ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

伊東美咲

「サプリ」1 ☆

 見たけど。

 転職男のちゃらんぽらんもイヤだけど、彼を怒鳴ることもないヒロインもなんかイヤ。
実際仕事でミスしたんだし、そのせいで恋人とも破局したんだから文句ぐらいは言ってもいいじゃない。
 その前に、その恋人もヒロインもあっさり別れすぎだぞ。
 この先ヒロインがバイトくんと恋に落ちたとして、だからなんだって感じだよね。彼の年齢じゃ即結婚にならないし、ただつきあうだけならまた、あっさり別れそうだし。

 豪華キャストでつまらなくはないんだけどさー。
仕事のデキル女が若造とつきあうのをみてトキメかずに、ああもったいない、と思ってしまう私にはとことん向いていない様子でした。

「危険なアネキ」2 ☆☆

 やっぱり料理できないんだ、姉(^^;;;)
レパートリーはチキン南蛮だけって・・・ポンカンと並んで名物なんですか??

 実はもうリタイヤしようかと思っていたくせに、不純な動機で(北陽とインパルスがゲスト出演って)つけてみたら結構笑えてしまった。
 弟の怒り方に理不尽度が減って、見やすかったのも1つ。でもその他にもミスターポンカンはでるわ、借金取りは荒川良々だわ、高嶋弟はグッジョブだわ。

「教授は、家が医者だったりお姉さんが美人だったりで差別するお人では」
いやホントにそれ、お姉さんは関係ないから(笑)
 酔って帰ってきた姉の痴態に、水かぶるタイミングはもう芸の域ですよ。

 これで、人が死ななかったらもっといいのにな。
病院を抜け出してキャバクラで倒れる末期癌患者、坂上二郎さん。見ていたら淋しくなっちゃった。死んだ娘の好きだった歌を、姉さんと歌えて幸せに死にました、って言われてもなー。

 舞台が病院じゃある程度仕方がない・・・なら、他の職業なかったのかなー。
 バカだけど人の良い姉vs冷血秀才な弟、を端的に表すなら、弟は敏腕弁護士・・・・弟はパイロット・・・弟はレーサー、ホッケー選手・・・は関係ないし。あれれ。

 まぁとりあえず様子見で。うふ。

「危険なアネキ」1 ☆☆

 なんでそんなにお姉ちゃんがキライなの??

 アネ視点のモノローグから一転、ラブコメな弟@未来くん。可愛かった♪
ここで美人のアネが乱入!となったら、マヌケでも明るい展開を想定しますよね(「鬼嫁日記」みたいな?)子供扱いしすぎ!とかさ。揉め事でも、意中の彼女から恋人と誤解される的な?
 なのに弟くん、強気で陰気に本気なんですもーん。さっきまでの好感度いきなり急降下じゃーん。

 下宿代に医大の学費、お父さんが出してくれたんでしょう?
お母さんはいない様子だし。実家時代の掃除洗濯食事の用意、お姉さんがしてくれたんじゃないの?それも弟担当だったなら、ちょっとは同情してあげるけど。
 ハッ そういえば姉さん、酒盛りはしてるけど手料理で出迎える場面がないっ 顔がいいだけで家事出来ないのか??

「アナタみたいにならないように」努力を決意した、その幼少時のトラウマが知りたーい!
究極、倒産も父死亡も後半に分かればいいから、代わりに可愛いアネと比較されまくって損しまくって、アネのバカの後始末ばかりしている、弟君の悲惨な半生から話を始めて欲しかったです。

 でもまぁ、ファンタジーだからいいか。
高嶋先輩から教授から現場のオッチャン患者さん、お姉ちゃんと出会う人はみんなお姉ちゃんのファン。そんな人気者だからこそ嫌いダーってなることはあるかぁ。それが不愉快に思えちゃうってことは、私もお姉ちゃんファンになっちゃってるってことだもんなぁ。

 婚約者に会いたい一心でキャバクラに勤めるお姉ちゃん。
何だそれ、と非難する弟だけど、いざ姉が悪し様に罵られたらやっぱり立ち向かっちゃうんだよね。分かっててもここは嬉しかったです!!
 そして気がつく。看護師の釈由美子がホステスしてるよ??

 迷惑な姉とちょっと仲直りしたところで、人間関係&物語が動き出すのは来週からになりそうです。とにかくこれ以上誰か死んだりはしないだろうから、気楽に見ます。

 インテリアもなかなか楽しい。弟君の部屋が古い和室でスクリーンと工夫で演出しているっていうのに、友達のボンボンのマンションったら2階付き。リビングにグルグル回る階段ついてるの!

 そうそう、芸人カメオ出演です。
一昔前なら伊藤俊人だの相島一之だの、劇場出身の役者さんがしたような役を今時は芸人さんがするんだよねー。
焼き芋屋の堤下さん、いい味だしてました。飛行機でのどに玉子つめてた板倉さんは・・・(^^;;;)恥ずかしくて直視できませんでしたよー。てっきり、CAの1人がイタッチーなんだろうと思って探してたのにっ

「電車男・もうひとつの最終回」 ☆☆

 電車とまるで同じ告白をする桜井さん。ラジコンは諦めたのか(^^;;;)そして陣釜さん最高!

 最終回直後の総集編。人気があった証拠だよねー。
回想シーンを撮り下ろしでつないでいく、そこは本編からして山田君が『電車男』として掲示板に書き込むことで毎回回想してるようなもんだし。ネット住人の普段がちょっと出るのもいつものことなんだけどさ。
 つい先週の山場、感動(?)の告白シーンをアキバ系なんとか氏2人が掲示板声に出して読みはじめたのには参りましたよー。
 伊藤美咲の顔に、劇団ひとりがアテレコ! おい!!

 普通にドラマとして見ちゃったら、ウミガメ@劇団ひとりのいいところが(金以外)描かれていないので須藤が彼を受け入れようかと思う気持ちが分からない。せめて熱だしたら来てくれた、ぐらいの事でもないと。『アナタが好き』と言ってくれれば誰でもいいのか?
 でもまあ、原作が売れたり映画ドラマ化のせいで『オタクブーム』とかいってるのと同様、須藤ちゃんのOKなんて一時の気の迷いさっというキツイ意見表明かもしれません。ふふふ。

 阪神ファン六角さんの恋も体当たりで上手くいって良かった良かった。(バー華阪神に笑ったけど。だったら何故コリアンバーなのだっ)

 最終回、銀河鉄道で旅立っていったエルメスと電車が本当に婚前旅行に出発していたのにもびっくりしました。イメージ映像じゃないんだ。そしてエルメス積極的過ぎ(掲示板に報告されてるのも知りながら ^^;;;)

 バラエティだった本編を、更にネタで盛り上げて終わり。筋が通ってて実にいさぎよかった!

「電車男」最終回 ☆☆

 あろうことか、途中で寝ました(^^;;;) だってネットの住人多すぎだもん!!
2人がくっつくのは絶対分かってるんだから、そこはいいんだって。
なのに 例によって山田がべそべそ泣くじゃない。 イヤだよこんな男ー。
 でもまぁそこは、エルメスがいいなら仕方ないわけで。

 映画版と比べて、そうかー今度はエルメスが電車を探すのかーとか。
オリジナルキャラの桜井と陣釜がナイス過ぎる!とか。この騒ぎを謝罪一言で済ますのか弟、とか。もざいくか!とか(笑) 録画した分を後日見直して楽しみました。
 
 そういえば原作(?)では、エルメスも準オタク(この、準の基準が分からないんですが)だったから電車がオタクをカミングアウトしても無問題というオチがあったかと思いますが、そういうどんでん返しはなかったのね。まぁいいか。

 で、世間の電車萌えになにか思い出すと思ったら某SFでした。ジョン・ヴァーリーの。
脳波を記録:再生できる機械で、自分が「恋に落ちた瞬間」を保存され、ソフトとして売り出されてしまった男の話。悲恋に終わるので彼個人には苦い想い出ですが、世界中の人がその甘酸っぱい瞬間を娯楽として味わっているんです。
 恋愛ドラマってそういう欲求があるわけで、当時の「毒男スレ」もそんな甘酸っぱい追体験だったのかなーと。

 純粋ドラマというより、バラエティの再現ドラマを見ている様だったかも。
楽しかったからいいか!

「電車男」6〜9 ☆☆☆

 コミケの回を、やっと見られました! エルメスちゃん可愛い。キラキラ輝いてる!!

 楽しく毎週見ていたんですが、木曜日は3本見るだけで疲れちゃうのもあって(^^;;;)感想書くのは久しぶりです。
 7話を先に見ちゃって、何が驚いたって突然エルメス=青山さんと周囲にばれていたこと。陣釜さんも電車応援してたりして。
 でも遡って6話見ると、こんな風に桜井さん(豊原功補)は気がついて参戦して、陣釜さんと弟くんはこう(速攻・笑)くっついてって流れが結構自然でした。次の回でべしょべしょ泣いてた電車くんは、イケルっと舞い上がった後だったから余計に転落ショックが大きかったんだー。

 ストーカー騒ぎの後だものね。
付箋だらけのストーカー対策書。捨てたら呪われそうで怖いぐらいなのに、まるでラブレターみたいに読み返すエルメス!確かにラブが育ってるよね!!
「少なくとも、私にはモテモテですよ」
原作読んで、あり得ないセリフランキング確実トップ5には入るコレが浮いて聞こえなかったもん。(「こんなだから彼氏が出来ない」とか「カマかけてました」は、無理あったよね)

 偽コミケは、まぁこんなものかなー(笑)
大阪に転勤になるまでは毎年夏冬参加してましたよ。抽選でスペースとって。朝も早くから始まるから、午前中コミケいって午後からデートもありです。ちなみに相手は現同居人(非オタク)で、
『これこれこういう催しに行くの』
『ふーん』てなもんで。
皆が「つきあうならこれが最後のコミケ」とか、言ってるのがとても不思議。何もオタク同士で結ばれずとも、お互い一緒に行かない趣味があったって構わないじゃないねぇ?
(実家にあった、曾祖母が書いた詩:白樺派に、曾祖父が撮った写真で装丁されてる詩集。あんな共同作業な感じも憧れでしたけど。←ご先祖さまからオタク・笑)

 まぁそんなわけで、状況知らずに続きを観てた時には
「午後からミュージカル行けば良かったのに」
ぐらいに思ってたんですが、ウソついてた電車とエルメス、たまたま会っちゃったんじゃなかったんですねぇ。『会社の仕事で必要』な忘れ物を届けに、必死で走ってたエルメスちゃん。下手すると朝8時頃です。これは、『ウソはNG』以前にそりゃ、怒るわー。へこむわー。

 と同時に、色ラベル付き封筒を握りしめて会場に走る彼女にちょい受け。
見送る人達みんなに「サークル参加者だっ」『必死だ』と思われてたかと思うと(^^;;;)

 で、その後大活躍の桜井さんこそ、ドミノでプロポーズといい、ラジコンカーでプロポーズといい、レストラン貸し切りといい、堂々とオタクだと思うんですけど・・・・顔がいいっというそれだけで誹りを受けずにココまで来たんだろうなぁ。お金もあるしなぁ。
 結婚してから即「こんな人と暮らせない」と出て行かれるタイプですねっ(想定:京本政樹)

 話違いますけど、トリビアでやってた「オタクは女性の危機を助けるのか」実験。
半数以上助けたって数字にはカンゲキでしたけどね、やっぱりあれは、イケメンが集う場所でも同じコトしてみなくちゃですよね。

 で、今週は『自分がエルメスと呼ばれていた』ことを本人が知っちゃって『がーん』で終わり!!
 ・・・・・ずーっと掲示板を見ていた陣釜さんや桜井が気が付くのと違って、ちらっと見ただけだった弟に何が分かるって思うのですが(陣釜さん、いいところ抜き出して保存してたの??)・・・・まぁそこはドラマだ、仕方がないや。

 そうそう、劇団ひとりの「mouth to mouth」が妙に発音良かったり(笑)ベノアに皆集結してたり(笑)笑い所も嬉しいのですが、妹の発言にも思いっきり笑いました。

「物心ついてから、ずっと兄が嫌いでした」  って妹!!

「電車男」5 ☆☆

「青山さんのストーカーさんですか?」 山田君・・・(^^;;;)

 正直、ストーカーの住居を確認したりエルメスの社内で取り押さえる様な展開って大げさすぎるし、ましてやストーカーと顔つき合わせて話し込むって何かと思います。
「ボクもキミと同じ」って!!
そこまで電車くんを卑屈にさせる必要がありますか??

 それにね、本当に「キミと同じ」なら最後ストーカー大倉くんを青山さんに紹介しちゃいけませんよっ。そこから始まる恋があったらどうするのーっ

 ・・・野球延長の関係で数分途切れたので、本当に会わせたのか未確認。まあいいや。田舎で元気に暮らして。

 今回最大の謎は、合コンです。
会社のイケメンも行くよって言ってくれたじゃない?なのにどうして、オタク連中と合コンになるの?いつ、これは妄想だって切り替わるかと待っちゃいましたよー。

 陣釜さんで笑ったり、付箋びっしりのカタログに笑ったり、てきとうに楽しくみています。
深くオタクについて考え出すとキリがないんですよー。
身なりはともかく、オタクな自分に誇りはないのか、とか。
掲示板=イイヒト図式は、滅多にない事だから感動を呼んだのであって、そこだけのイメージを広めてしまうのは危険じゃないかとか。
ネット住人役の役者さん達は、カメラの前、10秒位ずつ「感激」「激励」を繰り返して1時間で5話分ぐらい撮れるんじゃないか、とか。ってこれはオタクとは関係ないか(^^;;;)

 来週はコミケにエルメスが突撃しちゃうんですね。ああ、また誤解が拡大されて広まっていくぅぅぅ

「電車男」3 ☆☆☆

 七夕短冊、キター!!

 確かに一話で書いてましたっけ、
「恋がしたい」
でもまさかここで、電車君が決意を固めるきっかけとして再登場しようとは!

 デートもいい感じで、次の約束も出来たし、例の陣釜さんにも見違えたって言ってもらってちょっとステップアップした電車くん。
 でも、自分の頭で考えるために何日か掲示板と距離を置いてみるのでした。

 この決断自体も、「電車はいいなりだ」と非難する意見が元なんだからホントに他人の意見に左右されやすい人ですよね電車君(^^;;;) イイコなんだけど。

 で、自分のいらだちを電車にぶつける男ってのが、スポーツ紙で怪我を報道される程の有名選手だったのに爆笑。最後では電車のかきこみに反応して立ち直っちゃうお約束。

 まぁ中田も自分のサイト持ってるぐらいだから昨今のアスリートはネットぐらい観るのでしょうが、それで出入りするのが「独身男が毒を吐く(?)」掲示板ってどうですかね(^^;;;)
 また、上海でもオヤジが同掲示板に夢中で、しかも他人に勧めてやがりますよ!またすすめられた相手も素直に観てますよ。この特殊な言葉遣いって、敷居が高いと思うんだけどナー。
・・・この男が、エルメス青山ちゃんの過去と関係ある様子。
 そうそう、もこみちくんは弟でした(^^;;;)そういえば似てるークビの長いところ!

 実は原作本を借りて読んだのですが、こんなに登場人物も起伏もなく、淡々と結ばれてちょっと拍子抜け。現実なんてそんなもの??

 エルメスのお友達が登場する場面、苛められてる先輩が楽しくて好きです♪
でも、妙にサトエリはつっかかるよね。電車にも厳しそう。
ネットサーフィン=サーフィン の勘違いを否定できなかった電車君、サトエリに睨まれながら、海でドツボにはまりそうですが。さて。

「電車男」2 ☆☆☆

大事な電話の最中、キーボード叩いて……
画面読む??
失敬な!!

「電車男」の大前提に、今頃気付く私。マジ迂闊(^^;;;) だってあまりに非常識で〜
会話に集中しなさい山田君!!

その他も、
「おしゃれ系居酒屋がいいよ☆」
って、デカりぼんのコスプレ女が言ってると分かってたら絶対採用しないねっとか。
(・・・となると、あの連中のすすめるオシャレも信用ならない……)

ケラケラ笑って見てはいるものの、なんでも丁寧に映像化されちゃ、かえって違和感増しますね。

 今回は、初デート直前まで!
綿密すぎる「デート準備チェックリスト」、いいなぁ(笑)

 変身ったって、あの髪切った位じゃ大してかわらないと思ってたんですが・・・・おや。全体こざっぱりすると違いますねぇ(でも、これ以上加わるものはもうないかも ^^;;;)
 妹(堀北真希)が、貶しながらもちょっとアドバイスする場面が良かったです。
どう見てもデートだもんね。『無理だろうけど頑張って・・・』という心の声が聞こえた気がしましたよ。

 伊藤君の資質なのか、頑なじゃないんですよね。
「オタク」の、対人関係を拒否している部分があまり感じられないの。それだけに、何もネットにすがらなくてもオシャレだって店だって、身近な人に教えてもらえそうなんですけど。
 陣釜さん(白石美帆)にガイドブック捨てられた、あの場面が『だからネットで』という伏線(?)になっているんでしょうか??

 エルメス側の時間も増えてきました。
演じるのが伊藤美咲だと、外国の人をナンパするような敷居の高さを感じますねぇ。ガンバレー電車君。

 いやでも、そんなに頑張る恋愛ってのも辛いかなぁ。
もう陣釜さんでいいじゃん!普通に話せる身近な女性で!
今は毛虫扱いでも、山田くんが懸命に変わって、努力して、でもエルメスにフラれてボロボロになったのを見たら、胸がキュン☆ ってするのがセオリーってもんですよぉ・・・・って、それじゃ話違っちゃうのか(笑)

「電車男」1 ☆☆

 あれー、彼氏いるよエルメスに!!

 懐かしの曲「ミスターロボット」と共に秋葉原の濃い〜オタク事情が活写されて始まるドラマ版「電車男」。アラ電車君(伊藤淳史)、オタク友達いるんじゃないの。
 ・・・・それにワカゾー伊藤くんのルックスは「イケてない」んであって「=オタク」的じゃないよねぇ。この先服装をどうしたって、大した変身にはならない気がします。

 その他、いちいち映画版との違いが目についてしまいました(映画版電車男、山田孝之。友情出演で酔っ払い取り押さえてましたね!)

 映画版電車くんは、特に現実は辛くなかったよね。普通に会社いって仕事して。
 一方のドラマ版の、不幸てんこ盛り演出は・・・エルメスさん(伊東美咲)からのお礼の品に心底喜ぶ前フリと分かってはいても、甘えてるというか、可哀想な自分に酔っている様にみえて微妙な気分。

 でもまぁ、キャストから職種から違うわけですし、そこは割り切って見なくちゃね。

 エルメス嬢の変人度は確実にドラマ版の方が上で、この子なら普通にワカゾー君とつき合えちゃうかも、と思わされちゃいましたよ。
 最初のデートがどうなるのか、2人の会話の話題は何なのか??ゆっくりじっくり描いてくれるだろうこの先の展開がちょっと楽しみになってきました。

 しかし、お茶の間にたれ流されるアニメ萌えに秋葉原にメイド喫茶!!害毒じゃない?
そういうのに慣れない同居人が、オタクを面白がっちゃって大変でした。
 来週からはあまり、面白半分にオタク文化とりあげないでほしいなぁ・・・半端に変なイメージ広がっちゃ可哀想。

映画「電車男」レビュー

「タイガー&ドラゴン」子は鎹 ☆☆☆☆☆!最終回

 タイガータイガー、じれっタイガー!

 初出には苦笑、でしかなかったダジャレをこれだけ毎回ひっぱったあげく、泣かせに使ってくるなんて。参りました。
 今回何が驚いたって、どんべえ師匠の小虎襲名!!

 ・・・小竜がどんべえ継ぐってのは、順当ですからね。いいんだけど。
「戻ってこられないようにしてやる」
そんな理由で、弟子の名前継ぐ師匠がどこにいますか(^^;;;)
気にかけてる、心に留めてるってすぐにわかるじゃないですか。

 なのに出所を迎えに行かないなんて。
元どんべえと元組長のやりとりが、可笑しいやら泣けるやら。
その昔も1人の女を遠慮しあって取り逃がした2人。今回小虎をはさんでも、互いに遠慮して結果小虎を行方知れずにしてしまいましたよー。
 バカバカバカッ!!

 そんなわけで、アッと言う間に3年が経って出所したのに、組にも戻れず林家一門にも会わせる顔がない小虎、もとい山崎さん(涙)
 例によって落語「子は鎹」と絡めながら見事に進行する涙の再会(笑)
 あっと驚きの小竜改めどんべえの襲名披露(涙)

 ただね、せっかく刑務所の図書室で古典落語みっちり覚えて来たんだったらそのまんまの「子は鎹」も聞きたかったぞー。これは、先週の小竜の「品川心中」でも思ってしまったなぁ。(あれ、実録落語は邪道って内心思っているのかしら、私??)

 いまやヒルズ暮らしの組長ギンギン(立派になったぞー)、流行りの「ドラゴンソーダ」店長リサちゃん、相変わらず押し入れ上段暮らしの劉さん(^^;;;)、屋台辞めちゃったおでんやさん。
 変わらずバスガイドしてるめぐみちゃんと竜二も、くっついたり離れたり。
 3年の歳月がどう人を変えるのか、でも変わらない部分は何なのか。

 みんな小虎が大好きなんだよ!

 ナン、レロックスとSPネタを見事に活かしつつ、「顔が怖い!」とストレートにも笑わせてくれて!お見事!!

 タイガータイガーじれっタイガー!
伝説の落語家3代目小虎、見事な襲名披露でありました!!

「タイガー&ドラゴン」 粗忽長屋 ☆☆☆☆

 「俺にはもう代わりはいねぇんだよ」 ここでぐっときました。

 無頼だったSPの時とはもう違う。帰る家があって迎えてくれる家族(みたいな人達)がいる。
良かったねぇ・・・・小虎っ!!

 先週、高座があるのに殴り込みに行ってしまったりして、落語家小虎の前にやっぱりヤクザだ、という流れになるかと胸を痛めておりました。それが逆に、ヤクザからもうお前はヤクザじゃないと言ってもらえる存在になっていましたよね。

 ・・・でもなぁ。
 先週の「裏は花色木綿です」・・・には、待てっ古典知らなかったら(客席のメグちゃんとかね)そこで笑えないよっ!と思ったわけですが。
 今週の粗忽長屋は・・・・笑ってる場合じゃない!!

「この死体が俺なら、運んでる俺はいったい誰だ?」
現代で死体を運ぶのはそりゃ、ヤクザさんぐらい。そこの目の付け所はバッチリですけどねー。いくら「フィクションです」って言い張ったって、実際に人1人死んでたらそりゃ、まずいんでないかい??
 下手人出頭してましたけど、そしたら遺体捜索しちゃうでしょ。身元鑑定でしょ。

 小虎だけでなく小竜の竜二まで死体遺棄現場につきあっちゃって!!ますますまずいだろ、それはー(^^;;;)
 ラスト、死んだはずなのに挨拶状と野菜送っちゃって、とギャグにしてもダメ(^^;;;)

 そこさえ目をつぶればバリッバリに面白いから困ります。
 やりたい放題の田辺さん(北村一輝)に「・・・動物?」と突っ込む常識人、竜二がツボでした。
「お前が居ないと・・・・・オチがつかねぇ」で喜んじゃうのも笑ったわー。

 めぐちゃんが、田辺さんは覚えてたよ!
彼が女にかける『魔法』、素敵だったけどメグちゃんが来ると消えちゃうんだ(笑)

「タイガー&ドラゴン」猫の皿 ☆☆☆☆

 竜二が・・・もとい、小竜(コタツ)が座った!!
追いつめられて付け焼き刃の一発芸を捨てたとき、彼に残るのはやっぱり落語なわけですよ。ここ、ドキドキしましたっ!小虎、GJ!

 表題「猫の皿」が軽い小品だというのに、この話と来たら実は人情話で、あちこち笑いながら泣かされちゃいました。無駄な場面が1つもない、濃密な展開が凄い。

 竜二を戻すために自分が家を出る、と提案し「お前さんは家族だ」と怒られる小虎。天涯孤独の彼に、この上なく暖かい言葉ですよね。さゆりちゃんが「そのうち泣く」に笑っちゃいながらもしんみり。
 小竜破門のいきさつも、熱くて哀しいです。
真打ち目前の独演会が大失敗。そーか。そうだったのか!早熟小僧が天狗になって辞めたわけじゃなかったんだ!
それも、失敗そのものじゃなくて小しん(小日向文世)師匠vsどん兵衛師匠、芸術vs娯楽みたいな対立のなかで父親の芸を支持した故の破門ですよ。なるほど、店の資金ぐらい出してやっても甘やかしじゃないかも。

・・・でも、小しん師匠の真意も気になります。本当にただのイジワルだった?それとも、「猫の皿」が出来てこその「子別れ」というなにかがあったんでしょうか。
「子別れを教えてやる」
って今更、ケンカ売ってんのかって感じですが。本気みたいだったし(^^;;;)

 そんなわけで、竜二もギンちゃんもソバ屋のオヤジまで参加していた素人タレントスカウトキャラバン(笑)
 竜二ったら3位のビンテージジーンズが欲しかったのに、うっかり優勝して大島紬ゲットです。若者を集めたいのに一位が大島紬っていう時代錯誤。最高です。

 本当を言うと、「元天才」小竜の落語がもうちょっと上手いと良かったんですけど。ブランクがあるからかな(笑) そこいくと西田敏行さんはサスガ、普通に落語でしたよね「猫の皿」!!

 小ネタに再登場のデス・キヨシ!(しかも作り話かい!)
ビジュアル系に中央で参加してるジャンプ亭ジャンプ!
 あと、デート中ずっとめぐみちゃんを笑わせようと必死な竜二。両手にネタ書き込んで真っ黒だし!笑う度にキスのおねだりで、しかも断られるし!!
 案外、女性経験なしですか竜二くん・・・・(^^;;;)

 来週はなんと、鶴瓶師匠が高座に上がってましたよ!本職に大期待!!

「タイガー&ドラゴン」明烏 ☆☆☆

 『奥手』のふれこみだったのに、初対面の夜にいきなり深い仲などん吉兄さん。なーんだ、やることやってんじゃんよぉ。で、相手の彼女は浪費家の借金持ちですよ。そういうのって治りませんよ??
 いいんでしょうか(^^;;;)??

 とりあえず今回は「明烏」。
騙して吉原/合コンに連れ込んで、一人きりじゃあ帰さない。そこに至るまでの怒濤の小ネタに笑いっぱなしでした。
 タイトルコールからして、まだ出てないキャラで薬師丸ひろこですよ!
 貧乏な竜二に「お米券」くれるメグちゃんですよ!

「みんな可愛いよ、バスガイドだもん」も最高。
「泊まるってことは・・・泊まるってことだよぉ(悪)」な竜二との仲も進展して良かったわ♪

 そうそう、「恋におちたら」に続き、ここにもブログ登場しました。
借金まみれの人が実名で勤務先も明かして
「でもバッグ買っちゃった♪」って書いてる感覚もスゴイし、夜逃げ先で
「合コンしてマース」って、いちおうは芸能人などん吉(春風亭昇太)の実名出して更新ってこれまた怖すぎる(^^;;;)

 でも、ウォッチで全て知っている気になってても、携帯NOも実家の所在も、実は何も知らないっていう真実はいいところついてましたよね。

 で、全体でどうしたかっていうと小虎の喋りが上手くなったかもという印象だけが残りました。
地方巡業の話だって(合コンは抜いて)ちゃんと家族に伝えられてたしね?
 「あいうえお作文」のルールを全く理解してない小虎。話が下手なんじゃなくって、頭が悪かったのか!!

 次回は竜二が高座に復帰??

「タイガー&ドラゴン」5 厩火事 ☆☆☆

  小虎とまりお兄さん(古田新太)の人生、両親亡くすところまで重なるのにそのあとが真逆!!
笑いを忘れた虎vs笑い笑われっぱなしのまりお。
「関東と関西の文化の違い」って(笑)
 そう書くクドカンの出身が大阪でも東京でもないから言えるのかな。

 そんなわけで、上方まりもまりおの夫婦漫才面白かったわ(^^;;;)
 ダイスケハナコとかつみさゆりを足して2で割ったビジュアル?で
「仮面夫婦ですねん」
「セックスレスでんねん」
ここだけきっちりタイミング合う合う(><;;;)

 竜二のデザインが舞台衣装だと結構映えるのも新発見だけど、背中にもっとゴテゴテつけたかったとずっと言ってて可笑しいったら。
 でもねぇ。貧しいんだねぇ。・・・そりゃ”裏原ドラゴン”売れてないけど。
「銭形金太郎」に登場できそうな押入間借り暮らし。
そこに堂々とめぐみちゃんを連れてきた、その真っ直ぐなところサスガ育ちがいい。でも、開脚後ろまわりする勢いでふられましたよっ不憫な・・・・・。

 冒頭の高座、今回はなんとめぐみちゃん。しかもバスツアー中!
寄席の楽屋の様子まで覗けちゃうとは、ナイスアイディアでした。しかも、その時のメールネタがちゃんと後から生きてくる。さすがのさすが!

 えーと、で、「厩火事」は、亭主の気持ちを試そうとする女房と、試されてちゃんと女房を心配したけれどその理由が
「お前に何かあっちゃ、ぶらぶら暮らして酒が飲めねぇ」からだったという旦那の話。
 そこは、ばっちりみっちりリンクしてましたけど。

 いかんせん、不幸絡みじゃ笑えません。

 最後のまりおの場面、あれで多少は救われて終わりなので・・・泣かせたいんじゃない、それでも笑って生きていくんだっとは思うのですが。
 楽しく何度も見返せないよね・・・・・。

 あれ、でも読み返すと小ネタでメッチャ笑ってる??意表を突かれたイイ話の回でしたっ

最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ