ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤江梨子

「さぬきうどん融資課」 ☆☆☆

いいドラマでした!


NHK高松放送制作、香川発地域ドラマの全国放送です。

銀行マンの鉄平(桐谷健太)は、東京や海外で巨額の融資を動かすつもりが地元香川の『うどん融資課』に転勤になり、哀れ単身赴任。

うどん屋開業資金や店舗移転の融資相談にのる事に。

商売の相談の筈が、浮気調査や嫁姑の愚痴合戦に巻き込まれ……家に帰っても、電話で嫁の愚痴。いい加減にしてくれー


と、冒頭からテンポよくすっかり物語に巻き込まれました。

タイトルの「うどん融資課」本当にあるそうで、さすがうどん県w

何度もアップになるうどんが美味しそう!でも盛りつけはシンプルにネギだけでどこも一緒なんですw 一杯190円とか150円とか、驚きのお値段ですよ~。セルフってなんですかw

ひとつだけ残念なのは「うどんは食べずに呑む物だ」という言葉だけで、その実演が見られなかった事w 俳優さんは台詞言う加減もあるでしょうけど、お客さん役でそれみせて欲しかったなあw


そして仕事にも慣れた頃、サトエリ来店。

義父の代からの田舎の店舗をたたんで、高松市内の実家で新店舗を出したいと。サラリーマンも多い好立地。旦那さん(駿河太郎)の打つうどんも美味しくて、高額融資が見込めるとほくほくの鉄平でしたが……何故か旦那は移転拒否。

移ればもうかるのに…と、奥さんと一緒になって移転をすすめる鉄平だったのですが。

「夜明け前から仕込みに励む父がカッコ良かった」

「地元の人においしいうどんを食べさせたい一心」

と迷いのない旦那に、あまりに違う自分と実父の関係を思いだしてざわざわ。そのうち旦那も折れて移転が本決まりになるものの、常連客の惜しむ声も聞いて、逆に鉄平に迷いが出てきたりして。

銀行マンの得意技、算盤片手に弾き出したのは徹底的なコスト削減&新規定収入! 割り箸代や自販機の設置、食堂への卸契約などで地元でも豊かにやっていけます!どーん!


ラストでは、上京以来すっかり不仲だった父に会いに妻子と行く話も出てハッピーエンドです。


サトエリ奥さんの立場で考えると、実家に戻って市内で暮らせば友だちも近くてスーパーもオシャレな店も多くて、引越を楽しみにしてただろうなあと思うんですけどw

それに、相談に乗ってた店の嫁姑バトルも、鉄平自身の嫁と姑の不仲も、言ったらすっきりした☆程度のなしくずしに上手くいっちゃってて、そんなことあるかーと思ったりw


それでも、地元に何十年も愛されて、朝の6時から来る数人の客の為に準備してくれてる店を、効率ともうけだけのために移してどうするって考え方は好きです。

もうける融資はまた別でがんばりますから!と、今日も元気な鉄平くん。がんばれ。


旦那など、面白い連ドラが始まったと喜んでいたので、1話限りと知ってがっかりw 


また何かの折に2話3話と、いろんなうどん屋をめぐるドラマをみせて欲しいです。(しかし桐谷健太は四万十川でも地元民の役で四国づいてますけど大阪の人だよね)


「ビブリア古書堂の事件手帖」3 ☆ (←サトエリに捧ぐ)

うーん、キャバ嬢サトエリは魅力的でしたけどね。

それとドラマの物語は別。

推理があまりに強引でお粗末で、終始入り込めずにぐんにゃりでした。

定期購読の最近の分が読んでなくてなんだ!興味なくしただけかもしれないじゃんw


脚本というより演出がいちいち気になるんですよね。

サングラスをつけ外しするタイミング、原作と変えて良くなったとは思えないしw そもそも、スタスタと来店する様子を見せる必要はあったのかと。

別に、いかにも見えてませんと手探りで動けーとは言ってないですよ、原作ではカウンター直行こそが『本棚に目もくれずに売りに来た』的表現になっていて、なるほど本好きなら古本屋に入ったら用事は忘れてまずあれこれ物色しちゃうよねーと納得したものなのに。何が違うのかと読み返してみると、”本を売りに来た男の行動”が原作では伝聞でした。それが画像になっちゃうとやはり情報が多いからペンは探さずに持ったじゃんとか、違和感が大きくなっちゃうんでしょうねえ。


ちなみにサングラス、原作では字を書くときは外してるのに。逃亡犯がいるってオリジナル設定が入るから、かけっぱなしになったのでしょう。工夫が逆行してるw (本編を確認したくさせるのが目的ならめちゃ上手いのかも)


そういうところキリがないのでもういいけど、青木文庫が絶版本なことも淡々と説明する栞子さんにはがっかり。別人の様にはしゃいでよーw 「dinner」の江口洋介ばりに瞳を輝かせてよー。

AKIRAもこの程度の働きなら、いっそ雇われずに毎日職探しのついでに寄ってる設定でも大丈夫。


「私が読んであげる」と、

「ずっと前から知ってたよ」

は泣けるのになー。

原作が大好きなわけじゃないのに縛られていて抜け出せません(><)

「離婚同居」最終回☆☆☆

元鞘なんだか違うんだか。

でもまあハッピーエンドには間違いないです。まわりに大きく迷惑かけながらも、小中大とナオとモモちゃんはまた一緒に住むことになりましたーパフパフ。
……ナオが1人で上海に行って、大ちゃんがももちゃんを育てるビターエンドだって現実にはアリだと思うけど。ドラマなら気軽に楽しく終わってくれて大歓迎です。今期、展開が辛いものは全部リタイアしてしまったものなー。

密かにハゲができるほど、小さな胸を痛めていたモモちゃん。お料理の先生を避けイケメンを嫌い、いつも眉尻の下がった陰気な顔つきなのに、どこかユーモラスなんですよね〜。またここにも魅力的な子役が居たもんです。
モテ期突入の大ちゃんは、モデル小娘に妻の親友に、果ては総菜屋のおばさんにまで(オアシズ大久保怪演!)追いかけ回されて逃げまどうの、笑いました〜。逃げてる場合じゃない、ナオを追いかけなきゃいけないのに!
遺影の写真集は、彼の生き方の表明になっただけでなく、素直にナオを追えない大ちゃんに、見せるからと会いに行くきっかけになりました。上手い!どれも良い写真だったし!
「女に恋しない男がいけない」
とはかなり説教臭かったですが、まあお年寄りの知恵は拝聴しておきましょう。
NHKドラマ面白いなーと思わされた一本でした。

人気ブログランキング

「離婚同居」2 ☆☆☆

モデルはモデルでも、”主婦モデル”として売り出されたのかー。

その偽装で、結婚指輪を取り出してまたつける一ノ瀬さん。そこだけ観ちゃった元夫大ちゃんは、そりゃあ元鞘の脈があると思いますよね。罪作りだなあ。

紹介されたエージェンシーの社長は大ちゃんの親友、例の浮気相手もそこの所属、トドメにカメラマンと新進モデルとして引き合わされて「初めまして」って!ぐるっと回ってメッチャ世間が狭くなりましたよ(笑)
レンズの中、”主婦モデル”として架空の”素敵な旦那様”について語る元妻、でも回想シーンでの大ちゃんはびっくりするほど冷たい非協力的な夫なのでした。
アラー、今のやかましい大ちゃんからは想像もつかないわー(ソノ意味デハアベサダヲミスキャストダッタリシテ^^;;;;)新聞に夢中で応えてくれない……よりも、こっちが具合悪いのに勝手にノリノリで誕生パーティー的上滑りの方がまだ似合うのに。まあ8年の間のどっかではそういう人だったということで。

ただねー、そんな良い主婦で良いお母さんだった人が、今何してるって毎晩こどもをほったらかして深夜帰宅ですよ。離婚で姓が変わる子なんて保育園にも小学校にも毎年ゴロゴロいたわけで、モモちゃんも先輩に相談してグチってましたし。これからママが有名人になったら更に娘の生活も変わるんだろうに。
案外これは、母の方が娘から嫌われるパターンかも知れません。親権は大ちゃんか??

謎のお料理お姉さんは、元夫婦を引き合わせた人だったのねー。そして、好きだった大ちゃんがその女に惚れるのを見てしまった可哀想な人だったのねー??サトエリに去られていく今の大ちゃんと当時の自分が重なる回想には胸が痛くなりました。で、以後もこんなサバサバされたおつきあいだけ続けて行くつもりなんでしょうか??
総菜屋のオバ……お姉さんも大ちゃんが好きな様子。さて、逃げる女を追うのか、ずっと寄り添っていてくれた人に気づくのか、惚れるより惚れられろなのか??去年の婚カツの時とは違って、NHKの恋愛(?)ドラマも面白くなってきましたよ!

女の対決、「私エコバッグ作れな~い」には笑いました。サトエリ、ズボンの裾なんて切ったことないでしょうね~。 

人気ブログランキング

「離婚同居」1☆☆☆

面白い!
小中大(こなかだい)なんて主人公の名前がいかにも漫画ですが、カリカチュアな小男ダメ男と来たら阿部サダヲの独擅場でしょう!!エア・ハンバーグ笑った~。そして家を出て行く(で、すぐ戻ってくる 笑)元妻に佐藤江梨子。これまた似合う~!
夫婦の出会いもカメラマンとモデルで、浮気の相手も撮影したモデルだったんじゃ、そりゃ信用もなくなるってものですが。猫の写真集で建てた御殿での暮らし、惜しくないのね??

しかし、
「アナタは何も分かってない」
しか言わない元妻にイライラしましたよー。暴力振るうでも酒に溺れるでもなし、いいパパだし。ダメ夫だったとしてもそれを許して来たのも自分でしょ~。自分から好き好き愛してるって言ったの??それともどうでもいい相手だった??しかも、実家の居心地が悪かったからって、離婚したまま元夫と同居しようという面の皮の厚さよ(^^;;)

「結局、お母さんが欲しかったのよ」
と切って捨てるあたりはキツイものがありますが、我が身を振り返って自分は完璧??

これを、まだ幼い娘さんが可愛そう~とか思うと重くなりますけど、とりあえずはサダヲの戸惑いしか描かれて居ないのでサラサラみられます。


人気ブログランキング

 「恋におちたら」最終回 ☆☆

 えー、”黒秘書”スパイじゃないんだ??

 そんなわけで、意外な展開も嬉しい誤算も何一つ無い最終回。いや、島男とかおりの仲がいつのまにか(って、主人公なのに!)進展してることが驚きだったかな。
 ・・・守衛のおじさんと、飲み屋のサトエリ子ちゃんがくっついてたら良かったのにー。

 パソコンいじってるあいだは、声かけてもまったく気付かない集中力の鈴木島男。
・・・・そんなこと、初耳です(ハッカーの時は応対してたじゃん^^;;;)

 島男の頑張りに心打たれた高柳が、契約相手の「ちょこっと直せば」「簡単でしょ?」に激怒して席を立ち、ご破算。
その様子を嬉しそうにからかう島男、報告を聞いて当然だって顔の社員達。
 ・・・そんな、分かってる展開を楽しむドラマでしたねー。うんうん。

 社名が「鈴木ネジ」なのは、まだ残してあった会社登録をそのまま活かしたってことなんだよね?
 ラスト、表ではまた職人さんがネジつくってて、中では妻かおりがシステムの営業してて、夫島男がパソコン叩いてて。
 大会社をゆるがす製品を、こんな小さな会社が作ってるんだ・・・っていうドリームはいい感じでした。

 でも、その安心の源ってぶっとく芯の通った唯一の人:龍太のおかげ?
「島男なら、こうしたよね」
っていうセリフが生きるためにも、主人公こそいつもかわらない安心な人であって欲しかったのに。
 おまけにかおり側の気持ちや生い立ちなどなどまったく描かれず(高柳社長との仲を疑う島男に「違うんです!」って、結局どう違ったの?)恋の行方まったく盛り上がらず。
 ホテル主おひょいさん、高柳を刺した男、鈴木ネジの金を持ち逃げした男・・・サイドストーリーのネタがごろごろ転がったまま放置ですよ。

 けっこう楽しかったけど、毎回もったいなかった。そんなドラマでしたー。

「恋におちたら」10 ☆☆

 子犬だっ 鈴木島男の必殺”雨に濡れた子犬の瞳”攻撃!
数分前、高柳相手には般若だったのに・・・この落差が草なぎくんの魅力ですねぇ。

 高柳は、あの億ションを売って金策にあてればいいと思います!

 そんなわけで、失意の日々からやっと立ち直る島男。
きっかけは龍太の言葉。妹の気持ちを代弁した形ながら、彼本人の気持ちでもあるよね。イイ奴だ龍太。
「ただ、あなたに幸せになってほしい」

同じコトを、高柳も思われている・・・・・。

美しい構成だけれど、こう続くと”女性の美徳”として描かれているみたいで微妙。
例えば中盤で、失意のカオリに島男がこの言葉をかけていたとしたら。カオリが島男を好きになったことに厚みが出たのに。まぁいっか、子犬にイチコロってことで。

 対かおり より、 対高柳 とのエピソードの方が 恋愛のパターンをきれいに踏襲しているので、かおり影薄いんですよね。

 金で買えないモノが・・・・・ある。
「それはお前に教わった」
この辺のたたみかけはゾクゾクしました。

 仕切直しての、高柳と島男のやりとりも素敵でした!
回り込むカメラ、一旦は拒絶されたかと肩をすくめる高柳に・・・・島男、電撃発言。
「あなたに助けてもらうのは僕です」
いやはや、他人様のビルのエントリーで、なに告白しあってるんでしょう。

 ただ、恋愛ドラマならそこで抱き合って終わるところでしょうがITドラマ(笑)だと起業して成功するところまで書かなくちゃ!
 てなわけで、来週フロンティアを取り戻して終わりかな?

結婚式は・・・龍太とマリコのだと思う人? ハーイ!

「恋におちたら」8 ☆☆

 龍太にステーキでもおごってやってよ。借金なくなってまで、毎晩ただもらいの魚食べてないでさー。

 またまた島男大変貌。
「酷い顔してるぞ」
とあちこちで言われる程の印象の変わり様。草なぎ君が熱演しています。
そうよねー。雨に濡れた子犬のように頼りなげな顔と、自信に満ちあふれた酷薄な顔と、両方持っている人なのよー。

 今回は、
「ハワイで会ったときにそんな顔だったら、追い返してた」とか、
神谷が一緒に仕事をした想い出を語ったりとか、
クビになった島男をアクセス禁止する描写が1話の要注意人物認定を思い出させたりとか、あれやこれや珍しく昔の脚本ときちんとリンクしている丁寧な回でした。
 でも、回想ではさまる場面と今のムードがまったく違うので(^^;;;) そこはそれで微妙な気分。

「あなたがこう育てたんですよ」
とスゴむ島男。それに見合うエピソードが思い出せれば迫力倍増なのになぁ。
ホントは「恋におちたら」と「僕の成功の秘密」っていう2本のドラマがあって間違えて混ぜて放送しちゃってるんじゃないのかい。

 そんな中、龍太だけはぶっとく揺らいでなくていいよね!
「つい、カツオがでちゃって」 手じゃないんだよ、カツオだよ!!
島男とのコネの為に不倫のよりを戻そうとするバカ男より、絶対龍太がお買い得!!

 パワーゲームに勝って、高柳社長と入れ替わった島男ですが・・・・このまま終わるわけないもんねぇ?高柳復活の鍵は、島男化することなのかな?
 最後はみんな魚屋になって終わっても地に足着いてていいかもねぇ。

 ワイングラスに歪む島男の貌から、エンディングタイトルへ。
毎回引きが上手いです。

「恋に落ちたら」7 ☆☆?

 へー、取締役になる時って、退職金もらえるんだー。

 そんな豆知識はさておいて。
副社長もさしおいて出世するような、何をしたんだ島男が!!

 第一回からずーっと、ずーっと、島男が成功して褒め称えられるのを見てきましたよ。それですら、そんなもの凄いことしたようには見えないんですけど。他の社員だって同時に大きな仕事してるんでしょ?
 借金まみれで、妹は退社後に水商売のバイトまでしてる・・・ってのに、島男兄さんは良い店でデートよ。(まさか秘書のおごり?)
 妹1人に苦労をかけてっとかいう問題以前に、ドラマとして成功の前後の生活にメリハリがないのよー。送迎のリムジンだけで済ませないでよ。

 そんなわけで、今回だけ独立してみれば・・・権力を与えられ、それに酔い始める島男、「成功の快感」に捕らえられてしまった島男の描き方は面白かったんです。
 でも、全然前回と繋がって感じられなくてポカーン。

 例えば、その仕事の成功と引き換えに取締役だってならハラハラしますよね。その為に、いままで築いた歌手だの女社長だの(和菓子職人も・笑)って人脈をフル活用してその結果話題になるなら納得いくのかなぁ。
 でも取締役:島男が何を悩んだって、もう借金返せたんだから、失敗したっていいじゃん。
 起業を迫る人もいましたが・・・・「**がしたい」という確固たるビジョンもない人に何を勧めるんだか(苦笑)。コンピュータに詳しいという切り札も全く活用されず!
 前回同様、草なぎ君の表情には胸に迫るものがあるのに、話がどうしょもないので感激したくないです。どうにかして〜。
 (ツレは島男出世でご満悦。どうしてこの展開が素直に受け入れられるのっ)

「恋におちたら」6 ☆☆

 高柳社長がイイヒトに! ・・・なっちゃったハズ、ないじゃん。

 突然しれっと人情話始める方が胡散臭いんで、
「貴方は人間じゃない」
と社長をなじる島男には気持ちが添わず、せっかくの熱演が演技力の無駄遣いに思えてしまいました。

 何しろ、高柳は信念を持って冷酷を選んできたハズなんだから。

 なのに一応、相手の社長が死ぬまで待ってたじゃん。
それだけで充分、恩返しだったと思うのよ。
(堤真一は、いい仕事をしていると思います。8ミリをみているラストも良かった!)

 それより気になるのは、昔住んだ家を訪ねるのに秘書を伴う高柳。
何で1人で行かないの?

 これで、戻ってきたカオリが島男に社長と**物産の繋がりを語るとか。社内の空気が悪くなったときに秘書:黒が語るとか。
 それでこそ連れていった意味があるし、結果高柳は「恩返し」と断言せずに・・・嘘つきにならずに済んだかもしれないのに。(島男だけは彼を責めるだろうけど)

 そういうツメの甘さが、気になって仕方ありません。

 内線で内緒話をする神谷とタートルネックの場面は(社内恋愛カップルか!)面白かったです。
だからもう、ファンタジーにしとけばいいのに。

 それに今回もまた、プログラム能力関係ないよね。

「恋に落ちたら」5 ☆☆☆

 「恋に落ちたようだった」
うわ、こんなところでタイトル文句使われちゃった(^^;;;)
気障な神谷先輩(谷ショー)が社長との出会いを語ってます。でも実際のところ起業社長なんて、それぐらいのカリスマはあって当然だよね。
 島男にこだわり続ける社長だって、恋しているようにみえる。
(かおりと島男よりも ^^;;;)

 今回は、ファンタジー路線に戻った楽しい回でした♪島男のありえない行動とひたむきさが全てを解決!
 先週分を無かったことにしましょう。うん。

 行きつけの店で盗聴されて(もう行くなよ)、大きなとりひきがひとつパー。
でも、常務がダメなら社長に掛け合おう!と別荘まで押し掛けちゃう島男君でーす。
(その別荘探しに、とってつけた様にブログを検索・笑 プロフィールぐらい確認してよっ)

 3日3晩共に過ごす神谷と島男の様子が、寝相や酒の好みまで事細かに描写されていて飽きない! ただの憎まれ役だった神谷のキャラにみるみる肉がつき、島男に影響されていく様子がセオリーながら爽快でした!!
 これこれ。こうこなくっちゃ。

「ダメでした・・・」と一旦は帰社。だけど、絶対もうすぐ電話があるから♪

 またその電話のタイミングも絶妙!
ほらみろ、と勝ち誇る社長・・・・・ここでコール来ちゃ、社長の顔丸つぶれなだけじゃなく、先輩が島男を支持する言葉が聞けません。
 ちゃんと2人が退場してから、電話があるんですよー。もうその間、いつ来るか来るかと手に汗にぎっちゃいますって!

 悔しがる社長。
だったら島男には、絶対成功するつまらない仕事だけ与えておけばいいのに。
 社長は社長で、どこか心の奥では島男に勝って欲しいのよ。アイランドミラクルを期待しているのよー。

 でも天才プログラマな必要は全然ないよね

「恋におちたら」4 ★

 ゲリラ青空コンサート。ネット配信はどうした。

「情よりも仕事:社長」vs「仕事を捨てて情:島男」だよね!それは分かります。
不機嫌なシンガーもそのハートで説得ってことになるに決まってます。
でもでもそれだけに、島男の情の魅せ方をもうちょっと、納得出来るものにして欲しかったんですよ。

 会議中の着信に応対したあげくに理由も言わずに退席って!!コラ!
恋する魚屋から連絡ならまかせておけばいいのに。兄貴気が利かなさすぎだぞ♪

 ていうか、かおりさんを担当にしなかった理由を知りたいわ。

 社長も父親を亡くしたりと過去に何かあったらしいほのめかし。不器用な島男にその当時の自分を重ねている・・・のでしょうか。

「恋におちたら」3 ☆

 「キミとは住む世界が違うんだよ」っていきなりキレられてもさ。
金持ちなのは社長でしょ。秘書の実家を訪ねたら貧乏長屋に病気のお祖父ちゃんが寝てるのかもしれないじゃん。
 靴下も買えない我が家・・・・という表現だけじゃなく、秘書自らが物を粗末にする場面がなくっちゃ、あれはただのいいがかりだよね。
 100万円のスーツ、断るでもなく島男くんがもらって着てるのにびっくり。そんなパーティに連れてくる妹の服は大丈夫なんですかっ?
 
 さておき、札束で万事解決♪な社長と、誠意と真心でおつきあいの島男。2人の分かり易い対比はいかにもドラマで、将来の対決を予感させてくれます。

 和菓子屋のこだわりを理解するために、自分も和菓子づくりを体験してみるアイランド島男くん。なかなか、普通じゃ出来ない変人っぷりです。
 ・・・これが出来るなら、天才SEの必要ないじゃんって気がするんですけど・・・その辺は見ないフリ見ないフリ。美味くない店で修行して意味あるのかってのも、言わない約束かもー。
 でも、どうしても気になるのは片手間修行につきあった近所の和菓子やさんのご迷惑。
 材料無駄にされ、連日時間とられて・・・。
 お礼は契約とれたナントカ堂じゃなくって、ご近所の和菓子やに払いなさいって感じです。ついでに借金もそこから返しちゃえ!

 ツボだった小ネタは・・・・
*アイランド
 社内であだ名になってるよ!
*秘書に会うなり「かおり!」呼ばわりの妹(^^;;;)
 お兄ちゃんの寝言の人だ?といっても、兄を冷やかすつもりはないらしいよね。
*社長の割り勘。
 コーヒー代は貴方で、私は車購入の代金を って!3桁違ってますよ!

 あの和菓子職人さん、「救命病棟24時」でヒゲメガネ医者だった人ですよねー。声で分かるまでにちょっと時間がかかりました。こういう顔だったんだー。

 そして、分かる人には分かる「丹波さん」
草なぎくんの声で「丹波さん」って言われるといろいろ思い出してしまうじゃないですか。まぁ本当は「丹波産」の小豆は最高って話をしているだけなんですけど(^^;;;)
 「TEAM」spまた見たいなぁ。

「恋におちたら」2 ☆

 ここまでひねりがないのも珍しい。

「売り上げの悪い店を切ってこい」
とIT社長。だったら天下の主人公はそれを救わなくっちゃですね!
古いオモチャ屋ときたら、お宝だな、オークションだなって丸わかり。

 おまけに通販サイトのデザインからテストまで全部1人でしますって、ちょっと待ってな設定です。
もっとも、視聴者全てが「何でも鑑定団」見てネットして、プログラムやシステムの知識があるわけじゃないので、島男くんの活躍とイイ人っぷりを描くための手続きと思っておきましょう。
 『スゴイなぁって思って欲しいんだね』と見守る私。心広〜い!

 で、店の主人を寸前で止めて「亀井」って手に押印されちゃったり。島男くん泊まり込みの間に魚屋が妹にプロポーズして玉砕してたり(笑)見せ方が面白くて1時間は結構あっという間です。
 サトエリが悪態つきつつ、おまけ食べさせてくれるのも楽しいかも。

 徹夜明けで別れたあとIT社長の家で寝ている美人秘書。 島男くんに好意ありげに見えたのに
・・・・社長の妹だったり、しないかな(笑)

「恋に落ちたら」1 ☆☆

 システムダウンの原因を瞬時に分析、いとも簡単に復旧してみせる・・・・のに、『ウィルス仕掛けた本人かも』とは疑わないのね会社の人(^^;;;)

 父親の零細ネジ工場を継ぎ、彼女いない歴更新中の主人公、鈴木島男「アイランドの島に男です!」君(草なぎ)
ガツガツと働くよりも、身の丈に合った幸せがあれば・・・派。そのつましさ、人の良さ、ダマされ易さは記念物ものです。(「いいひと。」思い出したわっ)

 ワイハ旅行も母親連れだよ。
そこで出会ったIT社長と美人秘書が、彼の人生を変えていくのか・・・という1話。

 シャンパングラス片手に会社発展の展望を語るIT社長。末はハリウッドですかぁー。思わず惚れそうでした。呆然とみつめる島男くんの胸中やいかに(笑)

 冒頭、工場家族の食卓後ろ、TVの中でIT社長(堤真一)が演説カマしていて内容がいちいち島男くんの発言と対立しているのが芸が細かくて笑えました。
 直前見てた「夢で逢いましょう」のIT社長が、前フリもなく出てきたのとは大違いですよ。

 そして、ハッピー旅行から帰るなり工場は倒産、お母さん急逝、警備に就職と人生怒濤の急展開。
 お母さんの病名や、金持ちと貧乏人の棲み分け・・・を説くのが何故給仕のサトエリ?とか、ツッコミたい部分もその分増えますが連ドラらしいワクワク感は嬉しいところです。

 今は貧乏人島男くんも、その昔は新聞に載るような・・・そして、IT社長がその切り抜きを大事にとっておくような人だったんですってよ。
 その辺、次で語られるんでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」予約受付中


カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ