。計画してたなら、実行日だって(何故、途中で現場を離れるその日なのか)、方法だって(何故シルクシーツと画鋲なのか)、他を選べた筈なのに、どうしてそれになっちゃったのかが真の謎だと思うのですが……。

ま、いいか。


ひっつめ髪の戸田恵梨香が別人の様に地味ですが、あれはあれで可愛いかなー。

「パンドラ2 飢餓列島」最終回☆☆☆

ああ、アルジャーノン(違)

いかに政府がごり押ししようと、鈴木先生はゴッドコーン栽培の中止を宣言するに決まってると思ってました。ええ。だからそこは驚きませんでしたが。
吉良社長と謎の温水さんと助手くんがああなってしまうとは。教授を一生恨むと言い、でもあっさり許されて逆にまた惚れ直してしまった助手の大谷くん、「彼は二度死んだの」って刑事さん、良い台詞ですけど家族にとったら哀しすぎますから(><)
で、そんなゴタゴタはともかく、目前に迫った飢餓は??と思ったら、なんと解決策がありましたよ。
「みんなで分け合って」エー??? 
そんな程度じゃどうにもならないから騒いでたんじゃないの?? 
まあそれ以外に仕方ないっちゃーないですけども。
そんな世間を尻目に、幸せにトマトを育てる鈴木先生。刑事さんのことは忘れた老いた脳でも、まだ研究は続けているところがもの悲しくエンドでした。(自活していけてるの??)

飢餓目前と良いながら外食も普通にできてたり、ゴッドコーンだって食用にせずにバイオエタノール原料で良くない?とか、詰めの甘さは否めないものの。起承転結ずっとテンション高く、ワクワクハラハラと見続けられたドラマでした。またパート3をちょっと期待。

……エンディング、てっきり山本耕史が唄っているとばかり。声が似てませんか??


人気ブログランキング

「パンドラ2 飢餓列島」6☆☆☆

やられたー!
先週、また研究者が姿を消すエンドかとか言っててすみませんでした(><)


なるほど、脳腫瘍だアルツハイマーだではなく、ゴッドコーンを研究してきた結果のアレですか??じゃあ、全世界に食べさせてる場合じゃないよー!
政治家の邪魔はかえって、塞翁が馬だったわけ??

閉じこめられ、飢えさせられた吉良社長の廃人状態が演技だったのにも驚きましたって(でもサインしたあたりは本当に心神喪失だったのかな)
すっかり改心した風の助手さんでしたが、データが吉良に渡った以上、また裏切る可能性も出てきたわけで……。

ゴッドコーンを潰したいアメリカvs世に出したい鈴木の構図が、ここからは抑えたいのに止められない運びになっていくのでしょうか。1時間が短いよ!

人気ブログランキング

「パンドラ2 飢餓列島」4,5☆☆☆☆☆

なんてこった!の連続です(><)

現役首相が刺されるのも驚きでしたが(警備薄過ぎでしょう!)、一番の衝撃は、
「無料では渡せないわ」
と預かったUSBを金に換えようとする元奥さんでした。エエー、それはないでしょう、友人の居ない鈴木がただ1人信じられた相手が貴女だったのに。もちろん、今や世界の垂涎の的である金のガチョウ「ゴッドコーン」、そのデータが詰まったお宝なんて持ってたら危ないったらありませんけどね、さっさと手放さないともっと危ないことに……ほら、なったー(><)

ここで本来、もっと危機感を盛りあげる要素のはずの助手さんが,
良い感じに肩すかしです。焼死体から生き返った男、中国人の殺し屋にかくまわれ、目つきだけは凶悪なのに~。
元奥さんを訪ねて(殺して奪うかと思ったら!)「持ってない」と言われて黙って帰るってガキの使いかー!鈴木に追われてただ逃げる!キラ社長にもびびりまくりで、言われるまま殺し屋を訪ねるけど何も出来ずに帰る(笑)
で、本人の嘆きに納得。ほんの1ヶ月前までは真面目な研究者だったんですものね、裏社会と渡り合おうなんて出来ませんって。

でも、同じ条件だった鈴木は、冷酷な変身を遂げましたよ!
ついに自分から大臣に取引を持ちかけたり、それが上手く行かないとみるやキラ社長をおびき寄せて脅迫に転じたり!!うん確かに、自分と同じようにただただ飢餓を無くす為に動いて欲しいのなら、飢えがどんなものかと体験させるのはいい手かも(トウモロコシだけ大量に配給されても困るよなーとつい思っちゃう私も飢えたことはないわけで)
あと3ヶ月あまりで備蓄が底をつくと分かって居るのに、そしてゴッドコーンならそれを解決出来るのに、利権や対面が優先の政治家もどうにか捕まえて閉じこめてやれれば良いのに。

大臣に利用された新聞記者や、鈴木を追って左遷される鈴木京香刑事の場面もシビア、吉良社長にもしびれます!
ただ1つ残念なのが、主人公の脳腫瘍だかの伏線。ついに今回ラストで倒れてしまってアーア。開発者が死んだり失踪したりしないと風呂敷が畳めないのかもしれませんけど……。
 

人気ブログランキング

「パンドラ2 飢餓列島」1、2 ☆☆☆

学者の世間知らずがトラブルを招くシリーズ、第2弾!!

ガン特効薬を巡る騒動だった前作に続く出演者は、ナレーションの声、つまり事件を追う記者の太刀川くん(「Mother」でも記者の山本耕史)と首相に出世した余貴美子だけです。ただ、変人学者が奇跡の研究を実らせると、別れた妻に会いに行くのは共通ですね(そう、またもやバツイチですよ!)淋しいなあ。

今回の騒動の元はゴッドコーン、世界を日本を飢餓から救うだろう超高速成長コーンなのでした。
野生種と交雑しちゃっても大丈夫?という品質への疑問はさておき。せっかく研究が実ったというその日に、事件を起こしてしまうなんて……。

学者一徹の主人公(佐藤浩市)は、技術を無料公開して飢餓がなくなればそれでいい。幼少時、親に捨てられて餓死をしかけた、そんな哀しい人生が彼にそうさせるわけですが、大もうけを夢見てついてきた助手(北村有起哉)にしてみたら、そんなことされちゃたまりませんから。もみ合いの末に転落。それでも、主人公が病院に連れて行けば生きていたでしょうに。怪しいベンチャー社長(勝村政信)なんか信じるから、「亡くなりました」の電話一本ですまされて、葬式には行かれない、殺人の容疑者にはされる、散々です。

怪しい女秘書(水川あさみ)の色仕掛けも、断ったかと思ったら次の場面で結局同衾済みで笑ってしまいました。ベンチャーに骨の髄までしゃぶられそうです。記者会見でも思うように操られて、共同研究者はいないとか言ってしまうし。それがこの先、失踪した助手絡みでどう受け取られることか……。

 

と、思いきや2話のラストでどんでん返し、助手が生きている??

 

鈴木京香が捜査一課の刑事、というのはなかなか新鮮です。秘書の水川あさみ、元妻と、メインが小娘だった前作と違って大人の色気も楽しめそう。首相も熟女でしたっけ(笑)

時々記憶が飛ぶ主人公、非常事態のストレスだけじゃない、何か異変がありそうで……。

とにかく次回が楽しみです!

 

人気ブログランキング

映画「ザ・マジックアワー」 ☆☆☆

やー、笑った笑った。
笑い声の漏れるホカホカ状態でコメディ映画見るのって幸せ。……ただ、見終わって残るものはなんにもないんだけどなー。楽しかったです。

自分の命のためにウソをつく。
なるほど。

前作「有頂天ホテル」で困ったのは、主人公の身分詐称ウソに全く共感できないところなんですよー。何故そんな嘘をつかなきゃいけないのやら。なので今回のウソ「殺し屋デラ富樫と知り合い」はまだ受け入れ易くて助かりました。
映画撮影と勘違い、の点も見始めてからは別に「サボテンブラザーズ」思い出さなかったし。焦る妻夫木君、困る妻夫木君が見ていて楽しいというのもポイント高いデス。

自己紹介の繰り返し、「カットって言っていいのはコイツだけ!」等々、イヤー笑った笑った!

でも、監禁されてる訳でも無いんだから(普通デラ富樫連れてくるまでは見張りつけるよね。て言うか、トランポリンで即ボコられてても文句無いはずじゃ ^_^;)、デラさん紹介だけして速攻尻まくって逃げ出せばいいものをー。
主人公(妻夫木クン)に生活感無いって言うか、その若さで大きな店の支配人なほどのやり手って感じもせず店を絶対守りたいわけでもなく、街を出たからって即食い詰めそうな感じもせず。なーんとなく居続け&ウソの完成度にこだわるから、どんどん、デラを置いて逃げられないドツボにハマルんじゃーん。
勿論、その方が見てる方は面白いんだけどね??

101人(笑)の黒い女、こそっといる寺脇さん、「有頂天ホテル」のあの役らしい香取クン、止めどなく流れ出す醤油……会計士さんもアンタッチャブルネタでしたねー。そうそう、亀!(ここで寺脇さんでも良かったのにー 笑)
もっと映画詳しかったらもっとアチコチパロディわかるんでしょうねー。そういうところも楽しかったです。

最後の仕掛けも、無駄にならずに終わって良かった良かった!
そうそう、無邪気なデラ富樫(佐藤浩市)の演技が全部無駄かと思うと胸が痛かったんだけど、その点も本人なりにちゃんと幸せになれて良かった良かったー。ボス(西田敏行)すら幸せになって良かった良かった(笑)

で、帰る途中「今度見に行かない?」と、別々のグループからメールもらいました。番宣しまくってた甲斐あって認知度高いですねー。ロングランするんだろうな。一応、鑑賞後の食事に合流するよって言ってあるけど、レディスデイならもう一回見てもいいかも。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ