ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

今夜ひとりのベッドで

「今夜ひとりのベッドで」7 ☆

 ユウを囲んで争う3人の男。 はぁ?

 虚々実々のだましあいが楽しかったのに、たった一枚の紙切れで離婚成立した途端、本当に途端の翌日翌々日にはぐちゃぐちゃですよ。
 明之と梓の関係は、むしろ遅かったぐらいだからいいけどさー(相変わらず『未遂』なのは酷だよね・笑)

 言い寄る親友、迫る元旦那弟、あんた達オオカミだよーっ
元旦那の不貞も含め。私がユウならもう男性不信で北に向かって旅立ってしまいそうです。

 もちろんちょっとは羨ましいけど・・・・・もうちょっと時間をあけてから口説いて欲しいでしょ?

「今夜ひとりのベッドで」5,6  ☆☆☆☆

 えーっ離婚届にサイン?こんな簡単に??

 このドラマのドキドキ、ずっと不倫・恋愛ものらしからぬ何かに似てると思っていたら、そうそう「相棒」を見ている時に似てるんですよっ
 釣り堀、携帯電話の偽名。アリバイに偽装工作じゃないですか!
 ただの資料だった離婚届が、つきつけられる凶器(?)になった瞬間にはゾクゾクしましたさ!

「裸足」も、捨てられる明之母子を活写するキーワードとして何度も使われながらも実は、
『梓はいつも裸足』
なことをこっそりと視聴者に印象づけておいて地震。 割れたガラスに囲まれて裸足の人が待っているならそりゃ、行っちゃまずくても行きますがな(なんか「ダイ・ハード」思い出した・笑)
 秘密と裏切りの絡め方が、上手い上手い。

 病院でのすれ違い、立ち聞きもハラハラドキドキ。
これの脚本書いている人には、是非犯罪モノを書いてもらいたいです!!怪盗ルパンみたいな話でもいいなぁ。主演の怪盗もっくんで♪

 ・・・と、そんな見方をしていたもので、離婚からはのらりくらり逃げて続くんだとばっかり思っておりました。なのにあっさりサインしましたね。

 辛いときに頼るのが家族、と信じたユウ。
死んでいくときは独りがいいかもと思った明之。
 そりゃ確かにすれ違ってはいるけれど、別れるほどなの?憎みあっているワケじゃない。いっそ愛し合って思いやりあっているうちに深くなっている傷なのに。

 友人代表、蔵之介くんの参戦をジャマしたリョウ。
最後ユウとリョウがくっつくなんてことはアリなんでしょうか(^^;;;) エンディングの曲「ジョバイロ」はスペイン語の Jo bairo. 私は踊る。 軽やかにステップ踏んで一夜の夢にはならないんでしょうか。(ほら離婚届、書いたって提出しなかったらそれまでだし)

 ・・・・仕事の相談に乗っているユウが
「会った時点でもう裏切ってる」というのをリョウが聞きとがめ、梓と明之の話にしてしまった場面も好きです。聞き流せばそれで済んだのに・・・・・オマエがすべてややこしくしてるんだよ!!

「今夜ひとりのベッドで」4 ☆☆☆

 もつれ具合が大変に楽しい♪
写真にしろ、すき焼きにしろ、三谷作品の行ったり来たりに似ているよね。
 また、メインの人物それぞれが見ていて楽しいので今のところ物語の着地点は気にせずにただ楽しんでいます。すべての元凶、悪党な了がもう、カッコイイんだ!
 こいつとさえ関わらなかったら、明之もユウも穏やかに暮らしたんだろうに。

 結婚式から逃げる、恋人に捨てられる、波瀾万丈度から考えたらいわゆるドラマな人生送ってるのって、了の方だよね(笑)

 だって、主人公の不倫っていったて、既成事実はまだキスとハグだけじゃん(^^;;;)
 うっかりキスされ、うっかり抱きしめ、そこをうっかり写真に撮られ・・・・と進展はしてるけど、一番の問題は
「ウソをついた」
こと。それだけといえばそれだけ。

 でも同時に奥さんも、それだけ のウソがあるらしいのが深いー。
 たかが妻のマフラーを弟が持っていたってだけで、渡すときににんまり微笑んだだけで、猛烈に心配になるのは、自分もやましいからだよねー。

 梓のガラスをアキが装丁した本。
2人の名前が並んで書かれた見返し。発行(誕生)を祝って、出来を誇って、こんな絆って、まるで2人の子供みたい。
どんなにサヨナラって口にしたって、あの絆があるかぎりきっとまた会ってしまうよね2人は。
 対する奥さんユウは、不妊治療してたけど授かってないという設定が哀しいなぁ。夫婦の絆ってそれだけじゃないだろうに!

 気にしない、といいつつやっぱり考えたこの先の騒動は・・・・ユウを好きな蔵之介さまも巻き込んで、もう離婚よーってなったときにユウの妊娠が分かるんじゃないでしょうか。
 だからってどう終わるんだろう。

 アメリカのドラマみたいに、だらだらドタバタ永遠に続いて欲しいタイプの話かも。

「今夜ひとりのベッドで」1 ☆☆

 いいなーあれ。抱きしめられながら眠るの。

 装丁デザイナーのもっくんと、旅行会社ツアコン?瀬戸朝香。結婚して7年の2人がいかにラブラブか、幸せかを丹念に描く導入部。そろそろ子供も欲しいんだって。
 夜は、2人でただダブルベッドに眠るだけじゃなく寄り添って抱かれて腕枕なんですよ。実際に毎晩あれじゃ寝苦しいかもしれないけどさ、慈しみあう優しさに惹かれるなぁ。

 ところが。

 参列したの結婚式で、花婿の異母弟(要潤)が遁走。
不仲とはいえ兄として弟のしでかした不始末の穴埋めにと、花嫁のやけ酒につきあううちに・・・・・。

 ここで、元花嫁からアプローチは分かる!
大好きだった男にちょっと似た、妻を大切にしている男。ちょっかい出したいよね。
 もっくんの方もさ。携帯を返しにいくぐらいのことをわざわざ妻に内緒にしたからには、ちょーっと期待もあったんでしょう。それでも、いきなりのキスを避けられなかった理由が、割れたグラスを両手に持っていたから・・・・なのも間抜けな絵面でちょっと笑ったわ。

 さーて不倫が始まったよー。
 前置きが長かったけど、やっと本筋が見えてきたホッとしたわ。
と、気を抜いたところで隠し球っ。元花嫁ともっくんがキスしてるその時。妻が会っていた相手は・・・・逃げた花婿だよ! 結婚式で初めて紹介されたハズの、義弟だよ!! 何?知り合い??

 なにげに、夫婦の親友@佐々木蔵之介が瀬戸朝香を見送る視線もあぶない。
ひとつ狂った歯車が、幸せな夫婦の生活のすべてを変えていくのでしょうか?

 私としては、大奥よりもこっちの続きが気になるのですが ツレにはこのドラマ不評。何がしたいのか分からないって。 いい男みながらキャーってしたいに決まってるじゃないの!
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ