ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤仁美

「オー・マイ・ジャンプ!少年ジャンプが地球を救う」1☆☆

それでも、殴っちゃダメだよね。

新入社員(最上もが)をいじめる課長を、見て見ぬふりで営業にでて公園でサボる主人公月山(伊藤淳史)
「大人になっても、ヒーローなんかになれないんだ」
と、少年ジャンプを囲む子供に絡んでいるところ(通報されるw)怪しい老人(斉木しげる)に誘われて、ついたところがなんと!
秘密クラブ「オーマイジャンプ!』
入り口の合言葉も、中に集う人々も、とにかくジャンプまみれ! そして最近のジャンプを購読していない人はノンケ呼ばわりされる様ですよw ノンケってw 単行本派だったら一体。 そして連載中のONE PIECEはともかく、聖闘士星矢やDr.スランプは古すぎでしょう~キン肉マンも。ああでも、世はweb漫画やリメイク流行り。リアルタイムで読んでる人もいる…のかなあ。ジョジョなら歴史もありつつイマドキ感があるのになあ。

とりあえず、飲み放題1000円だからとクラブに出入りするようになった月山。
時に夢のない発言で皆をしらけさせつつ、段々とかつて漫画に託した気持ち思いだしたり。とどめはクラブの決まり
「1日1回ヒーローらしいことをする!」
に触発されて、ついに! 社長との血縁をかさに部下いじめを止めない課長に立ち向かい、ぶん殴ってしまい……支店に飛ばされてしまうのでした(^^;;;)

いやだから、殴っちゃ傷害! まずは甥っ子の所業を社長に告発ですよねえ。
課長への文句もきちんと言えず「へのつっぱりは要らんですよ!」とキン肉マンの台詞を借りるだけってのも情けないです。その辺は、回が進むにしたがって変わるのか、それともずっと台詞は借り物で行くのか、さてさて。

OPED斉木しげるのコスプレが「僕のヒーローアカデミア」オールマイトなのがツボでしたw 台詞に出てきた「約束のネバーランド」は最近読みたて。どんな展開でああ言われてるのかw  


「黒い十人の女」1 ☆☆☆

成海璃子ちゃんが、不倫をする年齢にねえ……。

口説かれて付き合ったオジさん、風(船越栄一郎)が、既婚者と知ってショックながらも別れられない久未(成海璃子)
妻らしき女(水野美紀)に呼び出され、半泣きで謝罪するも微妙な反応。なんと女は妻でなく<愛人>だった!カフェオレぶっかけあってるところに通りかかるもうひとりの女(佐藤仁美) なんとそいつも<愛人>で更にぶっかけ出すが、久未が<愛人>なことには平然。だって9人目だもん、今更ねえ。
そして仲良くなろう!と家に招いてくる最初の愛人に、呆然とする久未だったが……。

行くんだw
クロゼットから佐藤仁美と一緒にごそごそ出てきたところで声出して笑ったわ。しかも何時間も(^^;;;) 愛人同士交流してるのが既に変なのに、そこに風さんが来たからって隠れる意味がわかんないよねw
あとカフェオレぶっかけあってるテーブルに、普通にオーダーもってくる店員も笑いましたけど、それがグツグツのオニオングラタンで
「やばい!」
となる璃子ちゃんにも爆笑でした。あれこれコントです 。かけ方に遠慮がある璃子ちゃんと、躊躇なく顔にバシャ手馴れてる佐藤仁美と、キャリアの差も見応えありましたね。

そもそも10股モテ男、風が船越栄一郎ってところでもう半笑い。超金持ちでプレゼント攻撃でも、絶倫なわけでも、イケメンでもないおじさんで、当の愛人達まで別れない理由は不明
「いっそ死んでくれないかなあ」
って、これが連ドラの鍵になるのでしょうか。

ラインの使い方がナイスでしたね。
他にも途中、パペット使っての『不倫講座』も面白い絵面でした。
しかし不倫の発生が、女の性格とタイミングって説明は無しですよ。口説いてる男は、自分が既婚者って初めから知ってるじゃん! お前が口説かなきゃいいんだよ!
この男に都合よすぎる不倫理論と、妻じゃないと分かって揉める時の口汚さだけはバカリズムが浮いて見えてきて興ざめで、今後の課題じゃないかと思いますが……。
とりあえず続きがどうなって、冒頭の倉庫で女に囲まれて風死亡になるのやら。妻は誰なのやら。気軽に楽しみです。

「おせん」2 ☆☆☆

おせんちゃんを泣かせるなー!

さすがに、新米のバカさ加減にイライラしましたよ。
あれがバイトでスパゲッティ作ってた天狗(「バンビーノ」懐かし〜 笑)ならまだしも、一応本職の料理人。お茶にしろ豆にしろ、扱いで味が変わるってことは(自分がどうするかは別として)分かってなくちゃ困ります。
「料理屋が食い物に手を抜いてどうします」
と、いうおせんの言葉は正論でしょ?
なのに眠れないから水が冷たいからって、「豆より俺の方が可哀想だー」 はあ??
”私と仕事のどっちが大事なの?”って詰め寄る女ぐらいわけわかんなーい(^^;;; )

でもそんなよっちゃんを、おせんは考えがあって(莫迦だから?)雇っているそうですから仕方ないですけど。

本筋は前回同様、そんな大バカ者が愚痴ったり悟ったりしてるのを背景に、一升庵の料理に心動かされたゲストの人生がちょっと変わる、というお話。
思いやりがすれ違い壊れかけている夫婦。でも、2人の間の溝をあったかい手作り味噌の味噌汁が埋めていきます。(岡田よっちゃんと佐藤ひとみ夫婦が、良かったわ)
家事も分担するんじゃなく分かち合おう、という夫の言葉にしみじみ。別々にする作業すると、自分だけが大変だった様な気がしちゃうのよね。そして失敗すると辛いじゃない。一緒なら、失敗も結構楽しくなっちゃうよね。

一升庵の味噌は、みんなで造ります。
うちの実家でも味噌作ってました。草鞋踏みこそしないものの、粒不揃いって美味しいですよね。
で、豆を徹夜で選り分け……るのが辛いから、選り分けた人が一番偉いってことで毎年○○さん印と銘入りで呼ばれるらしいですけど(笑)ずっとおせんちゃんも一緒じゃないのよー。冷たい冷たい水で洗うのもおせんちゃん(作中の季節はまだ冬なの?)
で、麹を塩で揉むところからは総出で、茹でた熱い豆を草鞋足で踏んで。丸めて味噌樽に投げて。
一升庵の、同じ釜の飯を食う仲間の絆を感じる回でしたねー。
……そしてその輪の中に、堂々と出戻るバカ者の面の皮の厚いこと(^^;;;)何が、おせんちゃんの味噌汁を飲む、だー!まず謝れっちゅーの。

これでもし、来週もまだ手仕事をぐだぐだ言ったり辞めて戻ったり、恋話になっちゃうようだったらメチャ期待はずれってことですが。おせんちゃんは今回もフルに可愛かったです!! 自分の話を訥々とするところも。気合い入った料理も、怒りのつまみ食いも(笑)かっちょいーオープニングも。もっとおせんちゃんが何を考えてるかをじっくり観たいです。
そうだ先代女将(余貴美子)が来てたんですけどね。普通に喋ってるじゃん。いったい「わっち」や「やんす」はどっから来たの?

「海猿」10,最終回 ☆☆☆

 あざとい。いや、わかってたことなんだけど。

 映画2も控える余裕か、淡々と幕を引いた最終回。
主人公と恋人がより絆を強め、くちづけをかわして終わり。いいですよ。
実際ドラマとしては熱意に溢れ毎回の質も高かったと思います。でも。
そんな風に主人公の日常と平和を軸に締めくくるなら、死んでいった人達はなんだったんだろうとも思ってしまいます。
 こう・・・人の生き死にが感動を盛り上げる為のコマなのよーっ

 今回も、転覆したボートに娘が!・・・って!!更に、娘を助けた代わりに父が重態に!
これだけでもうお腹いっぱいなのに、娘の呼びかけで意識回復ですよっ
そりゃドラマだから。
別れた妻より愛娘に呼ばれる方が絵にもなるし。
でも、もし回復しなかったら?父が自分の犠牲になったと知る娘の痛みはどれほどか!

『私なら会わせない』
と呟いて、家族から人非人扱いを受けましたが(^^;;;)・・・元々、再婚するからもう会うなとか行ってた元妻がですよ??娘が傷つくようなこと、するわけないじゃん!
仙崎も仙崎。
ウソでもいいから、まず「奥さんの呼びかけなら」って言うんだよっ。
そして独りで対面してみた元妻が、自分じゃダメ、娘なら・・・・と、愛情の欠片を示してみせるなら納得いくんですけれど。
まぁ、沈んだボートから隊長を救ったミラクルも省いたぐらいですから、そんなまどろっこしいこと出来ませんかね。

「ぼくはそのつもりだ」
と、さらっとプロポーズなダイスケくん♪ きゃ♪
先日の、雨の中でのハグでもうどうにかなったかと勝手に思っていましたので(^^;;;) 今更うれしはずかし初エッチなんて(しかも、壁一枚下に知り合いてんこ盛りな場所で)してるとは夢にも。しかも、母親介入ってちょっとやりすぎ。
でも、気まずい空気をそのままにせず、きちんとお母さんとお話し出来たのは良かったです。

 映画2の予告編、カンナはウエディングドレス着てましたよねー、結婚式中に招集くらっちゃうのかな。それともドレスは、仕事絡みで自分デザインのをモデルになって着てるとか?
 ええ、なんだかんだいいつつ、映画も見る気です。でも、また誰か死にそうで怖いです。

「海猿」8,9 ☆☆

 仙崎とカンナちゃん、どうしていつも立ち位置が遠いんだろう。並んで座ってても遠いよね。恋人同士ならさぁ、もちょっとキュっとくっついて立つとか。手を握るとか!
 ・・・橋の上でまーくんを語る時も、2人出会った場所でいい感じで語らう時も、会話よりひたすら遠さが気になるのでした。
 初々しいのはいいんですが(実質初対面がラブホのくせにー)、その割に出産や殉死報告に居合わせたり、訓練地まで来ちゃったり、してることはまるで「妻」だよね??

 前回、サブタイトルに「死す!」は驚きました。
でもまーくんのコミカルな一面に突然スポットがあたったりして、演出がもう”この人死ぬよ?”状態でしたから、最初から堂々とネタバレしてもらったおかげでしらけずに済んだのかも。
 いくら船長救出に気を取られていたからって、銃口に背を向けて無防備に立つってあり得ないんですけど。ほら、もう死ぬの決まってる人だから・・・・(合掌)

 そんないわば『お約束』よりも、今回、気丈にふるまう妻尚子さんで泣きました。それから書類。
まーくんの死亡より、出産の方が何分か先だったんですよ。このわずかな違いでもきっと、残された娘さんがこれから生きていくには大切なことだろうと思うと・・・ああ、また涙滲んできた(><)

 バディを再び失って気落ちする仙崎。
目の前で辛気くさい顔されるのそりゃ嫌でしょうけどね、身近な人の死を送ってひと月もたたないのに「いつまでそんな顔」云々やいやい言われたらたまりませんよね。それよりも誰か隆太くんに、
「仙崎は、ここで訓練中にもバディを亡くしてるんだ」
といってやる方が先かと思いますよ。
(映画版で食堂にいた妙にダンディなおばちゃん、出番なのにー)
で、あの時ちびバディくんの亡骸に誓った潜水士への熱い想いを思い出す・・・・だけだってドラマになったと思うけどな。
一年間で2人、バディに死なれた男。『バディ殺し』とか影で言われそうです。

 しかし・・・映画版でも思ったんですけどね。
20kgを持ち上げる、でしたっけ? 必要最低限とされる項目を何度も失敗し、気力とまぐれでやっと合格するような潜水士・・・・自分の救助に当たられたらと思うととても嫌です。軽々こなせるまでは仮合格、とか出来ないんでしょうか。

「海猿」5,6,7 ☆☆☆

 人の命を救いつつ、銃口も向けることのある矛盾した任務。海上保安官!!

 もちろん実際には、人命救助にあたることすらなく任期を終える潜水士さんもいるそうで、不審船を銃撃なんてもっと機会がないハズですが・・・自衛官や警察よりも更に振れ幅の広い職業が現代日本にあることを改めて知って思うところありました。
 大変だ・・・・。

 でもそれ以外は、あまりにきれいに展開していくのでかえってひっかかるところがなくて。
5話のバディの話もリアルタイムでみたけど「そうかー」っと頷いて書くことなかったんですよー。
 今回も、美男美女が雨の中いだきあって(仙崎の腕がちゃんと彼女の背中を抱きしめていて、良かった!!)病室の夫婦も癒しあって、緊迫した展開の後だけにほーっと息をつけました。

 ただね、カンナちゃんが街を見渡して
「死ぬかも知れないのは、あなただけ」と仙崎に言うワケですが・・・それは違う。
そりゃぁ”誰かのタメに”ではなくても、今日死ぬかも知れないのはこの世の全ての男ですから。

奥さんが大変なときにだって、銃撃こそしてなくたって異国に出張で帰ってこられない旦那ぐらいならゴロゴロいますから。
恋人とは毎日会って、毎日メールして・・・が普通だと思ってるあたりがなんというか、お嬢さんですよね。・・・・って、本当にそうなんだけどね。見てる私はもう、相手の事情優先でいいお年頃なので、久しぶりに甘酸っぱい気持ちを思い出しました(^^;;;)

 そうそう、妊婦の奥さん。真上向いて寝てたよね、臨月間近に無茶な(^^;;;) 見るたびに、内臓の上にスイカが乗る気分で息苦しくなりました。

「海猿」3 ☆☆☆

 戦士の休日・・・・・緊急呼び出しで台無し、の巻。
さすがに今日は誰も死なないだろうと思いつつ・・・・仲村トオルの様子が危ないのにイヤな予感。奥さん(芳本美代子)身重なのに。「海猿の法則」だとこりゃ危険な伏線です(><)

 仙崎と彼女の中は、「恋人」から「お友達」へ、更にスタートラインだったキスする仲へと変わりました(^^)そこで呼び出されて
「まさか二股??」
「そういう仕事なんだよっ」
とか言い合ってましたけどね、呼び出しが5分早かったら「お友達」のまま、あっさり帰ってたかもしれないんですから、人混みに消える姿を切なげに見守ってもらえる展開になったタイミングを、呼び出し係に感謝しなくちゃいけません。
(ていうか、家もどうせ基地の方角なら一緒に帰ればいいのに??)

 マー君、こと仲村トオルは・・・・きれいに出来上がったお昼ご飯、せめて5分、食べてから集合しちゃいけないんですか??

 ラスト、今までの大仰な予告がなくてちょっと淋しかったです。
 ウケたのは病院の待合い室。
仙崎と彼女が微妙な別れ話を始めた時に前の座席にいた患者さん、聞いてましたよね。そして気にしてましたよね(笑) こういう演出好きだなぁ。

「海猿」2 ☆☆☆

 ぷはーっ息詰まる。
気がついたら、仙崎と一緒に息止めてました。それでも全然保ちませんから。運動しながら3分吸わずにいるなんて、無理です無理無理。
 ・・・・・・2話で早くも海保側に死者が出るかと思った(><)

 沈み行く遭難船の中で、閉じこめられた密航者発見!
おぼれかけている人救助は『完全に溺れるのを待ってから』というの、読んだことがあります。安全に助けるため・・・とはいえ。助けられる方もそりゃパニックにもなりますって。
ああ、水って怖い。

 こんな危険な現場で、それも時には全然感謝されなかったり、助けてもまたぞろキケン承知で同じコトをされちゃったりする虚しさ。
 そうそう、先週の救助失敗はやはり仙崎のミスで、でもきちんと意図を伝えなかった先輩バディのせいでもあり・・・・責任がどうでも船長さんは生き返らない辛さ。

 彼女に話して甘えるヤツもいるだろうけど、意外に仙崎くん我慢してます。理解されない、と思うのか負担をかけたくないのか。守秘義務とかもあるのでしょうか。
 その前に避けられてるよ(^^;;;)

 前のめりで濃い画面観てます。
なので、予告は2回もしなくていいですからっ
その分、夏本番に向けて着衣水泳のコツだの遭難防止や人工呼吸の心得でも盛り込んでみてはどうでしょう。

「海猿」1 ☆☆☆☆

 懸垂禁止!
・・・って書かなきゃいけないほど、みんなするのね、あんなところで(笑)

 海の男の任務、呑み会(すぐ脱ぐんだ、また)!!
 映画版での同期メンバーも、各地配属先から同期会で集結。
体育会系に騒々しく楽しく、仲間の遺影が出てくれば一転してしんみりと。出動場面は緊迫!!メリハリあるドキドキの一時間でした。いや、拡大版だから長かったハズなのにもっと短く感じたわ。
 続編映画を意識してか、キャストもロケも豪華です。

 ちょっと思うところある映画版ですが、程々に回想する分にはいい感じ。
その映画では対立していた男と主人公、今は親身に話してるんですよ。そりゃ、一緒に遭難して助けられた仲なんだし。一年たったなぁとしみじみ。

 主人公:仙崎(伊藤英明)の笑顔が爽やか!制服姿は更に3割増し素敵!きゃ♪
なのに、映画以来遠距離恋愛していたつもりの加藤あいとは・・・
「俺の彼女です♪」
「ただのメル友!」
と、ずいぶん温度差がありましたよっ。佐藤仁美(だよね?なるみじゃないよね?)も言うように、男前に好かれてるんだし何の不満が??と思ったら・・・・そうかー。
今の仕事、服飾デザインの上司が好きなのかぁ・・・・・。

 後半、仙崎初めての人命救助。
要救助者2名のうち、1人を現場に残してまた戻ってくる手筈。
この時バディの中村トオルが言葉を濁したことを、仙崎は「僕が責任持って」と要救助者に請け負っちゃうんですよ。
きっとこれ、まずいんだろうなぁ。安心しちゃうと生きる気力がなくなるとか。船長は船と殉じようとしちゃうとか?その辺は来週判明するようです。

 最後、突然始まる男声ナレーションにびっくり。
「仙崎の○○はまだ始まったばかりだったのだ」云々って。内容から、これが次回予告なんだ斬新だなぁと思ったら予告はまた別にありました。何だったんでしょう。

**映画「海猿」**
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ