ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

井川遥

「かもしれない女たち2016」 ☆☆☆

あー楽しかった(^^)

でも『だから何なんだ』と意味を求める人には向かないドラマでしょうねえ。一緒に見始めた旦那は、10代で売れっ子にならなかった広末涼子が日々妄想を楽しんでいる冒頭でいなくなりましたw 前作でも5分もたなかったっけ。
なので、広末パートでは嫌味だったエキストラ仲間が、次のパートでは井川遥に入れ替わってしかも仲良くなってるとか。次の次のパートではバーの詩織ママが斉藤由貴に代わってて、その世界では詩織の方が芸能界で成功した人になってるとか。そんな入れ替わりの仕掛けも知らないままですよ。更に言うとそのエキストラ現場で撮影中なのは前作「かもしれない女たち」だという、これも仕掛け。
演技に感情移入するようなドラマじゃないんですって。
ただ、私たちが普段目にするのは成功してキラキラしている人ですけど、その影のスターになれなかった人、スターであり続けられなかった人がたくさんいて暮らしているのねと改めて思うシリーズですよねえ。

てなわけで、反町隆史や竹野内豊と共演せず、紅白出場もしなかった広末涼子は、いまや結婚式の司会や趣味の掃除好きを生かした清掃バイトで生計をたてつつ女優を続けていて。「あの人はいま」番組からの出演依頼は断っているだけのが矜持。
で、エキストラ現場で知り合った井川遥に、昔出版したお掃除本をあげたことから(正確には、井川遙の売れてるモデル友達がそれをSNSで紹介したことから)掃除のカリスマでブレイク!

一方の井川遥は写真集も出さず、モデルから女優の転身もままならず、彼氏藤木直人と結婚できたらなあ……と思いつつ、言い出せず。

いつまでも部屋を見せない彼に、二股か?と悩んでいたら実は、金持ちだと言えずにいたという都合のいい偶然!そう、実業家の彼の住まいはゴージャスタワーマンションの最上階なのです!

って、家に入れずに、ビルが見える歩道橋から「あそこが僕の家」と告げて抱き合うって不自然でねw これも詐欺かもと思ってたら鍵渡されるし、中で料理してるし。素直に内装を見せなかった理由は、そうですよ。
藤木の家から出てくる広末涼子を見てしまう井川遥!
ああ〜エア新婚生活してた清掃バイト先はここだったのね、と視聴者は思うわけですが、元々浮気を心配していた井川はそっちしか浮かばないw

そして二人を呼び出したのが、藤木と行きつけだった斉藤由貴のお店。
「私に言うことがあるでしょう??」
と浮気を問い詰めるはずが、広末はジャジャーン「LIFE誌に載る」とめでたい発表するし、藤木はプロポーズしだすし、ついでに私も……と斉藤由貴はノーベル賞の受賞内定連絡きたとか言い出してタイムリーw

さすがにノーベル賞はねえ~、社会人入学の4年生が書いた卒業論文ではとれませんよねえ~。まあ実験のいらない理論物理、まさかまさかの新発見大発見!なのだとしたら、既に国内で大騒ぎでしょう。出演作もとい出演しなかった作「スケバン刑事」にちなんでヨーヨーをプレゼント、理論を思いつくきっかけになった夏帆も一緒に、ワイドショーひっぱりだこになってなきゃだと思うんですけどねえ。まあいいやw
更に気になること言っておくと「黒い十人の女」でも同様ですが、怒り出したら必ず男言葉で口汚いのよね……。
それが女の本性だ、心底怒ったら皆そうだ、と思ってるのかもしれませんがメチャ違和感。自分のボキャブラリーひっくり返しても「このタコ!」は出ないし、大声や支離滅裂にはなっても男言葉にはならないと思うんだよね(息子相手に叱るなら出るけどw) まあそこまで怒っている表現だともいえるでしょうが、じゃあその本性見せて浮気を告白された後、縁切るつもり?録音してる?
あんな罵詈雑言、醜態をみちゃった藤木直人が、あっさりプロポーズし直しててすごいわ。私なら、あそこまで違う顔見せられたらその後の付き合いを考え直すかもしれませんよ。

と、あれこれツッコミいれつつもハッピーエンドで良かった良かった。
最後は女優の顔に戻って
「かもしれない」
とユニゾンし、テレビ局のエントランスを去っていくのです。うーんカッコイイ(^^)
毎度、嫌なことは大しておきずに最後スカッとできる良作ですよね。 そして延々と続編ができるでしょうw 2017版もお願いします!

そしてこれ書いてて気づきましたが、役名イコール役者名なのでレビュー書きやすいのも嬉しいですねw

「流星ワゴン」3 ☆☆

『前回までのお話』長すぎw

新規視聴者をとりこみたいにしても正直、今まで見てなかった人は5分も我慢してあらすじなんかみないよね。


今回はとにかく忠さんが最低orz

いやいっつも大活躍でひどいやつだけども。

死んだ子が逆上がりを頑張る件。こりゃ絶対成功して『ほらやれば出来る、諦めるな』って流れだねとは思って見てましたが。忠さん本人が言ってた様に『もう死んでるからシゴいても死なない』んであって、生きてる人間には限界があるのよー

成功した時の笑顔でごまかされそうになりますけど、待て待て

逆上がり成功は、単に自己ベストの向上。30年前息子に強要してた『1番になれ』とこれは違うよね!

効果不明な特訓、特訓、特訓、できないと怒鳴るどつく海に突き落とすorz

本番前に故障するのかと思ってたら、本人の希望はダンスだったんじゃん。振り付け考えてリーダーまでして立派なものなのに、それでも駆けっこで1番じゃなきゃ意味がないとか、なんですか 絶対怒る親父にきちんと「徒競走は出ずにダンスがしたい」と提案してみただけ勇気あるじゃん。それを殴るかー?勝手に『ダンスはやめて徒競走に出ます」とか学校に言うか?
 

頑張って頑張って、さらに諦めずに頑張れというけれど、才能がある上に世界一頑張る羽生結弦みたいな人が一番ならやっぱり勝てないじゃない。その時には頑張った息子を褒めてあげようよ。でも忠さんは2位の息子に捨て台詞を吐いて立ち去ったんだよ、クズじゃん。


こんな親に育てられてよくまともに、息子を殴りも蹴りもしない親になりましたよね主人公。

それでもいろいろ足りないから家庭が荒れたという話なわけですが。


息子のイジメ、想像通り/

しかし想定外だったのは私立受験組の少なさですね。受験を理由にクラス中からイジメってw 受けるだけなら半数、少なくても3分の1はいるものじゃないの? そしてかなり苛烈なイジメで、プール利用にしろ机に派手に落書きにしろ、分かりやすすぎて周囲の大人は何をしているのかと。

呪いコーンに記名で、本人たちも来る公園で利用して放置ってのもありえないし。そんな嫌な奴に誘われて、父が行ってこいと言ったから従いましたって、おいおい。そこは、さっきまで殺してやると言ってた勢いでバカ親父に切れろよー


それでも、イジメ仲間から離れるしかないと大決心の主人公。勝手に引越しを決めてきて今度は奥さんが切れました。 

「いつもあなたはそうやって」

あああー、ドラマ視聴者が知らない「いつもあなたは」がまだあるんだこの人orz

あの親父とあの母親に育てられたら仕方ないのかも


予告ではパチンコ漬けだったらしい奥さん、それで借金かな。

いったいどんな「いつも」が不満だったのか、気になります。なりますが、来週もこんな風に文句たらたらと、何もしない主人公と何もしなけりゃいいのにな忠さんを見守るのはもうつらいですねー。


最終回までつきあうよりも、その時間で原作読んだ方がとっととすっきりできるのかもしれません。ふむ。

「流星ワゴン」2 ☆☆

はいツンデレツンデレ。


1話の繰り返しでしたよね。父を大嫌いになったあれもこれも、本当のことを何も知らなかっただけagain

前回2時間もかけたことを繰り返されちゃ、2話から見ればよかったじゃないですか。全話この調子で、結局すべてが父子関係の修復でうまくいくんだったらどうしようorz


さておき、影が薄い母が気になります。

父はこういう人。横で見ていて、あれこれ分かっていた様じゃないですか。だったら当時、泣く息子にそっと囁くことが出来たでしょう!

『黒ひげは人気だから、いくらパパでも買えないんだよ』とか。

犬のことなんかそれこそ『殺処分じゃなく引き取ってももらうだけ』と(出来れば事前に)伝えれば済むことです。

あ、観覧車が怖いのだけは、武士の情けで隠しててもいいけどw


一方で、父からの小遣いを『汚い金』呼ばわりしたことは、もっと叱らないと!

イジメには気づいていなかったとしても、家業への理解をきちんとフォローしていれば子供なりにもっと反論も気持ちの整理もできたでしょうに。

本来、返せない方が悪いのだし。

銀行に貸してもらえない人に貸すことで、父に感謝してる人もいたことでしょう(態度が横柄すぎますがw)


なんにせよ、忠さんの暴れっぷりが最大の魅力ですよね。
人生もタイムスリップも父に振り回され放題の主人公、今の所記憶に残る行動って……何ヶ月か後に突然死する予定の上司に、人間ドッグをすすめたところがMAXですよ。3話で変化がなかったらちょっと視聴継続を考えてしまいます。
 

来週はなんと、タイムスリップを家族に告白するようで(どう信じろとw)盛り上がるかな?
奥さんは覚せい剤でも買ってるのかなあ。 

「流星ワゴン」1 ☆☆

なるほど選TAXI


こっちはベストセラー小説原作ですし、放映時期が逆だったら「素敵な選TAXI」の方はシリーズコントにはできても連ドラは無理だったかもと思えるほど「バックトゥザフューチャー」よりも選TAXI寄りでしたw

でもタイムスリップ先の過去に本人の等身大看板……もなければ、もちろん本人の姿もなく。更にはあれこれ努力してもしても、リストラも妻の浮気も、てことは息子の家庭内暴力もどうやら変更にはならないところで初回終わりでした。 
2時間拡大は長い…
身始めるまでがまず大変なのですが、ここまでを区切りにしたかった意図はわかりました。


変わったのは多分父子の絆。

分かったのは父がツンデレだったことw

たった一年前へののタイムスリップなのに、なぜか3、40才は若返って現れた父親がぐいぐい距離を縮めては息子愛を語る、体で拳で表す!


幼い日のあれもこれも。息子を足蹴にしてまで観覧車に乗らなかったのは、怖いからだしw 黒ひげ危機一髪は町中探しても無かったから、ねだられても要らんくだらんと言い続けたんだしw それでもパチンコで当てようとしてたら、息子家出の知らせで台を放り出して町中駆け回ったんだしw 挙句第一発見者なのに、なぜか他人を装って通報ってもう…お父さん…orz

ただでさえ、親が金貸しだからと苛められてた主人公なのに(誰それが返せなくて困ってるという同級生の言いがかりも、返せばいいだけなので意味不明ですが)分かりにくい愛し方をされて、一体どう父を愛せばよかったんでしょう。今更愛されてたとわかっても、なくした何かは帰ってくるんでしょうか。


そして息子の受験をキャンセルしても、妻の外食を邪魔しても、ライバル社の提案をパクって企画書あげても不幸な「現在」は変わりそうになくて…。

『何か』を知らないせいだ、と言われてますけども。その『何か』が重苦しい予感w 重松原作だし、息子いじめられてるでしょうね


あと本人死んでる可能性もあるし。気が重いわ。


最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

漫画「蟻地獄」




板さん原作「蟻地獄」


ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ