ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐津川愛美

「妖怪シェアハウス」~最終回 ☆☆☆☆

 ナイスな最終回。
どっちかと結婚せねば!となって驚いたのですがw 恋も仕事も住む場所も無くしてシェアハウスに流れ着いたヒロインが、笑顔で自立して巣立っていく大団円で元気がでましたよね。

 なにしろ元凶の二股男をお岩さん(松本まりか)の協力でやっつけた後にも、就職を期待して欺されたり幼なじみを結婚詐欺から救ったり。そんな妖怪話を書いたSNSで炎上したりと何かと騒ぎになりがちなヒロイン澪ちゃん(小柴風花) その度に皿屋敷のお菊さん(佐津川愛美)に酒呑童子(毎熊克哉)やぬらりひょん(大倉孝二)にアマビエ(片桐仁)に等々と助けられ、すっかり妖怪達に慣れてしまったうえ、祟られた相手は生きた人間の嫉妬が産んだ生き霊w もういっそ人間たちの方が怖くないですか??
 とはいえ、澪ちゃんが妖怪たちと馴染みすぎることで世界のバランスが壊れる云々に陰陽師の家主譲さん(味方良介)は気付いているし、個人的にも澪ちゃんが心配。終いには、澪に角まで生えだしてしまってさあ大変! 澪の妖怪化を止める唯一の手立てが、期日までの結婚、とな。ではボクと!と全てを知って告白してきた譲と、何も知らないけれど妖怪好き&何より澪から惚れた編集長原島(大東俊介)の、どちらを選ぶのか?

 天狗のお札を手に助けを呼んで、現れた譲の手をとった澪ちゃん。え、そっち?
トントン拍子に白無垢で式を挙げ、宮司の嫁が板に付き、檀家さんとも馴染んでそろそろ子供が欲しいね、なんてラブラブで幸せだけれど何故か心に吹く隙間風。何かやり残したことがあった気がする……。

 と、見つけたお札を手にすると時がまき戻って今度は助けに来たのは原島で、その手をとれば2人で仕上げた原稿が大ヒット!作家として成功し先生と呼ばれ、作品が映画化も決まって誇らしいけれど、次々と仕事を決めてプロデュースしているのは原島。本当に自分が書きたかったのはこれだったかな?

 人生の分岐点、選ばなかった方に進んでいたらどうなっていたのかは誰しも気になるところ。でも実際に両方体験して一長一短なのも困りますよねえ~?天狗のお札のお陰で両方分かっただろう、さあどっち?どっちにする?と詰め寄られても答えのでない澪。それよりも、原島の助言を受けて書いていた児童小説のコンペ締め切りが間近! と、生き霊のせいでデータが消えた小説の書き直しに戻ります。おやそれって、原島を選んだのかなと思いきや。 角を出しながら書き切った小説は、原島のチェック無しでさっさと投稿してしまいましたよ。

 落選してもいいから好きに書きたい。なるほど。そして角も、熱中したときたまに出るぐらいだからキニシナイ。 何より、何が起こるか分からないスリリングな暮らしが身についてしまった!と言われたら更に納得で、無理に結婚することなんかなかったんですよ! いやあスッキリ☆
 分かったところで、あの借金取りに追われている時にも引いていた黄色いスーツケースをお供に旅立つことにした澪ちゃん。小さな喜界島出身の女の子が、世界中を好きに観て回るんだね。あなたのそばにもほら、角が見え隠れする元気な娘さんがいるのかもですよ~

 後日、皆の元に届いたのは出版された『妖怪シェアハウス』! 投稿した原稿が本になったってことでしょうか。それなら旅の資金が大丈夫かは心配しなくていいのかなw 装丁は、住民に似たイラストで見たかったなあ。
そうそう、天狗のお札の代わりに皆が差し出した大事なもの、夫にもらったかんざしや金棒とお岩さん酒呑童子はいかにも大事なものなのに、ぬらりひょんでちょっと微妙、座敷童(池谷のぶえ)では完全にそれかーいとツッコミたくなる代物にw そんな、常に細部まで楽しめるところも好きでした(^^) 妖怪に全部注釈ついて入門編にも最適、案外海外でうけるコンテンツなのでは!

「おっさんずラブ in the sky」~最終回 ☆☆

 獅子丸に最初からいて欲しかったかもw

 収まるところに収まった最終回。それぞれお似合いなんじゃないでしょうか。
 春田に振られたシノさんに、告った……というか襲ったという、成瀬くんw 「ダメだよー」って、無理やりキスしてフラれた君が言いますか(^^;;;;)   それでもあれこれデート指南。ほらこんな風に、と手を繋いでみせてドキッとしちゃったり。恋愛相談から距離を縮めるあるあるで、このままくっつくかとも思われましたが、やっぱり春田はそんな対象じゃないと泣いて謝られたりしてね。
 ほら成瀬とシノさん、いざ距離を詰めてみればいい感じですよ。
 そして春田はまさかの!

 キャプテンに告るのかーい!

 いろいろ考えた末、やっぱり貴方しかいなかった、ってw
春田への失恋を共有した父娘がせっかく絆を強めたところでしたのに、春田が愛したのは父親の方でしたって、ヒナちゃんがそれを祝福できるわけないぞー(^^;;;;;) 大丈夫なのかーw

 というかね。前作では、長期の同棲期間を挟むことで
『それなりの大人のおつきあいはしている…はず』
と、上手くうやむやにした問題が今作では置き去りです。好きって、付き合うって、どこまでのどういうことなの!? シノさんとの爽やかお試し期間だって、お出かけデートだけ繰り返して終わりって中学生か!(それともあの相撲大会はその辺のメタファー???)

 そんな状態で始まるキャプテンとのおつきあいなんて、ハッピーエンドどころか波乱の幕開けにしか思えないのですがどうでしょうねえ。何かあるごとに、獅子丸さんに泣きついては誘惑されて揉めそうw  
また、今作が続編でなくパラレルとして発表された際『どの時間線でも、恋が実らない武蔵の物語だったりして』と思っていましたのに。あっさり2作目で報われるなんてー! 3作目はあるんでしょうかw

 ちなみに、今作で一番好きなキャラは成瀬でした。古墳デートを夢見て、きっかけ作りに古墳本をあちこちに置いてみるも「散らかすな」と叱られるエピソード大好きw  本編後の2人の恋の行方が、abemaで配信されるんですって。そんなの見たいぞ 

「おっさんずラブ in the sky」4、5 ☆☆☆

 まさかのシノさん、アイアンハートw
打ち明けなくてもいい、と言ってたその口でしれっと「まずはお試しで1週間!」て!

 てなわけで、機長からシノさんからモテモテ春ちゃん。
娘のひなも春田ラブと知って流石に、娘のために機長は身を引き! シノさんと、離婚で生き別れていた息子を合わせようと気に掛ける春田の様子は、一見シノさんにだってワンチャンあるかの様です。ひなちゃんとデートの間も絶え間なくシノさんの話して、夕食も寮でシノさんのハンバーグ食べるつもりで…。少なくとも、自分といるより寮に居たいのだとひなちゃんも涙目で身を引くのですが。
当の春田は、シノさんといる成瀬を見るたび胸がざわざわ…。
「それは、嫉妬ですね」
おーっと、ディスパ~ッチ!この烏丸さん(正名僕蔵)の存在に癒されますよー。

自分が男から恋愛対象にされている。それを意識した途端に、自らの恋愛対象に男がインなのね。
「俺じゃ、ダメなのか?」
ってついに詰め寄って、強引目にキスまでしてみるのですが。ダメなんですってよ(やっぱり成瀬→シノさんと、巡る片恋の矢印w)これ、春田目線でドラマ見てるとそんなちょっとぐらいいいじゃんって思ってしまいますが、何分か後にシノさんに告白されれば、優しい春田は言葉を選んで口ごもるもののダメはダメなわけで、恋って不思議ね。

 で、肩を落とすシノさんを予想して辛いなあと身構えたところに。まさかの満面の笑みで、お試し発言ですよ!えーw
更には機長も、ひなちゃんの失恋を知り。身を引いた意味がないと再アタックの予感ですよね? おまけに予告には、陽気な山崎育三郎が!ちょ、ちょっとどうなるのw

 ところで機内場面は相変わらずナッシングw  機内のフードやグッズ販売も「たこ焼き売った」とか話だけ。小学生の職場見学にも地上でずっと相手していて、フライトないのかとw 恋の行方ももちろん気になりますが、果たして最終回までにCA勤務中の春田が見られるのかも気になりますw

「おっさんずラブ in the sky」~3 ☆☆☆

 もうカオスw

 最初っから高校時代の後輩ヒナちゃんとはいい感じで。春田が武蔵さんから告白wされ、しかもOKの返事したwことになってても、それは置いといてヒナちゃんとの仲は進展し、キスまであと2cmだったのに! 
乱入してきた父親が、その武蔵って! 驚くわ笑うわ可哀想だわw


 一見、娘の彼氏にキツくあたる厳格な父そのもの。しかし内心は、二股かけられてる乙女w どうしてなの春田くーん! そんな悩める武蔵氏に、いらない助言をする占い師。
「それは嫉妬をしてほしいから。 その子はあんたに惚れてるよ」orz

 春田は春田で、武蔵の「好きになってもいいですか」を手近なCAに相談。ほらヒナちゃんからだと誤解されちゃうでしょーが。悪気なしに本人に伝わって、誰か他の人が春田を好きって分かっちゃうでしょー! 父からの詰問に「ただの友達です!」と言われちゃったヒナちゃんには痛手ですって。 それをヒナちゃんが相談するのがまたなんと、春田を密かに想うシノさんだー! しかもシノさんは、春田に告白したのが武蔵なことも分かっていて滝汗w

 そんな周囲の混乱をよそに、春田がひたすら気にするのは成瀬。
邪険にされ、追い払われても。またまた女性と揉めてる場面を目撃しても。同僚として普通にコミュニケーション取れるようになるまで、諦めない!と構う構う。そしたら女性は妹だったし。成瀬がシノさんの誕生会に来ないのは、疎遠の父が危篤だったから。挙句、今亡くなった、と雨の中で呟く成瀬を、抱きしめる春田。おいおい。君には人間愛、友情の発露でも万人がそうは受け取らないじゃない。
 ほら、目撃してショックのシノさんが、ついに告白しましたよ。
「僕は、春田が好きなんだ」
って、ヒナちゃんにorz  春田本人に言えや、本人に!

 前作とキャストを被せてきた割に、全く違うテイストにしてしまうのですね。そりゃ同じ話をなぞる意味もないので楽しんでおりますが戸惑いもあります。これで成瀬は春田に落ちるの?案外、成瀬はシノさんがずっと好きだったりしたら全員片思いですよね!さてさて。
 そう言えば機内の春田をまだ見ていません!
初日の遅刻でシフト外されたのも、以降乗る乗る詐欺なぐらいCA場面ないのも、まさか機内のセット組んでないからだったりしてw 

「おっさんずラブ in the sky」1 ☆☆☆

 またpeach! ドラマタイアップは存在感や好感度を増すかも知れませんが、春たんがCAになっても座席が広くなるわけじゃないのよー(^^;;;;)

 てな訳で天空不動産をリストラになり(違)、天空peachエアラインに中途採用された春田(田中圭)
初日から寝坊してダッシュ、滲み出るポンコツっぷりに、機長…じゃなくてCA!と言われて視聴者もホッとするのでしたw  
でもお年寄りや困っている人を助けずにはいられない良い人でーす。はいはい。滑走路脇をスーツケース引いて徒歩で空港目指す謎老婆や、 プロポーズ用の指輪をトイレに落とす謎客が次々とw 見えてんなら自分で拾えや!(そもそも空港トイレはセンサー自動洗浄なのでは)
 結果ブリーフィングに遅れ、初日からフライトを外されてしまう春田。命じられた掃除中、自分を描いたペン画を大量に見つけてしまいます。怖っ。いったい誰が?と思うところにクロッキーペンを落とす機長黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、聞き込みで絵が上手いのも機長!前作で盗撮画像集めてたのも武蔵部長(吉田鋼太郎)だったわけで、これはもう機長、惚れてるねーっと決めつけて視聴です。春田が寝こけていれば毛布、休憩に誘えば、微糖無糖加糖とあらゆるコーヒーを揃えて勧める細やかな気遣い! しかし、採用説明会の壇上で春田の質問に答えたくだりを「あれが君だったか!」と機長さん。おや、その頃から目をつけていたわけじゃないんだ…。

 一方で副操縦士成瀬(千葉雄大)は、女と揉め中に通りかかった春田を抱き寄せ
「こういうことだから」 
と突然のキス。物陰から見てしまっている機長ガクブル(^^;;;;;)  その後の春田の抗議も平然とスルーな成瀬なのですが、次にまた揉めているのは3人で、ん?交際相手は男の方? またもや春田をキスで巻き込んでそいつらを追い払ったくせに
「周囲に言ったら、ぶっ殺す」
と高飛車です。いや、バレて困るなら職場で別れ話させないw そして春田とのキスは見られても良いのかい! 壁ドンで揉み合う2人を目撃したのは、今度は機長じゃなく整備の四宮さん(戸次重幸)で、取り落とした荷物から風に飛ぶ大量の春田のスケッチ…!そうかー、研修から寮でも一緒だったこの人なら、惚れて描く時間があったのね(でも、職場の共有ロッカーにそれを置くのは迂闊〜) 優しいシノ先輩の気持ちを知ってしまって、さあどうするの春田君!
 中途採用に誘ってくれた、広報の緋夏ちゃん(佐津川愛美)とも高校時代からの先輩後輩で良い感じなのにね。

 同じ頃、「月が綺麗ですね」と春田に言われたことを
” I LOVE YOU “
だと解説されてオーマイガッな機長。こちらはこちらで、春田から口説いたことにされそうですw

 前作よりも更に堂々とBLな布陣で、前作とはまた違った人間関係で恋愛模様を描いてくれそう。そ、それでpeachはいいんですね?懐深いなあw


千葉雄大の前髪がナイス。脇ではMEGUMIの先輩CAがキツくていい感じです。

「ポイズンドーター・ホーリーマザー」最終回 ☆

 あれれ、最終回なのに響きませんでした。
妄想に生きるお姉さんの印象がガラッと変わることもなく、他の話とのつながりもなく。期待しすぎてしまいましたね。

 ヒロインは家事手伝い淑子(伊藤歩)40歳。
面前の男性にあれこれ問われ、はにかみながら語り続ける淑子ですが、どうやら半分妄想です。曰く街で声をかけられちゃって……が、パンの試食だったりw 妊婦で里帰り中の妹有紗(佐津川愛美)からは慕われ、自分も姉として世話を焼いている……と言う実際のところは、キモ姉で、親の命令でパシリにされる日々。
 なにしろ妹目線でも壁と会話する姉はかなりアブなく、母からしたらダメ娘。学業は優秀だったのに、どうしてこうなっちゃったのかしら……って、あれもだめこれも出来ないのねと、常に姉だけ否定して萎縮させてきたのに無自覚なんですね。搾取子が姉で、愛玩子が妹ってことなんでしょうか。
 折から街には妊婦を狙う連続暴行犯。妹さんもその被害にあっての事情聴取ならしいのに、自分の話を熱心に聞いてくれるからと
「あなたが、私の運命の男性(ひと)ですか?」
と、妄想が止まりません。こ、怖い。

 妹殺しの犯人が彼女なことは、すぐわかりますが。他の妊婦を襲っていたのも……全部淑子なんですか? 押さえ込んだリビドーの爆発ですか? 
女学校時代のシスターが、妙に教科書をいやらしく解釈する天才だったことを思い出しましたけどw それでもシスターは自ら未婚を選んだ存在。淑子は、家を出て男女交際の存在する世界に踏み出していけたのに。臨月で里帰りの妹と母がべったりで、淑子と母の関係がたいして描かれなかったことも物足りなかったですね。
それとも今回の母子は、淑子と愛猫かなw 箱入りムスメの愛猫スカーレットを自らに重ね、外に出しては心配して探し回る淑子の姿は鬼気迫りました。

 プチプチと、毎夜はげむ蚤とり。事件当夜の行動を聞かれて
「蚤とりを、していました」
と答える淑子。彼女にとって妊婦襲撃も、卵をとり頭を潰す蚤とりだったのでしょうか……。

妹さんの赤ちゃんはせめて生きていて欲しいですねえ。

「ラブリラン」1 ☆☆

30才女子の恋愛観だって。ふーんと見てたら急展開にびっくりw

雑誌の編集企画、華やかな職場にいながらあからさまに地味メガネなヒロインさやか(中村アン)は、クリスマスも一人で家おでん。
幼なじみ(大谷亮平)を15年思い続けてまだ処女なんだってさ。その亮ちゃんが30才の誕生日を祝ってくれる予定。告ればいいじゃーん、楽しみだねー。

と、寝巻きで床についた次の場面は、肩丸出しのお素敵ファッションで、板の間に転がる美人。えー?ヒロイン?

本人も大パニックの中、知らないイケメンの部屋にいると分かりますが、鏡を見てもメガネがコンタクトになっただけで=中身入れ替わりとかじゃなくてw 会社にいってもちゃんと馴染みの顔。ただファッションの変化にはノーツッコミで、さっきのイケメンも!
カレンダーは3ヶ月跳んでいて……。
記憶障害??

そして同じ部屋にいたイケメン町田(古川雄輝)は、同棲相手! でも終始冷たく、さやかの混乱をいたわってはくれません。記憶がないなら、と教えてくれるのが
「あなたはもう処女じゃないし、相手はこの俺」
そして、もう別れてるんですってよ。何も覚えていないのに、始まって終わってるとかorz

元同居していた友人は、おめでたでデキ婚済み。
亮ちゃんを頼れば出張中&婚約者が住んでるし。
もちろん、町田と同棲してた家には戻れません。
どーこーにー行けばいーいーのー?

そうか実家暮らしじゃなかったら、3ヶ月で生活激変ってことってありえますよねえ。スマホと財布があって、職場が同じなだけましってことでしょうか(^^;;;;)

夜の公園で泣いていると、さすがに探しにきてくれた町田くん。どうにも冷たい口調の中に、今のさやかでなく消えた3ヶ月の間のさやかを好きだった感が滲みますよ。どうやら、地味メガネだったさやか(失恋直後?)と知り合って、変わるところを見ていた様だし……案外いい奴なの?
『記憶をとり戻すまで』と条件付きで、同居が再開。
ねぼけてキスされて、ファーストキスガーと騒ぐさやかに、ファーストじゃねえってのと呟く町田くん。こりゃ恋し直すのよね。最初の出会いや電撃恋愛も面白そうじゃないですかー。
ふふふ、ちょっと見てみます(^^)

「ギャルサー」最終回 ☆☆☆☆

「ウマ子、どこだ?」
シンノスケ最高〜!

 3年後。おまわりはレミさん=イモコとちゃっかり暮らしてて、赤ちゃんシンノスケがいちゃったりするんですね♪ つき合い出した頃のしどろもどろが見たかったぞー!
 サキ子が渋谷でカウボーイなんかしてるからシンノスケの遺志をついだっぽいですけど、この話でそうそう人が死ぬはずないのでした。

 危篤でも、帽子は脱がない(笑)シンノスケ。ジェローニモの儀式のお陰でちゃーんと生き返りました。お説教も、今回はしっかり2回だ。

 ひとりで生きてきたと思うな。
太陽に感謝して、食べ物に感謝して、親に感謝して。
 どれも全くもって真っ当なお言葉。これを、シンノスケの片言でなきゃ言えないなんて、おかしいぞ日本??

 開始前、予告を見たときには一体どうなることかと、リタイア候補ナンバーワンだったのに。フタを開けてみたら毎回実に楽しく頷きながら見ることになりましたよ。
 ギャルは相変わらずワケ分かんないし、商店街のおじさま達にももっと活躍して欲しかったけど。まぁいいや。再放送があったらきっとまたTVつけちゃうよ。

 アリガトウ大地、アリガトウ太陽。そしてアリガトウしんのすけ!

「ギャルサー」10 ☆☆☆

 ジェローニモ!花粉症かよ!!(笑)

 今回もシンノスケはいいこと言ったわー。
何も言う前から「どうせ通じない」とかめんどくさいとかいっちゃイケナイのよね。居心地がいい巣穴から出て、きちんと話さなきゃならない時がある。うんうん!!

 その途中で、「サキ子」を縦書きしたら「芋子」だと言われてひっくり返りましたよっいや確かにそう見えるけど、あの字。
 でもそれもまたひっくり返されて。
おまけにーっいったいシンノスケの身になにがーっっ

 予告を見ながら不安でいっぱい(*皿*)幸せに終わって欲しいなぁ。
それとこの時間枠の次のドラマは何テイスト??

「ギャルサー」9 ☆☆

 イモコ「実は男」じゃなかったのか(レミさんの体型ならアリだよね^^;;;)

 長女に「小町」次女に「妹子」と名付けた小野家のパパ&止めなかったママ。
両親とも結局存在が薄いまま、小町の昔語りで妹子の悲惨な過去が解説されるのでした(微妙に単語が古いあたり、超ウケる〜)

 私も本名ちょいと微妙ですから…イモコの気持ちが分からないではない。でも同時に、日本を離れたらその微妙さナッシングなのも知っているので、負けるなよっとも思う。
 少なくとも偉人の名前なんだから。日本に来て名乗るとみんなが笑顔すぎる意味をそのうち知る「ケン・ベン」くんよりはましだよきっと。

 で、殴られても殴られてもイモコを呼び続けるシンノスケ・・・だけれど。ただ呼ぶだけじゃなく、
「美しい名だ」
と言ってあげることだって出来たのにな。
もっと言えば、そのセリフを本官に上手く言わせてあげられたら、本官とイモコが結ばれるきっかけになったかもしれないのにっ
 それともその辺が、最終回までのネタになるのでしょうか??

 それともジェローニモの「芋子」探しを続けるのかな?
終わったらさみしいなぁこのドラマ。

「ギャルサー」6 ☆☆☆

 恐怖、ヤツホシテントウの呪い・・・・は、いいとして(笑)

「必要のない者など、初めから産まれてこない」
いいなぁ、このシンプルなメッセージ。
自分は居ていい。だから相手も居ていい。だよね。
一時教育界を席巻したという問い
『どうして人を殺しちゃいけないんですか?』
の対極というか。
・・・といいつつ、そんな深遠なこと考えているとも思えない軽さが好きです。

 1人ずつ消えていく少女たち。
てっきり商店街オヤジが捕まえて、説教してるんだと思うじゃないですかー。それが、なにもしてないんですから逆に笑ったよ、もう。
 シンノスケはまた、捕まえる予定のない『人間』を大量捕獲してしまったわけですが・・・・全員、ゆで卵にあたってお腹コワして集まってきてたってことは。えーっと。あの中、とっても怖いことになっていたのでは?ていうか、エンジェルハートのアジト内に、トイレはないの??(あっても掃除してそうにないけどね)

 あーんど、ちっともきちんと探してないイモコ。
結構身近にいるみたい?それも、探されていると分かっているみたい??

「ギャルサー」5 ☆☆☆

 ジェローニモのいいわけ講座@実演付、サイコー(^^;;;)

 喫茶店のマスター眼鏡、鬼の・・・もとい妻の居ぬ間に息抜きで豪遊。留守番に雇われたカウボーイが、渡された奥さん対策マニュアル、読めるのか?と思ったらローマ字でルビうってありましたね。
「と、言って切る!」
まで口にだして読んでるカウボーイの機転のきかないところもサイコーよっ

 そんなわけで、小ネタが楽しい今回でした。
相変わらずシンノスケ、イモコ探しはすぐ忘れてるよー。

 お話しは「いいわけ」。
「だってぇ〜」に始まり「**なんだもん」で締める(笑)いいわけは、身に覚えがあればあるほど不愉快(ニンゲンダモノ^^;;;) まあ遅刻ぐらいなら赦されるとして。
 書類がない、なんて深刻な問題は・・・放置するわ無くすわ、ちゃんと探さずに騒いでるわ・・・
『放火してシンノスケになすりつけ』
が間違ってる以前に、こんな奴に仕事頼む時点でもうかなり間違ってるだろうっ

 ・・・あの程度の書類なら、偽名やニセ署名並べてでも会場を押さえる方が先だよね・・・って、そういう実利より保身に走ってしまったのが、淺知恵ってことでしょうか。
 これみて子供は、「下手に誤魔化すとドツボにはまる」という教訓を得るのかな(笑)

 近所の小学校の給食で、例の「ありがとう大地」唱和してるらしいですよー。分かり易くて、家族で観られる道徳番組扱いなのかも(次が人気番組「エンタの神様」だし?)

 持ち回りのティアラに、何か陰謀が・・・・??と思ったら、全くどうでもいい伏線でがっかりしました(^^;;;) もっと早く宝石紛失がわかってればさ
”犯人扱いされるから、VIPルームに入ったと言えない”
という、書類探しより放火を選ぶ動機にもなったのに。イヤそれでも強引だけど。

「涙型のアメジストは謝罪の印」
 詩人だシンノスケ!
その強運で、宝くじでも買ってみたら当たるんじゃないかしら・・・。
それとも、ネイティブアートで何か作って路上で売るとか。おまわりの月給で3人暮らしは可哀想だよ!!

「ギャルサー」4 ☆☆

 インテル入ってる!!
・・・というか、インディアンもウソをつくから使い方を知っているわけですね(^^) お宝サボテン『お見通し』。トゲ発射の時にいちいちノケぞるのが可愛かったのに、食べられちゃったー(ジェローニモのリアクション最高♪)

 ギャルに身長・・・もとい年齢制限があるんですの回。
18才で卒業。300人もいたら毎月誰か抜けるだろうに。中にはやっぱり残りたいーって思ってた娘だっていただろうに・・・と、ちょっと納得いかないのですが。そこは粘った者勝ちかな。
 16才、とサバをよんで通っちゃう23才西園寺!!矢口真理が真価を発揮したキャスティングでしたー。

 昔の仲間に『ギャルなのがばれる』のが嫌か。
ギャル仲間に『ババアなのがばれる』のが嫌か。
例によって「ウソをつくな」と正論で迫るシンノスケですが、今回は長丁場になったのもあってキレが悪かった様な。
 同窓生のレポーターが見事に嫌な女だったので、アイツが野放しは片手落ちって気がするせいかもしれません。あの白々しい
「私たち友達でしょう?」
で、トゲ刺さなくちゃですよ『お見通し』!!
そして「お前もウソをつくな」ってシンノスケに怒ってもらわなきゃです。

 キタナイだの「子供にも出来る踊り」とか貶されちゃったギャルサーにも、見事なパラパラ披露させてあげたかったかも。
しかし練習中の風景みるだに、無表情で揃えて踊るパラパラ。”余興”として呼んで盛り上がる気がしないのですが・・・・(^^;;;)

「ギャルサー」3 ☆☆

「アリガトウ大地、アリガトウ太陽、命をありがとう」
もう家族で流行ってます(^^) 

 お巡りさんとの空回りコントも毎回楽しくて、商店街の人達もキュート。ギャルの汚い言葉遣いを我慢しても観たい! シンノスケLOVE!!
 でもそれだけに、もったいなかったダイエットの回。

 常々日本の女の子に蔓延する『細い=美しい』がキライです。
でもCMで、雑誌で、その『細い=美しい』基準ををまき散らして洗脳しているのは当の女の子じゃなくて、今回のコンテスト側の様な”商売をする大人”じゃないですか。
 シンノスケにはそこを突いてもらいたかった!!

 昔の写真を『そんなデブ』と吐き捨てる彼女。
そこのシンノスケのボケは、デブの意味を知らずに名前と勘違いでしたけど(どんな7才だよ!)、そうじゃなくて。『健康そうで美しい子だ』って、違う文化を背負っているシンノスケなら言えるじゃないですか(制作側ぜったいそこまで深く考えてないけどね ^^;;;)
 コンテストも、間に合うけど行かないって方向に出来なかったのかな。
・・・また、優勝するレミさんが極限まで細いからやんなっちゃう。

 モモのこぼした種が、穴の中で発芽するのは面白かったです!
なにげに肥やしも効いていたかもしれない・・・・・(笑)

「ギャルサー」2 ☆☆☆

 2回もみちゃった(笑)
だって、女の子の見分けがつかないからー。誰が何いったのかわかんなくなっちゃって。・・・と思って見返すとシンノスケは可愛いし、お巡りさんも可愛いし。うはうは(^^;;;)

「相手にとって大切でないと、何故お前に分かる!」
うわ、なんて素敵にまっすぐな説教。
受けた恩は手作りで返そうと、器はともかく、ギャルサーのコスチュームを葦で手作りってさー。3着出来たそうだから、来週以降に是非!それを着るハメになるエピソードを作って欲しいものです。
そして、シンノスケとモモを追い出したお巡りさんも、器を3つ並べて、また一緒に住もうといってくれました♪
今度は義務からじゃなくってね。なんだか家族みたいな3人だよねー。

 以上、本筋を大きくよけて話をしております。
だって女所帯の揉め事ってうっとおしいんだものー。誰がどう贔屓されたってどうでもいいんだよー。
しかもいちいち、言葉が汚い(涙)
可愛い子にてめーだのおめーだの、言って欲しくないよなぁ・・・・。

しかし、まだらからすの呪いはまだまだ尾を引くようです!
呪いがすべて解ける頃には私も、矢口以外の見分けがつくようになっているのでしょうかー。ていうか「いもこ」探せって!!
(ジェロ〜ニモ古田新太をたっぷりみた直後に、「プリマダム」の宣伝見せられるのは双方に損だと思います。かけもち作品は選んで欲しいなぁ ^^;;;)

シンノスケが呪いに非道い目にあう、の図がチープにイラストだったのは予算とスケジュールの関係でしょうか。それとも純粋に演出なんでしょうかー?
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ