ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐藤めぐみ

「犯罪科学分析室 電子の標的3」☆

あれ、潜入捜査は?

そんなわけで、現金輸送車襲撃事件。警察のシステムはハッキングされ、主人公(伊原剛志)たち分析室チームで追い詰めたものの銃声一発。目の前で射殺されてしまう犯人(正名僕蔵)……てなことが何度もおきて、黒幕は誰なのか?
犯人の指示で佐藤めぐみが運転したり、幼女に爆弾仕掛けられたり?猿時が例によってSNSで目撃情報集めたり。次々とキャッチーに進むので飽きはしませんが捜査についてはなんだかなあ。いつもの手塚とおるの変装&潜入捜査がありませんでしたよ。

最終的に実行犯はチンピラあがりの青年。親身になってくれた警察のお兄さんが、嬉しそうに開発していたバベルシステム。でも上司の落ち度を隠蔽するためにシステムが悪かったことにされ自殺、すべてはその復讐だったそうですよ。えーびっくり。
結局最後は、主人公がここ最近出会った全ての人を思い返して……あ、上司の見舞いに行った時の看護師が!ですもんね。配役で真犯人がわかったりしないのはいいところですが、あれこれ無茶でしょう。そもそもの動機も、身内でもなく殺された訳でもない人のために、二人射殺?毎度確実に一発で仕留める射撃の腕前、標的が人間なだけにオリンピック選手でも無理なレベルでは。他にも人質死んでたし、署内に爆薬仕掛けてたし、もう大変です。

とにかく違法カジノはダメだよってことで。

お目当の西村さんは捜査一課長。今回は、捜査方針を言い渡す以外に特に美味しいことはありませんでしたねえ……


「犯罪科学分析室 電子の標的」☆☆

えええええええ、今時スマホの写真に位置情報が付加されるの知らないってww

元から穴のあった綿密な計画(笑)が、間抜けな部下のせいでグダグダになった事件でした。


〈アメリカ帰りのスーパー分析官が活躍、誘拐された少年を助けられるのか?)


分析室チーフの鶴の一声で、GPS情報からクレカ/通話の履歴までサクサク判明。爽快な反面、自分がされたら嫌ですよ、怖いよ(><) 犯人と断定した相手じゃないですよ、たかが参考人程度でもうなんでも調べちゃいますよ、これドラマ演出なの?警察の実態なの?

さらにはその情報を、ちっとも捜査本部に渡さない。

お目当の西村雅彦が本部側で、被害者の身元も容疑者探しも先を越されてムッとしてるから言ってるんじゃないですよw たった4人ですべての捜査ができるかの様な描写、どうなんでしょう。


そんなわけで、分析室の愉快な仲間は

・主人公の分析官(伊原剛志)…音楽聞きながら、すべてを分析w 愛想なしで「トクボウ」を思わせます。

・潜入捜査/写真(手塚とおる)…情報収集係かな、顔芸は「太鼓持ちの達人」を(略)

・映像分析が専門(皆川猿時)…コミックリリーフw

・薬品分析が専門(佐藤めぐみ)…偉そう。


水道屋のフリでヤクザのアジトに潜り込み指紋集め、ゴミをあさって噛んだガムから誘拐された子の常用薬を検出。ガム買ったレシートから、コンビニを特定/防犯カメラで犯人特定 どーんどん情報集まります。

上記のスマホもそうですが、なんとガムについてたゲームカードの3Dバーコードを読み込んだことから、犯人の居場所は特定されたのでした! えーっと、ゲーム会社がそんなこと協力してくれるというのも怖いですがw とりあえず喘息の薬も切れてましたから、大発作の前にお子さん助けられてよかったよかった。


そこからの黒幕どんでん返しはさておき。

こういう精鋭チームものの醍醐味は、反目しあってたエリートと捜査本部とが手を組んで事件解決にあたるところじゃないんですかね。せっかく『情報だけじゃ事件は解けない」というなら、何かエリートたちのミスを本部がフォローする場面があってもよかったのに。最後まで、捜査本部はおミソにされっぱなし、精鋭チーム凄い凄いだけで終わってしまいました。

確かに凄いのでシリーズ化もありそうですが、次の機会にはもうちょっと捜査本部にも花をもたせて欲しいです。決して西村さんのためではなくてw

「彼岸島」2、3 ☆☆☆

冷の目的が分かったところから、俄然面白くなりました。

だよねー。

どんどん吸血鬼化するんだったら、すぐに人間が=血が足りなくなるよねー。で、集めて来る係な訳ね。


また騙されるおばかさんたちが素直過ぎて泣けます。


死体をどこへ隠そう

うちの村=島へどうぞ

はい、行きます


いやいやいや、これは抜けた金髪君が正しいでしょう~。

死体を船に積み込んだ時点でもう、いいじゃん。その前の、吸血鬼の死体を隠さなきゃって時点でほったらかして逃げるなり、口裏合わせて冷になすりつけるなり、出来たじゃん。

主人公の兄問題だって、捜索願が出てるなら冷は重要参考人じゃないですか。警察に連れて行けー。

なのにぞろぞろ船に乗っちゃうんだ(><)


そして再会した兄も、まあおばかさんでしたよ。

婚約者に秘密があったのがイヤだ、とか。離婚歴や隠し子があるってわけじゃないのよ、村の伝承ごときをいちいち……将来モラルハラスメントな夫になって、携帯履歴から外出時間までいちいちチェックする夫になりそう。

挙げ句に、封印された土地を単身覗きにいっての吸血鬼解放かーorz

モラハラ被害者予定だった婚約者はもう死んでいるんでしょうか。怖い怖い。
 

吸血鬼vs兄も、『血液製造機』な人間の飼育法も、いろいろグロくて参りましたが来週もまたグロそうです。見事に深夜向けだというのに、あまり夜に観たくないですw


「彼岸島」1 ☆

オープニング映像以外の掴みがゼロでした。


原作が有名だよね、とか。

あの三池崇監督だ、とか。

そんな期待でワクワクと見始めたのに暗い画面に眠たくなる始末。深夜なのにエロエロでもグロでもなく、ホラーでもなく、笑えもせずって、何(><)

単にTVついてただけだったら絶対最後まで観てないから!むしろ時間を観ようかどうしようか迷うレベル。HK鈴木亮平が出ているというのに。


で、物語は吸血鬼退治な筈です。

失踪した「兄」を助けに島に渡り、兄が解き放ったという吸血鬼達と対決する……んですよね?

でも、主人公がもう噛まれちゃって=吸血鬼になっちゃって?? 冷(佐藤めぐみ)は何をしにきたのやら。
 


とりあえずオープニングの丸太の場面まで、観る事ができるかなあ

「カンフーくん」☆☆

少林寺36房制覇のために、日本に飛ばされて来るカンフーくん。
ラーメン屋に居候して宿敵を捜すのさ。

場内のお子様大喜び。お茶の間スター満載の軽い映画でした。矢口まりのランドセル姿も桜塚やっくんも観れちゃってお得♪武田真治の黒尽くめカンフー姿はかっこ良かったですよー。(堤下は嫌な父親役だったわ 笑)
でも大人には食いたりないっちゅーか。
伏線がテキトーであちこち気になってもったいない映画でした。

中でももったいないベスト1は
”ヒロインれいこちゃんのカンフー!”
途中で一度、華麗に型を披露。それが伏線じゃないなんて(><)
てっきり最後の戦いで傷ついたカンフー君をかばってとか、それとも父の危機に発動?とワクワクしてたのに、何もなしですかー。
ヘリコプターで座ってるのも「シートベルトぐらい外して出てこい」と思いながら観てました。拘束されてたのね(^^;;;)はっきり映すのが遅いんだもん。

他にも敵探知ブレスレットと壷の正体とか、父の行方とか、階段肉まんとかさー。楽しいエンディングをみるだに、あれこれ撮ったけどずいぶんカットしちゃったんでしょうね。(長さとしてはそれで良かったけど)
「天使の牙」以来の佐田真由美がすっかりイロもの女優になってたのにもびっくりしたです。

目当ての西村雅彦氏はSFX変身までしてくれちゃう大活躍!カンフー映画のオファーだからと頑張って、あまり得意でないトレーニングもして鍛えたとか。その甲斐あってのシュッとしたシルエット、紫シャツと黒のスーツで戦う姿(カンフーではなかったけど)素敵でしたよー!きゃー脚長い(^^)
パンフレットで特殊メイクの話でも読めるかと思ったら、なーんだカンフー君ばっかりでがっかり!って主役か(^^;;;)

8才のカンフーくん。作中でキャーキャー言う程可愛いとは、思えず。亀田兄弟系の悪ガキ面ですよねえ。佐藤めぐみが抱き上げた時も、明らかに無理してた(筋肉質で見た目より思いのかも 笑)
でもエンディングの、演技してない時の笑顔は良かったわ。それは他の子達も。やっぱり緊張しますよね、演技って。

×文部省 ◯文部科学省  (「TEAM」ファンとしては突っ込みどころ)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ