ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤健

「半分、青い」☆☆→×××

朝ドラ、実はずっと見ています。でももう辛いのです。偶にツッコミ入るなら愛嬌ですが、素でイヤおかしいだろ……とドン引きすることが増えてしまいました。

だいたい週末に、週の6回を旦那と並んで続けて観ます(^^)
旦那は片耳失聴で私は漫画描いてた時期があって。お互いにうんたらいいつつ、星野源のオープニングもとばさずに6回見てw 永野芽衣ちゃんが可愛くてねえ。そうか漫画家になりたいのかと、応援していたものです。
それがプロポーズ断った(ことになった)あたりから、ストーカーなど鈴愛の奇行に戸惑うようになり。断筆しての第二の人生だって暖かく見守っていたのですが……。クズとの結婚はともかく。離婚も……『映画を作りたい』ではなく『別れて欲しい』から持ちかける旦那がやっぱり酷いとも思いつつ。

出戻ってからの鈴愛は、ずっと「変」じゃないですか?
いくら実家でも、自営業で必ず居ると分かっていても。ひと言の連絡もなく子連れで住みにやってきて、営業中の店内でいきなり喧嘩を始めるって。地上げ屋の嫌がらせより酷いわ。そして、大昔のプロポーズを蒸し返したり『律を支えたい』って、はあ? 
どれもこれも、離婚話から即日泣いて帰って不安定というならまだしも、季節が変わるほど婚家に世話になってからなのに? そして実家でのんびりと家事もせず、むしろ娘の世話は家族に丸投げで楽チン楽チンと朝寝してるのに?
そのうち考えついた仕事は、雇われるのがイヤだからと2号店。元手は両親の世界旅行貯金 ← 鬼か。

そこからは、仙吉さんに五平餅特訓されて、速攻でマスター。拍子抜けしてたらなんのとこはない。開店したら習ってない弟子も焼いて客に出してるじゃん!特訓の意味ない~! そういう雑さが随所に見られてもうイライラしっぱなしなんですよ。 仙吉さん急死で、カフェの名前が決まらない騒動も長い。それより、やっと命名ができて喜ぶ仙吉さんが見たかったなぁと思ってたら、なんだ。カンちゃんから仙吉案を聞き出すために、人形に携帯仕掛けたかったんですねえ。その延長に、カフェのアイドル岐阜犬が喋るアイディアがあって、それが懐かしの糸電話を彷彿とさせ……って、待ってよー。

店名案は仙吉さんとカンちゃんと愛狐ココンタ3人の秘密だったのに、家中の大人が教えろ教えろと騒いで、知ってるはずのココンタまで『忘れた、教えろ』と言ってきて。気が付いたら店にはその名がついてるんですよ、非道くないですか。カンちゃん怒っちゃうのかな、と心配したのに、店名に反応する場面なし。そもそも「センキチカフェ」と聞き出してからほぼ登場しませんorz
律(目上を呼び捨て!)の家に上がり込み、病気のおばさんに歌をきかせ(迷惑…)、漫画借りてと、野放し状態を延々見せられた挙句に用済みですか。あ、ママお手製の岐阜犬と陽気におしゃべりしてました。喋るココンタの裏切が響いてないのかと。『世界はひとつ』『パパとは心が通じてる』などと壮大なことをよく語るカンちゃん、携帯電話のギミックなどお見通しのこまっしゃくれた子供だと思ってたのに、逆にあのお題目はお莫迦の証拠で、丸っと言われたまんまを信じちゃうってことだったんですか?
どんなに頼んでも、一度もお絵描きしてくれなかったママが描いた岐阜犬。カンちゃんのためじゃないんだよね……切ないなあ(その設定も、断るエピソードの積み重ねでなく『一回も描いてない』と言うだけ)

またその岐阜犬の中の人が、和子さんorz
開店時間内、ずっとスタンバイしてるの? 余命宣告された病人が? 殺す気か。仕事があると張り合いがあっていいわねーって、それは元気な人に言うことでしょ。

サンバのサトエリさんが来て、仙吉さんの五平餅の思い出を語ったというのに、センキチカフェで鈴愛のを食べさせるでなくお父さんが作っちゃってびっくりですよ。
てかね、五平餅ですよ。オープンに秋風羽織を呼ばないの?
てか、先生が癌だったことは忘れていいのかな?
忘れるといえば、ママが漫画家だったこともカンちゃんはもう忘れちゃったかな。
夫の映画が完成して、試写会もしたのに評価はなにか流れてこないのー??

律の嫁が敵みたいに描かれていますが、あんな変な幼馴染そりゃ警戒するでしょ。和子さんも、遺品を鈴愛から律に渡してとか、自分の死後の律が心配とか、嫁をないがしろ。ほんとこのドラマ、巣立って親と違うコミュニティを築いている子がいないんですよ……。

さて今週は旦那の出張もあって土曜を待たずに見ちゃったら、ほらやっぱり和子さん、岐阜犬中に具合悪くなっちゃってる(あのオープンスペースで浮気だ友達がいないだと、ぺらっぺら相談するのも不自然ですが)
その後イチゴを頼まれて買いに出た律くん、当然のように閉店後の「センキチカフェ」に入り込み(戸締りは??)売り切れ閉店を知らずに復活した岐阜犬に向かって、『あなたの子で良かった』を繰り出しますよ。う、うん。20代ならそれでいいけどさ。もうアラフォーで人の親だよね律くん。家に帰って直接言えよ、それ。その前に、閉店を知らせるシステムが無いとは、病人を待ちぼうけさせるのか最低だぞ鈴愛。

爽やかなオープニングの、無邪気で可愛い鈴愛ちゃんを見るたびに悲しくなるんです。平凡な日常に、明るい落書きで彩りを加えてくれたこの娘はどこに消えちゃったんでしょう……。

「義母と娘のブルース」1 ☆☆☆

うわー、また変な綾瀬はるか(褒めてます)

再婚相手良一(竹野内豊)の、小学生の娘みゆきに初対面で名刺を差し出して嫌われ、いろいろ懐柔し「採用通知」をもらったお礼にと、真顔で腹踊りをして更に嫌われるという常識無いにもほどがある変な奴なのに、キャリアウーマンな亜希子(綾瀬はるか)w こんなんで本当に仕事もできるんかと思いきや、色仕掛けも脅しも辞さない全力っぷりに語学力。本当にできちゃってるみたいです(^^;;;;)

そんな堅物亜希子を射止めた良一の方は、ぽわーんとした男前。取引先の社員だそうですが、およそ切れなさそうな良一が、どう見染めてどう口説いたのかがさっぱり描かれず、まだ妻の死後たった3年。
それで、あらかじめ娘に説明するでもなく硬いスーツのお姉さんが急に現れて
「新しいお母さんだよ〜」
って、そりゃ嫌われますよ(そういうところも良一、仕事できなさそう……)その後も娘の攻略に全然力貸せないし(^^;;;) いい人そうですけどね。

手を握るでもなく敬語で会話し、どこが好きなのかと子供に聞かれて「仕事ができるところ!」って。お互いにこの結婚について『メリット』があると言い合う様子からも、ラブラブよりも何か裏のある結婚みたい。ドタバタ喜劇なら、タイトルにブルースとはつけないでしょうし、ね。そんな暗雲をナレーションも予感させつつ、概ねコメディな初回でした。この亜希子がどうなるのか、見てみたくなりますね。
来週ぐらいまではまだ、みゆきちゃん子役のままですかね(バルサ子役だった横澤菜帆)

あと、無責任なバイク便に佐藤健。この先絡んできます??

「ビターブラッド」10 ☆☆

飛び降り女性を説得ついでに口説いてカップルに、と思ったら宅配で爆弾が届いて……と「仲間」がドタバタやってる間にも

オヤジはストーカーに撃たれ監禁

若い2人のバスハイジャックもストーカーの仕組んだ<余興>だったそうで……

もう犯罪てんこ盛りですw


銃バンバン撃って人質の腕に腹に当ててたハイジャック犯、いくら子どもを人質に脅されたからってやりすぎですって。泣く赤ん坊に切れてたのも子を愛する父のすることかと(またその乳児が、銃声で泣き止み!以後ずっと空気を読んで静かw)


お目当て西村さんは、6話にも出てた警視庁人事一課の小暮さん。

オヤジが愛妻の初デートの相手とかいう可愛い因縁で恨んでるんだそうですw 机の上の飲み物も明るいグリーン、チェリーとか浮いてる甘そうな奴ですよ50絡みのおじさんの注文じゃなくて可愛い~

捜査一課への昇進の連絡をしに来たそうですが(そんな公用をなんでオープンカフェでw)伝え方がいちいちイヤそうで、一方のオヤジは食い下がって褒め言葉や相手の本音を聞こうとしてて、何この可愛い2人w

あと平岩紙の飛び降り女が印象的でしたね

事件は最終回に続く。
 


「ビターブラッド」6 ☆☆

西村雅彦目当て!


署内で課長が刺され、主人公達の部署全員が容疑者に。

その取り調べチーフ小暮が西村雅彦で、のっけから威圧的。カッコいー(^^) 遺留品に触ろうとした佐藤健を子猫の様に襟首つかんでどけてるのに萌えました。

しかし、署内で銃を出して健たちに向ける無茶っぷり。丸一日を個別尋問とスパイ活動に費やしても成果はなくて、とりあえずタケル父を連行ってかなり無茶でしたよね。

挙げ句、真犯人はタケルが1人で逮捕してきて、説教までされて、無能を晒しちゃって惨めでしょー(><)


1話でリタイヤして以来久しぶりでしたけど、なんか古くさく(遅刻=トーストくわえて家を出る!)ドタバタうるさいのは変わらないんですねw 正直、犯人の筈がないと本当に信用できるなら連行されたってすぐ戻ってこられるはずで、血相変えて戦わなくたってね。それとも警察組織を信用してないから、濡れ衣着せるに決まってると必死なのかなw そんな警察イヤ過ぎw
いったん仲間割れしたけど結束、というベタ流れの是非はさておき。
タケル1人で解決するんじゃなくて、それぞれの得意分野での気付きが重なっての犯人特定ってならないと、小暮に怒られてる通りの仲良しごっこですよねえ。 


「もっと父と話したかった」

とは、刺されて危篤の課長の息子談。

タケル父が大事に抱えた箱の中身は、なんとタケルの成長記録や父への手紙(本人の写真だよねw 可愛いー)

…そっか、崩壊家庭で別居して育ってるんでしたっけね、この父子。 父の日が近いからなわけじゃなく、なにかと父子がテーマになるのも、このドラマでは毎度の事なのかも。


そんなわけで終盤、真犯人が分かった!と課長息子に電話をかけつつ走るタケル。

危篤の課長が危ない、狙われてる、と連絡をしたかった様で、ちゃんとつながったんだと後に分かりますけどね。えーっと、素人の息子さんが父の身代わりで教われるって危険過ぎますよ!

てっきりタケルが先回りしたのか、速すぎるなあと思ってたのにw


予告の人体SOSが面白過ぎて、来週が気になるかも。うーん観ようかどうしようか。


「とんび」〜7 ☆

めんどくさいオヤジだなあ、もう……。


束縛が上手く行かないと逆ギレ。最近で一番めんどくさい人物といえば「夜行観覧車」被害者長男の恋人だと思っていたのですが、けっこう「とんび」父も負けていません(><)


息子の成績を自慢していたくせに、東京の大学にいったら戻ってこないぞーと、呑み友達に聞いたらイキナリ「捨てられるぅぅぅぅぅ」と疑心暗鬼。行かせないぞ、学費出さないぞとパワーハラスメントに直結って、どんだけ息子を信じてないんだか。まず話し合いをしようってば。

呆れてプチ家出の息子、ついでに下宿を続けて『ダメ親父が一人暮らしを出来るのか』を試してみたら、見事呑んだくれて栄養失調で入院w ダメすぎるでしょう~。


そして都会にも慣れた息子は、年上の彼女(×1子持ち)を口説き落としたのに……そんな顛末をきいて

「私じゃがっかりされちゃう」

と結婚をお断りしてきますよ。う、うーん確かに。法学部=弁護士にならないだけでも大騒ぎなのに、チャラチャラした雑誌の編集部に入って、そこの子連れ上司と出来ちゃうって、『たぶらかされた』とか思いそうw

雑誌自体は、息子の記事を書くようになってから大量購入、周囲に配りまくりで

「近所のみんなが東京に詳しくなった」

に大受けだったんだけどw


そして「てっきり亡くなってると」は、遺影飾ってたらそう思いますよねw ドラマ観てても冒頭が涙なんだから、高校受験大学入試と現代に近づいてくるどの辺のタイミングでなくなるんだろうと身構えていたのに、まだまだ元気ですよー。なのにそのうち亡くなられてもイヤだなあ。 


とにかく、旦那は毎回だらだらと泣きながら観ています。あれに共感出来るのか……。

「とんび」1 ☆☆☆

最愛の妻を亡くし、忘れ形見の息子をひたすら愛する父親の話(涙)


正直、事前の番宣ではなにも惹かれるものが無くって見たくなかったのですが。家族につられてみていたら嫌でも内野聖陽と常磐貴子のちぐはぐな夫婦から目が離せなくなってしまって、出産もここで死ぬのかとハラハラでした(><)

あげくに息子のせいで事故がおき、息子をかばって妻が死ぬとかもう最悪~

それでも、母を探す幼い息子の中にこそ最愛の妻をみつけて2人で生きていくんですね。


子役が可愛かった!!
そして育って社会人になった息子の現在と、過去の回想(というのかな、本人が産まれる前からの過去ってw)が交互に描かれて、ラストでまだ若い息子(佐藤健)が子持ちと分かった時にはびっくりしましたけど。あの父に育てられた息子なら、いい恋をしてイイ子を育てるに違いないよ。でも丈夫な妻には恵まれない巡り合わせなのかなあ。


1話で既に映画でもみちゃった感じにぐったり疲れたので、逆に2話以降はもういいやって気もしていますw 日曜の夜にTVで泣かされたくないんだよー、途中でお皿洗えるぐらいの軽い感じでいたいんだよー

そんなこといいながら、結局は見るのかなあ。むむむ。

とりあえず夕飯の皿をもう1つ増やさなくては、と思うぐーたら母でありました。 

「冬のサクラ」最終回☆☆☆

淡々と終了。最後までプラトニックという枯れたドラマでした。桜は咲いたけど(^^;;; )
 

刺したのはやっぱり愛人(白羽ゆり)でした、可哀想に。悪役だった院長も、輸血後はイキナリ回復イキナリ改心。
そうなると主人公とヒロインの同居が我が侭に見えてしまってなんだかなー。娘の琴ちゃんが気にしてないのがまだ救いではありましたが、お許しがでるのはもうちょっと間際でもよかったのでは。

その輸血で度肝を抜かれたのは、院長とハジメちゃんとの兄弟疑惑!!確かに、タスクとは異父兄弟という伏線はありましたが、今さら?そして誰も確認も否定もせずに、さらっとスルー??
先代院長が秋田の人だった、という情報は完全に後出しじゃないですか。それとも、1話での院長の妻捕獲、田舎道にいきなり出現したのは、秋田に土地勘があったという伏線だったのでしょうか(笑)お義母さまも前半のクソババアから豹変でしたよね。

その辺の適当さが残念ではありましたが、結局は1クール楽しく見られました。
控えめで美しい萌奈美さん。彼女が今井美樹だったことがまずすばらしかったし、最後をプロポーズでしめてくれた佐藤健と加藤ローサの爽やかさがナイスでしたね!と、相変わらず配役でドラマを見る私。
週末は「東京フレンドパーク」とか番宣のバラエティを山ほどみてしまいましたw

 

人気ブログランキングへ

「冬のサクラ」 〜#8☆☆☆

ワクワクみてます。
実はホラーや猟奇犯罪が売りの「美しい隣人」「LADY」よりも、この「冬のサクラ」の方が怖いですよね。夫(高嶋弟)が(笑)

開始前は、草なぎ君の不倫ものか〜と期待薄だったのですが、始まれば景色が美しく。特に感想は書いてませんでしたが楽しく見ていました。人妻今井美樹と職人草なぎ君は今だ愛を語るでなく手を握るでなく、何これずっとプラトニックなの??と変なところでヤキモキさせられています。
そして、愛人持ちで妻が浮気してくれたら渡りに船かと思われた病院長の旦那は、回を追う度に若い愛人なんかより妻だ妻妻と妄執を増してストーカーに。その息子大事、病院大事だったクソ姑(江波杏子)も、まさかの息子の暴走には呆然で、まともな人だった様です(笑)この辺、最初から計算していたんでしょうか。それともストーカー旦那が人気(?)で後押しされたのでしょうか。

予告編では、自分のメスで刺されたらしい旦那が倒れていました。ま、まさかタスクさんが?それとも、一番可哀想な事になっている愛人さん(白羽ゆり)に刺されますかね。

前述のプラトニックに加えて、主人公の弟(タケルくん)と恋人(加藤ローサ)が爽やかな事も、ドラマをドロドロの手前で踏ん張らせていますw
今井美樹の娘役も、幼顔で可愛いのだ(森迫永依だった!大きくなった!!)最後は、タスクが元の村で元の生活に戻って、毎年雪の中桜を見に行くのかなあ。
「青い鳥」みたいに娘と結ばれたりしていませんようにw

「Q10」1☆

Q10で、キュートって読むんだ。ふーん

捨てロボットだったヒロインの名「Q10」の呼び方と、起動方法が「歯を触る」という変態チックだった以外は、まさに青春ドラママ!好きな人は楽しめるでしょう。 

実際月曜日の今日、
「なあなあ、Q10観た??」
という女子小中高生の会話をあちこちで耳にしましたよ!! 

困るのはQ10の平坦しゃべり。聞きづらい。前田敦子は演技出来る娘なのにもったいないです(ロボットならいけるじゃん!といわれたもこみちとは逆ね 笑) 

主人公(佐藤健)が病弱な設定とか、
『自分より大切な存在なんてあるのかな』
と、親御さんにとって君自身がそうなんだと気づいてないところとか、若い子向けのお話ですよねー。でもナレーションになんか覚えがあるような……ええ、木皿脚本??マジすか??いや確かに!でも(^^;;;)

えーっと、次回も観てみようかな。

「Mr.BRAIN」5 ☆☆

ハホイニ→八木仁?? はあ??

書いた字がハホイニと読めたんじゃないよ、彼は音符で書いたのよ??
作曲をたしなむ様な人種が、もっと音に関することで遊ぶのはイメージが出来ますが、この無茶なパズルを”咄嗟に”作るためには普段からそういう遊びをしてなきゃダメなんじゃない?あちこちの楽譜に、何度もそんな意味不明の短いフレーズが出てきていて、それぞれに歯医者だったり八百屋だったりしていたのが分かるとかさー。
まあ謎めかせたいだけで、細かいことはどうでもいいんだろうけどさー。

”九十九と八木、神経衰弱”とメモらなかったのかしら 笑
刑事は外に出すのに、青年は空気の様に居たままだったのも気になりました。下手したら”八木 楽譜かくす”もメモってるよね、とかとか。

「忘れただろうが、君が殺したんだ」
この台詞自体は、卑怯でミステリアスで面白かったのですが。


そんな前回の謎解きはごく冒頭で、仲間由紀恵が人を殺したり大食いしたりという謎がまたほったらかしで次回に続きます。”解答はCMの後で!”形式なんですね。
科警研の講演会は、私も認知心理学の被験者で似たような実験をされたことがあるので面白かったです。
字を見てからボタンを押すまでの時間でしたけどー。赤い字で「青」って書いてあると本当にコンマ単位で戸惑った結果が出ていましたよ。更に、本当にとりたかったデータはその実験結果じゃなくて、待たされている間の座る位置や他人との距離だったというオチも今回のトイレの件と似ていてニヤニヤ。心理学系はそういうことするのが好きなんですね。

しかしあれ、「声」を判断する脳はどうなってるんでしょう。いくら内容が爆弾仕掛けたとか言っていたって、それこそ意味を考える前に
”あ、○○さんだ”って絶対分かるって(笑)

このドラマの効果で、バナナが売れているんだとか。ふーん。

「Mr.BRAIN」4☆☆☆

「刑事の勘なら信じます」
なるほど!!
ここでこれを言うのなら、前回”いつから俺を疑っていたのか”と問われて、”希望”云々とどんなにわけ分からないことでっち上げてでも、『勘です』と答えるわけにはいかなかったんですね。九十九には、長年培ってきたものなんか何もないのですから。

そんなわけで、永遠の弟@佐藤健を迎えて、電王ファンならニヤリとしないわけのない記憶障害キャラ(まあ、電王の場合は時間旅行の混乱のせいで海馬は関係ない&お姉ちゃんの方が重症でしたけど)
捜査の方も、後から見つかる血染めのハンカチだなんて、警察何やってるの!と突っ込ませ、そこはひっくりがえして以下次週。
薄幸のお姉さま@木村多江を助けられるのか??

科警研の面々も、暗号マニアだ耳は俺の命!だの、実はこっそり資料揃えちゃっただの、……だったらボクも……だの、いきなりキャラ立てて楽しくなって来ましたし。

期待値下げるのに慣れて来ましたので、これで充分面白かったです!

来週が最終回なんでしたっけ?
血まみれの仲間由紀恵なんていう飛び道具も有り、ッてことは今回の後編だけじゃなく広がる模様。どう締めて来るのか、楽しみでーす♪

「メイちゃんの執事」1 ×

富豪刑事@深キョンの出身校ですかねー。月謝一億円のお嬢様学校。

……そう思うと、他人のことなどお構いなしに好き勝手していてほしいのですが。「花より男子」しかり、なぜかイジメに来るよね。品もないよね。
ドラマで観るハイソ校の生徒さん達、本当に金持ちに見えた試しがありませんねぇ。

番組の売りのイケメン執事達も……ゴメン守備範囲外(><)
寝泊まり一緒って、去勢済みだったりして(^^;;;) そんなお下品なツッコミを入れてたら「家畜人ヤプー」を思い出してしまったー。だって執事さん達にあまりに人格も人生の選択もなさ過ぎ。あれ連れて嫁にも行くのかなあ。

なので、水嶋ヒロ演じる”メイちゃんの執事”は、命令された仕事だからでなく、自分の意志でメイに仕えたいらしいという描写や、最後それをメイに告げるところはちょっと盛り上がりました。
メイの榮倉奈々は、長い髪のイメージが強かったので短髪メガネ&ダサ服のコンボで普通にブサくなっていて可哀想。そのうち磨かれて美しくなる機会がありますように。

でもそれまで見続けているかなー。微妙。
これって女性が喜ぶドラマという位置づけらしいけど、我が家では男の方がガハハと喜んで観ています。私はああいう男は気持ち悪いんじゃーい(><)

「ブラッディ・マンデイ」1 ☆☆☆

手に汗握る2時間でした。疲れた。

妹想いのハッカーで、父親は警察関係って夜神月かと。
本人死亡確定で犯人を追うってエル・ローライトかと。
漫画が原作なだけに既視感もありながら、見せ方の上手いCGとたたみかける様な構成でどんどん引き込まれて見てしまいましたよ。ただし、深夜に録画(CMとばしまくり)でね。
土曜の7時、家族団らんタイムに割り込まれたらイヤンな感じです。今夜ちょっと悪い夢見そう。

せっかくフェイクだったウィルステロなのに、ええ?やっぱり実行されちゃうの??で次週に続く。
それにも、巻き込まれちゃうんだろうな主人公。

端正な春馬くんが、持ち前の清潔感で天才ハッカー役を好演です。
この前の若き日のガリレオ同様ちょっと滑舌悪いのがなんなんだけど本質的にいい子な感じで、お姉様に手玉にとられちゃうのも、妹大事で下手うつのも、実に自然。
そしてゲーム感覚のまま事件に関わって、現場の騒動でやっとコトの重大さに気付くワケですね。
相対して、命投げ出す事も想定済みだった大人達(松重さん素敵)と。その覚悟の違いを浮き彫りにして、次の事件へと進んで行く展開はよかったです。
物語の着地点はどうあれ、その頃には主人公藤丸くんは立派な大人になっていることでしょう。うん。

話が壮大になればなるほど、現代の日本の若者にとって「死」とか「悪意」ってこんなにも縁遠いものなのかとしみじみしますね。テロ絡みで巻き込まれないと命狙われない日常。平和だ。

(忘れてた、ピエロの場面あたりで”はんにゃ”が営業してたよねー。なんか得した気がした 笑 バラエティとタイアップでもしてたんでしょうか??)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ