ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら15年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村まさ彦推しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

井上順

「栞と紙魚子の怪奇事件簿」2〜4 ☆☆

困った子な栞ちゃんと、それに困る紙魚子ちゃんがどんどん可愛く見えてきます!

ためらい坂のケーキ屋、よかったわ!!
(栞と紙魚子にもちゃんと味見させてあげたかったけど、あのラストはなかなかキュート♪)

自殺館はあまりに凄惨だったし、毎回どうしてこう女子トイレが好きかなと呆れますけど(やっぱ、”永遠の謎”だから??)流れてる空気が不思議に胃の頭町(笑)

顔の大きな奥さん、待ってました!まさしく漫画から抜け出て来た様で素敵に違和感です。

「3番テーブルの客」#3

 A:若松節朗カントク(井上順 洞口依子)
 B:藤田明二カントク(伊武雅刀 佐藤友美 )

 あれあれ? いつもなら岡田真澄さん演じるアンドリュー堺が別の人(村井国夫)でした。他にもそういう回があるのかな?

 今回もAとBのギャップが激しいです。

 とにかくAが、浪漫ちっく!!!!
 元妻との再会で、主人公の脳裏に蘇るあの幸せな日々・・・・。それもいい年して自転車の2人乗りや公園で遊ぶ2人よ??井上順と洞口依子という、ずいぶん年齢の離れた元夫婦。こりゃぁ、旦那のこういうところが別れたきっかけかも、と勝手に考えてしまいました(^^;;;)

 店の造りは、ガラス張りのいかにもホール横のビル1Fにありそうな喫茶店。
 ガラスがすぐの席で、近況を話す2人の顔の向こうに”ビビ萩原”ショーの宣伝が外でくるくる廻っていて気が気じゃありません。
 ”彼女の顔を確認するために”一旦外に出た主人公、ラストにも外まで送っていきます。
 そして、今し方まで2人で居た席で一服し・・・(仕事しなさい!)、廻る看板に気が付いてしまうのでした。
 三谷脚本のウソツキ達に、情緒と真実を突きつけるとこんなに可哀想といった感じです。
 個人的には、『あれ?、変だなぁ』ぐらいを薄々感じつつも あまり痛い目をみずに、ウソをつき続けて生きていて欲しいのですが。

 あとは、酔っぱらいさんがヤクザ系の怖い人だったのが印象的ですか。

 Bは場末の、というか外国の田舎の食堂みたいな、変な店。酔っぱらいさんもビールじゃなしにバーボン頼んでましたよ。
 そして迎える伊武雅刀が!髪がありますよ!黒々と!!(西村ファンが言えた義理じゃないのですが、びっくり。ほぼ同じ経緯を辿ってるんでしょうか ^^;;;)

 髪はさておき。セットが廻ります。
 別のテーブルで会話がされると、カメラでなくテーブルごと人物が動いてきて画面に入るんです(^^;;;)
おまけに、狭い店内を2歩あるけばもう会話は聞こえないことになっている様子。そういうところが、とても舞台チック・・・と思っていたら、ラスト客席まで映ります!本当に舞台だわよ!!!
(これも#1Bと同じく「こちらの御婦人に」を、奥さんに聞かせてました。それじゃ「私が飲むと思ったみたい」の台詞につながらないのにね?)

 アンドリューさんがちょっとオカマでした。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ