ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤江梨子

「恋におちたら」7 ☆☆

 へー、取締役になる時って、退職金もらえるんだー。

 そんな豆知識はさておいて。
副社長もさしおいて出世するような、何をしたんだ島男が!!

 第一回からずーっと、ずーっと、島男が成功して褒め称えられるのを見てきましたよ。それですら、そんなもの凄いことしたようには見えないんですけど。他の社員だって同時に大きな仕事してるんでしょ?
 借金まみれで、妹は退社後に水商売のバイトまでしてる・・・ってのに、島男兄さんは良い店でデートよ(まさか秘書のおごり?)
 妹1人に苦労をかけてっとかいう問題以前に、ドラマとして成功の前後の生活にメリハリがないのよー。送迎のリムジンだけで済ませないでよ。

 そんなわけで、今回だけ独立してみれば・・・権力を与えられ、それに酔い始める島男、「成功の快感」に捕らえられてしまった島男の描き方は面白かったんです。
 でも、全然前回と繋がって感じられなくてポカーン。

 例えば、その仕事の成功と引き換えに取締役だってならハラハラしますよね。その為に、いままで築いた歌手だの女社長だの(和菓子職人も・笑)って人脈をフル活用してその結果話題になるなら納得いくのかなぁ。
 でも取締役:島男が何を悩んだって、もう借金返せたんだから、失敗したっていいじゃん。
 起業を迫る人もいましたが・・・・「**がしたい」という確固たるビジョンもない人に何を勧めるんだか(苦笑)。コンピュータに詳しいという切り札も全く活用されず!
 前回同様、草なぎ君の表情には胸に迫るものがあるのに、話がどうしょもないので感激したくないです。どうにかして〜。
 (ツレは島男出世でご満悦。どうしてこの展開が素直に受け入れられるのっ)

「恋におちたら」6 ☆☆

 高柳社長がイイヒトに! ・・・なっちゃったハズ、ないじゃん。

 突然しれっと人情話始める方が胡散臭いんで、
「貴方は人間じゃない」
と社長をなじる島男には気持ちが添わず、せっかくの熱演が演技力の無駄遣いに思えてしまいました。

 何しろ、高柳は信念を持って冷酷を選んできたハズなんだから。

 なのに一応、相手の社長が死ぬまで待ってたじゃん。それだけで充分、恩返しだったと思うのよ。
(堤真一は、いい仕事をしていると思います。8ミリをみているラストも良かった!)

 それより気になるのは、昔住んだ家を訪ねるのに秘書を伴う高柳。
何で1人で行かないの?

 これで、戻ってきたカオリが島男に社長と**物産の繋がりを語るとか。社内の空気が悪くなったときに秘書:黒が語るとか。
 それでこそ連れていった意味があるし、結果高柳は「恩返し」と断言せずに・・・嘘つきにならずに済んだかもしれないのに(島男だけは彼を責めるだろうけど)

 そういうツメの甘さが、気になって仕方ありません。

 内線で内緒話をする神谷とタートルネックの場面は(社内恋愛カップルか!)面白かったです。
だからもう、ファンタジーにしとけばいいのに。

 それに今回もまた、プログラム能力関係ないよね。

「恋におちたら」5 ☆☆☆

 「恋に落ちたようだった」
うわ、こんなところでタイトル文句使われちゃった(^^;;;)
気障な神谷先輩(谷ショー)が社長との出会いを語ってます。でも実際のところ起業社長なんて、それぐらいのカリスマはあって当然だよね。
 島男にこだわり続ける社長だって、恋しているようにみえる。
(かおりと島男よりも ^^;;;)

 今回は、ファンタジー路線に戻った楽しい回でした♪島男のありえない行動とひたむきさが全てを解決! 先週分を無かったことにしましょう。うん。

 行きつけの店で盗聴されて(もう行くなよ)、大きな取引がひとつパー。でも、常務がダメなら社長に掛け合おう!と別荘まで押し掛けちゃう島男君でーす。
(その別荘探しに、とってつけた様にブログを検索・笑 プロフィールぐらい確認してよっ)

 3日3晩共に過ごす神谷と島男の様子が、寝相や酒の好みまで事細かに描写されていて飽きない! ただの憎まれ役だった神谷のキャラにみるみる肉がつき、島男に影響されていく様子がセオリーながら爽快でした!!
 これこれ。こうこなくっちゃ。

「ダメでした・・・」と一旦は帰社。だけど、絶対もうすぐ電話があるから♪

 またその電話のタイミングも絶妙!
ほらみろ、と勝ち誇る社長・・・・・ここでコール来ちゃ、社長の顔丸つぶれなだけじゃなく、先輩が島男を支持する言葉が聞けません。
 ちゃんと2人が退場してから、電話があるんですよー。もうその間、いつ来るか来るかと手に汗にぎっちゃいますって!

 悔しがる社長。
だったら島男には、絶対成功するつまらない仕事だけ与えておけばいいのに。
 社長は社長で、どこか心の奥では島男に勝って欲しいのよ。アイランドミラクルを期待しているのよー。

 でも天才プログラマな必要は全然ないよね

「恋におちたら」4 ×

 ゲリラ青空コンサート。ネット配信はどうした。

「情よりも仕事:社長」vs「仕事を捨てて情:島男」だよね!それは分かります。
不機嫌なシンガーもそのハートで説得ってことになるに決まってます。でもでもそれだけに、島男の情の魅せ方をもうちょっと、納得出来るものにして欲しかったんですよ。

 会議中の着信に応対したあげくに理由も言わずに退席って!!コラ!
恋する魚屋から連絡ならまかせておけばいいのに。兄貴気が利かなさすぎだぞ♪

 ていうか、かおりさんを担当にしなかった理由を知りたいわ。

 社長も父親を亡くしたりと過去に何かあったらしいほのめかし。不器用な島男にその当時の自分を重ねている・・・のでしょうか。

「恋におちたら」3 ☆

 「キミとは住む世界が違うんだよ」っていきなりキレられてもさ。
金持ちなのは社長でしょ。秘書の実家を訪ねたら貧乏長屋に病気のお祖父ちゃんが寝てるのかもしれないじゃん。
 靴下も買えない我が家・・・・という表現だけじゃなく、秘書自らが物を粗末にする場面がなくっちゃ、あれはただのいいがかりだよね。
 100万円のスーツ、断るでもなく島男くんがもらって着てるのにびっくり。そんなパーティに連れてくる妹の服は大丈夫なんですかっ?
 
 さておき、札束で万事解決♪な社長と、誠意と真心でおつきあいの島男。2人の分かり易い対比はいかにもドラマで、将来の対決を予感させてくれます。

 和菓子屋のこだわりを理解するために、自分も和菓子づくりを体験してみるアイランド島男くん。なかなか、普通じゃ出来ない変人っぷりです。
 ・・・これが出来るなら、天才SEの必要ないじゃんって気がするんですけど・・・その辺は見ないフリ見ないフリ。美味くない店で修行して意味あるのかってのも、言わない約束かもー。
 でも、どうしても気になるのは片手間修行につきあった近所の和菓子やさんのご迷惑。
 材料無駄にされ、連日時間とられて・・・。
 お礼は契約とれたナントカ堂じゃなくって、ご近所の和菓子やに払いなさいって感じです。ついでに借金もそこから返しちゃえ!

 ツボだった小ネタは・・・・
*アイランド
 社内であだ名になってるよ!
*秘書に会うなり「かおり!」呼ばわりの妹(^^;;;)
 お兄ちゃんの寝言の人だ、といっても、兄を冷やかすつもりはないらしいよね。
*社長の割り勘。
 コーヒー代は貴方で、私は車購入の代金を って!3桁違ってますよ!

 あの和菓子職人さん、「救命病棟24時」でヒゲメガネ医者だった人ですよねー。声で分かるまでにちょっと時間がかかりました。こういう顔だったんだー。

 そして、分かる人には分かる「丹波さん」
草なぎくんの声で「丹波さん」って言われるといろいろ思い出してしまうじゃないですか。まぁ本当は「丹波産」の小豆は最高って話をしているだけなんですけど(^^;;;)
 「TEAM」spまた見たいなぁ。

「恋におちたら」2 ☆

 ここまでひねりがないのも珍しい。

「売り上げの悪い店を切ってこい」
とIT社長。だったら天下の主人公はそれを救うわけですね!古いオモチャ屋ときたら、お宝だな、オークションだなって丸わかり。

 おまけに通販サイトのデザインからテストまで全部1人でしますって、ちょっと待ってな設定です。元プログラマとして見過ごせませんよ(^^;;;)
もっとも、視聴者全てが「何でも鑑定団」見て、ネット使って、プログラムやシステムの知識があるわけじゃないので、島男くんの活躍とイイ人っぷりを描くための手続きと思っておきましょう。
 『スゴイなぁって思って欲しいんだね』と見守る私。心広〜い!

 で、店の主人を寸前で止めて「亀井」って手に押印されちゃったり。島男くん泊まり込みの間に魚屋が妹にプロポーズして玉砕してたり(笑)見せ方が面白くて1時間は結構あっという間です。
 サトエリが悪態つきつつ、おまけ食べさせてくれるのも楽しいかも。

 徹夜明けで別れたあとIT社長の家で寝ている美人秘書。 島男くんに好意ありげに見えたのに
・・・・社長の妹だったり、しないかな(笑)

「恋におちたら」1 ☆☆

 システムダウンの原因を瞬時に分析、いとも簡単に復旧してみせる・・・・のに、『ウィルス仕掛けた本人かも』とは疑わないのね会社の人(^^;;;)

 父親の零細ネジ工場を継ぎ、彼女いない歴更新中の主人公、鈴木島男「アイランドの島に男です!」君(草なぎ)
ガツガツと働くよりも、身の丈に合った幸せがあれば・・・派。そのつましさ、人の良さ、ダマされ易さは記念物ものです(「いいひと。」思い出したわっ)

 ワイハ旅行も母親連れだよ。
そこで出会ったIT社長と美人秘書が、彼の人生を変えていくのか・・・という1話。

 シャンパングラス片手に会社発展の展望を語るIT社長。末はハリウッドですかぁー。思わず惚れそうでした。呆然とみつめる島男くんの胸中やいかに(笑)

 冒頭、工場家族の食卓後ろ、TVの中でIT社長(堤真一)が演説カマしていて内容がいちいち島男くんの発言と対立しているのが芸が細かくて笑えました。
 直前見ていた「夢で逢いましょう」のIT社長が、前フリもなく出てきたのとは大違いですよ。

 そして、ハッピー旅行から帰るなり工場は倒産、お母さん急逝、警備に就職と人生怒濤の急展開。
 お母さんの病名や、金持ちと貧乏人の棲み分け・・・を説くのが何故給仕のサトエリ?とか、ツッコミたい部分もその分増えますが連ドラらしいワクワク感は嬉しいところです。

 今は貧乏人島男くんも、その昔は新聞に載るような・・・そして、IT社長がその切り抜きを大事にとっておくような人だったんですってよ。
 その辺、次で語られるんでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ