ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

仲村トオル

映画「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」☆☆☆

ナイスエンターテイメント!楽しめました。

告白手記を上梓した殺人犯が藤原竜也というキャスティングがもう素晴らしいです。アシンメトリーな髪型もナイス!冷めた語り口といいカメラ目線の表紙や取材のポージングといい、まあ胡散臭い。

そして因縁のある刑事役に伊藤英明。ここもまた絵に描いたようなアニキでたまりません。大型犬のような新人時代と、顔と心に傷のある現在の両方を堪能できて自然と応援したくなります。

物語の方は、神戸の大震災から22年。
時効を撤廃する法律の施行にかからない、最後にして最大の連続殺人事件が時効を迎えた日。なんと犯人が名乗りをあげ、記者会見にて華々しく告白本の発売を宣言します!以後またたくまにマスコミの寵児となった犯人曽根崎(藤原竜也)は、若者にソネさまとまで呼ばれ人気で本はバカ売れ、握手会を開けば長蛇の列。

苦々しくそれを見守る遺族たち……。

なにしろ、5回の殺人どれもがわざわざ被害者と近親者を間近に縛り付け、死亡するまでを見届けさせるという残虐なものなのに、曽根崎はそれを得々と語るわけですよ。まして刑事の牧村(伊藤英明)は、一度は犯人を追い詰め、傷を負わせた報復に自室を爆破され目の前で上司を亡くしている。同居の妹(石橋杏奈)も以来失踪。問い詰めたいことが山ほどあるだろうに、パフォーマンスで訪問され取材陣の前で握手なんて求められてもねえ。殴りかかって取り押さえられる場面では、いいから一発殴らせてやってと思ってしまいますよね。

そのうち、我こそが真犯人と動画を送る奴が現れ、対決を仕組んだニュース番組に呼ばれた曽根崎と牧村は……。

と、書けるのはここまでですか。
証拠と言われるスナッフ動画は涙なしには観られません。かといって涙にくれていたら大事な何かを見落としてしまいますよ!

しかし曽根崎何歳なのか。
藤原竜也が童顔なので、見た目より年上のはず上のはずと唱えながら見ましたけども。40歳だとしたって事件当時18歳。藤原実年齢の35歳なら13歳の犯行ですよ!少年法が心配になるし、間近で犯人を見た遺族の誰も子供みたいだったとは言ってないはずですが……犯人しか知り得ないことをじっとりと語る曽根崎に、誰もそんな異論は唱えないのでした。そこだけは、別の大人びた役者さんでしていればと思ってしまいますが原作だという韓国映画でも犯人はツルッとした若者(それこそ美しさでモテモテになるそう)なのでこれでいいのでしょう。
遺族の書店員夏帆ちゃん印象的。
「お父さんのこと3頁しか書いてなかった!」
と売り物の本にナイフをぐさー。読まずにはいられないけれど読めば腹が立つ、そんな矛盾した気持ちを好演していました。あと仲村トオルのニュースキャスターも磐石。

ラスト、クレジット出始めて少ししてからまた、大事な場面があります。蛇足かもしれないけれど、やはりあって欲しかった場面でした。実は劇場の隣席が、遅れてきてマクド開いて食べ出すわ携帯鳴るわ光るわ大迷惑野郎で、クレジット始まるなりゴミ投げて(本当にポイポイと投げたorz)出て行ったのでその場面見ていないんです。ざまあみろ!

<↓女子トイレのポスターw 怖いでしょw↓> 

image00

「家売るオンナ」~最終回 ☆☆

最終回も無事に家を売って終わり。
スランプから立ち直る展開すらなく、毎回快調に売ってましたよねーw ただし会社の大規模開発計画を邪魔することになったので、三軒屋と主任が仲良く退社。南の島で一緒にサンチー不動産を営んでいるのでした。めでたしめでたし。

しかし、白洲美加には家売って終わって欲しかったです(><)
いちおう頑張るようになったのに、向いてないから辞めろってヒドい……。挙句、同僚の冴えないくんと結婚して、家は売れなかったけど子供は産みますってなんなんだ。なので☆2つ。
 人が死んだ家なら手術室ナースや葬儀屋に、外人向けMSを大家族向けにと、オススメ先を変えることでバンバン家を売ってきた三軒屋。彼女が売れずに、白洲美加だけが家を売れる相手がきっとどこかには居たんじゃないかと思いますのに~。もう辞めちゃったんじゃ、成長した白洲美加はspでもお目にかかれませんのね。それとも、ママ友のマイホーム取得に首突っ込みますか?

足立王子の闇も、もうちょっと期待したかな。いつもは平気で出来るという心無いキスを、白洲美加には出来なかったのは逆に誠意だったのかもw
庭野はびっくりするほどどうでもよかったです。それもまた個性かな。

楽しいドラマでした。 

「家売るオンナ」〜7 ☆☆☆

そうか、白洲美加を働かせるには自分の家を売らせればよかったんだ。

と、誰もが納得しただろう7話w 
いやあ積極的に働いてましたね、今までさんざさぼっていたチラシまき、現地販売、休日出勤。 それもこれも思い出の生家を壊さないため、せめて更地でなく居抜きで買ってくれる人を探すため。でもそれは家への執着だと三軒屋に指摘され、解き放たれた白洲美加は……、次回からまたダメダメ社員に戻ってるのでしょうかw

それにしても、離婚を機に家を売ったのに、お互いが見えるマンションに越して双眼鏡で挨拶しあい、デートもしている白洲両親、謎(^^;;;)

このドラマに出てくる不動産売り込みの裏技は、概ね納得できる方向なんですよ。殺人現場物件をナース詰所や葬儀屋にw 外人向けゲストルーム付きは大家族に。でも恋愛が絡むと途端に訳わかんなりませんか。ミニマム男と捨てられない女……あれ子育て始めたらめちゃくちゃでしょう……、でも同じくらい捨てまくり同士や捨てられない同士のカップルを想像するともっと怖いので、案外あれで筋は通っているのでしょうかw 家と職場の間に愛人を住まわせたい社長と、もっと遠くにいても会いに来て欲しい女との綱引きは、正妻に即バレしてパーになりましたっけw

ホームレス経験あり、その時のトラウマが家に執着をさせるのだが、売って売って売りまくっても癒されない……と、悲しい過去を語るマッチ売りの少女…ならぬ家売る女三軒屋万智。こうなるなと部下を諭すくらいには変人な自覚はある模様w でも変人なりに伴侶は欲しくて、変人なりに惚れられてもいて(がんばれ庭野w)ますます楽しく見ています。
笑顔で毒吐く腹黒王子も、幸せな家庭に家を売るのは幸せにやる気を感じるそうで、そこはヒネくれていませんでしたよ。
女が、嫌いじゃなく白洲美加が、嫌いなのかなw まあ確かに酷いしあいつ(^^;;;) あれだけそっけなくされているのに、白洲美加はつきあってる気でいるのが恐ろしいです。

庭野の見合いは断られ、課長の元妻が来て大騒ぎ?
そんなドタバタでシリーズ化して永遠に続けられそうでもありますが、さてどこに着地して最終回にする気なのでしょう。嵐の様にやってきた三軒屋は、また風の様に去っていくのでしょうか?そこも楽しみです、

「家売るオンナ」2 ☆☆☆

今回も売った売ったw
そして白洲美加がだんだん育ってきてますよ……。西日の部屋は夕日がきれい、うるさい犬も車通りの多さも防犯には良し、墓地の横は静かで日照が確保され、ヤモリは家の守り神~自然が豊かともいえますね、って、お客様にこれを行ったのは全部王子で、本人はまだまだ無能ですけれども……気長に……(^^;;;)

辞めたい、とへこたれる美加に、にっこりと
「それは、君の自由だよ」
と引き止める気などサラサラない足立王子が良かったですねー。

そして今月の目玉は、マンション1F宅配ボックスにも玄関にも近い2軒セット。
これを、ひきこもりの中年息子のために安い物件に引っ越して現金を残そうとしている老親にセット売り。家賃収入で、ひきこもり息子は大家として100年でも引きこもっていられます……!!どーんw
元々の家主が趣味でつけてたボルダリングまで、運動不足解消になると引きこもりメリットに加えてるしw

まあ確かに、家から出そうとか、更生させようとか、そんなこと不動産屋の知ったこっちゃないですよ。実は最初、息子の存在を隠して家の査定をさせている両親の様子に、息子を置いたまま密かに家を売り飛ばして逃げる算段かと、もっとひどいことを考えておりましたw 
それが家賃収入と、人目をさけて宅急便を受け取れることまでこじつけて、もとい考えてくれているのだから御の字でしょう。
ノリ気になった息子は、過疎ってた愚痴ブログのタイトルに『大家』の2文字を加え……

そこから3年後を描いちゃったのは、正直がっかりでした。最終回か!

連続ドラマなんだから、社員がブログをみつけーの、ブログ本が出版されーの、大売れでTV出演しーのと、別の回でちょこちょこ後日談を描いたっていいものを、ここでだけ3年未来に飛んで終わりって、今週しか見なくていいですよってことじゃないですか。

その上で、正直ブログ本が大売れって、都合良すぎる展開。
三軒屋万智の提案そのまま、自分で考えたんでもない大家生活で出資者の両親も存命の同居なら、何も自慢する点ないですよ。大家と店子が玄関向かい合ってる間取りなんて、嫌がる人も多そうだし、そのうちマンションも老朽化するし、両親を亡くした後を10年生き延びてから評論しろって話です。


それでも、次回はどんな問題を解決してくれるのかやっぱり楽しみです。旦那は興味が湧かないやとリタイア。もう家買ってるもんね。
庭野の空気っぷりをなんとかしてほしいですw

「怪奇恋愛作戦」2 ☆☆☆

深夜の悪ふざけw 嫌いじゃないです。


1話を見逃したので、あれこれ不明なまま見てますが……これは全部見てても全部はわからないのではw

 
さらわれて改造手術されそう、なだけでも意味不明なのにそのアジト、近所のコンビニの裏にあるんですよw じゃあなんでヘリでw
 怪しい博士の屋敷もヘリコプターもちゃちくて可愛いw


そしてせっかくきた電話になんで「助けてー」でなく「来てー」って言っちゃうのかなw 挙句下ネタ状態だと思われてしまうとかw まあ深夜だしw


かもめんたるの「すぐ信じる先輩」も

ジャンプする饅頭も

電話で話してた筈が、分割画面越しに直接話し出す風呂の場面も

生後すぐから死相が浮かんでる赤ちゃんもw

なんか好きだわあ

一体何がしたいドラマなんでしょう……芸達者な舞台俳優と芸人が無駄に勢ぞろいw


首だけになっても恋しい人の名を呼ぶ人造人間はちょっと切なかったです


「チームバチスタ2 ナイチンゲールの沈黙」☆

「原作とは犯人が違います!」
昼の宣伝番組で、伊藤淳史がお馴染みのフレーズを高らかに言い切っていました。待ってー、そういうの本当に疑問です。
作家が心血注いで作り上げ、完成度が評価された「推理小説」の、肝を勝手に変えてくれちゃって何がしたいのかと。そんなの素人のパロディ同人誌を読まされているのも同然なんじゃないのかしら…。

そんなわけで、原作はもっとまともなんだろうなーと終始斜めに見てしまっておりました。
だって殺人事件だよー?
殺された父親の部屋に立ち入って殴った人物がいるのなら、髪の毛だのまつげだのの微物、指紋は拭いても掌紋だのorそれをぬぐった跡だの、残っているでしょう。素人に聞き込みさせている場合じゃないよ(><)その点、手術中の出来事で警察が判断しかねるからと、彼らが捜査せざるをえなかった前作とは全くの別物なのでは。

そして院内の事件の方は……結局なんのひねりもなく。でもそれは普通に納得がいくということでもあるので。冒頭の言葉さえ聞いていなければナルホド納得、で終わりだったのに!いったい誰が本来の犯人だったのよー!モヤモヤするー!!


そこをどうにか我慢すれば、お馴染み2人の掛け合いや、手術成功のピースは良かったです。犯人はちゃんと責任とったしね。
いかにも続編に続きそうなラストもご愛敬(今シーズンに連ドラするわけじゃないよね??)

それにしても、山田優看護士のあの歌。
夜に病棟でソプラノは安眠妨害。キッツイです。しかも泣く子供に歌ってやるなら、普通に子守歌でいいよねー。
うろつく子供、殺人未遂、挙げ句に不正……いろんな意味で、入院したくないわこの病院……。

「空飛ぶタイヤ」〜最終回 ☆☆☆☆☆

やりきった!気持ちのいい作品でした。名作認定。

大企業のリコール隠し。
主人公の小さな会社を倒産から守るためにも、中傷するバカから家族を守るためにも、残された道はその隠蔽を暴くこと!!でも雑誌に記事は載らない、証拠は戻らない、証人は喋らない、八方ふさがりな中であがくあがく。
一方で大企業の中でも、告発に動いた人達は見つかって。

毎回、あれこれ動いてはちょっと芽生えた希望が潰されてしまうんです。
とうとう見つけた大きな証拠を、よせばいいのに敵にたたきつけに行く主人公。気持ちは分かる、分かるよ、でも……と気を揉んでいたら案の定、隠蔽工作をされちゃいましたよー。
もう駄目だー(><)

……と、いうところでちゃーんと救いの手が現れるんですよ!至極まっとうなところからの情報提供(^^)

何も飛び道具もケレン味もないのですが、寄せては返す波のようになかなか捕らえられなかった巨悪を、ついに最後で打ち破った爽快感はたいしたものでした。
実はエンディングがちょっと気楽なメロディーで、毎回”違うんじゃない?”と思っていたのですが、最終回にはぴったりでした!!なるほど、最後の最後でこんな気持ちになりますよな歌でしたか??

主人公の会社がこれで持ち直すだろうとか、内部告発者も後悔してないよ、という描写は勿論のこと。
悪の根源@常務(國村隼)を叔父に持つミムラと、系列銀行勤務の婚約者。不正告発で壊れたかに見えた2人の仲も、ちゃんとやり直せそうに描かれて嬉しかったです。

そして何より、もう外れたタイヤが空をとんで人を殺すことはない。これが一番の明るい未来なのかも。当たり前のことだけれど。

「空飛ぶタイヤ」1☆☆☆☆

面白い!!
……と言ったら不謹慎な気もするのは、実際の事件をどうしても思い出すから。

走行中のトラックから車輪が外れて、傍にいた子連れの母親(山口もえ)を直撃、死亡。
まさか、な出来事。
運のない事故、もしくは整理不良と思われていたものが実は、企業ぐるみの”リコール隠し”さえなければ防げたと判明していく下りが、テンポ良く実にサスペンスでした。

主人公(仲村トオル)は運送会社社長。
熱い男で、速攻遺族に頭を下げ、整備士(柄本佑)を解雇し、でもじゃあ何が原因だったのかと調べていくとはっきりしない。
てっきり運送会社vs自動車会社&警察 の図式かと思いきやそれだけでなく、問題のトラックを売った大企業の中でも、一枚岩でなく営業vs品質管理。企業内部からも”リコール隠し”告発の動きも。

……あとはどんどん陰謀が暴かれるだけで全5話?それとも、もっと隠れた謎があるんでしょうか??

wowowドラマらしい豪華キャスト、久しぶりの水野美紀が記者でかっこよくなってました。

「チームバチスタの栄光」1 ☆☆

見たのに忘れてた!!

地味ですね。酷くないけど凄くもない。
立て続けに3人死んだ、と言われてもそれが盲腸や豊胸手術ならともかくも、難しそうなバチスタじゃ、騒ぐほどの問題なのかちょっと分かりません。

セット丸出しな室内といい、主人公(伊藤淳史)絡みではお気軽な空気漂うのですが、結局扱われるのは人の死ですからねー。この先も犯人or事故原因確定するまでに何人か死ぬかと思うとちょっといやかなあ。

そして ”原作とは結末が違う”という宣伝はいかがなものなんでしょう。その段階で一人(原作の犯人)除外だし!評価された作品を素人が弄ってどうするのか??

とかとか文句言いつつ、つまらないワケじゃないんだしー。伊藤淳史と仲村トオルのコンビが楽しめるのかな、誰か家族が見てたら見るけど。

「海猿」8,9 ☆☆

 仙崎とカンナちゃん、どうしていつも立ち位置が遠いんだろう。並んで座ってても遠いよね。恋人同士ならさぁ、もちょっとキュっとくっついて立つとか。手を握るとか!
 ・・・橋の上でまーくんを語る時も、2人出会った場所でいい感じで語らう時も、会話よりひたすら遠さが気になるのでした。
 初々しいのはいいんですが(実質初対面がラブホのくせにー)、その割に出産や殉死報告に居合わせたり、訓練地まで来ちゃったり、してることはまるで「妻」だよね??

 前回、サブタイトルに「死す!」は驚きました。
でもまーくんのコミカルな一面に突然スポットがあたったりして、演出がもう”この人死ぬよ?”状態でしたから、最初から堂々とネタバレしてもらったおかげでしらけずに済んだのかも。
 いくら船長救出に気を取られていたからって、銃口に背を向けて無防備に立つってあり得ないんですけど。ほら、もう死ぬの決まってる人だから・・・・(合掌)

 そんないわば『お約束』よりも、今回、気丈にふるまう妻尚子さんで泣きました。それから書類。
まーくんの死亡より、出産の方が何分か先だったんですよ。このわずかな違いでもきっと、残された娘さんがこれから生きていくには大切なことだろうと思うと・・・ああ、また涙滲んできた(><)

 バディを再び失って気落ちする仙崎。
目の前で辛気くさい顔されるのそりゃ嫌でしょうけどね、身近な人の死を送ってひと月もたたないのに「いつまでそんな顔」云々やいやい言われたらたまりませんよね。それよりも誰か隆太くんに、
「仙崎は、ここで訓練中にもバディを亡くしてるんだ」
といってやる方が先かと思いますよ。
(映画版で食堂にいた妙にダンディなおばちゃん、出番なのにー)
で、あの時ちびバディくんの亡骸に誓った潜水士への熱い想いを思い出す・・・・だけだってドラマになったと思うけどな。
一年間で2人、バディに死なれた男。『バディ殺し』とか影で言われそうです。

 しかし・・・映画版でも思ったんですけどね。
20kgを持ち上げる、でしたっけ? 必要最低限とされる項目を何度も失敗し、気力とまぐれでやっと合格するような潜水士・・・・自分の救助に当たられたらと思うととても嫌です。軽々こなせるまでは仮合格、とか出来ないんでしょうか。

「海猿」5,6,7 ☆☆☆

 人の命を救いつつ、銃口も向けることのある矛盾した任務。海上保安官!!

 もちろん実際には、人命救助にあたることすらなく任期を終える潜水士さんもいるそうで、不審船を銃撃なんてもっと機会がないハズですが・・・自衛官や警察よりも更に振れ幅の広い職業が現代日本にあることを改めて知って思うところありました。
 大変だ・・・・。

 でもそれ以外は、あまりにきれいに展開していくのでかえってひっかかるところがなくて。
5話のバディの話もリアルタイムでみたけど「そうかー」っと頷いて書くことなかったんですよー。
 今回も、美男美女が雨の中いだきあって(仙崎の腕がちゃんと彼女の背中を抱きしめていて、良かった!!)病室の夫婦も癒しあって、緊迫した展開の後だけにほーっと息をつけました。

 ただね、カンナちゃんが街を見渡して
「死ぬかも知れないのは、あなただけ」と仙崎に言うワケですが・・・それは違う。
そりゃぁ”誰かのタメに”ではなくても、今日死ぬかも知れないのはこの世の全ての男ですから。

奥さんが大変なときにだって、銃撃こそしてなくたって異国に出張で帰ってこられない旦那ぐらいならゴロゴロいますから。
恋人とは毎日会って、毎日メールして・・・が普通だと思ってるあたりがなんというか、お嬢さんですよね。・・・・って、本当にそうなんだけどね。見てる私はもう、相手の事情優先でいいお年頃なので、久しぶりに甘酸っぱい気持ちを思い出しました(^^;;;)

 そうそう、妊婦の奥さん。真上向いて寝てたよね、臨月間近に無茶な(^^;;;) 見るたびに、内臓の上にスイカが乗る気分で息苦しくなりました。

「海猿」4 ☆☆☆

 前転はないでしょう、天下の往来で前転は(^^;;;)

 前回あれだけ「お友達から」モードだったのに、いつの間にか「待つ女」になっちゃってる加藤あい。 憧れの先輩に仙崎を恋人呼ばわりされて、てっきり否定かと思ったら頬染めてますよ??いいけどさ。

 一ヶ月会ってないんですって。そりゃあ確かに遠距離恋愛と同じ。デートの時、仙崎君が浮かれまくりなのは毎回が久しぶりで新鮮だからなんですね。で、
「海の上でも、キミのことばっっかり考えてた〜ん」
とのろけてる横に、捜索を打ち切られた行方不明者の遺児(波岡一喜)が。間の悪さ全開(またお互い濃い顔と変わった顔で、埠頭と船上の遠距離で見覚えていても許せるんだ・笑)

 だからって、巡洋艦(だっけ?)一隻出動させて、沿岸に見張りも立ててビラも作って配布して、訓練で『腕時計一個』を探すってアリなんでしょうか(^^;;;) そんな前例作って次の遭難で指輪がない、メガネがないって言われたらどうするんでしょうか。
 でもまぁ、最後の1分で奇跡の発見をすることもなく無事?捜索は空振りに。
そこで『代わりに貴方のものを下さい』と遺児が仙崎に頼む展開は分からないでもない交流だったので、ちょっと胸を熱くしてしまいました。

 そして、誕生日にと彼女に貰ったのがちょうど空いた左腕に必要だったダイバーズウオッチだったから冒頭の有頂天前転(^^;;;)
 ああいう仕事だからこそ、もう持ってると考えるのが普通の品じゃない?奇跡のタイミングですよ!!

 それにしても仙崎、何故そんなに嬉しいのか、遺児と何があったのか、自分が日々なにをしているのか、全く話していない模様ですよね??
 守秘義務ってそんなに厳格なんでしょうか。
 ていうか、あの生活で仕事の話を省いたら、いったい彼にどんな話題があるんでしょうか。毎食の献立?(笑)

「海猿」3 ☆☆☆

 戦士の休日・・・・・緊急呼び出しで台無し、の巻。
さすがに今日は誰も死なないだろうと思いつつ・・・・仲村トオルの様子が危ないのにイヤな予感。奥さん(芳本美代子)身重なのに。「海猿の法則」だとこりゃ危険な伏線です(><)

 仙崎と彼女の中は、「恋人」から「お友達」へ、更にスタートラインだったキスする仲へと変わりました(^^)そこで呼び出されて
「まさか二股??」
「そういう仕事なんだよっ」
とか言い合ってましたけどね、呼び出しが5分早かったら「お友達」のまま、あっさり帰ってたかもしれないんですから、人混みに消える姿を切なげに見守ってもらえる展開になったタイミングを、呼び出し係に感謝しなくちゃいけません。
(ていうか、家もどうせ基地の方角なら一緒に帰ればいいのに??)

 マー君、こと仲村トオルは・・・・きれいに出来上がったお昼ご飯、せめて5分、食べてから集合しちゃいけないんですか??

 ラスト、今までの大仰な予告がなくてちょっと淋しかったです。
 ウケたのは病院の待合い室。
仙崎と彼女が微妙な別れ話を始めた時に前の座席にいた患者さん、聞いてましたよね。そして気にしてましたよね(笑) こういう演出好きだなぁ。

「海猿」2 ☆☆☆

 ぷはーっ息詰まる。
気がついたら、仙崎と一緒に息止めてました。それでも全然保ちませんから。運動しながら3分吸わずにいるなんて、無理です無理無理。
 ・・・・・・2話で早くも海保側に死者が出るかと思った(><)

 沈み行く遭難船の中で、閉じこめられた密航者発見!
おぼれかけている人救助は『完全に溺れるのを待ってから』というの、読んだことがあります。安全に助けるため・・・とはいえ。助けられる方もそりゃパニックにもなりますって。
ああ、水って怖い。

 こんな危険な現場で、それも時には全然感謝されなかったり、助けてもまたぞろキケン承知で同じコトをされちゃったりする虚しさ。
 そうそう、先週の救助失敗はやはり仙崎のミスで、でもきちんと意図を伝えなかった先輩バディのせいでもあり・・・・責任がどうでも船長さんは生き返らない辛さ。

 彼女に話して甘えるヤツもいるだろうけど、意外に仙崎くん我慢してます。理解されない、と思うのか負担をかけたくないのか。守秘義務とかもあるのでしょうか。
 その前に避けられてるよ(^^;;;)

 前のめりで濃い画面観てます。
なので、予告は2回もしなくていいですからっ
その分、夏本番に向けて着衣水泳のコツだの遭難防止や人工呼吸の心得でも盛り込んでみてはどうでしょう。

「黒革の手帖sp 白い闇」☆☆

じゃらららーらら、ららっらら♪
米倉涼子の生意気顔にあのテーマソングがかぶったら、もうそこは懐かしの「黒革の手帖」ワールド!

 ちゃっかり京都で店出してママしてる元子。
スケベ医者は来ちゃうし、ライバル釈ママとも鉢合わせだし、葬式には仲村トオル代議士来ちゃうし!続編らしいオールスターズを楽しませてもらいました。
 元子の母親が死んだって訃報欄に載るでもないのに、誰が代議士に知らせたんだなんて野暮はこの際言いッこなし。

 ただ話がねー。
 原作:松本清張「白い闇」 これは、あの元子の後日談の話なんでしょうか?それとも、適当な殺人事件ものをヒロイン元子で翻案したんでしょうか??

 ホテル王にプロポーズされるまではそれなりに、株主総会なんか出ちゃって経済の話らしかったのですが、死体だ殺人だとなってきたところでもうぐだぐだ。元子が容疑者?ええっ名探偵??
 愛しの西村さんはその殺人事件を捜査する刑事さんですから、事件ないと出てこないのが痛し痒しです(^^;;;) 現場が十和田湖なので、東北弁でしたよー。
 殺される小沢真珠も、その兄吹越満さんも熱演だっただけに、もったいない感いや増しでした。

 ただ、事件解決の後日談はなかなかいい感じ。

 もし犯人逮捕の十和田湖のほとりでエンドクレジット流れてきたら、続編はきっと2時間サスペンス
「クラブのママは名探偵!宝石の影に潜む悪意とは?? 琵琶湖のほとりにたたずむ元子の手には、黒革の手帖・・・」
だったと思うのですが(^^;;;)
 後日談のおかげでどうにか、銀座に復帰して続きそうなラストにもちこんでました!

 ・・・そうなると続編には西村さん出ないんですけどね。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ