ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

今井悠貴

「ハイポジ」~最終回 ☆☆

 大団円、かな。

 結局は目覚めたら病院で、心配そうにのぞき込む妻と娘。ああ今までのは全部夢だったのか。心を入れ替えて家族のために生きよう……。
てなことかなと思いきや。

 命の危険さえ去れば、突然冷たい妻と娘。だよねー、風俗で裸で死にかけられてねー(^^;;;)  
若返って何ヶ月も人生考えていたのは光彦(柳憂怜)だけなので、ちょっと人が変わったぐらいでは離婚話に変更もなし。一人暮らしに戻って介護の資格など取りつつ、母の入所先を尋ねると、つい先日までの高校時代からは当然めっきり老けこんでいて光彦のことも息子と分からない…。辛いです。それでも、3姉弟の中で1人おとなしすぎる光彦が心配だと繰り返す母の愛にしんみり、っておや、その手の中の家族写真、第2の高校時代に無理言って撮ったアレでは? え、じゃあ本当に過去って変わってる?

 確認すべく訪れた喫茶店「ひまわり」は既になく。でも同じ名前の介護マネージメント施設が。ちょっとそれって~、もしかして~、うわ本当にそうだ~(最初に出て来て話した女性が、喫茶店に来てた小学生の「妹」と似てなくもないw)

「また会ったら、始めて話した時の様に声をかけてね」
と別れた、小沢さつきとの再会。現在の年齢相応の役者さんを使わずに、若いまま=黒崎レイナの後ろ姿で見せたのは上手い演出だと思いましたよ。いしのようこ演じるとはいえ老けた奥さん幸子とは違うキラキラした存在なのね。しかし、離婚済みの身で再会って。結局幸子との結婚が寄り道で、ずっと心はさつきにあったかの様になってしまってもやっとします。となると、主人公1人盛り上がって泣きそうになっているのキモくない?奥さんとやり直して欲しかったのになあ。
もう一歩、小沢さつきとは再会こそ喜んでも、全くラブにならずにザマーミロな場面も見たかったですよw

 ともあれ「MY REVOLUTION」♪さえかかれば無敵に気分盛り上がります。カセットテープと懐メロが真の主人公でした!

「ハイポジ」~9 ☆☆

 楽しく見ています。
 ここぞという場面でかかる音楽が懐メロなわけで、ちょうど年代な私たち盛り上がりますよー。OP画像でもじっている、わたせせいぞうも懐かしくて展覧会など行きたくなってしまいました。最近の作品では謎の紙テープ飛んでいませんが、やっぱり色が綺麗です。

 さて、若かった当時は喋ったこともなかったマドンナさつき(黒崎レイナ)と急速に仲良くなっていく光彦(今井悠貴) 彼女の祖母の店で一緒にバイト、学校サボってデートも! と、同時に後に嫁になった幸子(鈴木絢音)にもつい気安く声をかけちゃうわ、もちろん趣味も把握してるわでこちらも色々進展し、家に来ちゃうわダブルデートだわ。いや~青春してるなあ。

 それだけに、初体験(違うけど)エピソードは要らなかったのでは。 光彦が汚れた気がしてテンション下がりましたよ。もちろん中身は子持ちのおっさん(柳憂怜)で、今更誰としてもしなくても同じなんですけどw だったらそれこそ、知らないお姉さんとのセックス体験なんて要らないじゃん。高校生に飲酒させ女あてがう姉彼氏(山中崇)がクズ、というだけのエピソードですよね。男の夢なのか知らんけど(^^;;;;)


 幸子との仲はこじれて、別に彼氏ができたみたい? 更にさつきは、光彦をずっと好き的なことを言って走り去り。こりゃ、さつきの方とうまく言っちゃって過去変わっちゃうの? それとも最後は現代で目を覚まして、奥さん(いしのようこ)と仲直りするのか。それではつまらないと旦那は言いますが、さて。

「ハイポジ 1986年、二度目の青春」1 ☆☆

 リストラと離婚の気晴らしに風俗に来た光彦46才(柳憂怜)は、滑って頭を打ち意識不明に。
目覚めると、16才の身体(今井悠貴)で学校にいて…。

 懐かしい校舎、級友、先生。タイムスリップか夢なのか。でも死にかけの自覚がある光彦としては、鏡の中の自分が若いと気づいてもまだ、走馬灯の途中かなーと思い出のアルバムを眺めるかのような距離感です。なので、在学中は盗み見るだけだった憧れのマドンナさつき(黒崎レイナ)にも、ドキドキしながら話しかけて思い出づくり。一緒にウォークマンを片耳イヤフォンして「翼の折れたエンジェル」を聴かせてもらいました!

「好きならこれ、あげるよ」

と、もらったカセットテープが、タイトルのハイポジ。なるほどね!浮かれて教室に戻れば、みんなカセットのインデックス作ったり、お気に入りテープのツメ折ったりと懐かしいことしてるんですよ。カセット世代にはたまんないなこれ!


 「同じ空気を吸いたくない」と離婚を切り出した糟糠の妻も、この当時はまだ口も聞いたことない同級生。なのにうっかり、呼び捨てに。着々と実際の過去とは違う人間関係になっていきます。不良のカツアゲも懐かしくて、つい馴れ馴れしくw   殴られたら殴られたで、痛い=生きている! と人生やり直せることに気がついてまた有頂天に。 大人の余裕で「謝れ!」とかまして、本気でボコられるところでしたが。

なんと駆けつけた さつき が華麗な蹴りで不良2人を瞬殺、助け出してくれたのでした!


 話したこともなかったマドンナと、手を繋いで逃げている二度目の青春。夢のよう。さて、今度の人生では離婚は、リストラは、風俗で事故死は避けられるのか?


 今昔光彦、大きな鼻がよく似てるんですよw

「さくらの親子丼」1 ☆☆

スタイリッシュ真矢みきと人情もの。これが案外似合いです。

誰にでも、無料で親子丼を食べさせてくれる古本屋九十九のさくらさん(真矢みき)
ただし名前は書くこと。
それがあからさまな偽名でもいいし、お行儀が悪いのもある程度は仕方ない。でも叱ってきかない無礼な輩とは真っ向勝負!プロレス好きなさくらさん、若い男相手でも案外いい勝負しちゃいますw 

集った者同士、親子丼を食べながらの自己紹介も刺激的で『月夜るな』(吉本美憂)の母はファミレスで彼女を殺そうとしたんだそうですよ。なのに止めたバイトの高校生が死亡。そんな深刻な話が
「笑えるでしょ?」
と軽~く繰り出されます。
「笑えないよ」
と答えた常連の達也(今井悠貴)だって実は、実父を殺しているんですよ。その後母親も失踪し、父のDVから守った妹と二人懸命に生きる達也を、さくらは全部承知でなにくれ支えてきたとのちに分かります。だったらこれくらいの話慣れっこか……と思いきや、激しくショックを受けているさくらさん。なんと亡くなったさくらの息子こそ、その高校生だったのです。
なんて巡り合わせ。

そんな折、達也の妹が夢だったアイドルオーディションに合格!
でも兄の犯歴に困った事務所の、死別で公表したい意向を知って、後見人のさくらは泣いて起こります。きちんと更生して暮らしているのに……って確かにそうですが、この情報社会。貧乏アイドルはまだしも殺人は……。うーん。結局さらに揉め、妹を連れ去る事務所と父が重なって激昂、鉄パイプで殴りつけてしまいます。連行前にさくらさんは、兄妹に親子丼を食べさせて
『自分次第でやり直せる』
『償って出所したらまた来るんだよ』
と送り出すのです。
それしか出来ない、と酔ってクダを巻く市井の人さくらさんではありますが、待っていてくれる大人がいることそのものが驚きだったと、『月夜るな』もとい、あざみの声が語ります。いつかあざみも知るのでしょうか、さくらさんが何故、親子丼をふるまうのかを。そして母の罪が笑えないことを。

サスペンスばかりが土ドラじゃないのね。家出娘や不良の他に、障害者も来るらしい古本屋。続きが楽しみです。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ