ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤智仁

「ヴォイス」〜10☆

『死に別れより生き別れに嫁げ』
あくまでも後妻に入る場合の助言ですが、美しい思い出を抱えたまま前妻と死に別れた夫より、何かで揉めて(時には憎み合って)別れた生き別れの夫の方が、これからの人生仲良くやっていけるという先人の教えだそうですよ。

そんなわけで、”妻が可哀想”なんて余計なお世話なのでは。
潔く迷惑かけて、看取られて、葬式の席の妻が思い残すことなく
「ああ、せいせいしたー」
とつぶやけるのもまた別な意味の思いやりかもしれないってば。
更には”内緒で”安楽死って、どんだけ子供扱い? というか不倫も同然?? 私なら、他人の医者より妻の私に何故頼まないの、キー!!と暴れることでしょう。
(まあドラマの奥さんには感謝されてましたけど)

前回の自殺も理解不能でねー。
保険金が例えおりても、それで家族が喜ぶ”いない方がましな親父”であるためには、事前に根回しがいりますよ。曰く、女連れ込んで妻子を雨の浜辺に追い出すとか、子供の貯金取り上げて酒を買うとか!!……ってそれは「銭ゲバ」の父(笑)

単に主人公側の試練として
”遺体の声を届けたのに喜ばれない”事例が欲しいなら、逆のパターン”自殺と思われたが事故だった”でもいいじゃないですか。
で、「保険金もらえますよ、よかったですねー」
とでも声をかけて、ぶん殴られて来たらいいのに。
最期が分かろうが、理由が分かろうが、哀しい気持ちは埋められないという、一番の基本が何故かこのドラマからは毎回毎回感じられなくて、前回今回は輪をかけて謎。

次回最終回には、1人だけ背景が分からない主人公の話が出て来るんでしょうか?
あと久保アキちゃんがラブホに行くとか言ってた初回のつかみはなんだったの??

「ヴォイス」8☆

それは火事場泥棒でしょう??
↑黒こげランドセルからキーホルダーをお持ち帰り。

子を亡くして泣き崩れる親は描けても、子供の遺品に勝手に触られる親の不快はスルーですか(後から許可もらったかも?どころじゃないよコレ)
そこに引っかかるまでは、普通に「いい話」をみてたのになー。

今回も自己犠牲。自分が助かるより、もう息絶えた子供の遺体を焦がさない道を選んだ男の物語。
火事で家族を亡くしたのかなーと思わせておいて、実は元火事現場の鑑識として、火事の恐ろしさを知っていた人。
これと学生のB型肝炎感染か?を絡めて、プロたるもの多大な危険を覚悟してでもやり遂げなきゃいけない仕事がある!という「いい話」なのですが。その危険って、法医学者なら解剖中の感染。でも火事で死ぬかもしれない職業って……鑑識は別に死なないよね…。現場に突入も守備範囲外の筈。
どーしてこれ、元消防士の話じゃないの??
どーして?

「最初は放火犯と間違われる」
「警察関係者でびっくり」
を入れたくて不自然になったような。体格のいい、元消防士さんが火事場で亡くなってもひねりがないものねー。……いや、そんなひねり要らんけど。キーホルダーも、自分が助け損なった子の遺品とかならベタだけど納得なのに。

そして大己の妄想発表、”うちの子は変態オヤジに殺された”と思ってる親には聞いてもらえませんでした。え、そこ大事なんじゃないの??

学生の仲良しっぷりや、オタク談義(保存用空ケース 笑)は面白いのにねー。

「ヴォイス」7☆☆→☆

お金は気持ちよく払おうよー(><)

いっしょに見てる家族に紅葉おろしの説明したり、雑談する目覚ましにドン引きしたりしながらも、やっっっっっと死者の声を聞く物語に巡り会えたなーと、結構感激してたんですよ。
便利な洗濯機買って、犬飼って、得意料理作って。あとに残る夫(石橋蓮司)の為に、先立つ自分が思いつくことを全部準備しておいてやろうだなんて泣けるじゃないですかー(連れ合いに内緒って自分ならあり得ませんが。痛がりだったそうで、死んでもいいから手術したくないとか?もう本人がそう決めてたならそこはスルーするしかないですが)

なのにあんたら、遺族の旦那さんに特注したオーダーメイド靴の支払いでぐだぐだ揉めるなんて!挙げ句
「無料でいいじゃん」
だなんて、職人仕事をなんだと思ってるの、最低過ぎるー(ので☆1つ減 ><)あんなにきれいな靴なのに!
まずは気持ちよく、有り金はたく姿勢はみせようよ2,000円でも。それなら、約束が違うわよ、と出したアキの財布にも3,000円ぐらいしかなくても、旦那さんの方からローンを言い出してくれたかもしれないじゃない。
そうしたらまた会えるんだから!!←こういうクサさは、このドラマ向きだと思うんだけどなー。

次回はボンボンがB型肝炎に感染?解剖のせいで??
いつも気絶の羽井君のトラウマも、今回語られそうで肩すかしだったのでまあ次回もみると思います。

「ヴォイス」5☆☆

「ソヨゴ」、白い花が咲いて赤い実のつく可愛い木ですが、花も実もない時期に見つけられるとは凄いぞ主人公(他の3人、ソレ何?って聞き返さなかったのはもう面倒くさかったからじゃないの 笑)

亡きフリーカメラマンがとった謎の写真は、息子と交わしたしりとりだった。
今回も快調に「いい話」「泣ける話」路線を突っ走っております。別れた奥さんの醒めた感じに、これを泣かせるのは手強いぞと思ったらターゲットは幼い息子。巧いね!

そんなわけで、もう”そういうドラマ”だと思って見てるし、学生同士のおしゃべりも
「こいつめんどくさい」と
「親子の間柄はイーヴン」という
話の流れにリンクした形になってたし(マヨ卵の場面も青春だったよー)いいんじゃないかな。
食堂のお母さんはいつも楽しいよ!

ただ最後の写真展示は、別に坊やは『どっかの知らないおじさんと』しりとりしてたわけじゃなく、父親だって分かってたんだから、今更あんたたちに言われなくても大事な思い出だよ、と思ったり。
あんな幼児に携帯与えて、通信記録も把握してない母親ってどうよ?とか。
遺品を勝手に贈呈って!!とか
いろいろあるけど、まあいいかー。

吹越満、「ありふれた奇跡(母の浮気相手)」「必殺仕事人2009(絵師)」に続いてまた登場(「キイナ」「歌のおにいさん」にも出ましたよ) 先週の田中圭もだけど、脇に同じ人を使いすぎですよ(><)

4話 3話 2話 1話 

「ヴォイス」4 ×

プライド?譲れずにエビ喰うのが??
「嘘つき」呼ばわりの小学生時代も、友人を売れといわれた現在も、明らかに相手が間違っているのにそれを正しもせず告発もせず逃げもせず、黙って死を選んだ男が偉いの??
(ピザがシーフードじゃなかったら飛び降りるか舌噛み切るかしたわけね??)

いやもう今回ばっかりはご機嫌でみてる家族に悪かったけどアレルギーによるアナフィラキシーショックをこんな風に扱われて
「ナンジャソリャー」
と声に出ちゃいましたよ。食べ物ごときで囲んでネチネチ責めるクラスメートなら、持ち物が高価だのテストの点が良すぎるだのモテてずるいだの、難癖つけ放題じゃないのかい。それに負け続けて生きてきたのかい(><)
せっかく
「大麻なんてする奴じゃない」
と繰り返すから、売人の同級生を中毒から救おうとしてたとか、別方向を期待しちゃったよー。

あ、でも彼の妄想だからね、全部。
本当は全然違ったのかもしれないよね。なのに得々と、愛息(田中圭)を亡くしたばかりなのにお忙しいお父さん(小野武彦)を捕まえて妄想語ってんじゃないよー!!

駄目押しに宅急便でした。
そこは普通にママからでした、ワッハッハ!で十分だよー。
(原チャリ2ケツで卒業旅行する親友にチョコ3つって、本気そうで怖い……ていうか、泣いてるよ?みんな気を遣うならここで1人にしてやろうよ。何で微笑んで囲むのー!!)

いっそもっと構成も壊れてたら文句が言いやすいのに。父親と対決する流れはちゃんと前回から続くから余計、何が不満なのか家族には謎でしょう。ううう。
漫才部分(着メロだレタスだチョコだ)はきらいじゃないのになー。

3話 2話 1話 

「ヴォイス」2 ☆☆

瑛太のコートがいい色だねー、以上。みたいな。

つまらない訳じゃないのだけれど。
奥さんが泣くまで続く主人公の語りも、瀕死の旦那さんの映像も、どっちも裏付けのない妄想じゃん?なのに”泣けーさあ泣けー”と迫られると醒めます。アマノジャクなのでそりゃーもうテコでも流されないぞ。

デッキで漏電、というならコンセント回りに形跡を見せてくれたらいいのに。
強調するべき旦那の特徴は無口、よりも几帳面、では。だっていちいち指輪を外し、瀕死なのにボウルにラップして奥にしまう人だよ?一方の奥さん(鶴田真由)たらその何日も前の牛乳漬けパンを、食べちゃう猛者なんですから(卵あったんですか奥さん!!)あのメチャキレイな家を片付けていたのは旦那だったかも。
ていうか友人!旦那の職探し話は、ちゃんと葬式に行ってちゃんと奥さんに直接いいなさいよ!!

この辺、相手が学生だと逆に気がゆるむということかもしれませんが、前回からとかく大人が口が軽いし、奥さん達は家に招き入れて平気。もっと冷たくあしらって社会の厳しさを見せてやれー(><)
そうこれ、主人公が学生だから軽率でも妄想でもまだ許せるんだろうなあ。

もちろん家族は、私のそんな不満にはさっぱり理解なく面白がってみています。一緒に「クレイマークレイマー」観たのも忘れてそうです。まあ理不尽な離婚の話で、好きな作品じゃないからいいけど。
実は私、ツレとよりフィギュア貧乏くんとの方が話が合いそう……。でもね、自分と違う趣味の人と暮らすって、世界が広がって面白いのよ、うん。そのうち分かるよ。

今回一番興奮したのは、主人公が「クレイマークレイマー」を……DVDでみてたこと!!(そりゃそうだろうけどー名作のレンタルってVHSなイメージが…)
それと不良くんとオタクくんの会話。
「じゃあ俺が作ってやるよフレンチトースト」と、続くかとドキドキしました(^^;;;)

1話 

「ヴォイス〜命なき者の声」1☆☆☆ー☆☆

えーっこれ駄目でしょう!!

いやドラマは面白かったです。”憶測だけど多分真実”な出来事もいいんじゃないでしょうか。でもさ、それを伝える相手は20年も会ってない妻じゃないよ!
人殺しになっちゃった子供だよ!!
でなかったら、子供にはおじさんの死を知らないままでいてほしかったよ!!(自殺を図って助けられ、相手が死んだのに黙ってる様な人非人が自分の子だったらワタシャ憤死する)

そういう意味では、飛び降りた子の泣き顔や、イジメ痕らしき汚れなんて要らなかったよね←どうせ、妄想の映像化であって真実の回想じゃないのだから。名探偵コナンで、推理中は犯人を全身タイツで表現するように……顔も理由も分からない形にしておいてほしかったです。

そんな憤りを脇に置けば、久しぶりにまともに楽しい月9でした。
法医学ゼミに新人5人。
主人公、友達、姫、不良、手下のバランスも良いし、それぞれに訳ありな様子の見せ方も良い感じ。
まあ新入生じゃないんで、不良くん(佐藤智仁)なんて今まで3年間目立ってただろうと思うんですけどー。
「法医学のおかげで、懲役を免れた」
こりゃ、坊ちゃん育ちの医大生ならドン引きですってー(笑)
姫(石原さとみ)は幼い頃に母の不審死。
実家も医者の友達は、親と不仲。
……手下くんだけ背景が弱いかな?でも不良とのコンビで美味しいですよ!「打撃天使ルリ」のピザ配達の子だよね?スキンケアして登場です。一昔前ならヤマシゲの役だねと思っていたら、その山崎樹範は解剖を依頼してくる刑事で登場。嬉しいなー。

主人公(瑛太)は、指導教官(時任三郎)曰く
「法医学に向いている」
じゃあ入学式か受験で何か、エピソードがあったんだろうぐらいに思っていたら、どーんと8才にさかのぼって、しかも死傷者の出る鉄道事故現場が運命の出会いでしたよ!(救命に集中しろー)
以来ずっとストーカーしていた訳じゃないとは思いますが。覚えていた名前と運命の再会をして、別のゼミから勝手に自分のところに引っ張ってきて。人生替えちゃった責任は何でとるんだろう(^^;;;)

さておき、法医学ドラマの金字塔「きらきらひかる」と違うのは、青春群像でもあるところと、学生だけに時間があって責任は何もないところでしょうか。本職の先生達はちゃんと、解剖結果だけで同じ結果にたどり着いていることもきちんと描いてくれて良かったです。
でもそれだけにやっぱり、現場まで1時間かけて出向いた学生達が出来るのは、30kgぐらいの小学生への赦しと、その分強く生きろよという励ましだったんじゃないかと。
(例えそれが本当に助けられた子じゃなくても、それは良いよ)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ