ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤仁美

「海猿」1 ☆☆☆☆

 懸垂禁止!
・・・って書かなきゃいけないほど、みんなするのね、あんなところで(笑)

 海の男の任務、呑み会(すぐ脱ぐんだ、また)!!
 映画版での同期メンバーも、各地配属先から同期会で集結。
体育会系に騒々しく楽しく、仲間の遺影が出てくれば一転してしんみりと。出動場面は緊迫!!メリハリあるドキドキの一時間でした。いや、拡大版だから長かったハズなのにもっと短く感じたわ。
 続編映画を意識してか、キャストもロケも豪華です。

 ちょっと思うところある映画版ですが、程々に回想する分にはいい感じ。
その映画では対立していた男と主人公、今は親身に話してるんですよ。そりゃ、一緒に遭難して助けられた仲なんだし。一年たったなぁとしみじみ。

 主人公:仙崎(伊藤英明)の笑顔が爽やか!制服姿は更に3割増し素敵!きゃ♪
なのに、映画以来遠距離恋愛していたつもりの加藤あいとは・・・
「俺の彼女です♪」
「ただのメル友!」
と、ずいぶん温度差がありましたよっ。佐藤仁美(だよね?なるみじゃないよね?)も言うように、男前に好かれてるんだし何の不満が??と思ったら・・・・そうかー。
今の仕事、服飾デザインの上司が好きなのかぁ・・・・・。

 後半、仙崎初めての人命救助。
要救助者2名のうち、1人を現場に残してまた戻ってくる手筈。
この時バディの中村トオルが言葉を濁したことを、仙崎は「僕が責任持って」と要救助者に請け負っちゃうんですよ。
きっとこれ、まずいんだろうなぁ。安心しちゃうと生きる気力がなくなるとか。船長は船と殉じようとしちゃうとか?その辺は来週判明するようです。

 最後、突然始まる男声ナレーションにびっくり。
「仙崎の○○はまだ始まったばかりだったのだ」云々って。内容から、これが次回予告なんだ斬新だなぁと思ったら予告はまた別にありました。何だったんでしょう。

**映画「海猿」**

「空中ブランコ」 ☆☆☆

 阿部ちゃん、貴方がそれで幸せなら。

 デビュー当時の美形大根っぷりはどこへやら。今や変人=阿部寛という安定感すら漂わせる、阿部ちゃんの変態医者っぷりでした。よっお見事!

 大病院の跡継ぎなのに、モテない色ボケ精神科医伊良部一郎。

「世界中の男が私を狙っている!」と自称女優が言えば
   「そうだねぇ、可愛いモンねぇ」とブランド品を買い与え

「あいつがワザと俺を落とすんだ」とプランコ乗りが言えば
   「わーい、僕もやりたい!」と空中ブランコを始め

どうみても被害妄想だろう?なんて無粋なことは言わないわけです。
後半、ちゃんとわかっててコレをしている様なセリフもあってちょっとがっかり。全部天然ボケの結果だったらもっと素敵なのに!
・・・・ただ、本当の患者さんの手前、本当の治療効果は気になりますが・・・原作が直木賞とってるぐらいだからその辺は大丈夫、なのかな? 

 無駄に色っぽい看護婦:釈由美子。孤立するブランコ乗り:堺雅人。
先端恐怖症のヤクザ:遠藤憲一 に依存症のヤクザに・・・・ストーカー対策にがに股で歩いて鼻ほじっちゃう女優:佐藤仁美もいい感じ。脇がかっちりいいお仕事してました。

 オチは、絶対こうなるぞ!を見事にそのまんま。
 新たな驚きはなにもないけれど安心して楽しめる2時間でした。連ドラになっても不思議じゃないですね。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ