ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

仲村トオル

「チームバチスタの栄光」1 ☆☆

見たのに忘れてた!!

地味ですね。酷くないけど凄くもない。
立て続けに3人死んだ、と言われてもそれが盲腸や豊胸手術ならともかくも、難しそうなバチスタじゃ、騒ぐほどの問題なのかちょっと分かりません。

セット丸出しな室内といい、主人公(伊藤淳史)絡みではお気軽な空気漂うのですが、結局扱われるのは人の死ですからねー。この先も犯人or事故原因確定するまでに何人か死ぬかと思うとちょっといやかなあ。

そして ”原作とは結末が違う”という宣伝はいかがなものなんでしょう。その段階で一人(原作の犯人)除外だし!評価された作品を素人が弄ってどうするのか??

とかとか文句言いつつ、つまらないワケじゃないんだしー。伊藤淳史と仲村トオルのコンビが楽しめるのかな、誰か家族が見てたら見るけど。

「海猿」8,9 ☆☆

 仙崎とカンナちゃん、どうしていつも立ち位置が遠いんだろう。並んで座ってても遠いよね。恋人同士ならさぁ、もちょっとキュっとくっついて立つとか。手を握るとか!
 ・・・橋の上でまーくんを語る時も、2人出会った場所でいい感じで語らう時も、会話よりひたすら遠さが気になるのでした。
 初々しいのはいいんですが(実質初対面がラブホのくせにー)、その割に出産や殉死報告に居合わせたり、訓練地まで来ちゃったり、してることはまるで「妻」だよね??

 前回、サブタイトルに「死す!」は驚きました。
でもまーくんのコミカルな一面に突然スポットがあたったりして、演出がもう”この人死ぬよ?”状態でしたから、最初から堂々とネタバレしてもらったおかげでしらけずに済んだのかも。
 いくら船長救出に気を取られていたからって、銃口に背を向けて無防備に立つってあり得ないんですけど。ほら、もう死ぬの決まってる人だから・・・・(合掌)

 そんないわば『お約束』よりも、今回、気丈にふるまう妻尚子さんで泣きました。それから書類。
まーくんの死亡より、出産の方が何分か先だったんですよ。このわずかな違いでもきっと、残された娘さんがこれから生きていくには大切なことだろうと思うと・・・ああ、また涙滲んできた(><)

 バディを再び失って気落ちする仙崎。
目の前で辛気くさい顔されるのそりゃ嫌でしょうけどね、身近な人の死を送ってひと月もたたないのに「いつまでそんな顔」云々やいやい言われたらたまりませんよね。それよりも誰か隆太くんに、
「仙崎は、ここで訓練中にもバディを亡くしてるんだ」
といってやる方が先かと思いますよ。
(映画版で食堂にいた妙にダンディなおばちゃん、出番なのにー)
で、あの時ちびバディくんの亡骸に誓った潜水士への熱い想いを思い出す・・・・だけだってドラマになったと思うけどな。
一年間で2人、バディに死なれた男。『バディ殺し』とか影で言われそうです。

 しかし・・・映画版でも思ったんですけどね。
20kgを持ち上げる、でしたっけ? 必要最低限とされる項目を何度も失敗し、気力とまぐれでやっと合格するような潜水士・・・・自分の救助に当たられたらと思うととても嫌です。軽々こなせるまでは仮合格、とか出来ないんでしょうか。

「海猿」5,6,7 ☆☆☆

 人の命を救いつつ、銃口も向けることのある矛盾した任務。海上保安官!!

 もちろん実際には、人命救助にあたることすらなく任期を終える潜水士さんもいるそうで、不審船を銃撃なんてもっと機会がないハズですが・・・自衛官や警察よりも更に振れ幅の広い職業が現代日本にあることを改めて知って思うところありました。
 大変だ・・・・。

 でもそれ以外は、あまりにきれいに展開していくのでかえってひっかかるところがなくて。
5話のバディの話もリアルタイムでみたけど「そうかー」っと頷いて書くことなかったんですよー。
 今回も、美男美女が雨の中いだきあって(仙崎の腕がちゃんと彼女の背中を抱きしめていて、良かった!!)病室の夫婦も癒しあって、緊迫した展開の後だけにほーっと息をつけました。

 ただね、カンナちゃんが街を見渡して
「死ぬかも知れないのは、あなただけ」と仙崎に言うワケですが・・・それは違う。
そりゃぁ”誰かのタメに”ではなくても、今日死ぬかも知れないのはこの世の全ての男ですから。

奥さんが大変なときにだって、銃撃こそしてなくたって異国に出張で帰ってこられない旦那ぐらいならゴロゴロいますから。
恋人とは毎日会って、毎日メールして・・・が普通だと思ってるあたりがなんというか、お嬢さんですよね。・・・・って、本当にそうなんだけどね。見てる私はもう、相手の事情優先でいいお年頃なので、久しぶりに甘酸っぱい気持ちを思い出しました(^^;;;)

 そうそう、妊婦の奥さん。真上向いて寝てたよね、臨月間近に無茶な(^^;;;) 見るたびに、内臓の上にスイカが乗る気分で息苦しくなりました。

「海猿」4 ☆☆☆

 前転はないでしょう、天下の往来で前転は(^^;;;)

 前回あれだけ「お友達から」モードだったのに、いつの間にか「待つ女」になっちゃってる加藤あい。 憧れの先輩に仙崎を恋人呼ばわりされて、てっきり否定かと思ったら頬染めてますよ??いいけどさ。

 一ヶ月会ってないんですって。そりゃあ確かに遠距離恋愛と同じ。デートの時、仙崎君が浮かれまくりなのは毎回が久しぶりで新鮮だからなんですね。で、
「海の上でも、キミのことばっっかり考えてた〜ん」
とのろけてる横に、捜索を打ち切られた行方不明者の遺児(波岡一喜)が。間の悪さ全開(またお互い濃い顔と変わった顔で、埠頭と船上の遠距離で見覚えていても許せるんだ・笑)

 だからって、巡洋艦(だっけ?)一隻出動させて、沿岸に見張りも立ててビラも作って配布して、訓練で『腕時計一個』を探すってアリなんでしょうか(^^;;;) そんな前例作って次の遭難で指輪がない、メガネがないって言われたらどうするんでしょうか。
 でもまぁ、最後の1分で奇跡の発見をすることもなく無事?捜索は空振りに。
そこで『代わりに貴方のものを下さい』と遺児が仙崎に頼む展開は分からないでもない交流だったので、ちょっと胸を熱くしてしまいました。

 そして、誕生日にと彼女に貰ったのがちょうど空いた左腕に必要だったダイバーズウオッチだったから冒頭の有頂天前転(^^;;;)
 ああいう仕事だからこそ、もう持ってると考えるのが普通の品じゃない?奇跡のタイミングですよ!!

 それにしても仙崎、何故そんなに嬉しいのか、遺児と何があったのか、自分が日々なにをしているのか、全く話していない模様ですよね??
 守秘義務ってそんなに厳格なんでしょうか。
 ていうか、あの生活で仕事の話を省いたら、いったい彼にどんな話題があるんでしょうか。毎食の献立?(笑)

「海猿」3 ☆☆☆

 戦士の休日・・・・・緊急呼び出しで台無し、の巻。
さすがに今日は誰も死なないだろうと思いつつ・・・・仲村トオルの様子が危ないのにイヤな予感。奥さん(芳本美代子)身重なのに。「海猿の法則」だとこりゃ危険な伏線です(><)

 仙崎と彼女の中は、「恋人」から「お友達」へ、更にスタートラインだったキスする仲へと変わりました(^^)そこで呼び出されて
「まさか二股??」
「そういう仕事なんだよっ」
とか言い合ってましたけどね、呼び出しが5分早かったら「お友達」のまま、あっさり帰ってたかもしれないんですから、人混みに消える姿を切なげに見守ってもらえる展開になったタイミングを、呼び出し係に感謝しなくちゃいけません。
(ていうか、家もどうせ基地の方角なら一緒に帰ればいいのに??)

 マー君、こと仲村トオルは・・・・きれいに出来上がったお昼ご飯、せめて5分、食べてから集合しちゃいけないんですか??

 ラスト、今までの大仰な予告がなくてちょっと淋しかったです。
 ウケたのは病院の待合い室。
仙崎と彼女が微妙な別れ話を始めた時に前の座席にいた患者さん、聞いてましたよね。そして気にしてましたよね(笑) こういう演出好きだなぁ。

「海猿」2 ☆☆☆

 ぷはーっ息詰まる。
気がついたら、仙崎と一緒に息止めてました。それでも全然保ちませんから。運動しながら3分吸わずにいるなんて、無理です無理無理。
 ・・・・・・2話で早くも海保側に死者が出るかと思った(><)

 沈み行く遭難船の中で、閉じこめられた密航者発見!
おぼれかけている人救助は『完全に溺れるのを待ってから』というの、読んだことがあります。安全に助けるため・・・とはいえ。助けられる方もそりゃパニックにもなりますって。
ああ、水って怖い。

 こんな危険な現場で、それも時には全然感謝されなかったり、助けてもまたぞろキケン承知で同じコトをされちゃったりする虚しさ。
 そうそう、先週の救助失敗はやはり仙崎のミスで、でもきちんと意図を伝えなかった先輩バディのせいでもあり・・・・責任がどうでも船長さんは生き返らない辛さ。

 彼女に話して甘えるヤツもいるだろうけど、意外に仙崎くん我慢してます。理解されない、と思うのか負担をかけたくないのか。守秘義務とかもあるのでしょうか。
 その前に避けられてるよ(^^;;;)

 前のめりで濃い画面観てます。
なので、予告は2回もしなくていいですからっ
その分、夏本番に向けて着衣水泳のコツだの遭難防止や人工呼吸の心得でも盛り込んでみてはどうでしょう。

「黒革の手帖sp 白い闇」☆☆

じゃらららーらら、ららっらら♪
米倉涼子の生意気顔にあのテーマソングがかぶったら、もうそこは懐かしの「黒革の手帖」ワールド!

 ちゃっかり京都で店出してママしてる元子。
スケベ医者は来ちゃうし、ライバル釈ママとも鉢合わせだし、葬式には仲村トオル代議士来ちゃうし!続編らしいオールスターズを楽しませてもらいました。
 元子の母親が死んだって訃報欄に載るでもないのに、誰が代議士に知らせたんだなんて野暮はこの際言いッこなし。

 ただ話がねー。
 原作:松本清張「白い闇」 これは、あの元子の後日談の話なんでしょうか?それとも、適当な殺人事件ものをヒロイン元子で翻案したんでしょうか??

 ホテル王にプロポーズされるまではそれなりに、株主総会なんか出ちゃって経済の話らしかったのですが、死体だ殺人だとなってきたところでもうぐだぐだ。元子が容疑者?ええっ名探偵??
 愛しの西村さんはその殺人事件を捜査する刑事さんですから、事件ないと出てこないのが痛し痒しです(^^;;;) 現場が十和田湖なので、東北弁でしたよー。
 殺される小沢真珠も、その兄吹越満さんも熱演だっただけに、もったいない感いや増しでした。

 ただ、事件解決の後日談はなかなかいい感じ。

 もし犯人逮捕の十和田湖のほとりでエンドクレジット流れてきたら、続編はきっと2時間サスペンス
「クラブのママは名探偵!宝石の影に潜む悪意とは?? 琵琶湖のほとりにたたずむ元子の手には、黒革の手帖・・・」
だったと思うのですが(^^;;;)
 後日談のおかげでどうにか、銀座に復帰して続きそうなラストにもちこんでました!

 ・・・そうなると続編には西村さん出ないんですけどね。

「海猿」1 ☆☆☆☆

 懸垂禁止!
・・・って書かなきゃいけないほど、みんなするのね、あんなところで(笑)

 海の男の任務、呑み会(すぐ脱ぐんだ、また)!!
 映画版での同期メンバーも、各地配属先から同期会で集結。
体育会系に騒々しく楽しく、仲間の遺影が出てくれば一転してしんみりと。出動場面は緊迫!!メリハリあるドキドキの一時間でした。いや、拡大版だから長かったハズなのにもっと短く感じたわ。
 続編映画を意識してか、キャストもロケも豪華です。

 ちょっと思うところある映画版ですが、程々に回想する分にはいい感じ。
その映画では対立していた男と主人公、今は親身に話してるんですよ。そりゃ、一緒に遭難して助けられた仲なんだし。一年たったなぁとしみじみ。

 主人公:仙崎(伊藤英明)の笑顔が爽やか!制服姿は更に3割増し素敵!きゃ♪
なのに、映画以来遠距離恋愛していたつもりの加藤あいとは・・・
「俺の彼女です♪」
「ただのメル友!」
と、ずいぶん温度差がありましたよっ。佐藤仁美(だよね?なるみじゃないよね?)も言うように、男前に好かれてるんだし何の不満が??と思ったら・・・・そうかー。
今の仕事、服飾デザインの上司が好きなのかぁ・・・・・。

 後半、仙崎初めての人命救助。
要救助者2名のうち、1人を現場に残してまた戻ってくる手筈。
この時バディの中村トオルが言葉を濁したことを、仙崎は「僕が責任持って」と要救助者に請け負っちゃうんですよ。
きっとこれ、まずいんだろうなぁ。安心しちゃうと生きる気力がなくなるとか。船長は船と殉じようとしちゃうとか?その辺は来週判明するようです。

 最後、突然始まる男声ナレーションにびっくり。
「仙崎の○○はまだ始まったばかりだったのだ」云々って。内容から、これが次回予告なんだ斬新だなぁと思ったら予告はまた別にありました。何だったんでしょう。

**映画「海猿」**

「救命病棟24時(3)」10 ☆☆

 逆だと思う。
幾度も死線を越え、自らの死を常に意識して過ごしてきた省吾くんこそが『死んだらどうなるか』を千尋ちゃんに教えるのでしょう。年の差じゃないですよ、ここは。
(ちなみに、健康に暮らしている子供が『自分もいつか死ぬ』と悟って衝撃を受けるのって小1、小2ぐらい?)

 そういう意味では寺泉さん。
「これ以上人の死ぬのを見せたくない」なら、重病人の省吾君と一緒に娘を置いておくのは・・・っていうかもう本当に、連れて帰れぇぇぇぇぇぇ!!
 個室でも無いのに朗読しますか(イイ声ですがやはり迷惑 メイシーチャン ジャナイノカ ^^;;;)
 どうしてもICUにもう1人子供を置いておきたくて、寺泉出入りの理由も欲しいなら、いっそ何故千尋ちゃんに怪我をさせなかったのか。

 本筋の、死の受容、息子の独り立ち、父と子の熱い絆は良かったんですよー。
震災につけこむ悪徳商人と対抗する安売り王の大往生! わざわざトラックの商品を父に見せに来る息子、浪花節でエライじゃないですかー。
 その『仕入れ業者の横っ面をはたいた』札束は、父親の枕元に置き去りで手ぶらで帰ったよなーとか、あんなトラック入れるならコンビニもスーパーも復旧してるだろうとか、息子の眉のお手入れは気合い入ってるな、とか気にしつつ 臨終の場面では祖母を思いだしてもらい泣き。
 日比谷先生の他人に迎合しない台詞も、もう待ってました!

 そして、同じようにお馴染みになってきた日比谷先生の好き嫌い! いくらやツナマヨネーズおにぎりは駄目で、梅干しか焼肉なら食べられるそうですが・・・・・。

 そこでまさかの”賞味期限切れ”援助物資による食中毒ですよ。(日比谷先生が食べられなかった方の食材であたったんですね!!)
 ・・・急な人手不足によるチェック漏れということでしょうか。
 えーでも、ボランティアたくさん居たときならともかく、あの倒れてた人達の分の何百個のおにぎり、残った3人でラップ剥いて盛りつけて出したんですか?? そんな莫迦な。

 まるっきり呆けていた研修医:兄が、患者さんとの会話をきっかけに立ち直り(早!!) 食中毒で修羅場と化した病院に戻ってくるそうです。
 でももう最終回なのに??

『もう、俺がいなくても大丈夫だな』と、進藤先生が去っていって終わり、となるその前の一波乱ってなんでしょう。
ピンクの何かに包まれて横たわっていたのは誰なんでしょう??
来週どうやって終わるのかちょっと不安です。

「救命病棟24時(3)」9 消火活動の優先! ☆☆

 消防士もまた被災者だった。

 医療の場でトリアージのように、火災現場でも救命を捨てて消火を選ばなくてはいけない状況があったんですね。ここで入る回想が悲惨で・・・うなされるのも無理はないです。

 でも彼らはマニュアルに従っただけで、阪神淡路大震災での教訓を活かそうと作成されたマニュアルだった・・・というなら、現場の消防士達を非難するマスコミはまったくもって勉強不足としか言い様がないです。
 しかしまぁ、非難ゴウゴウを一喝してこそ 寺泉が『ウルトラマン』になれるわけですから。手堅い演出ですね? その演説をTVで聞いて涙を流す、入院中の消防士たち。BGMも相まってうるっと来ました。イイ場面でしたわ〜。

 もっとも、うなされだした途端「実は」とサクサク事情が説明されて進んじゃうところとか、対で描かれる熱血ドクターの燃え尽きが唐突なところとか、例によって何か足りない感じでした。

 これを、
「いつまで震災を言い訳にするんですか」
と言われた次の回に持ってきたのは何故でしょう。甘えや慣れとは別の部分で、過酷な体験に耐えきれずに壊れてしまうモノがある、ということなのでしょうか。
今回は大人しかったですよね、進藤先生。

 次回、癌宣告!?
ええ?、医局長が???とまずおもっちゃいました!!誰なんでしょう(^^;;;)

 そろそろ、寺泉の娘が
『お母さんに会いに行きます』
と書き置きを残して消えちゃうエピソードなんて・・・・ナイナイっ

 コマネチ!!

「救命病棟24時(3)」8 ☆☆

 寺泉議員は早く娘を引き取ってください。妻の実家とか無いの?
喘息の子は同じパジャマを着たっきりです!!
京野ことみはすっかり看護士してますが、小学校の校医としての仕事はないのでしょうか。

 ・・・震災直後ならともかくも、25日目、と言われれるといろいろ気になりますよね。

 そこで緩んだ気持ちを引き締めろ、と促す進藤先生なわけですが、どうにも・・・1人で何カリカリしてるんでしょう?

 低体温で心停止は、つい先日本当に霊安室で蘇生したケースが報道されたところでタイムリー。
 死に慣れるな、命を諦めるな、常に全力で・・・ってごもっとも、でもつい同じ職場にいる人達に同情してしまいます。(自分には出来ないからっ!)
 医局長が出来た人だからいいようなものの。
 進藤先生がアフリカに戻ったなら戻ったなりに、東都中央病院はまわっていくんじゃないでしょうか・・・・。代わりにアフリカで助けられる命もあるじゃない。

 その前向きな情熱が患者を助け、家出人だったおっちゃん達を故郷に戻らせ、さあみんなで生きていこうっというメッセージは分かります。そしてまんまと涙ぐんじゃったりしてるんですよ。でもっ
 前シリーズからの思い入れがない身には、完璧すぎてつきあいきれません、進藤先生。

 次回、研修医の失敗が描かれる様ですが 進藤先生の失敗の方がみたいかも。
(ゴッドハンドファンの方々、すみません・・・・)

 リンク:「トオボエ改めドラマ三昧」さま
 震災を描くのに、病棟が舞台なら予算が少なくていいから「救命」で?という着眼に膝をポン。
 そして、「あの親子、あの場所にいらねー」に激しく賛成ですっ
その後の、蘇生を反対した相手から花を贈られて戸惑うヒゲメガネ先生は面白かったのですが・・・。

「救命病棟24時(3)」7 ☆☆

 ヒゲのドクター、自宅全壊っ!

 しきりと毒舌吐く彼ですから、被災した患者さんの心のケアがどうこうな話に
「家が潰れた者の気持ちが、お前には分かるのか」
「放っておけばいいんだ」
と言い捨ててもいつもの通りです。
 それが画面が変わると電話中で、どうやらマンション全壊ですよ。

 発覚のタイミングがあざといよねー。前振りゼロだしねー。

 またそれを患者に告白なんて似合わないことしだすからびっくりしましたが・・・・途中でセルフツッコミいれて止めちゃうところでチョイ受け(^^;;;)
 その前の看護士と違って同僚も聞いててくれなかったし、肝心の患者さんにも
「不幸自慢しやがって」
と 感激してもらえてなくて可哀想なんだか自業自得なんだか。
 こういう人大好きです!!

 岡山の楓先生は、どこから持ってきたのかきっちり喪服着て(婚約者の遺体もちゃんとネクタイしてるよね)葬式で酌して倒れています。
 過労?PTSD?
でも、彼の産まれ育った土地の自然の中で癒され、彼が見た夢の中の自分も救命医だったから、と。ラストで早速戻ってきちゃいましたよー。早っ

 往復何時間かかるのか知りませんが、滞在日数入れても一週間かかってませんよね?
もうちょっと休んでていいよ。いえ、頼むから休んで。

 今回、揉め事秘め事のある入院中夫婦を、さっさと同室の並んだベッドに移しちゃった進藤先生。さすが、手術の腕は一流でも心の機微は今ひとつ読めないと評判の彼らしい荒療治。
・・・・結果オーライでホッとしました。

「救命病棟24時(3)」6 ☆☆

「霊安室がいっぱいなんです。」
これがひっかかって。

 まず、そんなにあの病院で死んだ人がいるとは思ってなかったです。
 そして婚約者石黒を別室に安置することで、そのたくさんの死と「楓先生の婚約者の死」が分かれてしまいましたよね。

 もちろん、楓先生には泣かされましたよ。
 人前では泣けずに気丈に仕事を続けていたのに、遺体を搬送する救急車の中で、恋人の頬に触れながら号泣するくだりではもう一緒に泣いちゃって。
 でもこれは、前後なくても泣ける場面だから。

 親しい人が死ぬ。哀しいです。そりゃ辛いです。
でも、そこを描けば描くほど、じゃあ親しくなかったらどうでもいいのかと。
例えば”死者2000人”と発表される無機質な数字にも、どれだけのドラマがつまっているか描くかと当初思っていたのに、これじゃ数字はただの数字じゃないですか。

 空になったベッド。
「あの時私が動いていれば・・」と後悔を口にする寺泉。
 そのどれもが、他の見知らぬ患者さんだったらどーでもよかったのか?という疑問を呼んでしまいました・・・・。
 ひねてますかね、私。

 楓先生の戦線離脱には賛成です。ゆっくり養生して戻ってきてください!!

 ボランティアリーダーの弟と、メガネのお医者さん。
スーパードクター進藤先生の説教よりも、今はこの人の一言のほうが素直に聞けそうです(^^)

「救命病棟24時(3)」5 ☆☆

 今日は親子の絆の回。

 町医者のダメ次男(小栗旬)は1年、医療事故の京野ことみは2年、父親と口をきいてないんですってよ!父親というのは損な役回りですねぇ。育ててやって心配してるのに。

 でもまぁ、進路や生活習慣への口出しなら過干渉とも受け取る青年期ですが、こと命のかかった震災後ですから。
 いったんは冷たく別れたものの、171災害伝言ダイヤルに延々のこる両親の声に泣き崩れ、自分も伝言で「ごめんなさい」と返す京野ことみには泣かされました。ガラスの向こうに父(渡辺哲)は居るのに、直接言えないところも含め。
 娘の無事を祝われて泣き笑いするお父さんも!!
 医者の次男もね。
「父さんが死んだら泣くと思う」
本当に死なれる前に気がつけて良かったよね。

 しかし、プライベートな会話が階段や倉庫やらで交わされる分、病院ガラガラで暇そうにみえてしまいます・・・。食料がないだけって感じ。
 それもことみのお父さんの料理で解決だよ!・・・って、福岡からいったい水と野菜どれだけ持ってきたの、お父さん(^^;;;)

 そして帰るときには、転院の町医者さんと看護婦さんを乗せて静岡まで。
え、付き添って静岡へって、看護婦さん?先週マンション買ったばっかりだったんでしょう?(レイコさんの感想読んでいて思い出しました!)
 うちのボケてるツレなんてこっちが奥さんだと思いこんでる程院長とセットだった看護婦さんですが、そこまで尽くすかって感じです。一言、見に行ってきたら半壊だったとかなんとかいれませんか。

 ことみを探し回るお父さんの場面では、瓦礫の山なのに・・・どうにも病院だけ異世界です。

 そうそう、避難所にやっと食料を運んできた寺泉さん。カメラと一緒。
「とにかく区役所へ」というトラックと揉めているのに、TVが来た途端笑顔でとりつくろう姿が見事にギャグでした。
 でも、子供達は嬉しいと思うよ。上手く立ち回れないお父さんでも病院に居てくれる方が、大臣になって遠いサロンにいるよりも。
 あれれ・・・そうだ子供。マダム寺泉も静岡なら、娘は院長と一緒に静岡行ったら良かったんじゃないですか??

 そんなわけで端々とっちらかりつつも、今週はのんびりしてたなーと思ったら、最後の最後で楓のフィアンセ急変!!

 どうせ予告ではピンピン・・・してないし! 来週死なせるための、先週今週のあっさり回復だったんですか?? 解せないわ。
 ここで死なせるのなら、瓦礫の街で人知れず死んで何故いけなかったの?

「救命病棟24時(3)」3 ☆☆☆

 ヘリが、ヘリが来た〜!!!

 うっかり涙ぐんでしまいました。ああ、良かったヘリが来て。

 ・・・でも、音楽も感動的で子供も喜んでて騙されますが、実際はこの場面
”議員の家族だから助かった”
という場面ですよね。自衛隊は手一杯。 新聞社ヘリも・・・・・患者に密着取材するチャンスだってのに、断ってくるし。

 阪神大震災を描いているならともかく、その経験からクラッシュ症候群が広く知られるようになった今なら、大地震があったら即、他の地域からドクターヘリが勝手にやってくるぐらいじゃないとダメなんじゃないですか?? クワバラクワバラ
 
 救出後、時間をおいて発症するクラッシュ症候群。
元気に喋っていた患者さんが危篤になるのに、水がなければ透析が出来ない・・・パニック寸前で涙目のナナコ先生。ああ、頼りない。
 そこへ現れたのが、救世主・・・進藤先生ですよ!
 BGMも、ぐぐんとズームになるカメラも大仰で笑ってしまいました(^^;;;) でも、ナナコ先生の目には本当にああ見えたんでしょうねぇ。身ひとつの進藤先生が来たって事情は変わらないのに、いきなり落ち着いちゃいましたからねぇ。

 もっとも、非難されようが、恋愛相談されようが、まるで応対の変わらない進藤先生・・・・頼もしい反面どっかスイッチ切れてる感じなんですけど?(非情に徹しようと無理している医局長とも、ちょっとまた違う感じに)
 代議士が「あの進藤のせいで!」と奥さんの危篤を知らされて八つ当たりかましているのに、平然と
「その進藤です」(ウソです。”その”は言いませんでした ^^;;;) と電話を変わる神経は良く分かりません。内心溜飲下げたりしてないんでしょうか。

 とにもかくにも、震災後3日め。ついに進藤先生とナナコ先生が再会するまでを描いてくれました。

 笑ったのは戻ってきた看護士、MEGUMIのカッコ!!ピンヒールですよ!!
あれで瓦礫を超えて来てたらスゴイ!
それとも、患者をおいて家に戻ったのにあのヒールで歩けるほど被害が軽かった、という気まずさを表現しているのでしょうか?。
ほこりもかぶらず全身ピッカピカでしたからね。

 (追記)よそ様でコメント書いていて思ったのですが、進藤や楓先生をめぐる混乱だけがクローズアップされていて、都内各地で同じコトが起こっているという視点がありませんよね?(東都中央だけじゃなく、各大病院にそれぞれヘリ搬送が必要な患者がいるハズといった)
これからでしょうか。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ