ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

今井悠貴

「ハイポジ 1986年、二度目の青春」1 ☆☆

 リストラと離婚の気晴らしに風俗に来た光彦46才(柳憂怜)は、滑って頭を打ち意識不明に。
目覚めると、16才の身体(今井悠貴)で学校にいて…。

 懐かしい校舎、級友、先生。タイムスリップか夢なのか。でも死にかけの自覚がある光彦としては、鏡の中の自分が若いと気づいてもまだ、走馬灯の途中かなーと思い出のアルバムを眺めるかのような距離感です。なので、在学中は盗み見るだけだった憧れのマドンナさつき(黒崎レイナ)にも、ドキドキしながら話しかけて思い出づくり。一緒にウォークマンを片耳イヤフォンして「翼の折れたエンジェル」を聴かせてもらいました!

「好きならこれ、あげるよ」

と、もらったカセットテープが、タイトルのハイポジ。なるほどね!浮かれて教室に戻れば、みんなカセットのインデックス作ったり、お気に入りテープのツメ折ったりと懐かしいことしてるんですよ。カセット世代にはたまんないなこれ!


 「同じ空気を吸いたくない」と離婚を切り出した糟糠の妻も、この当時はまだ口も聞いたことない同級生。なのにうっかり、呼び捨てに。着々と実際の過去とは違う人間関係になっていきます。不良のカツアゲも懐かしくて、つい馴れ馴れしくw   殴られたら殴られたで、痛い=生きている! と人生やり直せることに気がついてまた有頂天に。 大人の余裕で「謝れ!」とかまして、本気でボコられるところでしたが。

なんと駆けつけた さつき が華麗な蹴りで不良2人を瞬殺、助け出してくれたのでした!


 話したこともなかったマドンナと、手を繋いで逃げている二度目の青春。夢のよう。さて、今度の人生では離婚は、リストラは、風俗で事故死は避けられるのか?


 今昔光彦、大きな鼻がよく似てるんですよw

「さくらの親子丼」1 ☆☆

スタイリッシュ真矢みきと人情もの。これが案外似合いです。

誰にでも、無料で親子丼を食べさせてくれる古本屋九十九のさくらさん(真矢みき)
ただし名前は書くこと。
それがあからさまな偽名でもいいし、お行儀が悪いのもある程度は仕方ない。でも叱ってきかない無礼な輩とは真っ向勝負!プロレス好きなさくらさん、若い男相手でも案外いい勝負しちゃいますw 

集った者同士、親子丼を食べながらの自己紹介も刺激的で『月夜るな』(吉本美憂)の母はファミレスで彼女を殺そうとしたんだそうですよ。なのに止めたバイトの高校生が死亡。そんな深刻な話が
「笑えるでしょ?」
と軽~く繰り出されます。
「笑えないよ」
と答えた常連の達也(今井悠貴)だって実は、実父を殺しているんですよ。その後母親も失踪し、父のDVから守った妹と二人懸命に生きる達也を、さくらは全部承知でなにくれ支えてきたとのちに分かります。だったらこれくらいの話慣れっこか……と思いきや、激しくショックを受けているさくらさん。なんと亡くなったさくらの息子こそ、その高校生だったのです。
なんて巡り合わせ。

そんな折、達也の妹が夢だったアイドルオーディションに合格!
でも兄の犯歴に困った事務所の、死別で公表したい意向を知って、後見人のさくらは泣いて起こります。きちんと更生して暮らしているのに……って確かにそうですが、この情報社会。貧乏アイドルはまだしも殺人は……。うーん。結局さらに揉め、妹を連れ去る事務所と父が重なって激昂、鉄パイプで殴りつけてしまいます。連行前にさくらさんは、兄妹に親子丼を食べさせて
『自分次第でやり直せる』
『償って出所したらまた来るんだよ』
と送り出すのです。
それしか出来ない、と酔ってクダを巻く市井の人さくらさんではありますが、待っていてくれる大人がいることそのものが驚きだったと、『月夜るな』もとい、あざみの声が語ります。いつかあざみも知るのでしょうか、さくらさんが何故、親子丼をふるまうのかを。そして母の罪が笑えないことを。

サスペンスばかりが土ドラじゃないのね。家出娘や不良の他に、障害者も来るらしい古本屋。続きが楽しみです。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ