ドラマでポン

2004年4月に始めたブログ、いつの間にやら10年を超えびっくりです
相も変わらずドラマとインパルス板倉&西村雅彦押しのじゃすみんをよろしく!

ドラマの☆は最高が5つ。
好き勝手な覚え書きですがお楽しみいただけたら幸いです(^^)

井上和香

「警視庁機動捜査隊216」2 危険な女たち ☆☆☆

ネコさん(赤井英和)お孫さん産まれましたかw


今回は構成員を守る警察の体質を逆手にとっての、内部からの犯行でした。

パトカーに追われた車が事故っても、正当な追跡!表彰!

警官の発砲で被疑者が死亡しても、正当な発砲!表彰?

それって現場で命かけている警察官たちを組織が守る、当然のことと思われるわけで(医者が手術で死なせても通常は殺人にならないように)悪用されたらたまったもんじゃありませんよ。でも狙われた男も子供を死なせた上に身代わり逮捕で罪から逃げた奴だから自業自得かな、いやいや法治国家としては、うーん(^^;;;;)

ヒロイン沢村(沢口靖子)もかつて被疑者を撃って、マスコミに責められた身なのが皮肉でした。


磯山さやかのキャバ嬢は意外に清楚、井上和香の強行犯係刑事役は色気ありすぎで配役が微妙でしたねえ

どっちにしろ土居記者(西村雅彦)目当てでの視聴w 今回も素敵にアウトローな土居からの小出しのヒントで、ヒロイン舞子(沢口靖子)たちが真相に迫ります(^^)

「サラリーマン金太郎」1 ☆☆

やっと!”強い”役で本領発揮する永井大に会える?!
……と思って見たんですけど。なんか違った(^^;;;)

イヤもちろん金太郎は強いけどね、立ち回りが地味くない?頭突きとか机踏み割りばかりが印象的。もっと派手にすごいこと出来るのにね?
そして、怒る場面でコワ過ぎるよ金ちゃん(笑)

前作までの高橋克典版のイメージもあって、深夜のバカドラマ見るつもりでいるのに、こめかみに血管浮きまくりで喧嘩上等!疲れるよー。
まあ登場人物と同じで、男の人は血が騒いで嬉しいのかもしれない。本来そっち向けなんだし。
バタフライ遠泳には大受けでした。

「黒い太陽」〜7☆☆

 引き抜き失敗の回まで。

 ねえちゃんに頼まれるわ、じじいに命じられるわ、永井君脱ぎまくりです。男は黙ってハダカに靴下(黒)!
でも、えっちにもつれ込んでも大抵、イヤそうな顔で耐える状況。受け身なんです。据え膳なのに眉間にしわ寄せて、ちょっとは嬉しくないの??
 これは何かの作戦なんでしょうか(^^;;;)

 さておき、夜の世界に染まっていく主人公。
父親の入院費の為だった筈なのに、だんだん目的が出世になってきて見境なくなってます。カネカネ金。
(その割にまだ未払いの借金があるらしいのが謎)
そろそろ幼馴染みの看護婦までキャバ嬢に仕立て上げかねない勢いで堕ちてきていて、その分物語もツッコミどころ満載(ex吹越さん。一度は店長だった人が何故ああも青臭い?)
 その辺をひっくり返してくれるのかどうか。
最終回の落としどころが気になるので見ています。永井君はかっこいいしね。キャッ。

「ぴんくそーだ」だの「みんときゃんでぃー」だの、店が揃いもそろって、大の男が低音で口にするのは恥ずかしい名前ばっかりでくすぐったいですねぇ。
新しい店のオープン前会議なんて、どれだけ可愛い言葉が飛び交うんでしょう、親父の口から(^^;;;)

「黒い太陽」1 ☆☆☆

 まさか男の全裸ケツから始まると思って無くてビックリ(しかも相手も男だ ^^;;;)

 男娼だけはどうしても出来なかったけれど、金に困っている主人公に永井大。
生活の為のキャバクラ勤めが、実に不本意そう。

 へー、ホールスタッフってキャスト=キャバ嬢の下僕なんだ?(^^;;;)
その割には売り上げを分配する制度もある様だし、欠勤だ延長だで金が動く仕組みトリビアを「へー」「ふーん」と興味深く見られました。

 お父さんの借金や入院という金に困った理由はベタなんですけど。変に大げさにお涙ちょうだいにもせず、さらっと流してくれて好印象です。

 こういうドラマ初回にありがちな
「3ヶ月で云々!」宣言もなくてホッと安堵。
使われるホストやキャバ嬢の立場からじゃなく、何十と店を持つやり手社長(伊原剛志)が”経営”する立場からの店の裏側が見られそうでちょっと新鮮でした。
 なんていうか、ドタバタせずに普通に面白いんですよ。
もしかして永井君の出世作・代表作になりますか?

 社長に見いだされた主人公、これから夜の世界でのし上がっていく模様です。
夜ドラマでお約束なベッドシーン、次回はしっかり永井君が!しかも相手はずっと彼をいびっていたキャバ嬢(元)という、意味深な場面になりそうですよ。いやん楽しみ♪

「7人の女弁護士」 ×

 うわ。警察いないよ、この世界!
ご近所の聞き込みも弁護士がして、鑑識は深い仲だった男の指紋すら見つけてないなんてー。

 事件もねー。わざわざ賑やかに女性弁護士を集めた割に、女性ならではの動機や視点があるわけじゃないし(痣から、生き別れの弟発見!・・・て、男も見つけちゃったしね)

 となると、女優が豪華な分余計に嘘臭いじゃないですかー。ニセモノ感倍増!
弁護士@釈由美子と同棲してる解剖医@永井大!!嘘臭い(^^;;;)
 いっそ開き直って、ホステスになって潜入捜査でもしてくれればいいのに。

 そんなわけでリタイアでっす。

「ガチバカ!」1 ××××!

 BGMがうるさい。

 ・・・これ以外の文句はもう言っても仕方がなさそうで、ぐったり。
井上和香に沢村一樹。そこそこいける人集めて主演が高橋克典ですよ。それでここまでしょーもないって何事? 「GTO」「ごくせん」のマネにすらなってませんよー(涙)

 元水泳エリートだった生徒が、肩の故障で絶望して不良に。
何故水泳。まあそこは辞めたのでなんでも同じですが。
 鉄太(克典)も元プロボクサーつまりアスリート。自らの故障体験でも語るかと思って待ってたのにっ『真正面から受け止める』って1日スパーリングするだけじゃんっ
 浅いっ浅すぎるよっ(涙)

 生徒とのエッチも、どうせなら初日から大人気で大勢に囲まれて、有頂天になってたら仕掛けられた、ぐらいの腹黒さで盛り上げてくれないかなー。
 それともいっそ鉄太もKABAちゃんとお仲間のおネエで、必死に隠すけどつい女言葉が出ちゃう〜なんて「ごくせん」丸写しで笑わせてくれたらいいのにー。そういうの克典上手いのにー。
最新コメント



   
   

ドラマのあらすじはこちらでね
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

新ドラマQ

インパルス関連本

「蟻地獄」文庫

ちなみにじゃすみん「蟻地獄」評はこちら

「月の炎」絶賛発売中!

ちなみにじゃすみん「月の炎」評はこちら

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ