ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

佐々木蔵之介

「恋愛ニート 忘れた恋の始め方」1 ☆☆☆

デキる女、凛(仲間由紀恵)!

……かと思いきや実は空回り。なんでも1人で処理できると孤立して、上司からは扱いにくい部下、部下からは頼れない上司と陰で言われているという痛い女だったなんて。

守り育てているつもりだった弟妹からも、逆に気を使われてもう頼られていない始末。


突然のモテ期到来も、なんか不自然だなーと思っていたらやっぱり『デートに誘ってあげて』と頼んだ依頼主がいたわけですね(凛の会社の社長@室井滋)

だとしても、3人とも誘い方が下手すぎるw 勤務中にしつこく電話だの、会社に花束だの(佐々木蔵之介)、予定も聞かずにチケット配送だの(爆笑問題田中)、路上チューだの、どれも嫌だーっ(熊哲バレエのチケットだけは欲しいけどw)


物語の始まりも「離婚式」。

ロマンチックでうっとり~という、恋に恋する恋愛ドラマからはほど遠く、凛も男性陣も恋なんて要らない、今の生活で十分!という姿勢なのですが。

最後の最後で、みんな恋に前向きになって次回につづく。
アラサーアラフォーの恋愛ドラマかぁとテンション低く見始めた割には楽しく見られました。


ひっつめ髪を下ろして鏡のホコリをぬぐう凛。スカートをはいて女らしい装いを思い出すのかな?


男性陣をその気にさせたのは、人生の先輩室井社長の語る”求め求められることが人生には必要”という言葉。

実は最近健康についての各国の指針を聞く機会があって、日本だと規則正しい生活、食事、運動が健康と長生きの秘訣となっているのに対し、欧米ではそこに”恋愛”が入るんだとかw 子どもの成長に愛を注ぐ庇護者が必要なように、大人にだって愛情あふれる暮らしが健康のためには大切だと。

「この年になっったから分かる」

と語る社長の言葉に、そんなことを思い出しました。


さて、凛が愛と健康を手に入れるのはどの相手となのか?

正直男子スイーツ部の3人はどれも釣り合わない気がするので……凛が両親を亡くした時につきあってた元カレでも出て来ないかな。でも作劇として1話に出て来ない人と結ばれるってこともないし。離婚式の時の3vs3でゴールインかなー、世間狭!


爆笑問題田中が猫好きの役。ホントに猫溺愛って聞いているので、猫を抱き上げる時にも素じゃないかと笑ってしまいました

映画「大奥」男女逆転 ☆☆☆

エロ過ぎるー。
私はいい年なんで目の保養ってなもんですが、ジャニーズ主演で客層は中高生女子中心、小学校低学年の親子連れまでいたというのに始まってすぐ主人公のベッドシーン、イヤ時代劇なので布団だったけどそこじゃなくて。夫婦でも恋人同士でもない、おばさんと若い男が裸で=子供が出来る って流れ、後半の将軍のお床入りよりも困ったものかと。
 

奇病で若い男が激減する江戸、子種付けが商売にも、生きる希望を与えるボランティア(?)にもなるご時世という設定で、社会での役割が男女逆転。作者がBL畑ということでそちらを期待する評もあれこれ読みましたが。女将軍が統治し、大奥では寵愛を求める男が姸を競うって設定、そりゃ男女の性愛を堂々描けちゃうわけなんですねー。しかも誰かれ種付けはしても、本当に好きな娘さんは抱けなかった事情や苦悩、。現代劇で描くにはもうかなり無理があるこの種の切なさは、BLだけでなく時代劇にも相性がいいと再認識でした(貧しい町民がフリーセックスで、武家、裕福な商家の娘は正式に婿を取らねばならないのではきちんとした家から絶えていきそうです。おまけに、金もらって種付け放題じゃあちこちに異母兄弟が発生。いろいろ気になりますが本筋じゃないしなー)
 

さて大奥の、絢爛豪華な美男達。

主人公水野(二宮和也)の出世街道も、佐々木蔵之介、玉木宏の陰謀劇も、立ち向かう将軍吉宗(柴咲コウ)の凛々しさも見応えがありました。有象無象の女顔「美男」の中でニノだけ異質なあっさり顔。小柄で皆(阿部サダヲ除 笑)に見下ろされ、柴咲コウと面と向かうともう確かにこちらが受けでございます~なのですが、反面確かに男気溢れる主人公に違いなく、このキャスティングを考えた人天才じゃないかと、鑑賞後のお茶会では盛り上がりましたよん。

ラストは無理があると思うのですが~、町人進吉は上方へ養子にでも行って、おのぶちゃんはそちらに嫁ぐと脳内補填しておきました。

「秘密」2☆☆

やっぱりキスしてきたのは彼氏。
モナミを連れだして話している場面、あまりの身長差に不釣り合いを感じてしまったのですが……。お友達から話を聞いても他校でドロップアウトだの、裸を描かせろだの、平気で授業を抜け出したりだの、親としてとても認められないおつきあい相手でした。

口調がおばちゃん臭いナオコ/モナミは愉快だし、ど、どこまでのおつきあい??キスって、どんな程度の??と狼狽える父@蔵之介も可笑しいです(^^;;;)現状だと、妻と娘を同時に横取りされているようなモノですもんねー。でもねえ、クスッと笑いながらも違和感。

もっとモナミっぽく、若く喋ろうと意識しませんか普通?はさておき、夫婦して立ち直りが速すぎて。娘を見失っている哀しみがなさ過ぎというか。
更に、お友達の先生の無神経っぷりにもねー。
「俺と結婚してたら死ななかったのに」
って、何年も経って再婚でもするまで言っちゃいけない言葉でしょう??
PTAの役員を振ってくる先生も非道。

まあ、そこはドラマドラマと免罪符を唱えて我慢するとして。夫婦生活はやっぱり気持ち悪いー(><)
いっそ堂々と抱き合って眠ってくれればそこ止まり、深夜らしく近親相姦上等ならそれはそれで諦めるのに、寸前で突き飛ばすって真剣すぎて……。
(注:原作の最後は知ってます) 

人気ブログランキングへ

「秘密」1 ☆☆☆

ああ、気持ち悪い(><)

原作が確か広末涼子で映画化された頃には、男性向けの悪夢だなあという程度の感想だったのですが、それから幾年月、赤ちゃんだった娘が見上げる程に大きく育った現時点で見せられると、真に迫って肌が粟立つものがあります。
娘の身体で目を覚ますだなんて!
しかも、自分が代わりに死んでもいい、と守った娘の「中身」が死んでいるのなら、もう生きている意味も分からないじゃないですか……←この辺で泣けて泣けて。
幼い子供を亡くすのはそりゃあ哀れで辛いことだとされますが、育てて大きくなってから亡くすのだって同様に、もしかしたら共に過ごした歳月の分それ以上に、辛いものなのではと思ったり。とにかく泣けるわ悪寒がするわで大変でした。
そもそも設定がそうさせるので、どんな低レベルのドラマ化でも気持ち悪いだろうとは思いますが……世界にすっと入りこめたのは脚本や俳優たちの力量かと。
特に志田未来の、「アナタ」と語り出した口調がまさに「直子」だったり。若い担任教師と父親=「平ちゃん」のやりとりをみる目つきが女の疑惑丸出しだったり、という熱演は大きかったですね。立派な女優さんになってきたわー。 

というわけでお話は、バス転落事故で妻直子(石田ひかり)が死に、生き残った高校生の娘(志田未来)が目覚めた……と思ったら、「私は直子」だと言われて戸惑う男(佐々木蔵之介)が主人公。夫婦の思い出のデートも始めてのお泊まり(キャ☆)も克明に語る娘を、中身は妻だと受け入れて暮らし始める主人公なのです。
(納得速すぎ、立ち直り速すぎな気もしますが……) 

来週はいきなり、夫婦生活の問題に踏み込むようですよ!深夜でドラマ化したということは、きっちり表現しますか??(志田未来と蔵之介で???)
娘に実は彼氏がいて、理科室でキスされちゃう1話のエンドも衝撃的でした!

めっちゃ気持ち悪いけどとりあえずまだ見ます。

人気ブログランキングへ

「チャレンジド」最終回 ☆☆

うーん、いろいろ腹が立って治まらないのに終わっちゃった。

「優秀なものを劣等なものが排除」
という言葉でイジメを正当化していた月本。それを何故いけないかと問われても、まあびっくりしてすぐに応えられなかったんでしょう。あとから
「誰にとっての優秀か、どう決めるのか?」
と解答を繰り出す先生ですが、遅いって。すぐさまぶっ叩いて俺さまの方が優秀だ文句あるかーとぶちのめして欲しかったのに(無理 ^^;;;)

でも、薄々察したクラスメイトが「お前だろ?」と詰め寄るのに、当のいじめられてた子が黙ってるのは何?先生もお茶を濁すのは何?なんでいじめたバカを守ってやらねばならないのか。
お前が私をいじめた、とはっきり指摘も出来ず、さりとて皆の前で許す、友達に戻りたいとも言えない被害者にまで腹が立ったりして、困りました。

更に、何故か走って解決することに。
生徒が交代で伴走するのはなるほどで、最初は青空相談室が微笑ましかったけど、大会運営的にはかなり迷惑(6時間超えるゴールタイムも 笑)且つ多分規定違反。先生が足に怪我してるなんて余計な演出もあって終盤はろくに会話出来ない状態までボロボロに。いくらメロスにしたいからって。更に、それをみた月本が素直に感激&反省。エー。

好きだからいじめた的理論をまた展開してくれちゃって、バカで同じ高校に進学出来ないから駄目って何それ。ただ嫌いか、相手の美点を認めた台詞ならともかくー。ああこいつはこの先の人生も、勝手に執着した人間が自分と同じ道を選ばないからといって嫌がらせをするのかと嫌な気持ちに。

そうだ、教師を辞めさせられるかもというプレッシャーもあったのですが
「お前等は永遠に俺の生徒だー!!!」
というストーカー紙一重の絶叫があまりに面白くて吹っ飛んでしまいました。

せっかくのいい素材を、味付けを濃くしすぎて微妙にしてしまったような。
例えば副担任も悪意をむき出しから一転、熱烈支持者になっちゃって辟易でした。主人公養護の熱弁を振るわれる程、君が言いますかと思ってしまうし。DVやイジメの問題も、痛みが分かる先生なのはいいのに、その先の解決策が結局マラソン??

ツレは毎月のマラソン大会参加が趣味。ついに感化された私もちょっとずつ走り出し、先月参加して楽しんできたところなだけに、走るとすっとするのは分かりますけどー。見てただけの人にそんな特効薬みたいに効果バツグンて。

それより、目を閉じて歩いてみるの、怖いですよね。相手を信じないと、手を引かれて走るなんて出来ませんよね。
それを生徒が感じてみる演出もなく、一緒に走る展開になったことも残念。

奥さんと子供は超可愛かったです!

「オルトロスの犬」1☆

超能力もの。
「Death Note」で「グリーン・マイル」で「羊たちの沈黙」「魔王」で、とつぎはぎにデジャヴです。

癒しの力を持った邪悪な男、というモチーフはなかなか面白いし、一方に殺戮の力を持つ男がいるとなればそりゃ、誰でも思うこと
”互いの力を対抗させたらどうなる?”
を早速1話終わりで見せてくれるのはサービスだったのかも。

でーもーなー。浅いんだもん。
”殺意を持って触ると相手が死ぬ”と知るまでに、何人殺してor殺しかけてますか。
なのに大勢と接触する仕事:教師を選択する?
どうして今回ばかり自首なのか。目撃されたから?
いやその前に、
「先生にまっかっせなさい!」
だの調子こいてる場合じゃないです。”殺人の相談を聞いちゃった”のは夜の盛り場ですよ、生活指導!
7時すぎたら家に居ろ、勉強してろと言え……というのは、横で見てるツレ@教師のいつもの難癖ですが……。”証拠云々”以前に、なんの対策もせずに大丈夫と言い切る根拠が分からない。

水川あさみの単独捜査もバカなら、その後の錦戸くんがタッキーに単身面会に行ってサクサク通してもらえちゃうのもバカすぎます。
「進化の果ての新人類」っって!!自分で言うのか!!

設定の大きなウソを活かすのは細部に行き届いた気遣いなのにー(><)

この先、昏睡少女だの、心臓を患う政治家だの、タッキーに治してくれと言ってくるんでしょう??
命の重さに順位がつくのか等、倫理観を問われるだろうこういう話に原作がなく、”みんなで意見出して作りまーす”方式なのはメチャ不安です(^^;;;;;)
配役は豪華なんですけどねー。

「ギラギラ」最終回 ☆

イロイロあったけど、結局ホスト辞めて会社員に。
……義兄さんの紹介で!!!

あのすっぽかしの後で、よく他も探してくれたものです。
それだけの実力者(の割に家はくたびれてたけど)に、1話から頼らなかったのは義兄さんが嫌いだったんでしょうねえ。さすがの公平さんにも苦手な人がいると。
ホスト歴を隠せという結婚前のごり押しといい、かと思うとぺろっと桃子に話して余計ややこしくする考えのなさといい。義兄さんの奥さんがちっとも出てこないあたりも妹への執着と合わせてかなり怖いものが。

でもそんな義兄さんともめでたく和解。
自分から挨拶に行かれるほど、公平は成長しましたよーというお話でした。
めでたしめでたし(え??)

まあ最後の大成カズマ親子(石橋凌、和田正人)、絆再確認は泣かせました。
……RINKの面々に見送られる公平の笑顔もよかったので、ホストは辞めていてもいいのですが。
就職先ぐらいそのときの人脈で(戸田恵子社長の関連会社とかさー)、自分で決められたらよかったのになと思いました。

佐々木蔵之介の初主演作。
ドラマ的にはビミョーな仕上がりながら、着ぐるみからホストスーツ、ぶりっこ笑顔からギラギラまで多様な魅力が楽しめる、蔵之介ファンにはマスト視聴なアイテムになったかもです。

娘役の子、可愛いけど棒読みでしたよねー必死!最初びっくりしてたのですが、段々あの棒読み加減が愛おしくなってきたり。駄目な子役ほど可愛いってこのことでしょうか。

「ギラギラ」7 ☆

義兄と縁を切れってば。

ホストを内緒にさせたのもバラしたのも義兄ってなんてマッチポンプ。それで奥さんの怒りのポイントはホスト商売じゃなくて
「嘘をついた」
なんだからー。義兄さえ口出さなかったらよかったンじゃーん。

まあ、家庭より仕事を(というか仕事仲間を)選びがちな公平にも問題はありますがね。

それに癒し癒しと言いますが、そんなにただ癒されたい女はエステか美容室にでも行くでしょう。温泉も可。ワザワザ酒と若い男がいる場所にチヤホヤされに来るんだから、金むしられるのはともかく、ちょっとはいろいろ期待してるよねー。

旅行や録画ミスで何話か跳びましたがあまり影響なかったみたい。
ラストの「俺はギラギラしてるぞ」に爆笑。
やっときたのねタイトル!!

「ギラギラ」3 ☆

叫んで殴って……ああTHE青年漫画!!でビックリ(><)
でも逆に我が家男性陣からは突然の絶賛でまたビックリ。性別ごとに訴えるものの差はあるんだなーとこういうとき実感しますね……理解は出来ないけどー。
対抗する両店で接待勝負!←この勝負好きも男漫画の王道ですよねー(笑)

そして勝負がい〜い感じのところで、突然の電話。娘が倒れた!!
……ここ、駆けつける主人公の家族想いがポイントらしいですがツッコミどころ。
だって高熱の理由が
「パパのために四つ葉のクローバーを探し続けて風邪を」
止めてよママ(笑)
まさか一人では外出しない幼稚園児、寒くても雨でも探し続けてる間、ず〜〜〜っとママはいるでしょ一緒に(^^;;;)それでなくたって、仕事投げ出して来て欲しいかなあ子供の発熱。
(これで倒れたのがママで、けなげにも幼児が電話で助けを求めて来たなら緊急事態ですけどねー)

勝負の中身、トップホステス接待はなかなか凝っていて面白かったです。
私がトップよ♪という2人を、即座に見分けてトップのみに100%奉仕した阿部力。分かっていても平等に2人一緒にあつかった蔵之介。
そりゃ蔵之介が勝つのが物語の流れでしょと思ったら、投票3対1。ただ1人の阿部力支持は、サービスを受けられなかった方のホステスさん。でも、私もあんな風に”蔵之介を”独り占めしたい、ですって??ヒー!!
ソ、それは私もしたいです……。

それにしても蔵之介さん、初回の年齢当てだの今回のトップ推理だの、嘘ではなくてもビミョーな言い訳の時ってだいたい妙にカワイイ顔になりますよね。”ボクイイコダモン”顔と我が家では呼んでおります。

ラスト、因縁客がやってきてホストと乱闘に。
大事な時にいなかった責任が、来週問われるんだろうなあ。

「ギラギラ」2 ☆

えー、これって広義、浮気だよね。エッチしてないだけで心は家族を離れている。君はなんのためにホストにまでなったんだ!!家族のためだって言うなら、オフはちゃんとスイッチ切ろうよ。

……それとも、サラリーマン時代にも同じように仕事仕事で家族ほったらかしていたんでしょうか(奥さんが全然怒ってないところを見ると、そうなのかも)

イーグル(五十嵐隼士)引退で、早くもNo1に躍り出た主人公だけどやっぱり総スカン。
四面楚歌のストレスの中、飲んで徹夜でアイアイなんか踊ってたら、そのうち過労死よー(><)

てことで。
奥さん、本当は分かってて黙ってるんじゃないかなーとは疑いつつも。もう何も考えずに見ています。ワーイスーツかっこいいー(笑) 私は体育会系好みで、前髪長いひょろい若いホスト達が誰一人格好良く見えないもんですから、眼福は本当に蔵之介ただ一人ですよー。
家人は全面拒否。
逆(私だけが内心毒吐く)はあっても、それって珍しいかも。な、何が彼らをそんなに不機嫌に??水商売女は良くて(「お水の花道」「黒革の手帖」)ホストはダメなの?? 逆風です。

イーグルが彼女とお揃いで買ったマネークリップ。
http://www.ginya-shop.com/money/mone_0092.html
28,500円。ヒー。
キレイだけど。身近にこれを使う人がいないので謎、カード持たないのかな??
とにかく、小銭は金じゃないってことよね??

実家の父が小銭嫌いで、子供時代帰宅に居合わせるとじゃらじゃら小遣いでくれるから、メチャ頑張って夜中まで起きて待ってたのを思い出しました(顔見たかったのかな、釣られてたわー 笑)
金の扱いは確かに人物描写になるだろうけど、このドラマそこまで考えているとは思えない

映画「椿三十郎」☆☆

何十人無駄に死んだんだろう。金魚のフン共が莫迦なせいだぞー!!

近所の2本立て映画館でリバイバルされていたので見てきました。(旧作未見)
空調やオヤジさんのイビキがうるさくて居心地悪し。それでも、椿の花で合図といい、のんびり屋の母娘といい、最後の三十郎の不機嫌の苦さといい、話には引き込まれて最後まで飽きずに見られました。
勿論、松山ケンイチ目当てだったので、彼がずっと出ていただけで点が甘いです。……全然アップなくても。

ただねー。母娘のゆーっくりしたしゃべりが、わざとらしくてイライラ。(ユウコリンやDAIGO、大竹しのぶを思い出しても全音均等に引っ張ってるワケじゃないのに)
やっと登場した大目付さま藤田まことも、存在感はバッチリとはいえ別に馬面じゃなくてなんだかなー。

何しろ同じ脚本の「お手本」が存在するわけですから、ちょっと何か気になる度に、旧作はもっと面白いんじゃないか、こんなニセ椿使わないんじゃないか、馬面はどれだけ凄いんだろう?と、オリジナルへの期待ばかりがふくらむばかりでしたよ。
同脚本別監督といえば、三谷幸喜の「3番テーブルの客」。あんな風に、うわー全然違うよ!!と驚けるんでしょうか??
見なくちゃだわー、オリジナル。

織田くんは可もなく不可もなく。トヨエツは声がこういう役似合わない。

「ギラギラ」1 ☆☆

家でも奥さん相手にまるでホスト(^^;;;)

リストラされて職がなく、仕方なく内緒でホストにって”家族のため”を強調してるけど。私なら隠し事されてる方がイヤだなー。内職だってパートだってして苦労を分かち合うのが夫婦じゃないか!
でもそこは物語の発端だから仕方ないとして。

「妻に心配をかけないため」の嘘と同じように、
「店のナンバーワンに華を持たせるため」の嘘まで
シャーシャーと、まるで息をするように嘘をつく主人公。要は嘘つきなのよー。
そこをあんまり見せられると、客を癒す等のお題目まで口から出任せに見えてしまうので、機転が利くのもほどほどにしておいて欲しいものです。

そんな微妙な腹黒さも含め、初主演@佐々木蔵之介氏の魅力はバッチリ。
奥さんとのベタな出会い(果物拾うって!!)も、イキナリかじるお茶目さで救われましたよ。
(……ただ、ウサギが熱出した@「流星の絆」の突拍子もなさには負けたー)

行きずりのオバサンが、実は大実業家なのもお約束。
いつ妻にばれるのか、どんな抗争に巻き込まれるのか、何も心配せずに楽しめそう=別に見なくてもー

「モンスターペアレント」5☆☆

結局、校長の悪事は公表されなかったの??

保護者がモンスターと見せかけて、実は人気者校長(前田美波里)が裏で糸を引いていた!の回。退職記事で進退は分かったけど、問題は悪者にされた保護者(猫背椿)の汚名返上がきちんとされたのかどうかじゃないの??

だいたい「担任が息子を殴った」という発端に、目撃者がいたんじゃない〜。こいつが最初ッからきちんと言ってくれれば、こんなことにはー!!

ラスト、モンスター扱いされた保護者と目撃者の保護者が微笑みあっていたけれど(2人で孤立している様にも見える)、私なら窮地を知りながら黙っていたこいつを、まず許せないと思うゾ。

「モンスターペアレント」4 ☆☆

もう勉強は、家でお父さんが自分で教えたらいいと思うよ。で、図工音楽や体育だけ学校に受けにきたらどうなの(笑)

図工が無駄だ、というけどオヤジ、外科医なら器用な指は何より大事だろうし。
体育も無駄だ、と言いそうだけど、夜勤に手術にと体力は何より必要でしょー??
音楽が無駄だ、と兄には言ったそうだけど……
人生の楽しみも持たずに悲愴に勉強だけしなくちゃなれなかったギリギリの医者になんて、かかりたくないですよー(←なんか音楽が医者に役立ちそうなこと、考えたけど思いつかなかった 笑)
とにかく子供たちの前で先生を罵倒することそのものが、教育上よろしくないと思います。

高学歴モンスター、初登場。
(今までも、1話の木村佳乃とか賢そうだったけど? 社会的地位もある父親が全面に、は初めてってことですかね。お母さんは亡くなってるの?)
ある意味、バカを赦さないヒロインと同指向という描き方で、教育委員会の蔵之介さんまで
「親がモンスターな時もある」
ってあんた、普段と言ってること真逆ですけど!!

自分の職業を最高で現在幸せだと思っているお父さん、自虐におぼれるダメオヤジよりは素敵かもしれませんけど出来の悪い息子には迷惑ですよね(そのうち息子に刺されるぞ)

そして結局、兄は”医者になれなくても(格下でも)幸せはあるよ”的オチになっていて微妙な気持ちに。なんかなー。
音楽をきっかけに対立した、という点からはきれいな着地点かもしれないけど、どちらかというと
”父がバカにした音楽や図工に熱を上げた結果、もっと優秀に”
ってなってほしかったなー。アメリカで弁護士になってる(音楽系の訴訟扱ってる?)とか、NASAで宇宙船作ってるとか、うわーウソ臭い(><)でも悔しいんだもん!

小学校では、体育の授業を強化した結果5教科の成績もアップしたという論文とか(ていうか成績いい子って普通運動も出来るけど。この場合は各人の伸び率の話ね)。某大学で体育の授業をなくした途端、1年生の退学数が倍になったとか。
そんな話を体育教師であるツレから長年吹き込まれて、我ながら洗脳されてるなーとも思いますけど。人生に無駄なんてない!

ていうかー、私学に行かせりゃ良くない?この親なら私学でもやっぱり文句いいに来そうだけど。

まあ物語的には、温水さんの過去の過ち(?)も昇華され、ヒロイン高村弁護士のNY人脈も役に立ち、彼女が悩んで変わってきた様子を所長さんは喜んでいる、と。
さあ外堀は埋まったので早く、蔵之介さんの過去をプリーズ!!
(しかしあの部下くんは、あそこまで荷造りしちゃったところでフォローされても遅すぎるのでは)

「モンスターペアレント」3 ☆☆

うわー、先生が代わりに給食費払ってた(><)
家庭訪問して給食費回収とか、そんな雑事に出向くより家に帰って答案考えたい!!……で、済むのは未納が一人かせいぜい二人までよね……。
とにかく忙しすぎる先生をどうにかしてあげたいです。

せっかくなのでまた、去年みてきたアメリカの小中学校の話。
カフェテリアのレジに全校生徒名が登録してあって、親が来るか子供に小切手(これが普及してるところが便利)持たせるかしてレジに入金。子供はレジで名乗って毎日精算。残金が少なくなってくると(ネットからも確認出来る)
「No Money!」
とみんなの前で宣告されます。で、事務から(先生から、じゃない)は即日
「お金が足りません、生活保護&給食費支給を受けるならここに」の書類発送。たまたま入金忘れた大金持ち相手でも関係なし。さっぱりしたものでした。

実際、困窮してから給食費の補助制度を個別に知らせるって遅すぎ。入学書類と一緒に周知徹底しておくぐらい。転ばぬ先の杖である必要があるのでは。
(困ってないのに制度を使いたいバカはまた別としてねー)

一人だけ食べられないと可哀想、とか。
子供は知らなくていい、とか……目の前に当の子供がいなくて考えると過保護ですよね。
でも、気を回しすぎるのも問題をややこしくしている様な。そんなの知らねーよ言いたいヒロインの気持ちも分かります。だって食費だよ、贅沢費じゃないもの。子供が登校せずに家で食べてたら、給食費以上にかかるものー。

ドラマでは、本当に食い詰めている家庭のこどもしか特定してこなくて、なんか小ずるい。このタイトル通りなら、宅配ピザの4千円は払っても、給食の4千円は知らんぷりする痛い夫婦の子供こそを、見せないとウソなんじゃないのかなー。

弁護士訪問をきっかけに、その子が苛めに……なんて重たい展開にするつもりはさらさらないってことですよね。保護者側はゲストなんですもん。

過労で休みをとる米倉弁護士。
押しかけて料理までする教育委員会のボクが、”彼氏のホスト”とか紹介されているところ、笑いましたー(^^;;;)関係を疑われて気まずい思いをするとかって、古いのね。
で、また家に食事作りに来いって、どういう関係ー??(子分? 笑)
あと
「お母さんと同じ年!!」 確かに(笑)
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ